Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リタイヤ

雑貨や小物を見て歩くのが大好きだ。
けれど、意外と買わないケチンボな私。(貧乏性ともいう^^;)
キレイなお店で見ると、ちょっとした置物や食器もすっごく可愛いのだが、家にもって帰ると案外「?」「(-_-;)」ってことが多い。
以前、主人に「お前は家の中を飾らないな」って言われたことがある。

実は、見るのは好きなくせに、飾るのがヘタクソなのだ。
部屋を飾るのには「トータルコーディネイト」が命題だが、そのときそのときで行き当たりばったりに「可愛いな」って買ってくると、ちぐはぐで、まとまらない。
お金をかけなくても、ちょっと飾れる、そのセンスを持ち合わせた人がうらやましい。(むらさん、尊敬しているよ!)

手先が器用なので、見よう見まねなら、同じようなものが作れる。
だけどオリジナリティに欠ける。
雑貨などを見ていて
「ん?これなら私にも作れそうだな・・・」
そう思ってしまうと手が出ない。でも作らない。

私の好きな犬の服のブランド「ホッタアパレル」
なぜ好きかって、うちのチッチは首輪をしない。
ホッタアパレルの服は、ハーネス用の穴が開けられているのだ。
この細やかな心遣い、ニクイねえ~ヒューヒュー!

この、ホッタアパレルさんが、ワンコの洋服のデザインコンテストを行っていた。
情報を入手しのはもうだいぶ前、
え?賞金30万円!??
しめしめ・・・(^o^)/

ホッタアパレルの洋服は、シンプルで機能的、そして、飼主心をくすぐるちょっとした工夫。
奇をてらっているわけでもないし、これなら私にも作れそう(またでた^^;)

賞金30万は私のものだね!ふふふ何に使おうかしら!

狸の皮算用をしていたのは、数ヶ月前。
昨日が応募締め切り日であった。

一応、努力はした。
チッチに着せる服、自分でデザインできればどんなにいいだろう。
いつもそう思っていた。

でも、いざ型紙を前に構えてみると、考えるデザインはどれもありきたりすぎで、しかも、どこかで見たようなものばかり。
もし製品化してもらったとして、自分で欲しい?
「いんや・・・要らない・・・^^;」

主人も後ろから覗き込んで
「あんま良くないね!」
なんてセセラ笑う。
チッチの似顔絵も、悔しいが主人の方がうまい。

子供の頃から、漫画家になりたかったり、シンガーソングライターに憧れたり。
自分には無限の可能性があると、思いっきり勘違いしていた。
宝くじを買うと、もう当たった気になり、使い道を考えてしまう。

これって私だけ?
スポンサーサイト

| ひとりごと・・・ | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usagi158.blog102.fc2.com/tb.php/439-04900e72

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT