Chitchies

13歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私のお気に入り

私は、しつこい。

何がって、気に入ったものは、たぶん一生、お気に入りなのだ。
たいそうな話でなく、身の回りのちょっとした物の話である。

普段、それほどコダワリもなく、凝り性でもない。
日常雑貨も、恥ずかしいくらいバラバラな趣味だし、元来貧乏性なので、高いものは買わない。それほど執着もしない方なのだが、何かの拍子に気に入ると、ずっとそれ。

何の話がしたいかというと、のど飴とボディシャンプーなのだ。

飴玉はあまり舐めない。

なぜなら、口の中がべたべたして、ただでさえ質の悪い歯が、糖分と共にとけていくような気がするからだ。
飴を「噛む」のも苦手。
だから、中に何も入っていない飴玉だと、1時間くらい平気で舐めている。
口に入れるものはなんでも、すぐ噛んでしまう主人に、「まだ(さっきの)舐めてんの?」と驚かれることしばしば。

そんな私のお気に入りは、アーモンドクランチタイプのキャンディだ。(これは噛める)
一番好きなのは神田精養軒の「アーモンドピット」カンロの「ナッツボン」
この「ナッツボン」私が子供のころからあるから、かなりの長寿商品だと思うが、最近なかなか出会えない。

会社の友達に「デニーズにあるよ」といわれ、わざわざキャンディを買うためにファミレスに行ってしまった私である。

アーモンドピットは、最近は家のそばのスーパーでも手に入るのだが、買うと四六時中ガリガリガリガリ、あるだけ食べてしまって、とても太るので、今は自粛している。
大好き!イーマのど飴
そして、「UHA味覚糖のイーマのど飴」今の会社に入る前から好きだから、かれこれ7,8年は食べ続けている。
通勤の電車の中で、じーっとこれを舐めているのが好きなのだ。

これも、根強いファンがいるようで、長寿商品になりつつある。
ただ、私にとって非常に困るのが、時々マイナーチェンジをするのだ。
味が少し変わったり、硬さがやわらかくなったり、また硬く戻ったり。

イーマファンの私にとって、この変化は楽しみでもあるのだが、困るのは、リニューアルで入れ替えの時期に、品物が店頭から姿を消すことである。
過去に何度か、それでさびしい思いをしたので、大袋を見つけると嬉々として買い占める。
キッチンの戸棚にストックしておくのだ。

このストックが、現在底をついているのだが、なかなかリニューアル商品が店頭に並ばない。
小さなプラスティック容器に入ったヤツでしのいでいるのだが、どうも物足りない。
でもないよりはマシなので、コンビニで見つけては仕入れて急場をしのいでいる。
味覚糖さん、これを読まれたら(読まねーか(^^ゞ)よろしくお願いします。
大好き!無添加シリーズ
そして、最近また困っているのがボディソープ。
私は乾燥肌なので、冬はあちこちがカイカイになる。
普通の石鹸だと刺激が強いのか、お風呂を出た後、とても痒いのだ。
ところが、私のお気に入りがなかなか売っていないのだ。ついこの前まではあちこちで売っていたのに。
このお気に入りのボディソープとは、牛乳石鹸の「無添加」
低刺激のボデイソープは色々売っているけれど、普段使うには結構お高いのが多い。
これは比較的安いわりに、はじめ使った時は、衝撃を受けたほど、とても「イイ」のだが・・・

先日、新潟に行ったとき、あまり乾燥して手がカサカサになったので、ハンドクリームを買おうとドラッグストアに入った。
初めて入ったお店で、ハンドクリームを探してウロウロしていたらなんと、私の大好きな「無添加」が並んでいる。
思わず両手にとってしまったら、主人に「ここから持って帰るのかよ!?」と呆れられた。

ただ、この「無添加」ちゃんは、先週、普段行かない隣町のスーパーで発見、そこにあるだけ買い占めてきたので、今は在庫が潤沢なのだ。
戸棚に「お気に入り」が並んでいるだけで、こんなにも精神的に安定するものか・・・

このブログを書こうと、ネットで探したら、なんと「イーマ」も「無添加」もネットで買えることが判明。
毎日ネットショッピングを楽しんでいたくせに、考えもつかなかったよ。
便利な世の中になったものです。
スポンサーサイト

| ぼやき日記 | 00:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usagi158.blog102.fc2.com/tb.php/731-298db320

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT