Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

海を見ていた午後

ボクはお留守番だったんだけどね・・・

土曜日
朝、辻堂の伯母から電話があり、急遽出かけることになった。
母が祖母のお墓参りに行くと言うのは、前日に聞いていた.
私は日曜日にも用事があったので、今回は断っていたのだが・・・

はじめ、母と伯母、二人でお墓参りのはずだったのだが、従弟(伯母の息子)が車をだしてくれることになり、湘南の施設にいる母の姉も訪ねることになったそうで・・・
せっかくだから私も来ないか、ということらしい。

辻堂まで、私の家からは2時間以上かかる。
母との待ち合わせは10時半だというし、いまからでは到底間に合わない。

翌日の用事も気になっていたし、一度は理由を話して断り、電話を切ったのだが。

別にこの日、用があるわけではないのに、断ってしまった後味の悪さ。
祖母と伯父が他界してから、辻堂から足が遠のいているのは確かである。
残念そうな伯母の声が耳に残る。
しばらく、チッチを抱っこして考えていたが・・

「やっぱり、行ってきていいかな」

慌てて支度をし、バスに乗り、電車を乗り継ぎ、辻堂へ着いたのは11時半。
改札を出て行くと、伯母が手を振って出迎えてくれた。

「M(従弟)に、叱られちゃった」
急に私を呼び出したことを、息子に怒られたらしい。

車に乗ると、母が不思議そうな顔をしている
「何よあんた、来ないって言ってたのに~??」

お墓参りは先に済ませてしまっていたので、母の姉を訪ねる前に食事をすることに。
「ちょっと連れて行きたい店があるんだ。」と従弟。
「あれ?今日Yちゃん(奥さん)は?」

聞くと、車は四人乗りだし、急遽私が来ることになったので、奥さんは留守番になったとのこと
「ええ~?なんだ、それは申し訳なかったじゃない!」
「いやいや、彼女も仕事で疲れているから、内心ラッキーって思ってるかも・・・、だから、気にしないで!」

従弟は10年以上勤めた会社を3年前に脱サラ、3年専門学校に通って、今年鍼灸師と柔道整体師の資格を取得した。
そして、6月から、臨床経験を積むために、整骨院に勤め始めたそうだ。
勤め始めたばかりだし、休みは土曜日一日しかないらしい、さぞや疲れているだろうに婆さま達のアッシーに借り出されて、なんだか非常に申し訳ない。

「いや、俺も墓参りに行かなきゃなって気になっていたし、ちょうど良かったんだよ」
従弟は、とても気のまわるヤツで、相手を思いやる話の仕方をする。

階段の途中から江の島が見えます~

連れて行ってくれたのは、江の島の近く、海の良く見えるイタリアンレストランである。
地元ではちょっと有名なお店らしい。
面白かったのは、江ノ電の線路を跨がないと、店に続く階段に行けないのだ。

「え?ここ渡って平気なの?」

向こうの階段に行くのに、踏切をまたぎます・・・

踏切もない線路を跨いで渡ると、ちょっと急な階段が見える。
母は足が悪いので、手で支えながら上がって行く。
海辺の強い日差しが容赦なく照りつけて、あっという間に汗だく。

途中からの階段は緩やかにカーブしていて、これなら母もゆっくり上がっていける。
先にあがった従弟が困った顔をして戻って来た。
「結構混んでて、ちょっと待つみたい」

せっかく連れてきてもらったのだから、待ちましょう・・と、庭(?)のベンチに座っていると、腕がジリジリと焼けてきた。
伯母が日傘をさし掛けてくれる。
頭の上は抜けるような青空。トビが2羽、くるくると旋回している。
日差しは強いが、この青空はもう秋の空だ。

カッコええ、イタリアンです

ようやく名前を呼ばれて、パラソルの広がるテラス席に着くと、目の前に広がる湘南の海。
180度パノラマで、右は江の島、左は葉山まで見通せるのだ。
ウインドサーフィンの大会か何か開催されているようで、たくさんの帆が見える。
この景色に母も大喜びだ。

「あ~ん、デジカメ持ってくればよかった~」
急いで出て来たので、今回もやはりカメラを忘れてきた。(←ブロガー失格)

ランチセットはサラダ、ショートパスタかピザ、デザート、飲み物がついて1860円。
このロケーションで、この値段は高くないと思った。(御馳走になっちゃったんだけどね)

塩味のピザ、美味しかったっす。

4人なので、ピザを2種類、ショートパスタを2種類選んで、取り分けて食べたけど、どれもすごく美味しかった。
ピザ生地は石窯で焼いていてモチモチ。

なにより、こんなオシャレで、素敵なお店を、従弟が知ってたことにちょっとビックリ(←スマン)

つい珍しくて線路ばかり撮ってしまった。


ゆっくりランチして、母の姉のところへ
行く途中、何かお土産を買おう、と、車でウロウロ。

「あ!今日は開いている」
「え、何が?」

なんでも、土日しか開いていない、手作りハワイアンアイスのお店だそうで。
気をつけていても通り過ぎてしまうような、コインランドリーより小さいお店。
カップアイスをいくつか買ってドライアイスを入れてもらった。

母の姉を訪ねるのも、本当に久しぶりだ。
アイスを食べながら、祖母や伯父の思い出話、従弟の仕事の話・・・色々な話をした。
病気をしてから口数の極端に減ってしまった母の姉も、この日は従弟に色々質問をしたり、昔話をしたり、よくしゃべったし、お土産のアイスを美味しそうに食べてくれた。

もう日が傾いて来たので、従弟に送ってもらって辻堂の駅に向かった。
すると、母が、なぜ辻堂の家に寄って行かないのか?という。
私も時間的には、このまま帰ると楽だな、と思いつつ、ちょっと収まりの悪い気持ちがしていた。

従弟に
「悪い、やっぱりちょっと寄って行くから、家まで送ってくれる?そこからは適当に帰るから、あんたはもう、帰っていいよ。」
「え、でも・・」
「大丈夫だよ、家からなら、知っている道だし適当に帰るから・・・」

今は伯母が一人で住んでいる家の前で降ろしてもらった。

祖母の家は、20年ほど前、祖母が80を過ぎてから、転居したので、今の家には子供の頃の思い出はない。
でも、祖母の部屋は、前の家から持ってきたまま、祖母のコレクションの人形やぬいぐるみが飾られている。
居間には、祖母や伯父が買い集めた、高そうな画集や全集が埃をかぶっている。

伯母も膨大に残された祖母や伯父の遺品を少しずつ整理しているそうだが、キレイに片付くまでには、まだ相当時間がかかりそうだ。

今まで、こんなに話したことはない、と思うくらい、伯母と色々な話をして、すっかり暗くなってから辻堂の家を後にした。

母と東海道で川崎まで一緒に戻り、私はそのまま東京にでて、家まで帰った。

ふうう・・・
なんだかすごく・・・濃い一日だったなあ・・・

身体はすごく疲れたけど、確実に心が軽くなった。
2011年、夏の思い出。



今日は中秋の名月

雨戸を開けてみたら、満月が良く見えました。

思わず写真も撮ったけど、イマイチ・・・^^;

やっぱり、自分の目で見てなんぼやね・・・
スポンサーサイト

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:48 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

素敵な一日でしたねぇ。
晩夏の湘南の週末は134号は大混雑だったでしょう?
私もこの夏はあまりの暑さに、まだ海辺に行っておりません。
秋が深まって、人がまばらになったらあの海岸の砂浜を、モモと一緒に歩こうと思います。
よく二人で行った浜辺です。

伯母様のお宅を訪問されて、ほんとによかった。
懐かしさや寂しさ、いろいろな感情がうずまいたことでしょう。  行かないと決めていても、行ってしまったのは、きっと亡き方が来て欲しいと呼んだのでは?

| メイ | 2011/09/13 05:20 | URL |

こんにちは

『海を見ていた午後』と、文字を追ったら、
『あなたを思い出す♪』と、頭の中は、荒井由実の歌声が流れていました。
まだ、荒井さんの時代、6歳年上の兄が好きで、よく聴いていました。
レコードの時代・・・年代がバレちゃいますが、一気に昭和の香りが漂って来ますね。

亡き方が来て欲しいと呼んだのでは・・・私も、そう思います。
私は、震災後、後々、思いを残したくなくて、
何となく気になって後味が悪くなったり、やっぱりなあ・・・とか思ったら、
実行するようになりました。
想いがたくさん詰まった一日になって、良かったですね。

中秋の名月、まん丸お月様でしたね。
思わず、手を合わせちゃいました。

| kaori | 2011/09/13 11:50 | URL |

メイさんへ

メイさん、こんばんは~

> 素敵な一日でしたねぇ。

いやいや・・・なんちゅーか、疲れました・・・
こんな話を書いても、誰も面白くないだろうなあ・・と思いながら、自分の記録の為に書きました。
コメント入れていただいて、うれしいです。

> 晩夏の湘南の週末は134号は大混雑だったでしょう?
> 私もこの夏はあまりの暑さに、まだ海辺に行っておりません。
> 秋が深まって、人がまばらになったらあの海岸の砂浜を、モモと一緒に歩こうと思います。
> よく二人で行った浜辺です。

私も「海沿いのお店」って聞いた時「混んでるのでは?」と思ったのですが、意外にこの日は空いていました。
暑かったですけどね~~
メイさんのお家からはどのくらいで行かれるのですか?
従弟も「今日は空いているなあ~」って驚いていました。
チッチも連れて歩きたいけど、まだ暑くて無理ですね~

> 伯母様のお宅を訪問されて、ほんとによかった。
> 懐かしさや寂しさ、いろいろな感情がうずまいたことでしょう。  行かないと決めていても、行ってしまったのは、きっと亡き方が来て欲しいと呼んだのでは?

今は伯母が一人になっちゃって、やっぱり淋しいんでしょうね、次から次から、色々な物を出してきて話をするので、結構長居になっちゃいました。
何しろ、祖母も伯父も物もちの良いタイプだったので、遺品の整理だけでも相当大変そうでしたが・・・^^;

湘南の海は、洋画のように空気がカラリとしています、子供の頃ずっと過ごしたところなので、いつ行ってもなんだか懐かしいのです。
駅前には巨大ショッピングセンター建設中で、すっかり様変わりしてきましたけど・・・・

| うさぎ | 2011/09/13 22:54 | URL | ≫ EDIT

kaoriさんへ

kaoriさん、こんばんは~

> 『海を見ていた午後』と、文字を追ったら、
> 『あなたを思い出す♪』と、頭の中は、荒井由実の歌声が流れていました。
> まだ、荒井さんの時代、6歳年上の兄が好きで、よく聴いていました。
> レコードの時代・・・年代がバレちゃいますが、一気に昭和の香りが漂って来ますね。

おお!まさにそうです。
題名をつけなきゃな、って思った時、ふっと浮かんだのがユーミンで・・・^^;
思いっきりパクリですな・・(-_-;)
6歳上のお兄様、ひょっとして私と同世代だったりして~(^_^;)
ユーミンの歌は、古ければ古いほどいいっすね・・・
今年もコンサート行っちゃいますよ・・・

> 亡き方が来て欲しいと呼んだのでは・・・私も、そう思います。
> 私は、震災後、後々、思いを残したくなくて、
> 何となく気になって後味が悪くなったり、やっぱりなあ・・・とか思ったら、
> 実行するようになりました。
> 想いがたくさん詰まった一日になって、良かったですね。

大好きだった伯父と祖母が他界してからは、なんとなく行く気がしなかったのは確かなんですよね。
伯母に申し訳ないと思いつつ・・・
思い切って出かけて、色々な意味で良かったです。
でも、暑かった~
距離的にも、結構あるので、帰ったらグッタリ疲れました・・・

> 中秋の名月、まん丸お月様でしたね。
> 思わず、手を合わせちゃいました。

昨日の満月もキレイだったですが、今日チッチと散歩中の月の方が大きくて迫力がありました~
ユーミンの「14番目の月」って歌も思い出しちゃいましたが・・今夜の月は「16番目」ですな・・・

こんなに秋の空なのに、何故にこう暑いのか~
早く秋!ぷりーず!!

| うさぎ | 2011/09/13 23:09 | URL | ≫ EDIT

今日も暑いですね。

おはようございます。
9月半ばとは思えない程の陽射しが、朝から照りつけてます。
おまけに、湿度が高く蒸暑い・・・・
全国のパグちゃん達、もうしばらくの辛抱ですね。

うさぎさん、同世代なのは、
『14番目の月』も懐かしいと感じている私だと思います。
先日、昭和40年代生まれの方に、アイビールックの話をしたら『???』という反応で、
自分、古いわ~と、感じてしましました。

| kaori | 2011/09/14 09:48 | URL |

kaoriさんへ その2

kaoriさん、こんばんは~

> 9月半ばとは思えない程の陽射しが、朝から照りつけてます。
> おまけに、湿度が高く蒸暑い・・・・
> 全国のパグちゃん達、もうしばらくの辛抱ですね。

ほんと・・・いつまでも暑いですねえ・・・
朝晩はまだ・・と思っていたけど、今朝なんか朝から暑かった~
いったいいつになったら涼しくなるのやら・・・(-_-;)

> うさぎさん、同世代なのは、
> 『14番目の月』も懐かしいと感じている私だと思います。
> 先日、昭和40年代生まれの方に、アイビールックの話をしたら『???』という反応で、
> 自分、古いわ~と、感じてしましました。

うは~
ひょっとして、同じくらいなのかしら??
アイビールック。ありましたねえ・・
紺ブレにハイソックスとか・・・ミハマの靴とか?
ハイソックスは足が太いので履けなかったけど~(-"-)

最近のわかいもんは!っていうつもりもないですが、ワタシ自分の世代って結構好きなんす。
昭和のにおいぷんぷんですが・・^^;

| うさぎ | 2011/09/14 23:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT