Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

走れ!3036キロ 秋旅行2010 ⑤素晴らしき! やまなみハイウエイ

湯布院の夜明けデス

11月4日未明
やっぱり・・・^^;
チッチ君、夜明けのピイピイが始まった・・・
たぶん5時前なんだと思うけど、時計も携帯もどっか置いたまま爆睡しちゃったので時間分からず・・・(^^ゞ
起きてなだめに行こうと思ったけど、身体がしびれたように動かず「すまん、チッチ・・」
また眠ってしまった・・・^^;
寒いのでべべを着ています(眠そう)
次のピイピイは6時過ぎ・・・
主人も目が覚めたようで、すくっと起き上がり、ジャッとカーテンを開ける。(←寝起き良すぎ^^;)

「まぶしいよお・・(*_*;)」

『超』寝起きの悪い私はまだアメーバ状態。
主人が人の顔を覗き込む。

「あのさあ、前にテレビでやってた朝の湯布院の景色、観に行かない?」

「うえぇぇぇぇ~(←ぽっちゃま?)」

湯布院は山に囲まれているので、季節によって朝もやがたちこめて、街が雲海にうずもれたように見える。
それが見られるのでは?と言うことらしい。

でも
まだ眠いよおおおおぉぉぉ・・・

「ねえっ!観に行かない?」

もはや、命令である・・(-_-)

むにゃむにゃしながら着替えて、チッチを抱いてそーっと部屋を出ていく。
外は、たしかに一面、朝靄に覆われていて、視界が悪い。

「サブっ!」

九州はハワイではなかった。
むしろ、この辺りは自宅の方よりも寒いのでは?
朝のひんやりした空気にようやく目が覚めてきた。

昨日通った高速の入り口の方へ、車で上がっていく。

急に視界が開けた。
靄の中から脱出したのだ。
車を路肩に停車し、下りてみる。
御来光です。

なるほど~
テレビでやっていた通り、湯布院の街は雲に覆われたように見えないよ。
なんとも幻想的な風景。

靄はゆらゆら変化し、時折り下の街で、車が通っていたりするのが見え隠れする。
これはキレイだね。

日の出を待つ。
山が高いので、なかなかお日様が出てこない。
私とチッチは車で待機。

そして
「あさ~~~」

空は明るくなり、由布岳が朝日に染まる。

カメラマンが納得したところでUターン。
ついでに、金鱗湖に行ってみた。
朝靄の立ち込めた世界は、本当に不思議で、ほんの数100メートル車で走ったところでは空は晴れ、太陽も出ているのに、金鱗湖はまだ真っ白だ。
金鱗湖のカモさん。

一回りして宿に戻ると、ちょうど朝食の時間。
美味しい朝ごはんをいただきながら、今日の予定を練り直す。

2日目の行程は、決まっていた。
やまなみハイウエイ」を通って阿蘇へいく。
今日も良い天気です。

チェックアウトの時、宿の奥さんが玄関で記念写真を撮り、すぐにプリントしてくださった。
「今日は本当に由布岳がキレイに見えてますよ」
奥さんの話だと、先週までずっと天気が悪かったそうで、今朝のように朝靄がでたのも、久しぶりだとか

まるで、私たちのために用意されたような晴天なのだ(←と主人は思ったようだ^^;)
紅葉も始まっていて、なんだか出来すぎなくらいだ。
由布岳をバックに榎屋さん、お世話になりました~

昨日までの話では、午前中は湯布院散策。と思っていたが、だんだん欲が出てくる(まだ?)
湯布院の街も素敵だけれど、こんなに天気が良いのに、お店巡りでは、ちょっともったいない。
少しでもたくさんの景色を見た方が良いのでは・・・

「もう出ようか?」
「いいのかよ?店とかみないで?」
「うん、天気良いし、もったいないよ」

私がこういうのを待っていたかのように主人

「よし!出発だ!」

やまなみハイウエイについて、私はまたもや誤解していた。
「高速道路」ではないようだけど、那須とか、箱根とか、景観の良いところに多々ある「○○スカイライン」のように、高級有料道路だと思っていたのだ。

湯布院ICを通り過ぎ、水分峠から11号線に入る。
ここから先は、「やまなみハイウエイ」・・・でも、料金所はどこにもない。

一般道なのだ。

グレイト九州!なんて太っ腹!
やまなみハイウエイに入りました・・・

やまなみハイウエイ万歳。

そして、
どこを通っても

めちゃめちゃキレイ~\(^o^)/ひゃっほ~~\(^o^)/

途中、私の大嫌いな吊り橋(九重夢大吊橋)に行く、行かないでもめたが、そこはバッサリ割愛して・・・(主人だけ渡った)
吊り橋、一枚だけ載せとくか・・・

しばし皆様。。。やまなみハイウエイの景色をお楽しみあれ~

長者原付近

通り過ぎちゃうのがもったいなくて、何度も停まってしまう。

道すがらにも、見どころがたくさんある。
どこも素通りするのが惜しい。
道ばかり写真撮ってます・・(^_^;)

でも、もちろん、主人の目当ては「黒川温泉
やまなみハイウエイを右に折れ、6、7キロほど入った山間いの温泉郷だ。

まずは「風の舎」に行き、情報収集
風情ある温泉宿が何軒もあり、どこも立ち寄り歓迎。
時間があれば温泉手形を購入した方がお得・・とある。

写真が飾られているが、どこもキレイな温泉で、選べない・・・
穴湯がどこにあるかわかるかな?

でもね!

全国各地の温泉を渡り歩きだしてはや8年。

主人と私と一致した意見

「高級旅館の立ち寄り湯は『良くて』当たりまえ」

そりゃ、入れば気持ち良いに決まっているけれど
うまく言えないが、「用意された雰囲気を味わう」ような気がしてしまう。
旅先で見つける温泉の醍醐味はちょっと違う。

よりいっそう、地域に密着した。
地元のじっちゃん、ばっちゃんが、桶に手ぬぐい入れて入りに来るような。
そんな温泉を見つけると「イエイ!」っとなる。(下北の旅参照^^;)

黒川温泉マップを穴があくほど見つめる私。
案内所のオネエさんに聞いてみる。
「この中に、公衆浴場はありますか?」

2つあった。
一つは混浴、川の横。「穴湯」
もうひとつ、地元の人が入る共同浴場「地蔵湯」があるらしい。

まず穴湯に行ってみる。
公衆浴場と言うよりは・・なんちゅーか・・・(^_^;)

掘立小屋?

黒川温泉「穴湯」です。

入り口に貯金箱のような鉄の箱が置いてあり「お金を入れてください」となっている。
ガタピシしたドアをよいしょと開けると、中はいきなり「お風呂場」
横に脱衣場が設けてある。

これだよ。

主人と顔を見合わせて、ニヤリと笑う。

早速主人、100円入れてイソイソとご入浴。

私はチッチと入口の横に腰掛けて待っていた。

「いいね~、やっぱり、これだよこれ!」

10分後、温泉満喫男の完成品ができあがり。

もうひとつの共同浴場も行ってみようと歩いて行ったが、途中、お団子屋さんにひっかかって小休止。
いきなり団子とソフトクリームを食べた。
先も長いし、結局、穴湯だけで満足してしまい、黒川温泉を後にする。

次に向かったのは「大観峰」

撮ってもらいました。

その名の通り、阿蘇を一望にできる高台にある。
遮るものが何もなく、だいぶ傾いて来たのに日差しが暑いくらいだ。
大観峰にて

大観峰に立つと、本当に人間が小さく感じる。

なんだろう、この雄大な景色は

大自然を目の前に、私たちは、こんなにもちっぽけなのだ

空飛ぶチッチ?ぶーん!


(まだまだ続くよ~)


≪おまけ≫

朝靄がすっかり取れたあと、同じところで写真を撮ってみた。(主人が^^;)
天気が良すぎてけぶってきちゃった。

金鱗湖も見て行きました。

金鱗湖、靄がないと普通っぽい。
スポンサーサイト

| チッチとお出かけ | 23:19 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

 はぁ~!
 別世界の美しさ・・・・(//▽//)。

 一面のススキが本当に贅沢な眺めだと思いました。
 北陸では、せっかくのススキも「セイタカアワダチソウ」に浸食されがちで^^;。 
 うんと北のほうに行けば、アワダチソウのないススキ野原が見られるのかな?と思っていましたが、南の九州でもススキが元気な場所があるんですね。

 どの写真もまるで絵葉書のようです。美しい!
 

| コロ助 | 2010/11/12 09:33 | URL | ≫ EDIT

九州満喫してますね~
いろいろ懐かしく見せてもらってます。
こっち着たら、実家帰ってもなかなかいけないしね
九州は温泉多いよね。
掘立小屋があるのは良い方で、野っぱらに温泉ってのもあるらしい(私は行ったことないけどね。友人談)
晴れた日のヤマナミハイウェイはいいよね
お天気良くて良かったです

| ぷるのすけ | 2010/11/12 09:39 | URL | ≫ EDIT

コロ助さんへ

コロ助さん、こんばんは~

>  はぁ~!
>  別世界の美しさ・・・・(//▽//)。

天気が良かったので、ほんと別世界って感じ、すごくキレイでした。

>  一面のススキが本当に贅沢な眺めだと思いました。
>  北陸では、せっかくのススキも「セイタカアワダチソウ」に浸食されがちで^^;。 
>  うんと北のほうに行けば、アワダチソウのないススキ野原が見られるのかな?と思っていましたが、南の九州でもススキが元気な場所があるんですね。

私たちも、まさにその話をしていました。
九州でも、街中はかなりセイタカアワダチソウに浸食されてるんです。
でも、阿蘇に入ったら一面のススキ・・・
ここだけは侵されたくないですね~

みんな、セイタカアワダチソウを見つけたら抜きましょう・・・
と呼びかけたいです。

>  どの写真もまるで絵葉書のようです。美しい!

初めての九州でしたが、北海道同様広さにまず感動でした。
阿蘇は良かったな~
なかなかあれだけの晴天に恵まれることはないかも・・・ラッキーでした~  

| うさぎ | 2010/11/13 00:42 | URL | ≫ EDIT

ぷるのすけさんへ

ぷるのすけさん、こんばんは~

> 九州満喫してますね~
> いろいろ懐かしく見せてもらってます。

何しろ初上陸だったからね。
おそらく、一番メジャーなところをさらっとなめたのだと・・・

> こっち着たら、実家帰ってもなかなかいけないしね
> 九州は温泉多いよね。
> 掘立小屋があるのは良い方で、野っぱらに温泉ってのもあるらしい(私は行ったことないけどね。友人談)

うちの親とかは、山中にある「いきなり温泉」にも入ってるみたいですが、我が家は根性無しだから「車で行けて」「歩かない」だからね・・^^;
あちこちに「◎◎温泉」って看板があって、どこも良さそうでした、また行ってみたいなあ

> 晴れた日のヤマナミハイウェイはいいよね
> お天気良くて良かったです

ほんと、今回はお天気に恵まれましたよ。
ちっちにはギリギリの気温だったけど、湿度がなかったからあまりガハガハしなかったみたい。
暑そうな時や、チッチが疲れてきた時は秘密兵器(こんパパはご存知)を使用しました。
またそれは明日ね・・・

| うさぎ | 2010/11/13 00:47 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT