Chitchies

13歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドットドット横浜(その1)~ふれあいシーパラ

お出かけモードが止まらない我家である。

先週もなんだか忙しかった、おまけに忘年会まであったもんだから、万年幹事の私。
1週間シッチャカメッチャカである。

普通、12月を「師走」というが、私は頭の中で「私走」と置き換えている。

残業が続き、珍しく月~木。4日連続で主人にチッチの散歩をしてもらってしまった。

近頃のチッチと主人、前にも増して仲良しになった。
私と散歩していても、チャリンコのサラリーマンが通ると若者だろうがオッサマだろうが「あ!とうたん?」と、後を追おうとする。
金曜日は私が散歩したのだが、歩いていたら向こうから主人がチャリで帰ってきた。
「あ、チッチ、とうたん帰ってきたよ」
もう、チッチの喜びようったらない。

チッチの愛を独り占めしたい私としては、ちょっとどころか、かな~りジェラシーメラメラなのだが、やたらとなついてくるチッチが主人も可愛くて仕方ないようで、散歩も結構進んで行ってくれるし、毎晩連れ立って二階に上がっていき、私より先に寝てしまう。

そして土曜の朝、またしても7時に起こされた私と主人
雨戸を開ければ今日も良い天気。
「いい天気だな、せっかく早く起きたし・・・」

もういいって!

さすがに、このところお出かけばかりしていて、そうそう出掛ける所も思いつかない。

っと、唐突に主人が
「そんなにヨコハマに行きたいのか!?」と言い出した・・・
え?ヨコハマ??

そういわれてみれば、だいぶ前に横浜に行きたい。とワメいたことがあったが、それは「だいぶ前」なのだが・・・
でもまあ、連れて行ってくれるなら私はどこでも「行きたい!」なのだ(出かけ好き^^;)

チッチと八景島
そんなわけで・・・
行ってしまいました。横浜!
でがけに渋滞情報を見たら、首都高はまっかっ赤・・
下道でお台場まで
「お台場着いても(高速が)混んでたら、お台場で遊んで帰ってもいいよ」
そう譲歩する私に
「だって、『お前は』ヨコハマに行きたかったんだろ?」
↑あくまでも私が希望したから仕方なく連れて行く、という体制は崩せないらしい・・・

1時間ほどでお台場、来たばかりなのであまり感慨も無い。
トイレ休憩して首都高の入り口を見ると、渋滞は解消しているらしい
GO!YOKOHAMA!

「んで、ヨコハマのどこに行きたいんだよ」

そりゃもっと早めに連れて行くと行ってくれれば、色々と思惑があったが、急すぎて思いつかないよ。
「八景島は?」
「ええ??遠すぎるよ」
「アウトレットは?」
「まーた、アウトレットかよ?」
「じゃあ、どこなら行ってくれるのよ(怒)!!」

とりあえず、大黒ふ頭PAで作戦会議である。
PAで横浜のレジャーマップみたいなのをもらってきた。
大黒ふ頭まで来てしまえば、八景島など目と鼻の先である。

「なあんだ、すぐじゃないか、じゃあとりあえず八景島でチッチ歩かせるか。」
今日はどこにも入れません~
八景島シーパラダイスは、入園は無料だし、ワンコも入園OKである。
駐車場に車を停め、チッチと歩き出した。
八景島は、何度か来たことがある。
水族館、動物園が大好きな我家なので、本当は色々見たいが、チッチは中に入れない。

「ほーら、こういう時、チッチを置いてくれば良かったって思だろう??」
イジワルをいう主人
「でも、魚を見られなくても、チッチが一緒の方が楽しいよ。」
中には入れなくても、珍しい動物に色々会えた。
なぜか全部背泳ぎ~
(つづく)
スポンサーサイト

| 愛犬ちっち、そのオマヌケな毎日 | 00:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usagi158.blog102.fc2.com/tb.php/721-29bbaee7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT