Chitchies

13歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ぶらり箱根

どうせボクはお留守番です・・・

お盆休みのメインイベントと思っていた(←私だけ?)「綱吉の湯」が前倒しになったからには。
「きっとどこか素敵なところへ連れて行ってくれるハズ!」という期待が膨らむのもやむを得ない。

主人も長い休暇にじっとしているタイプではないので(ようするに似たもの夫婦ともいう^^;)話の合間に
「どうするんだ、どっか行きたいのか?」と聞いてくる。

そりゃ、どこか行きたいけど・・・

こう暑くっちゃね~~(ため息)

大好きな那須とか、軽井沢とか避暑地の天気をチェックしてはみたのだが・・・
チッチを連れ出す勇気がでない。

確かに、我々の生息するシバケンよりは、涼しいんだろうけど
行くまでの道程を考えると、ちょっと無謀に思えてしまうのだ。

今年は8月15日が日曜日なので、お盆帰省も2週目と3週目に分散してしまったようで、私の貴重な夏休みである16日~18日も、渋滞の危険が無きにしもあらず。

じゃ、1日くらいチッチはお留守番させて・・・とも思うんだけど
チッチを置いて・・となると、さらにテンションが下がってしまう。
朝ごはんを食べたら二度寝だよ

結局ノープランなまま月曜の朝になった。

年のせいか、朝寝もそうそうできないアラフォーな我々・・・チッチに朝ごはんクレクレコールで起こされて、ぬーぼーと朝食をとる。

雨戸をガタガタあけると、カーっと夏の日差しが差し込んでくる。
今日も暑い一日になりそうだ。

でかけるなら5時起きが原則な我が家、もうこの時点でお出かけはないな。と
私もテレビを観るともなく、ぼーっとしているのだが

じりじりしているのは主人である(^m^。

常に「私に頼まれて」「仕方なく」どこかに「連れて行ってやる」という姿勢を崩せない主人は、私が何かしら面白そうなプランを見つけるのではないかと、内心期待しているようだ・・・

「ほんと、行きたいとこないのかよ!?」
「う~ん・・・」

去年は何していたっけ、とブログで去年の夏休みを観ていて、ふと
「じゃあさ、行ったことないから阿見のアウトレットは?」

言うだけ言ってみた。

「ま~たアウトレットかよ!」
「だって、どこかないかって言うからさ・・」
「アウトレットなんて、その辺のちっちゃいとこ行ったってつまんないよ、どうせなら御殿場行こうぜ」
「へ?今から?」
「御殿場なんて道すいてりゃ2時間じゃねえか」

というわけで・・・(長すぎる)
なんだか珍しい展開で、10時に家を出発。
途中、少しだけ渋滞があったけど、12時過ぎには御殿場ICを降りていた。

せっかく来たのに、アウトレットだけじゃもったいないので、箱根で立ち寄り湯でも入って来よう・・と仙石原から芦ノ湖方面へ
箱根は良く通るけれど、チッチ連れだと寄れる場所は決まっている。
芦ノ湖~♪

「あ!じゃあさ、芦ノ湖にある箱根ホテルのランチ食べたい!」

去年の2月、社員旅行の幹事だった私。2日目のランチは箱根組と御殿場アウトレット組に分かれて行動したので、箱根ホテルのランチは食べそびれたのだ(もちろん、アウトレット組だったのよね)。

芦ノ湖畔をぐるりと周っていくと、見覚えのある建物が見えてきた。
「あ、ここ!」
駐車場で聞くと、このホテルのランチビュッフェ、本来は予約がないと入れないそうだが、キャンセルが出ることもあるので、詳しくは中で聞いてください。とのこと・・・
車を降りると日差しがジリジリ・・・
「アッつ~」
レストランで確認したら、少し待っていれば席を用意してくれるという。
盛り付けがお粗末ですが・・・

朝ごはんそこそこで出てきたので、お腹ぺこぺこ
お皿にいっぱい、色々持ってきて食べた。
どの料理も美味しかったけど、何より美味しかったのがここの水!!
普段は食事をしながらほとんど水を飲まない私が、3杯も4杯も飲んでしまった。

プリンは3個食べました^^;

デザートもたくさん食べて、大満足でレストランを後にする。

宮の下まで行ってみたが、ちょうど良さそうな立ち寄り湯がみつからなかったので、折り返し、途中にあった温泉に入った。
これがまた、富士山を一望にできる露天風呂(けむってて見えなかったけど)
がっつり熱めのお湯で、すごく気持ちよかった。

チッチ連れでないと温泉もゆっくり入れる。
チッチが車や受付の横のカートで待っていると思うと、どうも落ち着かず、カラスの行水になっちゃうからね。

そしてお約束、御殿場のアウトレットへ到着~
さあ、ゆっくり買い物するぞ~!!!

と・・思うのだが・・・

日が暮れてくると、家で待っているチッチの顔がチラチラ浮かんじゃう。

夕方になってやっと富士山が見えました・・(夏場はあまり見えないんだよね)

「あんまり早く出ると道が混んでるよ」と主人。

そりゃそうか、とあちこち店をのぞいて歩いたけれど
こういう日に限って、特に収穫なし。

ゴデバのショコラータを飲んで休憩~
これも、チッチがいる時はなかなかできないことだもんね(欲しがるから)

ゴジバのチョコラータ、んまい!

歩き疲れたので、そろそろ帰ろうか・・・

帰りの東名、少し渋滞もあったけど、9時過ぎに家に着いた。

私は夕食の買い出しにスーパーに行き、その間に主人にチッチの散歩をしてもらった。
手早く買い物を済ませて家に戻ると、ちょうど主人とチッチが家の横の道を歩いている。

この日は夜もむんむんと暑かった。
ガハガハするけれど、嬉しそうに歩いているチッチ。
主人を見上げながらテケテケと歩いている。

はあ~
かわいいなあ・・

チッチがいないとお店も全部入れるし、気兼ねなく買い物もできるけど
やっぱり、お出かけはチッチと一緒がいいな

たまには、今日みたいなお出かけもいいけどね。


≪オマケ≫

富士山といえば。

大学時代、富士五湖の中でも一番マイナーな「精進湖」にある、某企業の保養所で、夏の間、住み込みのバイトをしていた。
お土産屋さんもホテルも数軒しかない、ほんと「なんもね~」ところだったけど、景色は抜群。
毎日が森林浴。

40日以上過ごしていて、それでも、夏の間、富士山がキレイに見えることはそうそうなかった。
逆に冬に行くと、毎日絵葉書のような富士山を眺められたものだ。

昼間は夏の日差しでも、夜は冬用の布団が必要なくらい冷え込み、良く眠れた。
朝6時半に起き、お客さんの朝食を出し、部屋の掃除、お昼を食べて夕方の仕込み。

その後は夕方まで自由時間。
バイト仲間とボートに乗ったり、テニスを教えてもらったりして遊んだ。

思えば、私がまあまあ普通に包丁を扱えるようになったり、料理の基礎的なところを身につけたのは、このアルバイトのおかげ。

それまでは、何もできなかったので、帰ってから母が驚いたものだ。

そんなアルバイトをしていたことを、富士山を見ていたらふと思い出した。
保養所の管理人をしていたご夫婦はとうに引退し
いつだったか、近くまで行った時に、主人に連れて行ってもらったら、保養所は閉鎖されていた。

思えば、景気の良かったころだったから、ひとつの企業で年間通じて保養所が維持できていたんだろうなあ。

富士山を見ると懐かしい気持ちになるのはそれだったのか。

あれからずいぶんと時間が経ったものだ。


スポンサーサイト

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:22 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ご主人とラブラブデートv-344してきたんですね~
そういえばうちも2人きりで出かけることって
しなくなっちゃったな~。
コジロウだけのときは 実家に預けて旅行行ったりしたんだけど
さすがに無理ね・・・
チッチくんには申し訳ないけど こうやって出かけて
ホテルでランチして ウィンドウショッピングして
日々のお疲れにプチご褒美みたいな感じでいいですねっ。

住み込みバイトってすごーい。
貴重な体験してるんですね♪

| もちゃん | 2010/08/25 21:48 | URL |

もちゃんさんへ

もちゃんさん、こんばんは~

> ご主人とラブラブデートv-344してきたんですね~
> そういえばうちも2人きりで出かけることって
> しなくなっちゃったな~。
> コジロウだけのときは 実家に預けて旅行行ったりしたんだけど
> さすがに無理ね・・・

いやいや、ラブラブでもないけどさ・・・^^;
ほんと久しぶりにチッチ抜きで遠出(?)してきましたよ。
あれれ、もちゃんさんちも横浜に行ってたじゃーん!
コンサートでーと!!
あれ、かなりうらやましかったよ・・(笑)

でもさ、もちゃんさんちはいざとなったらご実家があるじゃん。
うちは、両方の実家が、ことチッチに関してはまるでアテにならんので
何かあって預けるとしたら、動物病院になっちゃうかも~
そう思うと、置いていけません・・

> チッチくんには申し訳ないけど こうやって出かけて
> ホテルでランチして ウィンドウショッピングして
> 日々のお疲れにプチご褒美みたいな感じでいいですねっ。

ほら、我家の旅行って、いつもお昼はチープでしょ(笑)
綱吉の時もコンビニだったし(←まだ言ってる)
その3回分くらいに相当する豪華ランチ食べちゃいました。
これで当分、コンビニでも我慢できるかも・・ほほほ!
張り切ってたワリに、買い物は力入らなかったのよね~
ご飯食べて温泉入ったら疲れちゃった・・(もしかして主人の作戦か?)

> 住み込みバイトってすごーい。
> 貴重な体験してるんですね♪

このバイトは、今にして思えば貴重なバイトでしたね~
うちの親もよく許したもんだ・・・
ってか、母親の同級生の紹介だったからな。
家事全般、まるで何もできなかったので、このバイトはいい勉強になったですよ。

| うさぎ | 2010/08/25 23:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT