Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

わんぱらin TAKAYAMA その4~白川郷→やっとこさ高山!

高山は、10年位前に1度訪れたことがある。

思い出すのは・・・
市内の純和風な旅館(民宿?)に泊まり、朝食は大広間で 朴葉味噌を食べたこと。
古い町並みをめぐり、和紙でできた招き猫を買ったこと(もともとは猫派なので・・・)

そして
「遠いから却下!」
と、白川郷を見そびれたこと

執念深い私は、テレビで白川郷が出るたび
「連れて行ってもらえなかった」
とネチネチと根に持っていた。

今回、高山行きが決まったとき、すかさず
「今度こそ白川郷も行ってくれるよね?」
とリクエスト(脅迫?)。

駆け足で金沢を満喫した主人は、地図を見ながら
「どうやって高山行くかな~」とルートを決めている。
「金沢で時間取りすぎたな~、白川郷周る時間はないな~」

ちょっとの間も惜しんで、イジワルを言うことは忘れない主人である

金沢、白川郷、高山。直線で結べばあまり距離はないのだが、なにしろ山間を縫って行く。
高速道路は、まだ「計画中」と、途中から点線になっている。

ルート検索をしていて、意外に距離があるんだな~っと思ったが、口には出さない。
一般道から高速に入り、車は「白川郷」へ・・・

地図をたどると、この辺りには、白川郷だけでなく、合掌造りの集落が点在していて、どれも「世界遺産」に指定されているとある。

車内で居眠りできる私と違って、ずっと運転手の主人、さすがに眠くなってきたのか、生あくびをかみ殺している。

山道からフイに視界が広がる、なるほど合掌造りの建物が見えてきた。

お土産屋さんの並ぶ駐車場に車を停め、チッチを下ろす。
おっと、マナーバンドも忘れずに・・、世界遺産にシッコかけちゃ困るからね。
橋を渡ってく、結構高くて怖かった・・・
ちょっとスリルのある橋を渡ると、そこは数十年時間が遡ったような田舎の風景・・・
茅葺屋根の合掌造りの家々が、立ち並んでいる。

気乗りしないようなそぶりを見せていたくせに、急に元気になるのは主人である。

「うわ~」、とか、「へえ~」っとか言いながら、どんどん先を歩き
「どうせなら高いところから、俯瞰でみたいよな~、展望台ってどこから登るんだろう?」

ゲゲ
私の目線の先に「展望台まで15分」という道標が見えている。
結構急な坂道だ。

既に早朝からあっちこっち歩き、疲労のたまった私

「ええ~、展望台は登らないでいいよ~」
「んなんだよ!!お前が白川郷見たいって言ってたんじゃないか!!」

(そりゃ言ったけど・・・)

「チッチだって、歩きつかれてるよ」(←チッチをダシにしてみる)
「チッチは元気じゃないか!こんなとこまでそうそう来られないんだぞ!」(←デタ!)

ブツブツと文句を言いながら、展望台まで15分。
展望台まで上がってきたよ

小高い山から見下ろす、なるほど壮観だ。

石碑の前で、老夫婦と息子さん(?)が記念撮影をしている
「シャッター、押しましょうか?」
「あ、よろしいですか?ありがとうございます。」

カメラを向けると、家族三人、ちょっと恥ずかしそうにニッコリ笑う
笑顔っていいね。
ひざにアゴを乗せて休憩中・・・

展望台からまた集落に下りていき、売店でソフトクリームを買った。
急に元気になるチッチ君
「ボクにも~!」
お魚が泳いでるよ・・・
あちこちで湧き水をくみ上げ、野菜を冷やしていたり、観光客用のラムネを冷やして売っている。
道端の用水路を覗くと、魚が流れに逆らって泳いでいるのが見える。
せせらぎを聞きながら、ぶらぶらと歩き、車へ戻る。

夕暮れが近づいてきた。
今日(正確には前の晩から)1日のなんて長いこと・・・

さあ、今度こそ、今夜の宿「高山ワンパラ」へ!
白川郷を後に、また高速に乗る。

高速道路は、速くて便利だが、時間に余裕があれば、山道を抜けて行きたいと思う。
そこに住んでいる人の、息遣いが聞こえる気がするからだ。
多分もう二度と、すれ違うことの無い人々

高山市街から「わんぱら」へは30分ほど山道に入っていく。
平湯に抜ける158号線をひたすらまっすぐ・・・
到着~!
17時到着予定が1時間遅れてワンパラ到着!
もうだいぶ暗くなってきたが、ドッグランには、何頭かワンコが遊んでいるのが見える。
玄関横に、レストランへの入り口が別に設けてあり、もう初回のお客さんが食事を始める時間だ。

チッチ、お疲れ様~
今日はここにお泊りだよ。


【おまけ画像】
ようやく、豪華デナーをGETしたチッチ君であった。
おまけ画像 ワンコメニューをゲット!
スポンサーサイト

| トライ・トラベル・トラブル | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usagi158.blog102.fc2.com/tb.php/704-66d61b8a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT