Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

もうっ!

爽やかな日曜の朝、
昨日ちょいと飲みすぎて惰眠を貪ろうとする私に「わんわんわん~♪」と大きな声・・・
やあねえ、どこのワンコかしら、ご近所迷惑な・・・(-“-)
「わんわんんわん~♪」
かなり近い・・・
え!?
うちのチッチじゃん!
土日、すっかり生活のリズムを崩された、わが愛犬、「早く起きろ~」と喚いている。

時計は6:50am・・・^^;
カーテンを開けると、外は曇っている。
きっと今日も、昼間は暑くて連れ出せないね、今のうちに散歩してこようか。(チッチの作戦勝ち)

昨日は7:30頃出たが、外はまだヒンヤリしていて気持ちよかった。
昨日より30分早いのに、既にムシムシと梅雨ならではの湿気・・・
5分も歩き出したら、チッチは既にハアハア言っている。

宿酔気味の私にも、この蒸し暑さはキツい・・・汗がにじんできた。
でも、チッチのうれしげな顔を見れば、へっちゃらさ~(カラ元気(-_-;))
角を曲がって、いつもの公園に下りていく・・・

チッチと毎日来る公園、サッカーが出来るくらいの原っぱがあり、いつも草が短く刈り込まれていて、チッチはこの公園が大好きだ。
満開のアジサイの植え込みをぬけて、公園に・・・
緑一面の原っぱのはずが、あちこちに白いカタマリが散らばっている。
「あっ!まただ!」

無数に散乱した犬の毛である。

以前も何度か目にした、知らずに近寄って、チッチがくわえてしまった事もある。
しかも、1箇所ではない、場所を替えて何度もブラッシングしたらしく、何箇所も。
今日のは、ちょっと酷すぎる。
一気にテンション↓

実は昨日も、子供の遊具のある直ぐ横のベンチに、ビーグルを座らせて、ブラシをかけている人がいた。
注意しようかと思ったが、いまどきこのご時世、何が起こるかわからない。
勇気の無い私は、そのまま通り去ってしまった。

犬の毛にしろ、ウンチにしろ、いくら草の上にあったといって、直ぐに消えるものではない。
この公園は毎日くるので、チッチがまた気にするだろうし、たまりかねて、ビニール袋を出し、拾って歩いた。
長毛種、おそらくゴールデンの毛だろう。
この辺は住宅街なので、大型犬も多い。ゴールデンもたくさんいる。
中には、時々立ち話をすることもある。
その中の誰かかも・・・?と思ったら、すっかり暗い気持ちになってしまった。
遠目でもはっきりわかるほど、真っ白に散らばっていたが、ビニール袋に入れてしまえば、ほんの一掴みの犬の毛である。
1000歩譲って、公園でブラシをかけたとしても、(それすら私には信じられないのだが)
持ち帰れば済むことではないか。

チッチの散歩をしていてすれ違う中にも、ゴミ袋を持っていなかったり、スコップだけ持っている人もいる。
犬の糞は、道端に埋めたとしても、なかなか自然には還らず、雨に濡れて悪臭がしたり、他の犬に掘り起こされたりする。
そもそも、スコップを持っている人が、ちゃんと大きな穴を掘っているところなど、見かけたことが無い。
もしかしたら、室内でオトイレのできる賢いワンコで、ゴミ袋は必要ないのかも?
え?ほんと?

そういうチッチも、あちこちでオシッコをしてしまう。できるだけ迷惑にならないよう気をつけたり、水を持っていって流したりはするのだが、怒鳴られたり、注意されたこともある。
そういう意味で、私には、他の人を注意できる資格はない。

私のうちから車で15分くらいのところに、おおきな公園がある。
この公園は、四季折々の花が有名で、特に春の桜、チューリップ、秋のコスモスは有名だ。
去年、まだチビだったチッチを連れて、この公園にチューリップを見に行った。
この時期、車は大渋滞する(地元では「チューリップ渋滞」と言われ、ちょっと有名^^;)ので、チッチをかごに入れ、主人のチャリンコにくくりつけて出かけた。
まだチッチが来て間もない頃だったので、花に囲まれるチッチを、写真に撮ろう!と張り切って自転車を走らせた。
やっと到着~♪
自転車置き場でハタと気付いた。
入り口に大きく「ペットの持ち込み厳禁」という看板が立っている。
初心者の私達は、犬を連れて入れない公園なんて、聞いたことが無かった。

今なら、「ペット禁止」の文字もうなずける。
良識の欠如した飼主がいる限り、肩身の狭い思いを強いられるのはやむをえないのだ。
セルフレベルも各々違う、私が、許容範囲と思っていることも、よそ様には「NG」かもしれない。
でも!
自分を棚に上げて、あえて言いたい。
「いいかげんにしろ~~~っ」
スポンサーサイト

| ぼやき日記 | 10:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usagi158.blog102.fc2.com/tb.php/432-eab7b0b5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT