Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

うさぎさん、入院す! その② 初めての入院&手術

今日のチッチ君。

先生の説明では、開腹もしないし、1泊するのは、手術後に点滴する必要があるからだ、と聞いていた。
内視鏡検査も怖かったけど、あっという間だったし、手術は全身麻酔だそうだから、痛みもないという。

「通常、血栓を起こさないよう、術後2時間したら、歩いてもらいます」
ひえ~、そんなもんなの~??

手術日を決めたのが10月21日。一ヶ月後の手術、バタバタと慌ただしいスケジュールだった。
腹腔鏡手術だと自己血採取が必要だそうだが、私は内視鏡手術なのでそれはない。
初診の次は、もう「術前検査」だ。
術前検査で、かなり貧血状態だったことがわかった。
なにしろ、今年に入ってずっと異常な出血をしていたので、血がないらしい・・(-_-;)

近くなら、何日か点滴に通わなければならないが、なにしろ、病院まで電車で2時間かかるので、それは無理。
鉄剤を処方されて、朝晩のむことになった。

次回は、主人を連れて行った。
知らなかったのだが、手術には、かならず身内の立ち合いが必要なのだそうだ。
何か不測の事態が起こった時とか、緊急で他の手術をすることになった時に、承諾を得る必要があるし、輸血とかも立会人の許可が要るんだって。(←常識?)

そんなことも知らずに、月末に手術の予約を入れちゃって、主人には申し訳ないことをしたが・・・
結局、翌日迎えにくることも含めて、同じ日に休みを取ってくれた。

術前検査は、貧血以外は問題なし。
術前説明で、主人も私のMRIの画像を初めて見た。

今回取るのは、壁の中の大きな筋腫ではなく、子宮内部の小さな筋腫だけである。
ただし、内視鏡手術をするのには、一つリスクがあるという。

内視鏡検査の際には生理食塩水を入れて内部を検査するのだが、手術ではレーザーメスを使うために、食塩水が使えず純水を使う。
通常30分程度の手術時間なら問題が無いが、時間が長引くと体内に水分を摂り込み過ぎてしまうために、「低ナトリウム血症」(俗に言う「水中毒」)を起こすことがあるという。

「今回取る筋腫自体は小さいので30分くらいだと思いますが・・・」

さて、入院当日である。
2日前から下剤を処方され、前日は食事制限。
朝8時半に病院に入るため、5時起きで、6時半の電車に乗る。
電車に間に合うよう、主人が送ってくれた。
(主人は手術時間に間に合うように後から来る)

8時半ピッタリに病院に着いたが、受付の人もまだ出勤してきたばかりで、なんだかバタバタしている。
待たされたと思ったら、何人も係りの人がいっぺんに来ちゃったり・・・(^_^;)

その日泊る病室に通され、術衣に着替える。
そして、時間が無いので、他の説明より先に点滴が始まる・・・

点滴針は、1度入れたら退院まで入れっぱなしなので、結構長い針が入る(怖かった)
「あ、これ忘れちゃった」
静脈瘤になるのを防ぐために、着圧ソックスを履くらしいのだが、点滴針が先に入っちゃった・・(-_-;)
1泊二日なので、色々段取りがバタバタである・・・
片手で必死にソックスを履き、点滴をしながら、会計の人が入院保証金の集金に来たりする・・^^;

予定では私の手術は11時くらいになるらしい。

看護師の方も優しくて、明るい感じ。
「来たばかりで何ですが・・・」
そういいつつ、もう明日の退院後の注意事項まで説明されてしまった。

そんな調子なので、手術も軽~く終わって、2時間後にはテクテク歩いているものだと、私も気楽に構えていた。

主人もラッシュ時間と重なって、休日より30分以上余計にかかったが、ようやく到着した。
朝から今までの、「面白かったこと」を、かいつまんで主人に話して、クスクス笑う。

この日、先生の手術の2件目が、私の番である。
「先ほど、前の手術が終わりましたよ」
看護師の方は、私の順番に備えて、点滴をチェックしにくる。

点滴台を自分で押したまま、手術室のある階へエレベータで上がっていく。
手術室の前で主人とお別れ

「行って来るね~」
「おう、がんばれよ!」

初めて見る、本物の手術室の、モノモノしさに、ややビビったが。
「ここに乗ってください」
台に上がって1分後には、もう麻酔で眠っていた・・・

それから、どのくらい経ったかわからない。
目が覚めた時には、ベットに移されるところだった。

「おい、わかるか?」
主人が覗きこんでいる。

「手術が長引いちゃったんだよ、おまえ、水中毒になっちゃったんだって」

身体には、点滴のほかに、尿カテーテルと、酸素吸入のマスクが付けられている。
身動きが取れないし、なんだか気分が悪い。

だんだん、麻酔から覚めてくるにつれて、どうにもこうにも、気持ちが悪い。
主人が繰り返し説明してくれたところによると、手術に50分かかってしまい、先生のおっしゃっていた「低ナトリウム血症」になっているのだそうだ。

正直、キツかった。

ようするに、体内に必要以上に水分を摂ってしまったために、血液の濃度が薄まってしまった状態だそうだ。
激しい吐き気。
寒気がしたり、急激に暑くなって、全身から汗が噴き出たりする。

後から主人に聞くところによると、この時、体温が33度くらいしかなかったそうだ。
何度も採血され、点滴液が何度も交換される。

電気毛布で温めてくれたり、汗を拭いてくれたり、嘔吐したものを片付けてくれたり
主人がこれほど介抱してくれたことが今まであったろうか(いや、ない)

何より参ったのは、両足が攣った時だ。
もともと、夜寝ていて足を攣ることがあるのだが、今回のは、そんなハンパなもんじゃなかった。
両足を何かで思い切り引っ張られたような痛み。
いくら主人や看護師さんが足を動かしても、今度は別の場所が攣ってしまうのだ。

身体を起こしたくても、点滴やカテーテルがあって、自由に動けない。
酸素吸入のマスクが邪魔で仕方ない。

主人は私の両足を持って、汗だくになって動かし続けてくれた。

足の痙攣が治まり、吐き気が落ち付いた時には、20時近くなっていた。

本当なら、午後には歩いているハズだったので、主人は、私が麻酔から覚めて、歩き始めたら家に帰ることになっていた。

看護師の人は呼べば来てくれるが、ずっとついてくれているわけではない。
心細くて、この状態では、「帰っていいよ」と言えない。
でも、家ではチッチが待っているし、主人が帰らなければ、散歩どころかご飯も食べられない。

どうしよう・・・

この時だけは、無理に遠い病院に入院してしまった自分を責めた。

主人は「一度帰って、チッチの世話して車で戻ってくるか?」って提案してくれたが、往復で4時間はかかる。
その間、一人でいるのが心細くて泣きそうになった。

結局、主人の実家に連絡し、チッチのご飯は兄嫁たちが来て世話してくれることになった。

「チッチ、ごめんね」
頭の中で何度も謝った。

朝が来るまで、本当に長い夜だった。
スポンサーサイト

| ぼやき日記 | 23:58 | comments:20 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

大変だったね。
その後、落ち着いてますか?

私も術後2日間、吐き続けでつらかったよ〜。

できることならば、ゆっくりと休んで、早く良くなりますように。

| K | 2012/12/03 09:27 | URL |

ゆっくり休んでくださいね…どうか無理をされないように!

| junko | 2012/12/03 11:50 | URL | ≫ EDIT

今日、会社いっちゃったんですか!
大丈夫でしたか???

とにかくお大事に…チッチくんのためにも!

| げんらん | 2012/12/03 20:15 | URL |

大変でしたね

こんばんは
入院 手術と大変でしたね、術後が大事ですから無理をしないでくださいね。

手術で悪いものをとってしまったので、これからは快適に過ごせるでしょう。


それにしても 頼りになる旦那様、良かったですね。
ますます 夫婦仲がよくなり今年の冬は暑いかも~。


チッチ君もお留守番で偉かったです、かあたんのお顔が見られなくて心細かったのでは?。

無事に退院出来ておめでとうございます。



| 姫恋ママ | 2012/12/03 20:27 | URL |

Kちゃんへ

Kちゃん、こんばんは。

> 大変だったね。
> その後、落ち着いてますか?

いやいや、たった1泊で大袈裟ですが、思ったよりしんどかったっす。

> 私も術後2日間、吐き続けでつらかったよ〜。

そうだったね、Kちゃんの大変さの何十分のイチかもだけど、ちょっとだけ体験しちゃったよ・・・
胃が縮んじゃったので、ダイエットのチャンスかも!

> できることならば、ゆっくりと休んで、早く良くなりますように。

心配かけちゃってごめんね~
12月でなきゃ、もうちょっと休めるんだけどね~
今日昼に会社行ったら、机の上が山になってた・・・^^;
でも、今年はお正月が長いから、それに向けてちょっと頑張ります

| うさぎ | 2012/12/03 22:23 | URL | ≫ EDIT

junkoさんへ

junkoさん、こんばんは。

> ゆっくり休んでくださいね…どうか無理をされないように!

ありがとうです、でもね~、怒涛の年末なので休んでいられないのよ~(泣)
この時期働かんと意味のない職場なもんで・・・

もう少し早く手術していれば良かったなあ~

| うさぎ | 2012/12/03 22:25 | URL | ≫ EDIT

げんらんさんへ

げんらんさん、こんばんは~

> 今日、会社いっちゃったんですか!
> 大丈夫でしたか???

午前中は休んで午後から出社しました・・・
大丈夫だったけど、やっぱちょっとフラフラしてたかも。
>
> とにかくお大事に…チッチくんのためにも!

ありがとうです。
手術自体はうまくいって、お腹は痛くないのよ。
辛いのは貧血と、あとあまり吐いたもんだから、胃炎っぽくなっててそれがちょっとね~

あ、あと主人が足をあまり動かしてくれたもんだから、筋肉痛になっちゃった(笑)

チッチは一晩可哀そうなことしちゃいましたが、その後ずーーーーーっと一緒に布団で寝ていました。

| うさぎ | 2012/12/03 22:28 | URL | ≫ EDIT

姫恋ママさんへ

姫恋ママさんこんばんは~
お騒がせしてスミマセン。

> 入院 手術と大変でしたね、術後が大事ですから無理をしないでくださいね。
>
> 手術で悪いものをとってしまったので、これからは快適に過ごせるでしょう。

たくさんある筋腫の中で今回取ったのは本当に一部なんです。
でも出血の原因はこれだろう、ってことなので、少しこれで落ち着いてくれれば、残りの筋腫とは仲良く共存していくつもりなんですが・・・^^;
>
> それにしても 頼りになる旦那様、良かったですね。
> ますます 夫婦仲がよくなり今年の冬は暑いかも~。

いやいや・・・
今回はさすがに、主人に頭があがりませんです。
こんなに頼りになるとは正直思いませんでした。
当分小さくなってます・・・^^;

主人、帰れなくなって床で寝たので、風邪ひいちゃったんですよ・・・
ほんと、申し訳ないことしました。

> チッチ君もお留守番で偉かったです、かあたんのお顔が見られなくて心細かったのでは?。
>
> 無事に退院出来ておめでとうございます。

チッチには可哀そうなことしちゃいました。
主人の実家からご飯隊は派遣されたんですが、やっぱり夜中誰もいなくて変だな~って思ったでしょうね。

あんなに苦しくて辛かったのに、翌日退院してきました、医学ってすごいですよねえ・・・。
御心配おかけしてスミマセンです~

| うさぎ | 2012/12/03 22:35 | URL | ≫ EDIT

手賀沼でオジャマした時にうかがって心配してましたがとりあえず手術無事に済んだようで何よりです。でもすんなりいかなかったようで大変でしたね。まあ終ってしまえば笑い話かな(*^m^*)

でもなんだかんだいってもうなぎさんはうさぎさんを大事に、そして愛してるんだなあって夫婦愛を感じました(^O^)

頼るものがいない自分はごん三のためにも病気にはなれませ~ん( ̄ロ ̄lll)

| ごんチチ | 2012/12/03 22:41 | URL | ≫ EDIT

もうすっかり落ち着きましたか?
筋腫がたくさんあるというだけでもショックなのに、勇気を出して手術なさってよかったです。
女性もある年齢になると、色々出てきます。
細かいチェックが必要となります。
うなぎさんとチッチ君、そしてご自分自身のためにも、健康には気をつけて、楽しい毎日を送られますように。

| メイ | 2012/12/04 07:13 | URL |

もう、お仕事に復帰されているとの事ですが、
無理なさらずに、お大事にして下さい。

子宮全摘した友人は、やはりホルモンバランスが乱れて、
なかなか、体調が戻らずに苦労していました。
元々細身でしたが、更に細くなって、
なかなか体重が増えなくなってしまったようです。
更年期うつで、仕事を休んでいる友人もいて、
女性の身体は、年齢に関係なくして繊細です。
本当に大事にして下さいね。

チッチ君、1人でのお留守番、偉かったですね。
ちょっと、感動しました。

| kaori | 2012/12/04 13:43 | URL | ≫ EDIT

お大事になさってください

うさぎさん、二日間の日記読ませていただきました。
婦人科系であれ、なんであれ、
病気になると医師への信頼はとても大事なことだと思います。
最初から信頼できるお医者様との出会いがあれば幸せですが、
そうじゃない場合は多いようですね・・・

大事な病気であればなおさら、
自分が信頼できるお医者様と出会えるまでは
セカンドでもサードでもいいと思います。

病は気持ちからというのはいろいろなことに言えるんじゃないかと思います。

今回うさぎさんが信頼できるお医者様と出会えて
本当に良かったと思います。

ちっち君のことで心配もあったと思いますが
それでも、今後のちっち君にとっても
今回、うさぎさんが手術を受けることができて
良かったと思います。

うなぎさんの愛情も再々~~~認識したと思いますし、
二人プラス1匹の強いつながりが
ますます強くなったのだろうと思います。

お仕事に復帰されてるとのこと、
お大事にしながらお仕事頑張ってくださいね。

| hiromi | 2012/12/04 20:04 | URL | ≫ EDIT

病院通いから退院までお疲れ様でした。
なかなかすんなりといくことってないんですね。

メールしようかとか色々悩んだんだけど
こういうときに鬱陶しいかなと思って
やめちゃったんです。
うさぎさんが落ち着いたら、ぜひぜひ会えると
いいですねっ。
12月でお仕事も大変でしょうけど
体が大事ですから、くれぐれも無理なさらないように。

チッチくんも頑張りましたね。

| もちゃん | 2012/12/04 22:49 | URL |

ごんチチさんへ

ごんチチさん、こんばんは~

> 手賀沼でオジャマした時にうかがって心配してましたがとりあえず手術無事に済んだようで何よりです。でもすんなりいかなかったようで大変でしたね。まあ終ってしまえば笑い話かな(*^m^*)

手術は無事に終わって、術後痛みもないんですが、水中毒には参りました。
退院して土日は寝て、月曜の午後~会社行っていますけど、まだなんだか調子悪っ!って感じです。
でも、仕事が山になってるので休めない~

> でもなんだかんだいってもうなぎさんはうさぎさんを大事に、そして愛してるんだなあって夫婦愛を感じました(^O^)

いやはや、今回は主人大活躍・・・ってか、主人しかいなかったので、やらざるを得ないって感じでしたが・・
逆の立場だったら、私はあんなに動けなかったと思うので、そういう意味ではしばらく頭が上がりません・・・

> 頼るものがいない自分はごん三のためにも病気にはなれませ~ん( ̄ロ ̄lll)

ほんとね、チッチには可哀そうなことしました。
今回のことで、ほんといざという時、チッチの面倒を誰が見るか・・って、まあ主人の親や兄がいるので、今回は助かりましたが、たった1日でも、もしものことがあったら、って頼んで行かなきゃいけなかったんだな~って反省です。
主人母の感想は「しっかし尻癖のわるい犬だね~」っでした・・(-_-;)

| うさぎ | 2012/12/04 23:44 | URL | ≫ EDIT

メイさんへ

メイさん、こんばんは~

> もうすっかり落ち着きましたか?

まあまあです、まだ頭が痛くなったり、動悸がしたり、イマイチですが、仕事には行っています。

> 筋腫がたくさんあるというだけでもショックなのに、勇気を出して手術なさってよかったです。
> 女性もある年齢になると、色々出てきます。
> 細かいチェックが必要となります。

たった1泊の手術でこんなに大変なら、いっそ一度に済ませちゃえば良かったか・・って色々考えちゃっています。
でも、手術自体は成功しているので、少しでも今までの症状が緩和することを祈って、しばらくは様子見です。

> うなぎさんとチッチ君、そしてご自分自身のためにも、健康には気をつけて、楽しい毎日を送られますように。

ありがとうございます~
やっぱり、普段の基礎体力の無さに我ながらガッカリです。
チッチの為にも、健康でいないといけませんよねえ~
身にしみました・・・(-_-;)


あ、話変わっちゃいますが、画家Kが来年3月に個展やります~
前回と同じギャラリーだそうです。お知らせまで~

| うさぎ | 2012/12/04 23:48 | URL | ≫ EDIT

kaoriさんへ

kaoriさん、こんばんは~

> もう、お仕事に復帰されているとの事ですが、
> 無理なさらずに、お大事にして下さい。

御心配おかけしてスミマセン。ありがとうございます。
だいぶ復活していますが、まだ一日フルに元気になれないです。

> 子宮全摘した友人は、やはりホルモンバランスが乱れて、
> なかなか、体調が戻らずに苦労していました。
> 元々細身でしたが、更に細くなって、
> なかなか体重が増えなくなってしまったようです。
> 更年期うつで、仕事を休んでいる友人もいて、
> 女性の身体は、年齢に関係なくして繊細です。
> 本当に大事にして下さいね。

ありがとうございます。
私の周囲にも手術したり、筋腫や内膜症で通院している人が多くて、色々話は聞いていたんですが。
いざ自分が体験するのはまた別問題ですね。参りました・・・

> チッチ君、1人でのお留守番、偉かったですね。
> ちょっと、感動しました。

チッチには可哀そうなことしました。
主人実家に頼んでご飯はあげてもらったんですが、チッチって私と主人意外とは絶対散歩しないんですよ・・・

夜なのに甥っ子が行ってチッチと遊んでくれたらしいですけど・・・。

いざという時の為に、もうちょっと準備しておかなければダメだなって実感しました・・・


| うさぎ | 2012/12/04 23:54 | URL | ≫ EDIT

hiromiさんへ

hiromiさん、こんばんは~

> うさぎさん、二日間の日記読ませていただきました。
> 婦人科系であれ、なんであれ、
> 病気になると医師への信頼はとても大事なことだと思います。
> 最初から信頼できるお医者様との出会いがあれば幸せですが、
> そうじゃない場合は多いようですね・・・

私はお医者さんでも、結構選んじゃう方で、今でも若い時に通ったお医者と年賀状のやり取りをしているくらい、信頼したお医者さんには忠実な方なんです。
婦人科のお医者も、信頼できる先生にかかっていたんですが、亡くなってしまって、その後医者探しの最中だったんですよね・・・

> 大事な病気であればなおさら、
> 自分が信頼できるお医者様と出会えるまでは
> セカンドでもサードでもいいと思います。
>
> 病は気持ちからというのはいろいろなことに言えるんじゃないかと思います。
>
> 今回うさぎさんが信頼できるお医者様と出会えて
> 本当に良かったと思います。

お医者様もですが、従弟のお嫁さんがすごくいい人なので、この人の言うことなら信じられるな、と思い、一歩先に進めました。
でも、遠いのがちょっと難点ですが・・
まだまだ治療が続くので、やっぱりお医者さんとのコミュニケーションは大切ですよね。
実は今週末大学病院の方を断って来なければならないので、ドキドキしています・・^^;

> ちっち君のことで心配もあったと思いますが
> それでも、今後のちっち君にとっても
> 今回、うさぎさんが手術を受けることができて
> 良かったと思います。

まさか主人が帰れなくなるとは想定していなかったので、チッチにはかわいそうなことしました。
でも本ワンは意外とケロッとしていて、逆に寂しかったような~(笑)

> うなぎさんの愛情も再々~~~認識したと思いますし、
> 二人プラス1匹の強いつながりが
> ますます強くなったのだろうと思います。
>
> お仕事に復帰されてるとのこと、
> お大事にしながらお仕事頑張ってくださいね。

ありがとうございます。
そんなこんなでバタバタしていて、hiromiさんのブログにコメント残せずにスミマセンでした。
アポちゃんのお顔はしっかり見せていただきましたよ~
パピーさんは何してても可愛いですよね~

| うさぎ | 2012/12/05 00:01 | URL | ≫ EDIT

もちゃんさんへ

もちゃんさん、こんばんは~

> 病院通いから退院までお疲れ様でした。
> なかなかすんなりといくことってないんですね。

筋腫の話、もちゃんさんには、してたもんね
夏すぎから大出血が続いちゃって、なのに、何の治療もしてもらえず。
病院放浪の旅に出ちゃってたんですわ・・・。

> メールしようかとか色々悩んだんだけど
> こういうときに鬱陶しいかなと思って
> やめちゃったんです。

お気づかいありがとう、ご心配かけちゃってごめんね~

今回の手術はまだ第一歩なので、さらっと終わるはずが、自分でも
「こんなことってあるんだな~」
って思っちゃったりしたので、ブログに残しておこうと思ったんだよね。

> うさぎさんが落ち着いたら、ぜひぜひ会えると
> いいですねっ。
> 12月でお仕事も大変でしょうけど
> 体が大事ですから、くれぐれも無理なさらないように。
身体はもう大体復活してきているんだけど、仕事がぐちゃぐちゃになってます・・・
忘年会したいけど、年内は無理かも~(T_T)

今年は冬休みが長いから、それに向けて頑張るぞ!って感じです。
年が明けたら時間できるので、ランチでも行こうね~

>
> チッチくんも頑張りましたね。

チッチにはちょっと可哀そうなことしちゃった。
やっぱり、「もしも」を想定して準備しておかなきゃダメだな~って実感しました。
ダンナ実家が近くて、ありがたかったです。

| うさぎ | 2012/12/05 00:13 | URL | ≫ EDIT

その後いかがですか

ビックリしましたっ。その後の体調はいかがですか?

初入院・初手術、お疲れさまでした。
チッチ君も、初ヒトリお留守番(?)、がんばりましたね!
かあたんもとおたんも帰ってこなくて、すごく心配したでしょうね。

昨夜、うさぎさんの夢を見ました。
元気そうにしていました。でも今思えば病室みたいに白いお部屋だったかも。。。

うなぎさん、リッパなご主人ですね!
見直しましたワン!!

| ちゃこP | 2012/12/05 18:06 | URL | ≫ EDIT

ちゃこPさんへ

ちゃこPさん、こんばんは~

> ビックリしましたっ。その後の体調はいかがですか?

いやいや、お騒がせしてスミマセン。
手術自体は小さな筋腫を取っただけなのです。
体調も今日あたりからやっと普通に戻りました。
何しろ怒涛の年末で、仕事がいっぱいで~す(泣)

> 初入院・初手術、お疲れさまでした。
> チッチ君も、初ヒトリお留守番(?)、がんばりましたね!
> かあたんもとおたんも帰ってこなくて、すごく心配したでしょうね。

何もかもお初のことで、もっと簡単に終わると思っていたのですが、水中毒には参りました。
やっぱ、病気ってナメちゃダメだな~って反省です。
チッチには可哀そうなことしちゃったです。

> 昨夜、うさぎさんの夢を見ました。
> 元気そうにしていました。でも今思えば病室みたいに白いお部屋だったかも。。。

おお~
にゃんと、ワタクシ、ちゃこPしゃんの夢枕に立ちましたか~
光栄です~~(#^.^#)・・
ひょっとして、幽体離脱していたのかも・・??

> うなぎさん、リッパなご主人ですね!
> 見直しましたワン!!

今回は、ほんと主人に助けてもらいました。
親も年をとって、頼りにできず、これから先はやっぱり主人と助け合って生きていかないといけないんだな~って身をもって実感しちゃいました・・

あ、でも私は多分、主人のようには介護出来ないと思う~^^;
怖がりでヘタレなので、一緒に寝込んじゃうと思いマス・・・

| うさぎ | 2012/12/05 22:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT