Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

走れ!2500キロ 秋旅行2012⑥ さらば山陰

これ、実は3日目の朝散歩の写真^^;

なにしろ今回は、2、3日前に行き先変更だったので、1泊目~2泊目はちょっと無理がある。

始めから、私は北海道がダメなら、高山に2泊。という提案をしていたのだが、せっかく長期休暇を取っているのに、高山じゃ

「近すぎてつまらないよ!」

という主人のブーイングで、鳥取が1泊追加されたのだ。

岐阜県の中ではかなり西に位置しているとはいえ、米子~高山・・・距離がありすぎる。
じゃあ、どこか途中でもう1泊、と考えたのだが、主人とも意見は合わないし、ちょうど良い距離に適当な宿がない。

しかも
高山は2泊でないと意味が無いのだ・・・
4泊はちょっとキツイし・・・

地図を見ながら
「まあ、なんとかなるだろ」
と、またもや安易に予約を入れてしまった。

そんなわけで!!!
2日目は大移動・・・
そして、さらば山陰なのである。

車内のチッチ、爆睡しています

後で思えば
やはり、関西のどこかでもう一泊すれば良かった。
こんな遠くまで、そうそう来られないのに
かなりもったいないドライブだった・・・。

主人も私の提案にあれこれ注文をつけていたくせに
「なんだよ、2日目は移動だけじゃねーか、つまんねえな・・」
とブツブツ言っている。

でも仕方ない、2泊目は高山なのだ。
鳥取砂丘を出発したら、後はひたすら東へ戻っていく

中国道から名神へ抜け、一宮から東海北陸道へ
大阪を抜け、京都を抜け、米原を通り
一路高山へ


関西を抜ける時、日曜日だし、昼間だし、もっと渋滞するかと思ったけど、タイミングが良かったのか、どこも渋滞せずに通過した。
それでも、高速を下りて、寄り道する時間は、もうない。

高山市街に到着した頃は、日が暮れ始めていた。
今日のお宿は、私のお気に入り「高山わんわんパラダイス」である。

高山わんパラは、高山市街から山に向かって40分ほど登ったところにある。
山道に差し掛かる頃には、もう辺りは暗い。

18時すぎ、到着。

我が家にしては、早い到着だが・・・^^;
レストランではもう食事をしている人が見える。

部屋でのチッチは、このケージに入っています。

大量の荷物を部屋へ運び、チッチをケージに入れ、夕食前にお風呂へ。
高山わんぱらのお風呂は、貸切家族風呂で、露天と内湯が選べる。
ワンコも入れる温泉もあるが、今日は部屋で留守番してもらった。

ひとっ風呂浴びて、レストランへ。
わんぱらなので、チッチも一緒に連れて行かれる。

今日一日、鳥取砂丘でトレッキングした後は、ずーーーっと車で爆睡していたチッチ。
超元気・・・^^;
僕にも早くちょうだい!!

我が家の旅行に、こんな向いている犬もいないのでは?と笑っちゃうほど
チッチは車の中で良く寝ている。
私が車中泊用に作ったドーナツ枕も、いつのまにかチッチ用になっちゃったし。

そんなチッチ君。

鳥取砂丘では超ブルーだったくせに、レストランでは張り切りまくり。
わんこメニューをもらって大満足である。

チッチ君、この日一番の笑顔!


私達も、高山わんぱらの夕食は楽しみだった。

前回、泊った時、夕食のシメに出たお茶漬けが美味しかったので、期待していたのだが。
今回もちゃんと出た。
高山の赤味噌にニンニクとトウガラシが入った、秘伝のタレ(?)と、刻んだお新香。アツアツの昆布だし。
シンプルなんだけど、このお茶漬けが食べたくて、また来たと言っても過言ではないほどだ・・・

お給仕してくださる方に
「このお茶漬けが楽しみで、また来ちゃったんですよ」
「あ、皆さんよくおっしゃってくださるんですよ」
「やっぱりそうですか」
オプションメニューにも載っている程の人気商品らしい・・・

無事に高山まで戻って来た安堵感。風呂上りのビール、そして満腹。
条件が揃ったところで、この日もバタンキューである。

明日も、早起きだからね!
スポンサーサイト

| チッチとお出かけ | 23:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT