Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パグ犬、チッチの椎間板ヘルニアについて 5  K先生との出会い(その2)

冷えないようセーターを編んであげた

同じ頃。
主人も同じHPに行きついていた。

昼休みに電話で話す
「K先生って、やっぱ姫路の先生みたいだな!」
「そうみたい、行きたいけど、遠いよね」
「はっ!兵庫なんてすぐだ、夜出れば朝には着く」

たしかに
去年10月に、津和野に行った時通ったじゃないか。
行って行けない距離ではない。

以来
家に帰れば、毎晩PLDDの話ばかり。
本当にそれでチッチの脚が治るかもしれないなら??

いや
治るまで行かなくても
これ以上悪くならないなら?

いつ、歩けなくなるか・・・、と言う恐怖心を持ったまま過ごすのは辛すぎる。

「K先生にMRIを見てもらっちゃだめかな?」
「かまわないけど、おまえ、鍼の先生になんて説明するんだよ」
「うっ・・・」

焦らないでゆっくり治療しましょうと言われたばかりだ。

N先生はPLDDもご存知だったし、必要なら大学病院を紹介するとも言ってくださった。
でも、チッチはまだその段階ではないのでは?とも言われた。

夜9時まで、鍼治療をしていただいている先生方にも、申し訳ない気持ちはもちろんある。
鍼の先生としては、鍼の効果を信じて、もう少し辛抱してみては、と思うだろう。

主人にも
「あれだけ麻酔が嫌だって言ってたのに、MRIの時大丈夫だったら、もう麻酔の心配はしないのかよ?」
とも言われた。

そう言われれば、もちろん麻酔は嫌だ。


2013年1月18日 朝

チッチが、立ち上がれなくなった。
チッチ本も、後足が立たないことに焦り、しきりに前脚を動かすので、後脚が後ろへ流れる。
後脚がクロスして、不自然に横座りのような体勢に・・・
慌てて私が抱き上げる。

しばらく経ったら、立てるようにはなったけど
全身に寒気が走り、鳥肌がたった。
「このまま立てなくなるのでは」
そう思うと涙が止まらない。

もう、様子を見ている余裕はない。
この日の昼休み
思い切ってK先生の病院に電話をかけた。

そんな有名な先生に、チッチのMRIを見てもらうのに、どのくらい時間がかかるのだろう?
もしPLDDをやってくださるとしても
何カ月待ち?

電話に出た受付の女性に、しどろもどろで状況を説明する
とても寒い日だったが、手が震えるのは寒さのせいだけではなかったと思う。

「少々お待ちください?」

オルゴールが流れて、男性の声に代わった。

「Kですが・・・」
「へっ??」
「院長のKですが、ワンちゃんのヘルニアについてですか?」
「はっ?は!はい!」

この後、K先生は、しどろもどろな私の話を、黙って辛抱強く聞いてくださり、こうおっしゃった。

「まずはMRIのCDを送ってください、拝見したらお電話するので、連絡先を書いておいてください。」

相談もなく勝手なことをして、また主人に叱られるかと思ったけど
主人は怒らなかった。

「どうせ、電話すると思ってた」

これ以上、チッチが悪くなる前に
できることはしよう。

月曜日の朝届くように、チッチのMRI画像のCD-R、画像解析のプリントアウト、これまでの経緯を書いて送った。
まさか、到着したその日のうちに、連絡をいただけるとは思っていなかったので、夜チッチの散歩をして帰ってくると、家の留守電が光っている。
みると、携帯電話にも見慣れない電話番号・・・K先生だ。

すぐかけ直したけど、病院の電話は留守電に切り替わっていて、もうつながらなかった。

ああ、なんてこと!
明日、すぐかけ直さなければ

そう思いながら夜、パソコンを開けたら、先生からメールをいただいていた。

内容は、チッチのMRIの画像を見たところ、PLDDが有効ではないかと思う。
もし、来られるならば試す意味はあると思いますよ。というものだった。

翌朝9時少し前に電話し、先生にメールのお礼を言った。
診察時間内はご迷惑だろうから、かけ直して良い時間をお尋ねした。
そして、診察時間後に、また電話で話す約束をしていただいた。

「そうですね、電話で話した方が良いでしょう。病院が何時に終わるかわかりませんから、こちらから電話しますよ」
暖かい声だった。

夜、急いで帰って、チッチの散歩も済ませ、電話を前にじっと待つ。
8時過ぎに先生から電話が鳴った。

緊張して、聞こうと思っていたことがうまく整理できず、言葉が足りない。
そうかと思えば、逆に理屈っぽい話し方をしていて、なんだか恥ずかしくなる。
でも、質問のひとつひとつに、先生は慎重に答えてくださった。

「先生、少し様子を見た方がよい、というのは、どのくらいの期間をいうものなのでしょうか?」
椎間板ヘルニアで、PLDDが有効だとしたら、早いに越したことはありません、もちろんご事情もあるかと思いますが、様子を見ているうちに悪化してしまうこともありえます」

「もし、先生のところにお邪魔して、PLDDをやっていただけるとしたら、最短でいつ頃になるでしょうか?」

K先生の病院は、水曜日が「手術日」となっている。
もし、水曜日に行くとなると、会社を最低でも水、木と休まなければならない。
そんな話をすると、先生は
「いえ、手術はほかの日でも可能ですよ、遠くから来られるんですから、●●さんのご都合の良い日をおっしゃってください」
仕事の都合上、金曜日だと有難い、と話すと、先生はカレンダーをみて

「そうですね、最短だと2月1日(金)か、その翌週の金曜日でも大丈夫です」

この電話が1月22日だから10日後だ。

主人に相談すると
「お互い、休みが取れるなら、一番早い日に行こう」ということになった。

結果的に、一番早い日を予約して本当に良かった。

チッチの状態は、この後みるみる悪化した。

PLDDまでの10日間が、本当に長く感じたからだ。
スポンサーサイト

| チッチの健康 | 23:01 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

すみません、停電大丈夫でしたか?

こんばんは。ちゃこPです。
今日、東京や千葉等で停電があったそうですが、チッチ家は大丈夫でしたでしょうか。。。

停電と聞くと、お留守番を頑張っているわんこ達が気になるのは私も同じ。。。
我が家も今夜、停電になったらどうするか話し合いました。
りゃんばーちゃんに頼むか、会社を早退するか。。。むむむ
まだ結果は出ていません。。。

チッチ君のヘルニア、大変なご苦労をされたのですね。
またじっくり読ませていただきます。
ダレにでも起こりうることですからね。。。

| ちゃこP | 2014/07/24 21:53 | URL | ≫ EDIT

ちゃこPさんへ

ちゃこPさん、こんばんは~

> 今日、東京や千葉等で停電があったそうですが、チッチ家は大丈夫でしたでしょうか。。。

ご心配いただきありがとうございます!
うちの方も雷雨でしたが、停電はありませんでした。
チッチの散歩時間だったので雷が怖かったですが、それでも傘をさして15分くらいお散歩もできました。

それより、今ニュースを見ていたら、姫恋ママさんちの方がかなり豪雨だったようで、心配しています。
ほんと、最近の雨は怖いですね。

> 停電と聞くと、お留守番を頑張っているわんこ達が気になるのは私も同じ。。。
> 我が家も今夜、停電になったらどうするか話し合いました。
> りゃんばーちゃんに頼むか、会社を早退するか。。。むむむ
> まだ結果は出ていません。。。

我が家は、昨年導入したウェブカメラ作戦で、かなり精神的に助かっています。
ウェブカメラをチッチに向けていれば、逆に色々なことが気になって仕事になりませんが、カメラをエアコンと温度計だけに、向けて一日つけていっています。
そうすると、リビングのエアコンのパイロットランプと、室温がわかるので
「あ、エアコン動いてるな」って確認ができています。
そして、万一停電などがあって、室温が上がるようなことがあれば、主人実家から主人の父が駆けつけてくれることになっています。
今のところまだ停電にはなっていないのですが、これから1か月くらいは心配です。

今年になって、ついにスマホで遠隔操作できるエアコンが各メーカーから出てきたようですが、うちは、今年は見送りです。
スマホ遠隔操作に加えて、停電自動復帰があるエアコンが欲しいな~(欲張り)

ボビたんも、お留守番の時に停電があったら・・って思いますよね。
最近はちゃこPしゃんちの方も、結構高温になりますしね・・・
やっぱり温暖化してるんですね・・・(-_-;)
うちの作戦、良かったら試してくださいにゃ!

> チッチ君のヘルニア、大変なご苦労をされたのですね。
> またじっくり読ませていただきます。
> ダレにでも起こりうることですからね。。。

去年から少しずつ書き溜めていたので、アップしようと思い切ったのはいいのですが、すごいボリュームになっていて、自分でもちょっと・・・(-_-;)
ただ、途中を端折ることもできず、思い切って全部のせ(ラーメンのトッピングではありません)です。

パグさんにはヘルニアになる子が多いそうです、うちのように手遅れにならないよう、少しでも参考になればと思っています。

| うさぎ | 2014/07/24 23:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT