Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

初泳ぎっ!!

むーぎわら~ぼおしは~、もおき~えぇ~た~♪
それでも~、やってくるのよ!「夏休み!」

夏=暑い=ダメ

と決め込んでいた私だが、ちょいと寂しくなってきた。ノリ君やハンサム君、パグズ達もあちこちで泳いだり、夏を満喫している。
私もチッチと遊びたいよ~

夜の散歩でさえ、ゼイゼイハアハアのチッチ君、連れて行ってやりたいが行くところがない。
そう思って諦めていたら、主人が
「お台場にチッチ泳がせるところあるんじゃなかったっけ?」

まさに天の声・・・

というわけで、行ってまいりました「綱吉の湯!」
大江戸温泉物語とかいう、温泉のテーマパークの中にある、ワンコ用の温泉である。
入り口
ネットで調べたら、プールは完全予約制だというので、ダメ元で、電話してみた。明日(15日)は午後3時からの1回しか空いていないという。ちょっと遅いけど、まあいいか。

そして今日、天気予報では午後から雨!というナイスな天気なはずが、カンカン照りじゃんっ。
これじゃ、チッチを連れ出すのは大変だ。

車にアイスボックスを積み、濡れタオル、保冷剤、ヒエヒエマットを入れたクレートをいれ、エアコンは最強!にしてチッチを積み込む。
お盆で都内は車が空いている、1時間もしたら、パレットタウンの観覧車が見えてきた。
お台場はさすが観光地、地方ナンバーの車でどこも駐車場に入るのは大変そうだ。
でも大江戸温泉物語は、中心部と少し離れているので、それほど混んではいなかった。

3時の予約だが、2時前に着いちゃった。だけどチッチを外に出せない。
綱吉の湯にはドッグランもあるが、残念ながら屋外のみなので、チッチには無理そうだ。
ワンコ預かりで1時間預かってもらうことにして、私と主人は食事をしてくることにした。
これが、周りには企業のビルばかり、何もないじゃん!っと思いきや、隣のなにやら立派な建物の中に「スカイレストラン」があるという。
他に選択肢もないので行ってみると、なんと社員食堂のようだ。
ラーメン350円、ステーキランチ600円・・・。大食漢の夫を持つ我家にはありがたき幸せである。

時間になったので綱吉に戻る、チッチは寝ぼけ眼でワンコ預かりから戻ってきた。
全景
綱吉の湯はマンツーマンで、トレーナーのお兄さんとワンコがプールに入る。
我々はプールサイドで応援してればよいのだ。
ビギナーのチッチにはありがたい施設だ。
早速、トレーナーの先生がチッチにライフジャケットを着せてくださった。
チッチは水は怖がらないが、トレーナーの先生がちょっと怖かったみたい・・・
でも抱っこされてライフジャケットを装着、イヤイヤながらも水に入った。
お、浮いたぞ。
それだけで私達は大喜び。
先生はチッチが初めてなので、ゆっくりと足の着くところにチッチを下ろす。
「ほらね、アンヨがついてるでしょ」
それから抱っこして、足が着かない方へ連れて行って、抱っこを緩める、そうすると、チッチは必死になって、足が着くところまで行こうとするのだ。
はじめは左右に揺れていたが、ライフジャケットで浮くことが解ってくると、チッチの表情にも余裕が出てきた。
せっせせっせと犬カキをして、チッチが泳いでくるじゃん!
「きゃー!チッチ、泳げたじゃーん、えらいぞ~!」
「写真、写真!」
もう大喜びだ。
初泳ぎ1
先生はチッチが泳ぎたくなるように、おもちゃを浮かしたりして上手に誘ってくれる。
上手になってくると、尻尾を立てて、梶を取り、上手くバランスをとっているよ。
不意に先生が抱き上げたら、水上にあがってもチッチは足を漕いでいた。
おぼれちゃ大変、って必死なんだね。

さあ、いよいよライフジャケットを外して挑戦だ!
始めは水しぶきがバジャ!っとあがったが、なんのなんの、ちゃんと泳いできたよ!
初泳ぎ2
ジーン!(←もう涙目・・・・^^;)
スポンサーサイト

| 愛犬ちっち、そのオマヌケな毎日 | 12:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usagi158.blog102.fc2.com/tb.php/464-2e743528

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT