Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

うるるん光線☆彡

パグはズルい

あの視線。
憂いを含んだ表情、眉間の皺。
ウルウルしたデッカイ目玉で見つめられると、ついつい冷蔵庫を開けてしまう^^;。

チッチは留守番が長いので、帰ってからはできるだけ一緒にいて、かまってやりたい。
自然、パソコンに向かうのは彼を寝かせてからになる。(我家のパソコンはチッチが入れない部屋にある、子供の頃、ケーブルを齧ってしまったからだ)
寝ぼすけの私が、最近は随分宵っ張りになってしまった。

主人が相手をしてやっている時は、早めにパソコン部屋に入ることもある。
でも、主人はテレビをみてて、チッチはつまらないらしい。
私の様子を伺いにやってくる。

パソコン部屋は玄関入ってすぐ左、チッチが玄関に飛び出さないよう、廊下に柵が取り付けてあるから、彼はこの部屋にも入れないのだ。

ちなみに毎日会社から帰ると、この柵をはさんでチッチと熱き抱擁をしている、さながらこの柵は私とチッチの天の川である^^;。

ふと視線を感じて顔を上げると、チッチが柵に手をかけてこちらの様子をじっとみている。
この様子を、うちでは「家政婦は見た状態」または「市原悦子さん状態」と呼んでいる。
チッチの真剣な表情が笑っちゃうのだ。

つい、いじらしくなって、手を止めてかまってやる。「待ってました!」どどどどーっ!
毎日その繰り返し^_^;。

悪さをして、怒られた時も、逃げていったかと思えば、そーっと戻ってきて、壁から顔を半分だけ覗かせてこちらを見ている。
「ねえ・・・まだ怒ってる?」って感じ。
ここで、威厳をもって接すれば、良い子になるのだろうが、ついつい笑っちゃうので、ナめられ続けている私。

チッチの方が、役者は一枚上手である。
スポンサーサイト

| 愛犬ちっち、そのオマヌケな毎日 | 08:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usagi158.blog102.fc2.com/tb.php/420-7a14c977

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT