Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チッチ!

悲しいかな、記憶力が乏しい。
学生時代は暗記物が不得手だった。
特に英語。
高校時代の英語はReader(読解力)、Grammar (英文法)、Composition(英作文)と3教科に分かれていたのだが、この英作文の授業が毎回テストだった。教科書を丸暗記して、その中から15問くらい出る。
いくら頑張っても、覚えられないものは覚えられない。
結果は無残。いつも赤点である。

どこに行ったか、何があったかはもちろん、おしゃべりなくせに、話した内容、人の顔と名前・・・本当に良く忘れる。
友達にも何度も同じ話をしてしまい「あー、もうそれ、3回目~」とか言われてしまう。ハズカシ~(#^^;#)
総務関係の仕事をしている、仕事柄、人の名前を忘れるのは致命傷だ。
本当に困る(-_-;)。
さらに歳をとったのか、ただでさえない記憶力が、さらに拍車をかけて低下している。
ああ、脳みそのメモリを増設できれば、どんなにか楽だろうねえ。

先週末、同窓会で懐かしい友人に会った、彼女は子供の頃の話を色々とよく覚えていて、先生や友人と楽しげに話している、私のことも・・・私がどこで転んだとか、宿題をやってこなかったとか、余計なことまで覚えていやがって、みんなの笑いを誘っていた。うーん、うらやましかったよ・・・(-_-;)。当人はまったく忘れてるんだよね・・・。

こんな私だが、動物の名前、誰が猫を飼っている、そんな情報は実に良く覚えている。
先日、チッチと散歩させていたら、大きなハスキー犬がやってきた。
ん、この濃い毛色、ブルーアイ・・・んん!見覚えがあるぞ・・・
「あ、三郎太ちゃんだ!」
飼い主さんが「ええっ?(どうしてうちの子の名前を知ってるの?)」と驚いてらっしゃる。
そりゃそうだ、前にお話したのはチッチがまだチビの頃だもの・・・^^;。

チッチの散歩は夜暗くなってからが多いので、お友達が少ない。
友達No.1 柴犬の「ハチ」彼にはチッチはチビの頃に、耳を噛まれたことがあるので、近くには寄れない。
友達No.2 パグのチビ太ちゃん。チビ太といいつつ、チッチより貫禄がある。あまりしつこくクンクンすると「がうっ(いい加減にせんかいっ)」と教育的指導をしてくれる。
友達No.3 シーズーのアイちゃん。あんまり小さくて可愛いので、子犬だと思ったら5歳のレディーだった。大変失礼致しました<(_ _)>
友達No.4 パグのポン太ちゃん 主人の実家のご近所在住。チッチを飼うか悩んでいたとき、偵察に行った。彼もあまりしつこいと、「ワンワンワンっ(おめえしつけえよ!)・・・ペシッ」と鉄拳がとぶ。
友達No.5 コーギーの「春ちゃん」チッチと同い年。2003年の春にきたから
「春」ちゃんなのだそうだ。コーギーって優しい目をしているねえ・・・

立ち止まってお名前を聞くくらいお話をできるケースは少ない(夜だし^^;)、チッチの貴重なお友達だ。好きこそ物の上手なれ(?)なのかねぇ?

話を伺うと、それぞれ名前に由来がある。それがちょっとうらやましい。
我が家のチッチ君。前に書いたが、我家に来たときには既に主人が「チッチ」と呼んでしまっていた。
なぜチッチなのか?主人に聞いても特に理由は無いらしい。チッチも自分のことを「僕はチッチ」と思っているので、いまさら変えられない。
仕方が無いので、聞かれると「うちは小さい時ちっちゃかったから、チッチなんです~」
と、後から私がつけた理由を話すことにしている。

不満を言うと主人に
「じゃあなんてつけたかったんだよっ!?」と聞かれる。
「え?・・そりゃもっと男らしいっていうか、強そうって言うか・・・」
チッチの顔をじっと見る。
チッチはチッチ・・・
それ以外のなにものでもない・・・
スポンサーサイト

| 愛犬ちっち、そのオマヌケな毎日 | 08:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usagi158.blog102.fc2.com/tb.php/429-1ffbb266

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT