Chitchies

13歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チン・事件?カイ(カイ)・事件?

続・夏風邪である。

良くなったと油断するとぶりかえす。土曜日用があって、実家に出かけて帰ってきたら、カラ咳が出だした。
コンコンと鬱陶しいカラ咳を、侮るとエライ目にあう。
?あれと思ったら日曜の夜には熱が出た。(油断しすぎ?)

皆さんも夏風邪には用心しましょうね(遅いって!)

日曜の朝、チッチと5時半に散歩して、二度寝したのが悪かったか・・
9時過ぎに起きた時は、少しダルかったけど、暑いせいだと思っていた。

昨夜、つまらないことで主人とケンカ(また^^;)し、冷戦状態。
夫婦揃って強情なので、どちらも知らん顔。
内心は「あーあ、せっかくの日曜日なのに」などと思っているのだが、自分からゴメンと言うなど、もってのほか、彼に弱味を見せたら最後だ!

チッチは朝5時の散歩で暑かったようで、クールボードの上に伸びている。

そういえばチッチの足を洗ったときに、気になったことがあって、もう一度抱っこしてみた。
実は、彼のもっとも大事な部分に、ゴマ粒ほどのイボがあったのだ。

あちこちに、イボやらブツブツやらできる季節なので、医者に行くほどじゃないかなあ・・・でも悪くなったら困るなあ、なんてもう一度みたら、さっきより大きくなっている!
ゴマどころではない!スイカのタネくらいになっているのだ。

これは大変だ!
クールバンダナでキメポーズ・・・
時計を見ると、日曜診療の時間にギリギリの時間。
医者に連れて行くべきか迷って、チッチを抱っこして主人に見せた。

「なんだよ!」
「チッチの○○におできができちゃったんだけど・・・」

冷戦状態に飽きていた主人も、コレ幸いと・・

「ええ?どれ見せてみろ!」
「ほら~」
「わ!こりゃひどいな!どうしたんだよ!」
「わからないんだよ、朝はなかったのに、どんどん大きくなっちゃったんだよ!」
「もっと明るいところで見せてみろ・・・」
「イボにしちゃでかいよなあ、変なカタチだし・・」

「う、うわ~!!!!!」
「ダニだーーー!!!!」

なんと!チッチの大切な○○に、ダニが噛み付いていたのだ!
朝の散歩でやられたに違いない。
虫が嫌いな私、ショックで気絶寸前・・

「ダニって引っ張って取っちゃいけないんだよな」

主人が少し引っ張ってみるが、ダニはチッチの柔らかいところにすっかり入ってしまっている。

何かの本で、アルコールで酔わせるとよい、とあったので、料理酒を持ってきてつけて見た。
「そんなんじゃだめだよ、ダニ全体につけなくちゃ」

ペットボトルのキャップに料理酒を注ぎ、ダニに浸してみる。

取れない

「えーい、メンドウだ!引っ張っちゃえ!」

主人がピンセットでダニをつまみ、そーっと引っ張ってみた。
お酒の効果があったのか、チッチの血を吸いきったのか、ダニはポロリと取れた。
「やった!」

かわいそうに、噛まれた後がプックリと腫れている。
どうしてよいかわからないから、マキロンで消毒してやった。

私と主人の大騒ぎの中、チッチはワンでもキャンでもなく、じーっと黙って、私のヒザの上でなすがまま。
あんなに腫れてるのに、痒くなかったんだろうか?

そのキョトンとした顔に、主人と二人大笑いしてしまった。

ダニは憎らしいけど、チン事件で思いがけず仲直りしてしまった日曜の朝であった。
スポンサーサイト

| 愛犬ちっち、そのオマヌケな毎日 | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usagi158.blog102.fc2.com/tb.php/687-d31b2cee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT