Chitchies

13歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チッチも寒中水泳!

引き続き下田海中水族館・・・。
浮き浮きドルフィンの後は、一緒に泳いだイルカ達のショーを見たり、ペンギンやラッコを見たりして過ごした。
イルカのフィーディングも申し込んだ。ただ、お魚をあげるだけ?と思っていたら、ジャンプやバイバイ、というイルカへのサインを出させてくれる。

お兄さんの教えてくれたサインを出すと、イルカはジャンプしたり、前のヒレでバイバイしたりする。
頭いいなあ~

そして、サイン通りに何か見せてくれた後は、すーっと戻ってきてカワイイお口を「あーん」と開ける。餌の催促だ。

このあたり、チッチと同じだね・・・

さて、さんざん楽しんで、昼食をすませ、下田を出発。
お泊りする「伊豆わんぱら」は伊豆高原にあるので、来た道を戻るカタチになる。

せっかくだから、石廊崎の方を周って行こう、と主人は欲張ろうとするが、今回のメインは、やっぱ「わんぱら」、早めに向かって、ドッグランやプールで遊びたい。

さすが4時起きだと一日が長いね~。

行きは気が急いていて気付かなかった、海辺の風景を楽しみながら、135号線を戻っていく。
1時間ほどで、伊豆高原に着いた。
「伊豆わんわんパラダイスホテル」は、大室山に向かう途中にある。
チェックインの15:00に、なるかならないかの時間だったけど、駐車場には結構たくさんの車が停まっていた。
ドッグランを見つめるチッチ
チェックインを済ませ、部屋へ荷物を運ぶ。

フロントが6階、客室は3階、ドッグランは5階から階段を下りていく・・・
そう、起伏の激しい地形を使っているので、駐車した辺りが一番高いところに位置するのだ。
車から降りたとたん、他のワンコの匂いが気になるのかチッチは大興奮。
「やっとボクの番??」って感じ?
オヤツくれるなら、こんくらい軽いもんよ!
明るいうちにプールを使ってみたいけど・・・、寒くてだめかなあ?
フロントで質問すると「大丈夫ですよ、温水プールですし、さっきもコーギーちゃんたちが泳いでいましたよ」
やった!チッチも泳ごう!
泳いだ後はシャンプーしなくてはならないので、シャンプールームを予約。鳥羽での経験が役に立つね!
先にドッグランを偵察・・・。柴犬のオフ会らしく、柴ちゃんがたくさん走っていた。
この大きな水溜りに入るの??
さて、プール!
ランで走ったり、階段を駆け上がったので、真冬だというのにチッチはガハガハしている。
ちょうどクールダウンになるかな?。
プールを覗いてみると誰もいない。
足先だけ浸かれるところにチッチを下ろしてみると
「かあたん、ここ水溜りじゃない!ボク濡れちゃったよ!」とチッチは不満そうだ。

私達は一緒に入れないプールなので、一応チッチにライフジャケットを着せ、いざ!
チャプーン!
いつまで泳がせるのかあたーん!
水に降ろす前からチッチは足をバタバタしている。
ライフジャケットがあるので、プカリと浮いたチッチは、余裕の表情、反対側で待っている私の方へ、すいすいと泳いでくる。
うまいうまい!

本ワンは楽しんでいるかどうかわからないが、チッチの泳ぐ姿は何度見てもかわいいのだ。
ちゃんとオシッポで梶を取り、前足を交互に掻いて泳ぐ。
ヨイショ、ヨイショって感じ

ライフジャケットの持ち手を持って、チッチを水から上げる・・ザザーっ

すると、ブルブルっと水を切って、とっとっと~、と出口へ向かっていく・・・(やっぱやなのかな??)
そこは容赦ない我々バルタン星人、スパルタ教育なのだ。
「チッチ、もう一回泳ごう・・・」
とおたん、早く洗ってください~
何度か泳いで、風が少し冷たくなってきたので、チッチをタオルでくるんで、シャンプールームへ・・・

「かあたん、今日ボク、水難の相が出てた?」


スポンサーサイト

| トライ・トラベル・トラブル | 08:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usagi158.blog102.fc2.com/tb.php/646-3ec325f9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT