Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

走れ!3036キロ 秋旅行2010 ⑨やっぱり船が好き!

間に合いました~!!

うちの主人は沸点が低い。
ちょっとしたことでイラっとして、強い口調で人を貶す。

そして、自分に甘い。

自分のミスは「あっさっさ(^^ゞ・・」と何事もなかったように平然とスルーする。

機嫌が直るのも早い。
被害者の私は、そう簡単には立ち直らないのだが、ケロリンパと、普通に話しかけてくるので、時々本気で頭にくる。



細い道をクネクネした後、ようやく「→熊本港」という道に出た。
可能な限りを尽くして突っ走る・・・・

こういうときナビがあれば、「到着予想時間」というのが出るんだけどね。
あ、到着予想が出ていたら、向かう前に諦めてたかもだが・・・(-_-;)

思ったより早く、海が見えてきた。
地図を見ると、フェリー乗り場は港でも手前の方だから、すぐわかると・・

「あった!」

「次の出港14:50」と看板が出ている。

「やった!間に合った~\(^o^)/」

係りの人に誘導されて、車を所定の場所へ移動し、私がチケットを買いに行く。

佐渡の旅を思い出しちゃうが、熊本から雲仙までは、通常のカーフェリーだと1時間。
高速艇「オーシャンアロー」だと30分。
当然、高速艇の方が、お高いハズなのだが・・・

にゃんと!今、この「オーシャンアロー」が、期間限定で安く乗れるのだ!
乗用車1台、人間2人、犬1頭(←タダ)

しめて3,800円なり♪。

阿蘇のロープウエイより安い(←乗ってないクセに・・・)

またもや、なんだかすごく得した気分。
グレイト九州!よっ!太っ腹(またでた)

乗船までまだ10分あるからと、お手洗いに寄り、売店でチッチ用に水と牛乳を買った。
お土産も見たかったな~・・なんて、余裕で車に戻ると、主人が鬼のような形相で手招きしている。

「早くしろよ!何やってたんだよ!」

見ると、既に車の乗船が始まっていたのだ

「あ、ごめんごめん・・」
素直に謝っているのに、憤慨しきっている。

「何やってたんだよ!時間がないってわかってたはずだろっ!!(激怒)」

そもそも!

主人が熊本城を見たがらなければ、
いや、
もっ~と遡って、主人が!流しそうめんに引っかからなければ!
こんなにギリギリにならなかったんじゃない?
いや、それどころか!
もしかしたら13時のフェリーにも間に合ったかもしれないのに。
私はそれについて、文句、不平不満を言いましたか??!!

係りのお兄さんに誘導され、車をフェリーへと移動させながら、大喧嘩である・・(*_*;
ケンカしながら、写真はちゃんと撮っています・・・

フェリーの場合、車の重さや大きさによって、バランスをとるために乗船順を変更することがあるらしい。
うちの車はなんと、最後の1台だった。

多分、重さの調整で最後になったのだが(だって、着いた時は前の方だったし)

「ほら~!お前のせいで、乗れなかったのかも知れないんだぞ!!」
「だから!ごめんって謝ったでしょ!!」
まだ言ってるよ・・・(-_-メ)
とはいえ・・・

船が大好きな主人、乗れてしまえば、内心はもうワクワク、ドキドキなハズである。

「う・・うむ、もう、わかっているなら良い」

あれだけ怒っていたくせに、もうなんだかグダグダ・・・(^_^;)

とりあえず、車を置いたら下りなければならない。

ペット連れの人用に配られたチラシを読むと「ペットは1階甲板にしか入れません。甲板または、車内に残してください。」とある。

チッチを車内に置いて行くのは嫌なので、カートに入れて、船底から1階へ、細くて急な鉄の階段を上がっていき、1階の甲板に出た。

カモメがたくさん来ています。

ヒューっと強い風が吹き付ける。
「あ、カモメ?」
先に乗船した人は、早速、甲板に群がってくるカモメにエビセンを投げている
主人の目がキラリと光った。

このブログを長くご愛読いただいている方は既に熟知されていると思うが
何しろ、船、動物に餌やり・・・大好きである(ウミネコパン参照)。

「しまった~、これがあったか!」
            ↑パンでも調達してくれば良かったの意^^;。
みんな、どこでエサを買ってるのかな?

するとそこへ、船頭さん、じゃない、なんていうの?客室乗務員?のオジさんが、2人ツカツカとやってきた。

「あの?どちらから乗られました?」
「熊本です(←バカ)」
「いや、ワンちゃんとどこから乗ってきましたか?」

「え?」
1階甲板です。

要するに、ペット連れの人は、ペットをキャリーに入れて、歩きで乗船するか、車で乗船した場合は犬だけ車に置いてこなければならなかったらしい。

そうでないと、1階の客室内を通過してしまうからである。(確かに通った^^;)

「スミマセン、いただいた紙にはそこまで書いていなかったんですけど~」
「よく間違われるんですよ、書き方が悪くて」
だったらもっと詳しく書いておいてくれればいいじゃん・・・(-_-;)

ここで、チッチだけ車に戻せ、と言われたら、なにしろ主人との喧嘩のあとだ。
「ぷっつ~ん」と理性が切れ、「てやんでぃ!」と文句の一つも飛び出す私だが

「今回は、こちらのご説明も悪く申し訳ありませんでした。既にここまでこられてしまったのであれば、今回はこのままで結構です、ただ、降りる際は、おひと方だけ、徒歩下船していただけるようお願いできますか?」

要は、ここまで来ちゃったものは仕方ないから、降りる時は、主人は車で降り、私とチッチは歩きで降りてねってことらしい。

「はあ・・・、わかりました」

一件落着、良かったね・・・と見回すと、すでに主人の姿がない。

モメごとは人に押し付けて、自分はもうカモメのところに行っている(-_-;)

さっきまで、些細なことでブチ切れていた、男としての器(ウツワ)が刺身の醤油皿ほどのちっちゃい男はどこへやら。
満面笑顔でカメラを持ち、カモメを追っている

すっかりご機嫌になっています・・・(-

「お前も見てこいよ、すっげ~たくさん飛んでるぞ!」
「(俺様が)チッチは見ててやるから、お前も2階で見てこいよ!」

(-"-)

まあいいや。主人がご機嫌なら、我が家は平和なのだ。

フェリーは速度をあげ、コバルトブルーの海原を滑っていく。
あっという間に熊本の港は遠くに霞んでしまった。
2階には行かず、船内の売店でエビセンを買い、主人に持って行った。
エビセンゲット!

なにせ高速艇だ、かなりのスピードが出ている。
風圧で押し戻され、指先で持っているエビセンをなかなか取ることができない。
それでも、カモメたちは必死に船を追ってくる。
「頑張れ、ほらほら」

一袋投げちゃって、主人はまだあげたそうだったが、船は既に港に着くところだ。
島原港に着くよ~

主人と分れ、チッチとカートで、徒歩下船。
長い通路を歩き、チケット売り場やお土産屋さんを通過、表に出る。

乗ってきた船が見えます

長崎、初上陸~!

一緒に運ばれていた観光バスや乗用車が次々出てきた。
うちの車は一番後ろに乗っていたから、最後に出てくるのだろう。

車戻ると早速主人

「どこ見て行く?」

地図を広げて、現在地をチェックする。

ここで、私はまたもや驚くことになる。

長崎って・・・

広~い!


てっきり、高速道路まで30分くらいかと思っていた・・・(^_^;)

「あのさ、もうすぐ16時だし、もう暗くなってきちゃうよ」
「わかってるよ?だから?」
「もう、どこか寄っていく時間なんてないんじゃない?」

「そんなことないだろう?」

今夜の宿は博多市内だ。
夕食はついていないから、何時に着いても大丈夫だけれど・・・

「結構、距離あるよ?」

せっかく雲仙に渡ったんだから、これから普賢岳を観に行こう。という主人と、またまた意見が分かれる。
旅行も3日目、疲れも出てきているので、ちょっとしたことで言い争いになる。
今度は島原城です・・・

結局、島原城(またお城か・・・^^;)と武家屋敷を見て、諫早を目指すことに・・・

「もしかして、フェリーで渡ってもあまり意味なかったのかな」

ボソッと私がつぶやく(ツイッター?)
すると主人

「なんで?フェリー最高だったじゃんか!長崎にも来れたし!!」

ブっと吹き出しちゃったよ。

一応、チッチも持ち上げております

我が家の旅行はいつも行きあたりバッタリだ。
でも、後で思い出すと、クスクスと笑ってしまうことが多い。

島原城は、熊本城よりはるかに小さかったけれど、とても美しいお城だった。
長崎に来た記念に売店で「長崎カステラ」を買った。

島原の街が見えます

夕日に染まる普賢岳を遠目に眺めながら、車はまた走り続ける。





≪まだまだつづくのだ~^^;≫
スポンサーサイト

| チッチとお出かけ | 23:23 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

うなぎさん劇場ですね(笑)。
お会いしたこともないのに、想像して笑っちゃいました。
大喧嘩してるのにちゃんと写真撮ってることに、また大笑い!
チッチくんはその時どうしてるんだろ~?
「またやってるよ…」とか思ってるのかなー?(笑)

それにしても、どの写真もきれいですね~。
天気もよくて、旅満喫!って感じ!
かもめがちゃんとえびせん咥えてるし~!
船はいいですよね~。
私達も福島で乗りましたよ。ボートだけど…i-229
しかも激寒…。
お酒おいしくいただきました♪ ありがとうございました!

| つき | 2010/11/17 10:32 | URL |

つきさんへ

つきさん、こんばんは~
おお、おかえりなさーい!

> うなぎさん劇場ですね(笑)。
> お会いしたこともないのに、想像して笑っちゃいました。

うなぎ大劇場ですよ・・・(-"-)
あれ?主人に会ったこと・・ないか・・
最近はオフ会とか、全然付き合ってくれないからな~

> 大喧嘩してるのにちゃんと写真撮ってることに、また大笑い!
> チッチくんはその時どうしてるんだろ~?
> 「またやってるよ…」とか思ってるのかなー?(笑)

大喧嘩っていうか、この時は一方的に主人ががなっていましたからね。
たいしたことじゃないのにさ。

チッチは、家だと小屋にスタコラ逃げて行きます。
この時は真ん中でグーグー寝ていました。

> それにしても、どの写真もきれいですね~。
> 天気もよくて、旅満喫!って感じ!
> かもめがちゃんとえびせん咥えてるし~!

えびせんって、鳥にあげていいのかねえ?と思いつつ、みんなそれを投げていました。
浄土ヶ浜に行く時は、途中で食パンを買って、車の中で細かくちぎって行くんですよ・・(^_^;)
ほんとね、ずっと天気が良かったので、ラッキーだったよ。
だから欲張るんだけどね・・・
この時期って日が短いしね。

> 船はいいですよね~。
> 私達も福島で乗りましたよ。ボートだけど…i-229
> しかも激寒…。

寒かったんだ~
風邪引かなかった?
九州行った時はね、結構暑かったです、昼間は・・・
そういう時は、チッチは背負われています。

> お酒おいしくいただきました♪ ありがとうございました!

いやいや・・・
御一緒できず残念でした~
レポート、待ってるよん!

| うさぎ | 2010/11/17 22:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT