Chitchies

13歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Back to 1984

公園のチッチ

私のHN「うさぎ」の由来は、学生時代に遡ることは、以前にも書いた。(かな?)

落研時代の高座名が「十五夜うさぎ」。

あまり楽しい思い出のない中学、高校時代を過ごし。
コンプレックスやら、自尊心やらがごちゃまぜになり、自分が嫌いだった10代。
そんな私が、ようやく居場所を得たのが落研だったことも、以前に書いた

現代にいたり、私が、そこそこ真っ当に、明るく生きてこられたのは、大学時代4年間のお陰である。

春に、兄嫁と、甥っこの将来について話した時。

大学の4年間って、自分探しをするにはちょうど良い年齢で、成人してからも2年間、本当の大人になるための猶予期間ができる。というような話を私がしたら

「遊びに行くために大学に行かれちゃたまらない」とピシャリと言われた。

確かに、親としてはそう思うのが当たり前だ。
恥ずかしながら、私は大学で勉強はまずしなかった。
ただ、この4年間のお陰で、今の自分があると言っても過言ではないほど、貴重な4年間だったのは確かなのである。

少し前の話だが、梅雨明けの頃、久しぶりに当時ののメンバーで集まった。
私が1年の時の3年、当時の落研の会長をしていた先輩を、わざわざ、飲み会やるから、と東京に呼び出したのだ。
彼は郷里(浜松)で会社勤めをしている。

この人が出てくるよ。と連絡すれば、よっぽどの用事がなければ皆集まる。
この日も10人集まった。
浜松の先輩の同期、今はプロの噺家になった先輩も仕事先から駆け付けてくれた。
以前、学園祭の思い出をつづった時、トリを取った、件の人だ。

後輩の私たちにとって、何が嬉しいって、この二人が揃って座っていることだ。
それだけで、時間は一気に1980年代までタイムスリップする。

噺家の先輩のことも、今日は「師匠」ではなく「先輩」と呼ぶ。

いまさらながら驚くほど、当時の仲間は逸材、というか・・
キャラの濃いヤツばかり。(悪く言えば「変人」^^;)

私はひたすら話を聞く一方で、ゲラゲラと、腹筋が痛くなるほど笑い転げたのも何年ぶりだったろう。
明日からはまた、別々の土地で、仕事があり、家庭があり、
22年前の彼らとは全く違う世界がある。

私の出身大学は、地方からの学生が多く、仲間の多くも、卒業後は郷里へ帰って行った。
卒業してから一度も会えない人も、中にはいる。
死んじまった、バカ野郎もいる。
それでも、私は、一人として忘れることはないし、今でも気持ちが通じていると確信できる。
こんな仲間を得た私は幸せだ。

来年の大学受験に向けて頑張って勉強しているだろう甥。
国家試験に向けてゾンビになるほど頑張っている姪。
お前たちにもこの時代に、必ず、生涯の友ができるだろう。
手にするものは何もなくても、心の中にダイアモンドが光る日がきっと来る。





≪おしらせ≫

フガレスさんで、チャリティーカレンダーを販売。私も申し込みます!!

フガレスバナー


件のセンパイですが、今日から鈴本演芸場のトリを勤めております。
よろしければ是非お運びくださいませ~

10月21日~30日 鈴本演芸場 夜の部トリ

~【三遊亭萬窓 九選】秋の夜長にたっぷりと~

17:20開演 一般2,800円 シニア・学生2,400円(HPに割引チラシがあります)

萬窓演目 21日:明鳥 22日:柳田格之進 23日:佐々木政談
     25日:紺屋高尾 26日:文違い 27日:匙加減
     28日:火事息子 29日:文七元結 30日:寝床
     (24日は萬窓休演)

出 演  萬窓 円窓 一朝 文左衛門 馬石 百栄
     和楽社中 元九郎 遊平・かほり 夢葉
     鏡太/ぬう生(交互出演)

スポンサーサイト

| ひとりごと | 00:37 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

 こんにちは~(^^)。
 私も大学4年間は本当に価値ある時間でした。
 だから、ぜひA君にも行ってほしいと思うんですよね。
 ↑いや、まずは幼稚園にしっかり通うところからか(笑)

 さてさて。
 こちらでご紹介いただいた「~【萬窓九選】秋の夜長にたっぷりと~」。
 そちらに住む友人で、落語好きさんがいます。
 先日すみれ日記に落語関連のコメントもらったので、お返事にこちらの記事のURLも貼り付けて良いですか(^^)?

| コロ助 | 2010/10/22 09:40 | URL | ≫ EDIT

落語 見に行かれたのかな??

大学生活って色々ですね。
私は小さい頃からの夢だった職業の資格を取る為に
短大に行き 次から次へと出てくる課題や実習に
発表会 試験に追われる日々でした。
その中でも友達との時間はかけがえのないもので
あったのは確かですね。
友達がいたから乗り越えられたってことも多いし。
貴重な時間だったといううさぎさんの言葉に
うんうんとうなずいてしまいました。

何年たっても変わらず会えるってそれも貴重だと
思います。
なかなか会えないことのほうが多いですもんね。

| もちゃん | 2010/10/23 21:27 | URL |

コロ助さんへ

コロ助さん、こんばんは~

>  私も大学4年間は本当に価値ある時間でした。
>  だから、ぜひA君にも行ってほしいと思うんですよね。
>  ↑いや、まずは幼稚園にしっかり通うところからか(笑)

お、コロ助さんも良い学生時代でしたか。
私はね~、ほんと、このワイルドな性格が災いしていたので・・^m^
ところが、落研の連中の中では「個性が無い方」・・(^_^;)
今でも昨日のことのように懐かしいです。
A君が大学生になるのは・・・あと10数年先かあ~
若いな~
そうそう、がんばって幼稚園に行かなきゃね!!

>  さてさて。
>  こちらでご紹介いただいた「~【萬窓九選】秋の夜長にたっぷりと~」。
>  そちらに住む友人で、落語好きさんがいます。
>  先日すみれ日記に落語関連のコメントもらったので、お返事にこちらの記事のURLも貼り付けて良いですか(^^)?

ふおおおお・・・ありがと~
お友達に!是非是非よろしくお願いします。
私が言うのもなんですが、ホント、いい噺家なんですよ~
太鼓判押しちゃいます。
私も来週行くつもりでいます。

| うさぎ | 2010/10/23 21:45 | URL | ≫ EDIT

もちゃんさんへ

もちゃんさん、こんばんは~

> 落語 見に行かれたのかな??

あ、まだ行ってないです、今日は主人の実家で力仕事のお手伝い・・
明日腰にきそうです・・(-"-)
来週後半に行くつもりでいます、一番みたいのは「文七元結」って人情話なんですが、月末週末なので、どうかな~ってとこ。
この先輩、色白で、ちょっと歌舞伎役者みたいな風情なので、女房役がすごく似合うのです。。^m^

> 大学生活って色々ですね。
> 私は小さい頃からの夢だった職業の資格を取る為に
> 短大に行き 次から次へと出てくる課題や実習に
> 発表会 試験に追われる日々でした。
> その中でも友達との時間はかけがえのないもので
> あったのは確かですね。
> 友達がいたから乗り越えられたってことも多いし。
> 貴重な時間だったといううさぎさんの言葉に
> うんうんとうなずいてしまいました。

ふお~
もちゃんさんは幼稚園の先生とか、保母さんとか、そういうイメージが強いのですが・・・
私は教職はとったけど、教師にはまったく不向きでした・・(-"-)
勉強も全然しなかったし、ほんと何しに行ったんやら。とも思います。
いまさら、もっと大事に過ごせばよかったと思うことも多々あるなあ。

> 何年たっても変わらず会えるってそれも貴重だと
> 思います。
> なかなか会えないことのほうが多いですもんね。

大学時代の仲間と会うと、私なんて目立たないんですよ~(^_^;)
そりゃもうね、変な人ばかりで・・・
件の噺家になった先輩も、素顔はほんと笑っちゃうんだけど、これって書いていいか悩む。(←?)
今度会ったときに話してあげるね・・(要らん?)

| うさぎ | 2010/10/23 21:57 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT