Chitchies

13歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

走れ!3036キロ 秋旅行2010 ④湯布院ナイト

チッチ、よそ見してます・・・

九州初上陸の1泊目は、湯布院「榎屋旅館」さんを予約した。

毎回、犬連れ旅行で、宿は苦労するのだが、今回とても役にたったのが、このサイトhttp://www.pet-c.net/travel/
にゃらんや楽天では載っていない宿も結構ある。

我が家はアラフォー夫婦なので、ちょっぴりペンションが苦手である。
あまりアットホームでも気恥ずかしいし、いつも到着もギリギリになるので、食事時間も18時厳守です!なんて言われちゃうとかなり焦る。
程好く放っておいて欲しい、難しいお年頃なのだ。

そしてできれば「ペット可」ではなく「犬連れ優先」と、犬歓迎の宿がよい。

足洗い場が設置されていたり、部屋にゲージを置いていてくれたりすると、すごく助かるし、他のお客さんに恐縮して、コソコソして行動することもなくなる。
それから、犬の出し入れも「必ず全身をケースに入れて運んでください」というよりは「抱っこしてください」くらいの方がありがたい。

別にクレートインでも良いのだが、我が家の米袋君。クレートに入れるとデカイ重い。
到着後大量の荷物を部屋に運ぶ際、チッチを小脇に抱えてえっさかと上がった方が早いし、夜寝る前にちょっと散歩に連れ出すときも、いちいち入れ物で運搬するのは結構手間なのだ。

宿探しは私の担当。
いくつもサイトを開き、ペット可の宿はすべてチェック。
榎屋旅館さんとうちの愛車。

ただ、一泊目は、どちらかと言うと「場所優先」で選んだ。
九州と言えば真っ先に思いつくのが「湯布院」
どうせ行くなら一度は訪れてみたい。

湯布院は結構高級宿が多い。
そして犬連れOKは少ない。
「チッチと泊まれればなんでもいいや」
そんなに期待はしていなかった。

別府を出て30分ほど。
できれば明るいうちに到着したかったので、元来た道を戻り、高速で移動した。
湯布院ICを出て、市街地へ向けて緩い下り坂をくだっていく
湯布院駅前に出た。
由布院駅

趣のある駅舎にちょうど電車が止まっているところだ
ここで地図をひろげ、宿のチェック。
駅前通りを真っすぐ進み、橋を越えたところで、一本細い路地に入る。
この路地の両側が、おそらく湯布院で一番華やかな通りなのだろう。
観光客がたくさん歩いているので、そろそろと進むと、持っている地図ではもう宿はすぐのはず。
案内板を一つ一つ読んでいくと
「あった!」

なんと、メインストリートのど真ん中。
川に面した一番良い場所に「榎屋さん」はあった。

夕闇に玄関のステンドグラスが光っていて、なんともキレイ。
もっとボロ・・・いやいや。もっと昭和っぽーい、いわゆるひとつの和風旅館を想像していた(美加登さんみたいな←すまん!)私。

瀟洒な構えにびっくりだ。

車を停めるので、チッチを先に下ろして(じゃないと必ずギャウる^^;)いると、宿の人が出てきて案内してくれた。
いろりを囲った玄関口には、ワンコ用に足ふきタオルとうんP袋がおいてある。
一枚板のあがりがまち、磨かれた木の床が気持ちよい。
福助が3人、お辞儀をして出迎えてくれている。
福助さんが出迎えてくれます

チェックインを済ませ、隣の建物に移動、こちらが宿泊棟。
チッチを抱いていると「歩かせてお部屋に行っていただいて平気ですよ」という。
お風呂以外は、リードをつけて歩かせて良いそうだ。

部屋も広くて明るい和室。トイレはもちろん洗浄便座タイプ。
お風呂も覗いてみたら、広々とした露天風呂つき。
家族風呂も別にあり、24時間使用可能。

オシャレな玄関の横はこじゃれた居酒屋になっており、夕食後に一杯、なんてのもOKだ。(でも、この日は残念ながら定休日)

いやいやいやいや・・・
これは、嬉しい誤算。

今まで泊まった宿の中でも、かなり恵まれた旅館で、なんだか嬉しくなってしまった。
いそいそと荷物を運び、チッチスペースを設置すると、チッチはクレートに入って眠そうだ。

チッチを部屋に残し、夕食の前に、周辺を散策。
かわいいお店がたくさん並んでいます。

「軽井沢みたいな感じらしいよ」
主人が話していたとおり、チャーチストリートに似ている。
かわいらしい雑貨屋やお土産屋が並んでいる。

山間いの村だから夕暮れが早い。

明日は平日で泊り客も少ないようで、そろそろ店じまいかな、という雰囲気。
大分は柚子やカボスの産地で有名なので、「かぼすドレッシング」とか「柚子胡椒」とかが並んでいて、どれも美味しそう・・・

ドレッシングは瓶が車の中で割れると困るので、柚子胡椒を何個か、友達のお土産に包んでもらった。

昼間は暖かかったが、日が落ちると急に冷えてきた。
そろそろ夕食の時間も近いので、宿に戻る。

夕食処は、家族ごとに仕切られたお座敷で、ワンコも一緒にどうぞ~

自慢じゃないが、我家のチッチ君はお行儀が悪い(←ちょっとは恥じなさい(-"-))
お座敷だからどうしようかな?と思ったけれど、せっかくなので連れて行った。
おいしそうだね、かあたん・・・
案の定テーブルに足をかけようとしたり、はじめはワサワサとやかましかったけれど、何ももらえない。と察したら、畳に寝そべっている。

ちぇっ・・・


いつもこのくらい大人しくしてくれればいいんだけど、きっと長旅で眠いからなんだろうなあ。
お食事はお造、揚げ物、アジの南蛮漬け、地鶏の鍋などなど、どれもすごく美味しかった。

良く冷えたビールで乾杯し、パクパクと残さずたいらげた。
御馳走です!

チッチにも手作りのおやつ。ホウレン草の入ったマドレーヌをいただいた。
私が食べたいくらいふっくら美味しそう(写真撮り忘れた)
私達の食事中にあげちゃうとまたクレクレ星人になっちゃうので、ひと段落ついてから、小さくちぎってあげた。
お腹も一杯になり、熱いお風呂につかったら、もうそのままお風呂に沈んでしまいそうに眠気が襲ってきた。
チッチと主人。

ああ~、手足を伸ばして眠れるっていいな~
フカフカの布団に横になった瞬間。夢も見ずに深い眠りについた。
スポンサーサイト

| チッチとお出かけ | 23:49 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ペンション苦手ってすっごいわかるわ~
うちも予定を詰め込むから18時ってのは
かなり厳しいんですよね~
特にダンナはペンションを嫌がるんです~
美加登みたいなってところ笑っちゃいました
今回もいい旅館を見つけられたんですねっ。
食事も一緒に出来るっていいな~
クレートに入れてお留守番させるのは充分わかって
いるけど、できれば一緒にと思ってしまうので
泊まりたいと思うけど、遠すぎるよーぉ。
湯布院数年前に行ったけど、そのときはゆっくり
できなかったから また行ってみたい温泉地です。

| もちゃん | 2010/11/11 00:40 | URL |

私も~。
アラツー(???20前後のことなんて言うの?)のころから
ペンションは恥ずかしかった~。
そうそう、ほっといてくれ、って思っちゃうのです。

今回の宿はすごくいいですね~。
玄関口の板のつやつや感といい、3体並んだ福助といい、
お客様をお迎えする、っていう心意気が感じられます!
しかも! お座敷なのに、夕食がわんこ同席OKなんて!

そうだ、前回の記事のTOP画像、すごくいいですね!
なんか、私まで旅行に行った気分になっちゃいました。

| つき | 2010/11/11 11:39 | URL |

福助さんたちがお出迎えだなんて!
プリンどら焼き食べましたぁ?
朝起きて
周りを見渡すと湯気があちこちからたってるんですよね
すごく幻想的な景色でした

黒川温泉がいい!と聞いたことがあるのですが
行かれたのかしら?

真っ赤なアルファ!
もう型がすっかりわかんなくなっちゃったけど…
うちもとぉちゃんの憧れの車でして
2代前に145(真っ黒)にのっちょりました
(一番安かった!もちろん中古)

| じゅんこ | 2010/11/11 12:14 | URL | ≫ EDIT

ややっ?!
156号で3000キロだったのですね~。
車中泊とのことでしたので、ワゴン車かと。

ワタシの場合はウルルと出かけるときは、
嫁さんのホンダフィットです。
運転席の後ろにエアークッション入れて、
座布団2重かさねで、ウルルが乗ります。

乗車前は、しっぽぷりぷりで、乗る気マンマンで
乗ったら、2重かさね座布団の真ん中にサンドイッチに
なって寝てます。
降りるときは、またもや、しっぽぷりぷりですが、
なぜか開けたドアの反対ドアへ後ろずさりして逃げます(笑

ウチの嫁さん・・ウチも湯布院・・なんて(笑)
ウチの場合往復でプラス300キロ位かな?多分
長いなあ~・・。

| ルルパパ | 2010/11/11 20:27 | URL |

もちゃんさんへ

もちゃんさん、こんばんは~

> ペンション苦手ってすっごいわかるわ~
> うちも予定を詰め込むから18時ってのは
> かなり厳しいんですよね~

やっぱそうなんだ~
ペンションって「お食事は一斉に」ってところが多いでしょ?
いつもぎりぎりで、冷や汗かいちゃうのよね・・・

> 特にダンナはペンションを嫌がるんです~
> 美加登みたいなってところ笑っちゃいました

そうそう、
うちも、主人が嫌がるのよ。
美加登さん・って下りは、もちゃんさんに読んでほしくて書きました(笑)
もちろん、美加登さんも良かったんだけどね・・(^_^;)

> 今回もいい旅館を見つけられたんですねっ。
> 食事も一緒に出来るっていいな~
> クレートに入れてお留守番させるのは充分わかって
> いるけど、できれば一緒にと思ってしまうので

この旅館は大当たりでした。
場所も良かったから、翌日あらためて来なくても、色々観れちゃったんですよね。
チッチがお座敷で寝そべってるのは、珍しいんだよ。
普段は・・・、あ、知ってるか・・・(汗)

> 泊まりたいと思うけど、遠すぎるよーぉ。
> 湯布院数年前に行ったけど、そのときはゆっくり
> できなかったから また行ってみたい温泉地です。

湯布院、感動しましたよ。
もちゃんさんは行かれたことがあるんですね。
できれば、もんちょさんのグッズが置いてあるっていうお店も探したかったんだけど、時間が足りませんでした。
この宿はおすすめよ~、是非チャレンジGO!GO!

| うさぎ | 2010/11/11 22:40 | URL | ≫ EDIT

つきさんへ

つきさん、こんばんは!!
旅行記におつきあいありがと~

> 私も~。
> アラツー(???20前後のことなんて言うの?)のころから
> ペンションは恥ずかしかった~。
> そうそう、ほっといてくれ、って思っちゃうのです。

やっぱ?みんな結構そうなんだ~
もちろん、ペンションにはペンションの良さがあるんだけどね。
我家の場合、いつもぎりぎりになっちゃったりして迷惑かけちゃうし
イイトシしてラブリーすぎるのはコッパズカシイのよね。

> 今回の宿はすごくいいですね~。
> 玄関口の板のつやつや感といい、3体並んだ福助といい、
> お客様をお迎えする、っていう心意気が感じられます!
> しかも! お座敷なのに、夕食がわんこ同席OKなんて!

榎屋さんGOODでしたよ~
つきさん、すごく好きそう!
福助さん、かわいいでしょ?
しかも、これだけの設備でお値段も良心的なのです。

居酒屋がやってなかったのが残念でした。

> そうだ、前回の記事のTOP画像、すごくいいですね!
> なんか、私まで旅行に行った気分になっちゃいました。

ありがとう~

写真たくさんありすぎて編集がたいへんなんです。
この後、阿蘇に行くと益々枚数が増えるの・・・
引き続き見てやってね・・・

| うさぎ | 2010/11/11 22:45 | URL | ≫ EDIT

じゅんこさんへ

じゅんこさん、こんばんは~

> 福助さんたちがお出迎えだなんて!
> プリンどら焼き食べましたぁ?

福助さんが1体じゃなくて、3つ並んでいるところがすごく可愛かったのよ。
ほんと素敵な宿でした。
プリンどら焼き???
食べてない~~(涙)

> 朝起きて
> 周りを見渡すと湯気があちこちからたってるんですよね
> すごく幻想的な景色でした
>
> 黒川温泉がいい!と聞いたことがあるのですが
> 行かれたのかしら?

ふっふっふ
黒川温泉行きましたよ。
今日、アップ予定・・・

> 真っ赤なアルファ!
> もう型がすっかりわかんなくなっちゃったけど…
> うちもとぉちゃんの憧れの車でして
> 2代前に145(真っ黒)にのっちょりました
> (一番安かった!もちろん中古)

えーー
じゅんこさんちもアルファ乗ってたの?
ってか、うちの車が登場したのって、もしかして初めてだったかな??
うちの車ももう10年ですよ。
旅行前に、旅行代と同じくらいかけて、あちこちメンテしていきました・・・

| うさぎ | 2010/11/11 22:48 | URL | ≫ EDIT

ルルパパさんへ

ルルパパさん、こんばんは~

> ややっ?!
> 156号で3000キロだったのですね~。
> 車中泊とのことでしたので、ワゴン車かと。

ワゴン車だったらどんなに楽か・・・^^;
イチゴロウで、3000キロですよ・・・(汗)
しかも、後部座席にはチッチのでかいクレートが乗せてあるし・・・
トランクは荷物でギュウギュウ、ほんとすごい状態です。

> ワタシの場合はウルルと出かけるときは、
> 嫁さんのホンダフィットです。
> 運転席の後ろにエアークッション入れて、
> 座布団2重かさねで、ウルルが乗ります。

おお~
座布団二重かさね。
写真でみたいな~
うちはクレートに入れておかないとチッチが運転席に飛び出してきちゃうんですよ。
でも、今回は長距離だったので、途中からは助手席に一緒に乗せても平気でした。
その模様は、次の次くらいにアップ予定(笑)です。

> 乗車前は、しっぽぷりぷりで、乗る気マンマンで
> 乗ったら、2重かさね座布団の真ん中にサンドイッチに
> なって寝てます。
> 降りるときは、またもや、しっぽぷりぷりですが、
> なぜか開けたドアの反対ドアへ後ろずさりして逃げます(笑

うひゃ~
ウルルちゃん、かわええ~(^O^)/
チッチも、クレートを持ちだすと入れろ入れろって大騒ぎして、蓋をあけるとすぐ入っちゃうんですよ。
そのくせ、蓋を閉めると怒るの・・・(^_^;)

> ウチの嫁さん・・ウチも湯布院・・なんて(笑)
> ウチの場合往復でプラス300キロ位かな?多分
> 長いなあ~・・。

んーーーーーーーーーーーーーー
ルルパパさんちは、ちゃこPさんちの方ですよね・・・
たしかに、300キロありますにゃ~

でも、九州、おすすめですよ~
途中からフェリーって手もありますよ~

| うさぎ | 2010/11/11 22:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT