Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

All Japan Pug Meeting 2008 その1~また天気の話かい?!

チッチが我が家に来てからというもの、1年のサイクルがホントにとても早く感じる。

もちろん、我々バルタン星人、すっかり「中年夫婦」となっているので、「寄る年波」というものなのかもしれないが、それにしても、1年は早い。

犬の一生を思い、チッチを可愛いと思えば思うほど、「1年」が早すぎて、「年中行事」をひとつずつこなすにつけ、「ああ、もうこんな時期か」とため息が出る。

さて今年も、年に一度のパグ祭り「全国パグミーティング」の季節がやってきた。

5月の連休が、飛び飛びになっていようが、晴れって言ってた週間予報がグズグズな天気だろうが、「来週はパグミ!」って気持ちがあったので、余裕綽々で過ごしていた。

が、連休も終わり、さあ来週の天気予報。

はじめは「晴れのち曇り」近づくにつれ「曇り時々雨」「雨」「雨のち曇り」・・・・
青い傘マークが、やたらと目立ってきた。

そして前日
日本列島の下のほうに、なにやらでっかい前線が・・・
え?台風?

思えば去年も、こんな予報だった。
実際、前泊の土曜日は雨が降っていたし、当日も朝は雨がぱらついていた。
でも、実際にパグミが始まったら、薄日さえ差してきて、結果オーライ
「やっぱりパグズは晴れ男!(晴れ女)」チャンチャン!となったんだっけ・・・

果たして、そんな漫画のような展開に、今年もなる?
なるわけないか・・・
じゃあ、雨?
1000人、700パグズ。どうやって体育館に入るわけ?

去年、悪夢のような腰痛にもめげず、根性で立ち上がる私に恐れをなしたか、主人もパグミ参加に文句を言うのは諦めたようだ。

最悪な空模様を解説する天気予報にも動じることなく

「どーせオマエは、前泊で友達とドンちゃん騒ぎしたいだけだろ?」
と、顔色も変えずに言ってのける。

「うん、私は前夜祭が楽しみだからいいけど・・・、遠くから来る人や初参加の人は気の毒だね」

「遠くから来る人」
そして「初参加の人」
に、今回お会いできるのを楽しみにしている人(パグ)がいるので、まるでゲストをお迎えする気分の私は、天気予報にさえ責任を感じてしまっているのだ。

「バカ、オマエが天気でしょげてたって変わらねえよ、それより、何時に出てくんだよ」

次の問題は出発時間だ。

普段なら、とにかく早めに出発するのが基本の我が家だが、雨だったら、早く出かけてもチッチがかわいそうだ。

それから、車
連休中にオイル交換や点検をしておくはずが、ディーラーが休みで、できていなかったのである。
本当はもっと早くするはずだったのがノビノビになっていたこともあって、これも気になっていた。(我が家の車、やっかいな車種なので、整備不良はとても不安なのだ。)
涼しいから大丈夫。と主人は言うが、去年のように大渋滞に巻き込まれたら?

とにかく、チッチを連れて出かけるときは、考えられうるリスクは、ひとつでもつぶしておきたい私。
内心これもすごく気になっていた。

グズグズ、ブツクサいう私を鬱陶しがって主人

「じゃあ、こうしようぜ、朝、とりあえず早い時間に一回起きる。んで、天気予報見て朝から雨ならディーラー寄ってオイル交換してから出かける。午前中曇りマークならそのまま行っちゃって、早めに着いたらアウトレットで遊んでく。これでどうだ」

「そうだね、そうしよう」

話が済めば、お出かけの準備だ。
暑さの心配だけをしていたので、仕舞ってしまった冬物を引っ張り出す。

私はドタバタと、チッチのお泊りグッズを「まだあるの?」と言われるくらい玄関に積み上げだし、主人は秘密のトレーニングを始めた

夜は深々と更けていく。

明日はパグミ!
大好きなパグ友さんに会える。
チッチと出かけられる。

雨だろうが、雪だろうが降って見やがれ(ホントは困るけど)

この気持ちの高揚を誰も冷やせない。



スポンサーサイト

| 愛犬ちっち、そのオマヌケな毎日 | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usagi158.blog102.fc2.com/tb.php/753-8a8039c9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT