Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雪辱の夏

あまりの暑さに、もうこのまま秋は来ないんじゃないか、と思っていたら、先週末は1日だけ涼しかった。
朝の散歩で、Tシャツ一枚だったら、お腹のあたりがスースーする。
チッチもあまりガハガハいわないし、涼しいのがうれしいのか、ハネるように歩いている。
たくさん鳴いている蝉も、「ジージー」とやかましい油蝉から、「ミンミン」に変わってきて、時折りツクツクホウシの鳴声も聞こえるようになってきた。

確実に、秋は近づいて来ている(と思いたい)。

一昨年、楽しみにしていた花火大会の打ち上げ場所が変わっていて、口惜しい思いをしたがため、去年は「もう見るもんか!」と意地をはった、という話をして、またまた1年が過ぎた。

はあ、また夏が終わり、秋が来ればまた一つ歳をとる・・・

そんなわけで(どんなわけだ?)、先週の土曜日は、「例の」花火大会があった。

私は、去年、一昨年の教訓を胸に、今年は「とりあえず黙って見に行こう」と決めていた。

主人は、私が張り切ると「引く」タイプで、「俺はいいから一人で見て来いよ」などとイジワルを言う。

でも夕方まで粘れば、きっと重い腰もあがるのを知っているので、私は道が混む前に、ビールや、枝豆やおつまみを買出したり、チッチを早めに散歩させたりと、気合充分。

四の五のとイジワルを言い尽くした主人「そんなに行きたいなら行ってやるか!」と着替えだした。
行くと決まれば、少しでも良いポジションで花火見物がしたい主人、延々チャリをこぎ、今までよりもはるかに、湖畔の中央部まで辿りついた。

14000発はあがるという、県でも最大級の花火である。
ただ、湖畔がぐるりと広く、どこからでも見られるため、場所取りで騒ぎになるようなことはない。
主人と二人、1畳分のゴザを広げ、まずは缶ビールで乾杯。
地熱がほんのり暖かく、ビールの冷たさが心地よい。

予定時刻を過ぎても、なかなか始らず、焦れて来た頃

「どどーーーーん!」

腹に滲みる振動音

た~ま~や~
2箇所の打ち上げ場所の、ちょうど真ん中に陣取ったようで、左右同時に花火が上がりだした。(動画です)
そして、目の前で水中花火と、スーパースターマイン。
(私はでかいのはみんな「尺玉」と読んでいるが・・・(^_^;))
どっちを向いてれば良いのやらわからなくなってきた。

シュルシュルと尾を引いて上がるのもあれば、小さな点がスーッと伸びて、急に花開くものもある。

私はとにかく大輪の花火が、パッと開くその瞬間が大好きだ。

沼の中央部から上がっているので、花火を揚げている人に聞こえるはずもないのに、自然と拍手が沸き起こる。

ドオーン
シュルシュルシュル
ドドーン
ジュジュッ!


目を閉じてその音を聞いているだけでも気持ちが良い。

帰り道
「いままでで、一番良かったな、お前、雪辱を晴らしたろ!」
とうれしそうにちゃかす主人。

綱吉の湯、花火大会
チッチと分けっこして食べるスイカの甘さ。

暑いのは苦手だけど
夏も、また悪くない。

そして今週末、
今年も夏祭りがやってくる。


トップのチッチは本文とはかんけ~ありませ~ん。
チッチは花火は怖いので(たぶん)お留守番でした~。
スポンサーサイト

| ぼやき日記 | 00:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usagi158.blog102.fc2.com/tb.php/690-903538f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT