Chitchies

13歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

走れ!2500キロ 秋旅行2012⑨ うさぎさん、ブンむくれる(前編)

乗鞍畳平

旅行最終日

またもや、わんぱらにチッチを預かってもらい、朝のうちに乗鞍スカイラインへ行く。

普通、チェックアウト後は無理なんじゃ?って思ったけど、
「大丈夫ですよ~」って言っていただいて、お言葉に甘えまくり・・・^^;
(あ、ワンコ預かりは有料です、念のため)

新穂高ロープウエイが、朝イチでも混んでいたのを教訓に、今日は早めに行くぞ~

乗鞍へ行くバスは、何箇所からか出ているが、わんぱらからは「ほうのき平バス停」が近い(車で3分)。
始発は6時台にあるようだが、チッチを預かってもらえるのは8時からなので、これは無理。(実際には昨日も7時半には預かってもらえたのだが)

次のバスは7:55am。これを目指すことに。
今日は山の写真ばっかりです。

バスはあかんだな駐車場始発なので、ほうのき平で乗れない可能性もないわけではない。
バス停の人に聞いたら「平日ならまあ、大丈夫」って言われたけど。

なんでも早めに着いていないと不安な私、わんぱらの出発は7時半に決定。

ここでひとつ問題が・・・

昨日は朝食が7時からだったのだが、この日は7時半かららしい。(内容や曜日によって違うみたい)
食べていたらバスに間に合わない。
残念だけど、朝食をキャンセルすることに。

そう話すと、「簡単なお弁当なら作れますけど?」と有難いお話。
7時半に受付でお弁当を受け取れることになった(感謝!!)
それにしても良い天気です。

6時過ぎに起きて、チッチをひとまわり散歩させる。
どうも、朝散歩のチッチはノリが悪い・・^^;
普段連れて行かないせいもあるのかなあ?

ちょっとリードを緩めると、玄関に戻って行っちゃう・・・(-_-メ)

まあ、この日はお昼目途で戻ってくる予定だし、あまり無理に歩かせず、足を洗って
そのままワンコ預かりへ。(今回チッチ君出番なしです)

今日は部屋を開ける都合もあるので、クレートに入れたまま預けた。(大きいのにスミマセン)

チッチ周り以外の荷物は、前日にあらかた積んで置いたし、主人が朝風呂に行っている間に、お会計も済ませた。

「乗鞍山頂は寒いので、良かったらそれ、持って行ってください」
「え?いいんですか?」
お散歩用のベンチコートまでお借りしてしまった。
「じゃあ、行ってきま~す」
ハイウエイが見降ろせます・・・

バス停に着くと、もう何人かの登山客が待っている。
「ほら~、早めに来て正解でしょ~??」

往復の切符を買い、自販機で温かい飲み物を買ったり、ウロウロしていると、ようやくバスが来た。
もう、7割方席が埋まっている。

主人とはバラバラに、空いている席に座る。
周りは本格的な登山スタイルの人ばかりで、私と主人、ちょっと浮いている・・(-_-;)

定刻にバスは出発。
40分かけて、ゆっくりと乗鞍スカイラインを上がっていく。
麓の方は紅葉が濃くなってきた。

大きなカーブを幾重にも重ね、バスは一気に標高2700mへ上がっていくのだ。
何度も口を大きく開けないと、耳がツンとする。

それにしても、昨日に引き続き素晴らしい晴天だ。

ようやく終着「畳平」に到着。
その2700mの世界。
私や主人が想像していたものと全く違っていた。

山ばっかりでスミマセン

昨日行った新穂高では、展望台から出ると林の中だった。
乗鞍山頂はとても広大で、どこへ行って良いのか見当がつかない。
登山スタイルの皆さんは、慣れた様子で、どんどんいなくなってしまった。

「とりあえず、どこへ行けばいいのかな?」

折り返しバスの出発待ちで、一服している運転手さんに聞く。
「一番高いのは剣が峰だよ、ここから1時間半くらいじゃないかな?」
「どうやっていくんですか?」
「ほら、あっち、皆歩いて行っているでしょう?あの裏側に行くと、肩の小屋があって、そこから登山口があるんだよ」

熱心に聞いている主人

「え?まさか行くつもり?」
「何言ってるんだよ、ここまで来て、行かないつもりかよ?」
「あのさ、皆ちゃんと登山靴で、装備して来ているんだよ?」
「平気だろ?こんなに天気がいいんだし」

また、押し問答である・・・(-_-;)

「私はヤダよ!」

「え?俺は行くぞ!」

「え?じゃあその間私どこにいればいいのよ!!」

主人は、行きたくないなら2時間以上ここで待っていろと言う・・・

てっきり「畳平」が目的地だと思っていた私、まさかここからトレッキングがあると思っていなかった。
もう少し、俗っぽい・・というか、観光地っぽいところなら、2時間くらい待っていられたのかも知れないが、なんだか一人残されるのが不安な気持ちになる。
この雰囲気、なんだか恐山に行った時を思い出すぞ・・・(^_^;)

「行く」「行かない」でモメている間に、周りに誰もいなくなっちゃった・・

「まあいいや、とりあえず弁当食おうぜ!」

登山口のベンチに腰掛けて、わんぱらで持たせてくれた紙袋を出す。

「わ!すごい!」
わんぱら弁当、美味しかった~

「オニギリくらいの簡単なお弁当」って言っていたけど
おかずが別にタッパに入っていて、おにぎりは竹の包みでキレイに包んである。
おにぎり用の海苔も別に入っているし、お手拭きと割り箸もちゃんと2人分入っている。

売店でお茶を買って、お弁当を食べたら、少し落ち着いた。

それでも、私は山登りする意思なし!

「じゃあさ、とりあえず肩の小屋まで行ってみようよ、そうすれば山頂がどんなかわかるって言ってたじゃん」
「肩の小屋までは30分くらいだってよ」
「行けるとこまで、行ってみようよ」

主人に説得されて、ようやく立ち上がる。

後で思えば、主人に申し訳ない気もしたが、旅行も最終日、標高2700mの地で、これから3時間も登山する気力は、私にはなかった。

なんとかなだめようとして、ニヤニヤと人の顔を覗きながら、主人は歩きだす。

私は、自信のない自分への自己嫌悪も含め、ぶんムクレである・・(-_-;)

ゆるいカーブを少しずつ歩いて行くが、すぐ息が上がる。

周りは360度絶景
墨絵のように、アルプスの山々が幾重にも重なって見える。
ハイウエイを、次のバスが上がってくるのが見える。

悪い癖で、一度むくれると、なかなか機嫌を直せない。
下を向きながら情けない気持ちで歩いて行く。

気温は10度くらいのハズだが、だんだん暑くなってきて、上着を脱ぎ、シャツを脱ぎ、Tシャツ一枚になって歩く。
空気が薄いのか、息がハアハアする。(←主人には大袈裟だと笑われた)

うさぎさん、抗議行動中

ようやく肩の小屋が見えてきた。

肩の小屋に休憩できるところがあれば、主人が山頂に行って来るまで待っていようかと思っていたのだが、
小屋はしっかり扉を閉ざし、冬支度休業中だった。

≪つづく≫
スポンサーサイト

| チッチとお出かけ | 23:15 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

絶景ですね~
高校の修学旅行で乗鞍登りました
上高地も~
すでに30年以上前の話だけど…
こんなにきれいだったかな~

| junko | 2012/10/29 10:09 | URL | ≫ EDIT

すごい景色!

お弁当も凄かったね〜。

この件、うさぎちゃんが正しいです。
うなぎは遭難するタイプ。
その場合、同情もされないよ。
ムクれて正解。
自己嫌悪なんか感じる必要もなく、
危機管理能力が高いと思おう。

どんな山でも自然をなめてはいけません!

とかなんとか言って、うさぎちゃん。
まさか!
登ったんじゃあ?

続きを楽しみに待とうっと。

| タマ | 2012/10/29 11:29 | URL | ≫ EDIT

偉いなぁ・・・

今まで、何日過分のブログを読ませて頂いて、
そして今回のブログも読ませて頂いて、
うさぎさんは偉いなぁ・・としみじみ思いました。

端から見ている分には、
うなぎさんの行動や言動って楽しい、面白いって思うけれど、
一緒に暮らしてると、「え!!」とか「なんで!!」
って思っちゃうと思うんです。

それで喧嘩どころか、駄目になっちゃうご夫婦は
いっぱいいると思います(汗)

私自身はバツイチなんですが、
事情は違うけれど、私にうさぎさんのような気持や
対応が出来ていたら、結果は違ってたかなぁ・・
と思いながら読んでいます。

でも、きっと私だとやっぱり難しいと思いますが(苦笑)(笑)
人間関係で距離の遠い人には大きな気持でいられるけど、
距離が近い人には「わかって欲しい」気持が大きくなって
大目に見られないんですね。

二人は(うさぎさんの歩み寄りにより)(良いパートナーシップなんだなぁ・・
と思いながら読んでいました♪

| hiromi | 2012/10/29 16:16 | URL | ≫ EDIT

junkoさんへ

junkoさん、こんばんは!

> 絶景ですね~
> 高校の修学旅行で乗鞍登りました
> 上高地も~

へえ~っ!
おきゃーまの高校生は、修学旅行で乗鞍ですか??
アクティブですにゃ~
私は中学も高校も修学旅行は京都でした・・^^;
中学は奈良も行ったけど、高校はひたすら京都だけ!

で、junkoさんは、剣が峰登られましたか??

> すでに30年以上前の話だけど…
> こんなにきれいだったかな~

なんか、天気にはめちゃめちゃ恵まれていました。
北海道をあきらめただけのことは、あったかな・・って感じでした・・・
でもね、乗鞍は天気が良すぎて、山が見えすぎるだけに、高さを感じて、ちょっと怖かったです~(-_-;)

| うさぎ | 2012/10/29 23:49 | URL | ≫ EDIT

タマさんへ

タマさん、こんばんは~

> お弁当も凄かったね〜。

お弁当「は!」最高でした~
でも、ほとんど主人に食べられちゃいましたが・・・(^_^;)
私がエボつってる(←新潟弁)間に・・・

> この件、うさぎちゃんが正しいです。
> うなぎは遭難するタイプ。
> その場合、同情もされないよ。
> ムクれて正解。

あはは、そう思うでしょ~?
帽子もかぶってないんだよ、我々・・・
昨日、お客さんが来てたんだけど、同じこと(遭難するよ)言われてました・・・

> 自己嫌悪なんか感じる必要もなく、
> 危機管理能力が高いと思おう。

自己嫌悪は、子供の頃からずっとなんだよね~
父にも母にも「このくらい、なさけない!」って言われ続けてたしね~
何しろ、うちの父と母、登山中に出会ってるしね~(^_^;)

> どんな山でも自然をなめてはいけません!

新穂高は、登山道は装備なしで入っちゃいけませんって、ちゃんと書いてあったの。
でも、乗鞍は、誰も何も言わないんだよね~
乗鞍の方がはるかに高地なのに・・・
バスのおっちゃん達は「行ける行ける」って言うし・・^^;で、すっかりその気になっちゃったんだよね。
実際、私たちみたいに軽装で登ってく人も結構いたよ。

> とかなんとか言って、うさぎちゃん。
> まさか!
> 登ったんじゃあ?
>
> 続きを楽しみに待とうっと。

うはは・・・
なにかと物議を醸しそうだったので、早々にアップしましたよ~

いつも私の味方してくれてありがとうデス!

| うさぎ | 2012/10/29 23:56 | URL | ≫ EDIT

hiromiさんへ

hiromiさん、こんばんは~

> 今まで、何日過分のブログを読ませて頂いて、
> そして今回のブログも読ませて頂いて、
> うさぎさんは偉いなぁ・・としみじみ思いました。

へ?なになに?
私何かえらいっけ??

> 端から見ている分には、
> うなぎさんの行動や言動って楽しい、面白いって思うけれど、
> 一緒に暮らしてると、「え!!」とか「なんで!!」
> って思っちゃうと思うんです。

でしょでしょ~?
もっと言ってやってください!!
よく、「楽しい旦那さまでいいね」なんて言われるけど、楽しい時だけじゃないんですから・・・

> それで喧嘩どころか、駄目になっちゃうご夫婦は
> いっぱいいると思います(汗)

あ、もうね、ケンカは激しいですよ、我が家。
でも、私も主人も瞬間湯沸かし器型で、しかも忘れっぽいんだよね・・(滝汗)

> 私自身はバツイチなんですが、
> 事情は違うけれど、私にうさぎさんのような気持や
> 対応が出来ていたら、結果は違ってたかなぁ・・
> と思いながら読んでいます。

う、含蓄のあるご意見をありがとうございます・・・
いやいや、主人もですが、私も相当ワガママなんですよ。
自分のことは棚にあげてるって感じもあるんですわ・・・

> でも、きっと私だとやっぱり難しいと思いますが(苦笑)(笑)
> 人間関係で距離の遠い人には大きな気持でいられるけど、
> 距離が近い人には「わかって欲しい」気持が大きくなって
> 大目に見られないんですね。
>
> 二人は(うさぎさんの歩み寄りにより)(良いパートナーシップなんだなぁ・・
> と思いながら読んでいました♪

主人にプリントアウトして熟読してもらいたいですね、いただいたこのコメントを!!
むふふ!
まあ、今回の登山はちょっと無謀だったかも知れないですが、私もあまりにヘタレすぎって説もあるんですよ。
駅の階段も嫌いなくらいで・・・

今日、後編をアップしましたが、今回はさすがに主人も、私を置いて行くことはせず、一緒に降りてきました。
そうじゃなきゃ、いまごろタダじゃすみませんからね~(笑)

| うさぎ | 2012/10/30 00:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT