Chitchies

13歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パグ犬、チッチの椎間板ヘルニアについて 12 三ケ月目

2013年5月3日のチッチ

2ヶ月目は、1ヶ月目とかわらなかったので、動画は撮らなかった。
あと1カ月、少しでも変化が起こることを期待して過ごした。

短い散歩は毎日続けていた。
チッチが遠くへ行きたがっても、途中で切り上げて帰ってくる。

4月20日頃、急に様子がおかしくなって、ビックリして先生に電話してしまった。
後足が急に跳ね上がるようになり、尻もちをつく。
散歩を中断して、抱っこで家に戻った。

悪化してしまったのかと、真っ暗な気持ちになったが、先生の説明を聞いたら少し落ち付いた。
おそらく、一時的なことだと思うので、この症状がある間は安静に。とのことだった。

実は後々、この症状に悩まされることになるのだが・・・

この時は2日くらい散歩を休ませたら、落ち着いた。

ゴールデンウィークの4月30日
とうとう、3か月が経過した。

結論から言うと、2カ月、3か月経っても、1ヶ月目とあまり変わってはいない。

逆に考えれば、PLDDを行って1カ月で、おおよその効果は表れていたのだろう。

実際、チッチは、室内で転ぶことはほとんどなくなった。
立ち上がったりするときに、後足がクロスしたり、足の甲をひきずることも無くなった。
お尻尾も上がるようになった。

ただ、歩き方は以前のようにスムーズに、トコトコとは行かないようだ。
前足に荷重がかかっていて、後足は追い掛けてついてくる感じ。
引きずる音もやはりある。

散歩の歩き始めは結構足も上がる。
ただ、うんPをすると、神経に触るのか、また少し引きずる感じに戻ってしまう。
足あげシッコをしたがるが、完全には足が上がらないので、前足にオシッコがかかってしまう。

休日、主人と散歩中のチッチを動画撮影した。
きっと、この動画を送ったら、先生には
「ずいぶん、良くなりましたね」って言われるだろうと思うと
ちょっとCDを送るのが、気が重い。

こんな風に考えるのは、本当に申し訳ないのだけど
私としては、まだまだなのだ。

欲張り過ぎだと言われても仕方ない。
でも、もっと良くなって欲しいのだ。
それには、何が必要なのだろう?

連休中、久しぶりにパグ友さんに会った。
チッチは連れていけなかった。
前に会ったとき、チッチより重かったパグさんが、ダイエットしてスリムになっていて驚いた。
1キロ近く落としたのだそうだ。
もしかして、チッチも、もう少し体重を落としたら?

今までなら、冬のチッチは十分に散歩するので、9.4キロくらいまでシェイプアップできていた。
この冬は10キロ近くある。

運動不足だから、食事も気を付けなければならないのに
なんだかかわいそうで、ついオヤツをあげてしまうのだ。
これから夏を前に、もう少し落とす必要がある。

鍼も再開しよう。
病院は混むから、ちょっと面倒だけど、そんなこと言っていられない。
鍼の病院にはトレッドミルもあったし、効果があるか聞いてみよう。

できることはなんでもしよう。
先生に頼ってばかりではダメだ。
メソメソしていてはだめだ。

私が、チッチを良くするのだ。
スポンサーサイト

| チッチの健康 | 22:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT