FC2ブログ

Chitchies

15歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

春を追いかけて

お出かけ大好きである。
でも、お金をかけた旅行はしない・・・ってかできないんだけどね。
主人が仕事の都合で、浜松に1年、仙台に半年単身赴任した。
知らせを聞いた時、私が真っ先に考えたのは
「よし、赴任先を足がかりに、どっか遠くへ行こう」
週末になると鈍行列車に乗って主人の住む街へ行く。
主人が会社から帰ってきたその足で車に乗り込む。
浜松の時は、琵琶湖、京都、そして紀伊半島を一周した。
これに味をしめて、仙台の時は東北のあちこちを巡った。
仙台はたった半年だった、冬も終わりだったので、冬の厳しさは知らない。

特に思い出深いのが桜前線を北上する旅。
5月の連休は田沢湖、角館、浄土が浜。
宮古から浄土が浜への新緑は忘れられない。
十和田、奥入瀬、弘前城は5月の末にいった。
どちらも桜は満開だった。
国道の両端にゴツゴツと黄色い塊・・・なんだろうあんなにたくさん?と思ったらフキノトウだった。

40も近くなってくると、人工のものでは感動しなくなってくる。
主人はよく初めて日本武道館に入った時の感動について語る。
私もサンシャイン60に登ったときは
「どうやってこんな大きなものを作るんだろう」
って驚いたものだ。

東京ドーム、お台場、きれいなカフェレストランや、六本木ヒルズ
新しいもの、話題のものに興味はあるが、一度見ておけば充分だ。
感動はしない。

新緑、波しぶき、夕焼け、月夜、折々に咲き誇る花、紅葉
川の流れ、滝の落ちる音、木漏れ日、雨に濡れる木々、風に揺れる葉
写真にも納まらない、実際にその日その時、その場所に立っていなければ出会えないのだ。

それ以来、桜前線が北上していくにつれ、なんとなく落ち着かない。
今年もまたあの場所で咲き誇っているのだろうか?
でもまあ、今年はチッチもいるし、車検もあるし、遠出は無理だよ・・・
いくら連休だったってさ・・・
なるべく後ろ向きな意見をいいつつ、お互い顔色を伺っている。

そんなわけで、この日記も2,3日お休みです^^;。
スポンサーサイト

| ひとりごと・・・ | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usagi158.blog102.fc2.com/tb.php/398-03f82c3b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT