Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

わんぱらin TAKAYAMA その3~ そして金沢・・・

【おことわり・・・】
本当は「~その2 夜の高速ぶっとばせ!」を書いたのだけど、長文(駄文)なばかりか、書き終わってもまだ金沢に着かなかったので、割愛させていただきました~・・・


・・・というわけで、夜中の関越をぶっ飛ばし、やってきました金沢~

早朝の千里浜海岸で、チッチを遊ばせ、いざ兼六園を目指し金沢市内へ・・

「いくらなんでも早いか・・」と案内板を見ると、金沢ってなんて早起きさん
兼六園は7時から拝観できるのだそうだ・・・

ヒンヤリと冷たい朝、これならチッチを車に残しても大丈夫だろう。

平日の早朝だ。誰もいないかと思いきや、もう観光ツアーの団体さんが入り口に集まっている。
さすが日本三大庭園だね。

兼六園は3度目の私は、初心者の主人に
「徽軫灯籠」(ことじとうろう)さえおさえて置けばOKだよ!」
などと、あたかも自分の庭のように知ったかぶる。
内心、車で待たせているチッチが気になり、ショートカットしようとする私と、舐めるように歩く主人・・・

金沢城址もチラリと覗き、急いで車に戻る。そっと窓から覗くと、眠っているチッチのまあるいオシリが見える
「チッチ、お待たせ~」

武家屋敷だよ。
長町武家屋敷界隈、香林坊・・・
チッチも連れて、一通り金沢の観光スポットをおさえていく。
古い町並みが好きな主人、すごくうれしそうだ。(1、2時間しか寝ていないのがウソのようだ)

妙立寺(通称・忍者寺)は要予約。電話をすると11時の回に入れるようだ。
40分の見学の間、チッチはカートで、お守り売り場のお姉さんが見ていてくれた。
外から見ると2階建て、でも実は4階建てという不思議なお寺。
賽銭箱が落とし穴だったり、井戸が金沢城までの抜け道の入り口だったり(ホント?)
昔の人ってすごいなあ~、と感心する私の横で主人
「昔の人ってよっぽどヒマだったんだな~」(←なんてやつ!

さて、もう一通り見終わったかな?と・・主人、駐車場のおじさんにもらった「観光案内」をチェックしている。
「あ、まだヒガシチャヤガイ」を見てない!」
「え~?まだあるの~??」
思えば朝食も食べていない私は、そろそろ、どこかでランチでも。と思っていたのだが・・・

まあ、ここまで、そうそう来られないし、後悔が残っては・・(←後ですごくウルサイ)
「ひがし茶屋街で、何か食べようね」
「時間があったらな」

また移動・・・
(平日だから駐車場もすんなり入れるけど、これ休日だと大変だな)
既に眠そうなチッチ君・・・
ひがし茶屋街
ここは、私も初めてだった。
つい先週、テレビの旅行番組で映っていた「コールドパーマ」の看板発見!!
町屋作りの日本家屋が軒を連ね、まさに「小京都」
昭和レトロな看板~
チッチをモデルに写真をパチパチ。
こんなワンコ美容室もあったよ。(犬の看板がかわいい)
お、どっぐかへ?と思いきやワンコ美容室でした。

ここでタイムアウト・・
そろそろ高山方面に出発しなければ・・・

結局、武家屋敷にあった瀟洒なカフェでお茶もできず。香林坊でランチもできず、テレビでタレントがオムライスを美味しそうに食べていた洋食屋さんに入ることも叶わず、
駐車場の隣にあった、○―ソンの「名古屋風オムソバ」を車の中でボソボソ食べるハメに・・

「計画通り!ほぼ金沢は制したな!

ホクホク顔でハンドルを握る主人。
まあね!
彼がご機嫌なら、我家は平和なのである・・・

旅はまだまだ続きます
次回は世界遺産「白川郷」へ・・・
(「世界の車窓から風に読んでね」)


スポンサーサイト

| トライ・トラベル・トラブル | 00:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usagi158.blog102.fc2.com/tb.php/703-2ad30392

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT