Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

片キバ折れのチッチ (前編)

プチご無沙汰しておりました。

なにしろ、私、久々、どっと「落ち」ておりました。

元凶は仕事でもなく、主人でもなく(珍しく)、我が家のチッチ君。

さすがに、2度連続で目を傷めたチッチ。どうしてやっちゃうのか
バカな飼主なりに色々考えました。

皆さんにもご心配いただいて、色々アドバイスもいただいて、

この時期に多いのはやっぱ
「顔がカユイ」から??

カユカユの原因はいたるところにある。
メイさんに教えていただいた動物病院のHPを見たら
「皮膚病の一番の原因はハウスダスト」とあった。

確かに、チッチの小屋はいつもきちゃないよ・・・

毎日、周りを拭いたりはするけど、毛布とかを毎日替えたりはしていなかったし。

あの毛むくじゃらが、一日ゴロゴロして、手足をンベンベと舐めたり、水飲んできて濡れたアゴを擦ったり。

ただでさえジメジメ、ムシムシのこの季節。バイキンマンが大量発生してもなんの不思議もないよなあ・・・

高いサプリより、血液検査より、まずは
「掃除だ~っ」

そう誓って帰宅した木曜日。
まだ蒸し暑かったし、最寄り駅のデパートがバーゲン初日だったので、ちょっと寄り道をした。
ペットショップでも「大SALE!」
チッチに夏用のベッドをGET!
意気揚々と家に帰る。

まずは、いつもの通り、玄関に迎えに出てきて、張り切るチッチと散歩。

帰ってきて、ご飯で汚れたチッチの小屋の大掃除である・・・

毛布も取り替えて。冬から出しっぱなし(途中洗濯はしたけど)のマザーボールを洗い。
キレイになったら、新しいベッドを置こうね・・・きっと気に入るぞ~(今まで気に入らなかったことはないチッチであるが

とその時。

床の隅に何かコロリと落ちている
白い、プラスティックのかけらのような・・・

何かの部品?
拾ってみると、なんだか見覚えがある。

「はっ」
それが何か気付いた瞬間・・・
マジで、鳥肌立っちゃったよ。

「ちょっとチッチ!こっちおいで!」

鬼の形相で呼んだもんだからチッチが来るわけがない。
ふんづかまえて、ひっくり返し、口をあけさせる。
「や~~~ん~~」
「やーんじゃないっ!」


やっぱり・・・

チッチの歯が折れたーーーっ

しかも、よりによって、右上の犬歯。
根元からボッキリ折れてるよーーーー


雑巾を持ったまま、へなへな座り込んでしまった私。
日ごろはえばりくさっている癖に、こういうときはまるで役に立たないのだ
水疱瘡事件参照

とりあえず主人に電話

私がオロオロと動揺していると、妙に不遜でデカイ態度にでる主人
「だから、ヒヅメはやめろって言っただろ?」
え?そんなこと言ってたっけ?
「俺はいつか、こんなことになるんじゃないかと思ってた」
ほんとかよ?

いつもなら、主人と口げんかになるところだが、そんな余裕がない

頭の中真っ白

どうしよう・・・?

こんな時に頼りになるのは、親よりも、主人よりも、やっぱりパグ友さんだ。
思い余って、アドレスを探しまくってメイさんに電話してしまった。
(メイさん、夜分に突然、ホントすみませんでした

普通に相談に乗ってもらうつもりが、メイさんの声を聞いたとたん、目から涙がドバー
もう声がでない。

ぐずぐずと泣きじゃくりながら顛末を話す40代。はずかしーーっ
まるで幼稚園生のようだ。

ビックリしながらも、根気よく話を聞いてくださって、アドバイスをくださったメイさん、ありがとうです。
「折れちゃったもんは仕方ないよ、自分を責めたってどうにもならない、これからどうするか考えなきゃ」
不思議なもので、一人で折れた牙を握っていた時は、何も考えられなかったのが、事情を聴いていただき、ブツブツと話をしているうちに、気持ちがスーッと落ち着いてきた。

「とりあえず、週末医者に行って診てもらいます。」
お礼を言って電話を切った。

と、そこへ主人からまた電話(電話はいいから早く帰って来いよ

さすがにさっきは言い過ぎた。と思ったらしい。

「折れちまったもんは仕方ないよ、スポーツ選手だってみんな前歯ないじゃないか」
(そういう問題?)

「チッチの顔には変化がないだろ?」

はい、歯を拾うまで気づきませんでした。

こんなデカイ歯が折れてるのに、チッチはいたくなかったんだろうか?
ご飯も平気で食べてたし・・・

4歳最後の大事件。長くなったので続きは後半へ・・・

最近ボク怒られてばっかりなんだ・・・

スポンサーサイト

| 愛犬ちっち、そのオマヌケな毎日 | 00:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usagi158.blog102.fc2.com/tb.php/770-915c93fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT