FC2ブログ

Chitchies

15歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

花見だぜ!ベイベー!

ぶはは(~o~)のっけから清志郎入ってすみません!
桜満開の休日、いいねえ!江戸っ子の血が滾るぜ!
と、ハナ金に飲んだくれて、宿酔気味の主人を7時半に叩き起こし、行って来ました!花見!花見!

我家の花見は、筵を敷いてお弁当を広げるわけではなく、緋毛氈を広げて茶の湯を楽しむでもなく、ただひたすら「桜を観る」

と、それなりに、こだわりもあって、どうしてもはずせないのが「千鳥ヶ淵」の桜。
これを観なければ、春が来ないのだ。

主人も、口では四の五のいいつつ、花見好きである。生あくびをしながらも、ゆるりゆるりと支度をしている。しめしめ、これでこっちのものだ。

土曜の午前中、首都高は混んでて無理に決まっているので、6号線をひたすら上る。その両側にも満開のサクラサクラ・・・

いったい、都内だけでも何本の桜の木があるのだろう?

11時、千鳥ヶ淵着、コインパークに車を預け、お決まりの英国大使館前~靖国神社までお堀端を歩いていく。

と、今年はチッチ連れなので、なかなか前に進めない、チッチは花より団子、いや、花見よりマーキング^^;で、初めて来た場所に縄張りを張るのに忙しい・・・

千鳥ヶ淵は、なーーんとなく、年齢層が高いのが特徴だ。弁当を広げる人も少なく、みなただひたすら花を見上げて歩いている。
お堀が優雅にカーブしているところは格好の撮影スポットだが、マナーも皆さんとてもよろしく、他の方が撮影している時は列が立ち止まって空けてくださるのだ。

人ごみにチッチが踏まれないよう、気をつけているので、おちおち花を見ていられない、主人にチッチを抱っこさせて、やっと一息ついて、花を見上げた・・・

今年も会えたね。

何十年、ここで根を張り、来る年も、来る年も、いったい何人の人に見上げられてきたのだろう。
こちらの思い入れなど、気にする様子もなく、毅然と悠然と薄桃色の花を咲かせている。

松任谷由美が、コンサートで話したことで有名になったフェアーモントホテルは、もうなく、建造物の有限を感じさせる。

靖国神社まで歩いて、鳥居の前でパンパンだけして車に戻った(境内はワンコ禁止であった^^;)

そのあと、駒沢公園まで足を伸ばし、うわさのドッグランで、世田谷のセレブなワンコと遊び(正直、たいしたドッグランではなかったです、やっぱ土地が高いトコはね^^;)犬入店OKのお店で遅いランチをして、帰路に・・・
帰る道すがらも、六本木、銀座、上野、浅草の桜を車から見て「んー!都内制覇だ」(?)となんだかわけのわからない満足感を得て、家に着きました。

車を降りて、ふと見ると、家の前の管理事務所の桜も満開、よその桜ばかりみて、自分ちの目の前の桜を観ていませんでした。

ごめんね!


スポンサーサイト

| 愛犬ちっち、そのオマヌケな毎日 | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usagi158.blog102.fc2.com/tb.php/386-91aa5bce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT