Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リピーター

主人は、気に入ったことを、とにかく繰り返す。

夕食に、寄せ鍋をしたら、えらくお気に入りで、毎晩(毎冬)「今晩のおかず何がいい?」
「寄せ鍋」
(夏はこれが冷奴とナスの梅和えになる^^;)

気に入った曲は、もう耳にタコが出来て、聞くのも嫌になるくらい繰り返し聞く。
ウケた話は「もうそれ100回目だよ」と言われても「じゃあ、今日で101回目ね」と負けずに話す。
普段、物にあまり執着しない彼だが、いったん欲しい物(特に車)が現れると、こちらがいくら「NO!」といい続けても、絶対にひるまず、「欲しい欲しい」を言い続ける。
私の方がこらえ性がない、「NO!」を言い続けるのに疲れてしまい、結局折れてしまうのだ。

何をかくそう、そんなイキサツで、チッチもうちの子になった(~_~;)

そんなわけで、3ヶ月とあけず、またきてしまいました「ディズニーシー」\(^o^;)/
前回、混雑していて、午後は思うように乗り物に乗れなかった。
それはそれで、結構楽しんで帰ったはずなのだが、後で聞いたら、甥っ子はもう一度「レイジングスピリッツ」に乗りたかったらしいのだ。
甥はめったに「ああしたい」「こうしたい」と言わない子である。
当日は、並ぶと2時間かかるからと、本人も納得していたのだけれど。
それを聞いて黙っている主人ではない。(そして本人もまた行きたい^^;)

甥はディズニーランドも、小さい頃に行ったきりだから、『どうせ連れて行くならランドにしたら?』という、私の意見は即却下。
とにかく、もう一度ディズニーシーに行って、思う存分乗り物に乗せてやりたい・・(人はこれを叔父バカという^^;)
だったら、春休みの始まる前、寒い季節しかない。
かといって、あまり寒ければ、風邪でもひかれちゃ困る。
いつにする?どっちにする?
この会話、今年に入って何度繰り返したことか・・・(-"-)
前日まで、天気予報とにらめっこし、「いつ行く」と話していなかったので、「明日ディズニーシーに行くよ」といわれて、本人もたいそう驚いたようだ。

そして、昨日の土曜日。
前日の雨も上がり、そこそこに晴れている。
私が起きていくと、主人は張り切りすぎて早く目が覚めてしまい、チッチの散歩まで済ませていた。
チッチは留守番の気配がするのか、私を追ってくる。
「ごめんっ」とドアを閉めて、さあ出発。
甥っ子を乗せて舞浜へ・・・・

ゲートの前は開園前からたくさんの人。
マップをひろげて、三人で作戦会議だ。
テーマは、いかにたくさん、人気のアトラクションに乗るか。である。
ファストパスを上手に使い、レイジングスピリッツに3回は乗ろう!と話している・・・
「え??そんなに??」
夜は迫力倍増~
作戦が効を奏し、結局、「レイジングスピリッツ」と「センター・オブ・ジ・アース」は3回、「インディジョーンズ」に2回。その他のアトラクションも一通り制覇!
主人も甥っ子も満足そうだ。
ついて歩いた私は、気絶寸前である。
もちろん、ショーなど見ることはなく、お茶をする余裕も無く・・・
可愛いグッズの並んだお店で、お買い物など二の次、三の次である。

絶叫マシンで、三半規管をぶん回された私。さすがに3回目は
「私、もう乗らなくていいから、外で待ってるよ・・・」と言うと主人
「だめだよ、お前が一緒じゃないと、『一番前に乗せて下さい』って言えないだろっ!!!」
(~_~;)
私の役目はそれかい?
内弁慶な主人と、その主人にソックリな甥っ子は、「一番前に乗りたい」、と係の人に頼めないのだ・・・
日々ダイエットし、毎日のように会社帰り、スポーツジムでトレーニングしている主人と、現役バリバリの小学5年生男子に、一日つきあったオバチャン40歳は、一日経った今日も、まだギクシャク、グッタリしている。
遊んでくれなきゃグレちゃうじょ~~
そんな私を、超ロング留守番を耐えて待っていたオトコが・・・
「イイコで待ってたんだから、今日はボクにサービスしてね!」と、チッチは朝から元気リンリンだ。

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・

・(~_~;)わかったよ、チッチ、お散歩行こうね・・・
スポンサーサイト

| ぼやき日記 | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usagi158.blog102.fc2.com/tb.php/534-0c9a82c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT