Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

四谷怪談忠臣蔵

桜さくら
今日の話は写真がないので、花見のボツ写真をはさみつつ

先週の日曜日。久しぶりに歌舞伎を見てきた。

建て直しのために、歌舞伎座が今月までと聞いて、去年から行きたいなあ・・と、ネットをチェックしたり色々調べていたが。
絶対にこの日に!コレがみたい!という決定打がなく調べているので、現在にいたっていまだ実現していない。(まあ、多分もう時間切れ)

今回行ったのは、歌舞伎座ではなく新橋演舞場である。

先週のはじめごろ、朝着替えながらテレビを見ていたら、ちょうど演舞場の今月の演目についての紹介をしていた。
見ているうちに、どうしても行きたくなってしまった。

こういう時、インターネットって本当に便利で、その日のうちにヤフオクで安くなっているチケットを見つけ、夜、30分粘って落札。
2枚で一枚分くらいのチケットをゲットできた。

チッチ君眠そうです

歌舞伎、演劇の類は、チケット代もばかにならないが、一人で行くのはちょっとさびしい。
運良く格安で手に入ったので、実家に居候中の姪を誘ってみた。
歌舞伎を見たことがないけど、興味がある。というので、一緒に行くことに。

演目は「四谷怪談忠臣蔵」演出は市川猿之助。

私が、初めて歌舞伎を観たのも、ちょうど姪と同じ年頃だった。
このブログにもたびたび登場(?)している、大好きだった祖母が連れて行ってくれたのだが、初めて見たのが、猿之助の「通し狂言義経千本桜」だった。

ご存知の方も多いと思うが、市川猿之助の歌舞伎は「スーパー歌舞伎」ともいわれ、歌舞伎独特の技術を駆使したド派手な演出で有名だ。
私が連れて行ってもらった義経千本桜も、早変りあり、宙乗りあり、舞台展開も早く、平たく言えばシロウトも退屈しない演目で、それがきっかけで歌舞伎好きになったのだと思う。
今にして思えば、祖母は演目を選んで私を誘ったのだな。

うあああああああああ

私は、こう見えて(どう見えて?)怪談好き。
と言っても、ホラーやオカルト(洋モノ)は大嫌い。
歌舞伎や、落語の怪談に限ってなのだが・・・

歌舞伎での表現は、かなーり怖いシーンでも、どこかコミカルである。
柳の下に、幽霊がどろどろろ~ってヤツだ。

演目を告げた時、電話口で姪が「怖くない?」って訝しがったが
「いや、多分笑えるよ」と答えた。

むふーん!

そして、日曜日。
姪と新橋で落ち合い、演舞場へ

入口でイヤホンガイドを2つ借り、お弁当を購入して席に。
2階席、一応一等席だったけど、花道は半分隠れて見えないや・・
まあ、格安チケットなので、そこは勘弁。

お喋りする間もなく、場内の照明が落ち、序幕が始まった。
さすが猿之助歌舞伎、始まって数分で早変わりあり、スモーク焚きまくり・・
あっという間に舞台の迫力に引き込まれた。

幕間休憩まで2時間近く通しで、はて、姪が話についていけるかな?と心配だったが、時折手をたたいたりして、それなりに楽しんでいる模様。
幕間に、お弁当を広げながら感想を聞くと、言葉が難しいから、ストーリーを追うのが大変だと言っている。

今の子はテレビでも「忠臣蔵」や「四谷怪談」なんて見たことがないから、これだけ有名な話でも、なんだか良くわからないそうだ・・・
わかる範囲で解説をしてやると、「あ、そういうことか」とか「なるほど」と感心している。

「歌舞伎の中の言葉や、芝居用語も、今につながっているのが多いんだよ、あなたは将来言葉を使う職業なんだから、そういう目でみてもいいんじゃないの?」

姪は今専門学校で「言語聴覚士」なる資格を取るために勉強中なのだ。

人が多いので抱っこで移動中

お芝居は最初から最後まで展開も早く、さすが猿之助。というテンポの良い舞台。
長いようで、私にとってはあっという間の4時間半だった。

外に出ると、3時半過ぎ。
ぶらぶらと銀座まで出て、ちょっとオシャレなカフェに入り、姪とキレイなお皿に盛りつけられたスイーツをつつきながら、観てきたお芝居の感想を話し合う。

姪も初めての経験で、それなりに楽しんでくれたようだ。

私がこれまで観た歌舞伎やお芝居のほとんどは、祖母がスポンサーで、当時はそれが普通のことと思っていた。
でも、自分が招待する立場にとって代わってみると
「おばあちゃんって、すごい人だったんだな」と、あらためて感心してしまった。

今回、一度歌舞伎を観たからって、姪にどんな影響があるわけでもないと思うが。
百聞は一見に如かず
なんらかのプラスになっているといいなあ。と思う。

せっかく久しぶりに会ったので、夕食もご馳走したかったが、夜は雨だと言うし、チッチも待っているので
「また何か観に行こうね!」と約束して有楽町で姪とバイバイした。

スポンサーサイト

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:11 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

私も歌舞伎の初体験の演目は『義経千本桜』でした。
猿之助じゃなくて中村吉右衛門でしたが。^ ^
お友達が見やすい歌舞伎だからって誘ってくれたの。
で、母が歌舞伎を見たくて上京して来た時も
『義経千本桜』を選びました。
入り口としては、とても楽しい演目ですね!

猿之助のスーパー歌舞伎も3度観たことがありますよ~。
やっぱり新橋演舞場で。
ダンス有り、宙づり有りで、ミュージカルのようでしたが
とても楽しかったです。

姪御さんにとてもいい影響になったと思いますよ。
私は息子が高校生の時にライオンキングをみせたときに
息子の感動していた様子を覚えています。
歳が若く感性のするどいうちにこそ観てほしいもの。
若い子にも観やすい料金のチケットがあればいいんですけどねえ。
ヤフオクでゲットしちゃったのは、賢いですねえ。
私は最近お芝居などに、すっかり遠ざかってしまって
(東宝ミュージカルもけっこう観ました)
あの感動をもう一度なんて思ったりしているので
ヤフオクチケットゲットに挑戦してみようかな。

それにしても歌舞伎座建て替えは残念ですね。

| Hurana | 2010/04/16 09:18 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです!

姪っ子ちゃんと歌舞伎を観劇!
いいですねぇ・・・。

私もいつも叔母がスポンサーでしたが、
やはり自分がお金を出す年齢になると、
叔母の懐の深さを思います。

自分がしてもらったことは甥や姪にして返せばいい、
ということですよね!

| ココ | 2010/04/16 20:01 | URL |

お花見のボツ写真…どれも素敵だしチッチくんも可愛いんですけどi-179

歌舞伎かあ…いまだ観たことないんですよね。。
姪御さんはきっと、若いうちに観たことでより印象に残ったでしょうね☆
私は、ちょっとワケあって「文楽」をいつか…と思っています。
どこでどうやって見られるのか、何も知らないんですけど(笑)

うさぎさん、甥っ子ちゃん、姪っ子ちゃんと仲良しのお友達のように接していて、素敵だなあっていつも思います。
私自身のことを考えると、おじやおばたち、みんな優しくて良い人たちだったにも関わらず、
どうも自分の側がうまく甘えたり、会話したりってことができなくて、
普通に「よそのおじさん、おばさん」という感じでしか接することができなかったんです。
だからなんだか羨ましいな…

歌舞伎だけじゃなく、「おばさんと銀座に遊びに行った」という経験そのものが、姪御さんには素敵な思い出になるのではないでしょうか?^^

| ゆき | 2010/04/16 22:45 | URL | ≫ EDIT

Huranaさんへ

Huranaさん、こんばんは!

> 私も歌舞伎の初体験の演目は『義経千本桜』でした。
> 猿之助じゃなくて中村吉右衛門でしたが。^ ^

おお~
Huranaさんも!
やっぱ義経千本桜って、歌舞伎入門にはちょうど良いのかな
吉右衛門も演じてたんですね~吉右衛門も大好きです!

> 猿之助のスーパー歌舞伎も3度観たことがありますよ~。

私はスーパー歌舞伎は観ていないんです
3度もなんてうらやまし~
猿之助のだと伊達の十役とか・・

> 姪御さんにとてもいい影響になったと思いますよ。
> 私は息子が高校生の時にライオンキングをみせたときに
> 息子の感動していた様子を覚えています。
> 歳が若く感性のするどいうちにこそ観てほしいもの。
> 若い子にも観やすい料金のチケットがあればいいんですけどねえ。

そう言っていただけるとうれしいです。
ライオンキングも泣けそうですね~
劇団四季はまだ観たことがないんだよな~
なかなかチャンスがないと、自分からチケット買っては行かないんですよね・・

> ヤフオクでゲットしちゃったのは、賢いですねえ。
> 私は最近お芝居などに、すっかり遠ざかってしまって
> (東宝ミュージカルもけっこう観ました)
> あの感動をもう一度なんて思ったりしているので
> ヤフオクチケットゲットに挑戦してみようかな。

ずっと歌舞伎座のチケットを探していたんですが、3階席でも三倍も四倍もしちゃってて、もういいや・・って思っちゃっていました。
演舞場はほんと久しぶりでした。小じんまりしていて演舞場もいいですよね。
ちょっと、火がついて、また何か見に行きたい~とジリジリしちゃっています。

> それにしても歌舞伎座建て替えは残念ですね。

ほんとです。老朽化が原因だそうなので、仕方ないとは思いますが。
何度も書いちゃっていますが、祖母との思い出が歌舞伎座にはつまっていて。
最後にもう一度行っておきたかったんですが、ちょっと難しそう。
でも、逆にそういう思い出をこのまま封じ込んでも良いかな。とも思っているのです。

| うさぎ | 2010/04/17 00:02 | URL | ≫ EDIT

ココさんへ

ココさん、こんばんは!

> 姪っ子ちゃんと歌舞伎を観劇!
> いいですねぇ・・・。

ほんと、たまたまが重なって一緒に行かれたんですが、姪も結構楽しかったみたいで良かったです。

> 私もいつも叔母がスポンサーでしたが、
> やはり自分がお金を出す年齢になると、
> 叔母の懐の深さを思います。

まあ、お芝居のチケットは一人分でも勇気が要るので、そうそうは行けないですけど。
親になった経験がないので、姪にも甥にも、たまに会うからやってあげられる。
イイトコ見せられちゃうんですよね。
これが親なら、毎日丸抱えなんだよな~って考えると、やっぱすごい!って思っちゃいます。

> 自分がしてもらったことは甥や姪にして返せばいい、
> ということですよね!

祖母に色々連れて行ってもらった経験が、今となってみてはすごく大事だったんだなあ、って思います。
歌舞伎も演劇も、面白かった~!って記憶に残っているのはみんな祖母にチケットを取ってもらってるんですよ私。
別にすごーくリッチだったわけじゃなく、着る物とかにはまったくお金をかけず。
でも、美術全集とかにはポンっとお金を出しちゃう、そんな祖母でした。

姪や甥に、それほどのことはしてあげられないけど、またチャンスがあれば一緒に行きたいなあ、って思います。

でも、姪も結構忙しくて、なかなか遊んでもらえないんですよ(笑)

| うさぎ | 2010/04/17 00:08 | URL | ≫ EDIT

ユキさんへ

ユキさん、こんばんは!1

> お花見のボツ写真…どれも素敵だしチッチくんも可愛いんですけどi-179

わーい、ありがとうございます。
今年は涼しい日に花見をしたので、写真たくさん撮れたんですよ。
ボツ写真といいつつ、かなり厳選・・(笑)

> 歌舞伎かあ…いまだ観たことないんですよね。。
> 姪御さんはきっと、若いうちに観たことでより印象に残ったでしょうね☆

歌舞伎は、祖母の影響です。
自分でチケット買ってはそうそう行かれないですよ・・・
今回は歌舞伎のスタイルを取ってるけれど、かな~り素人ウケする内容だと思ったので、思い切って姪を誘ってみました。
ちょっとでも心に残ってくれるとうれしいんですけどね。

> 私は、ちょっとワケあって「文楽」をいつか…と思っています。
> どこでどうやって見られるのか、何も知らないんですけど(笑)

文楽、私も見たことないです~
国立劇場に文楽座?だっけ?あったんじゃなかったかな??
私も行ってみたいと思いつつ、現在に至ってるな・・・
文楽の人形とか、すごく良くできてますよね。
NHKとかでそういうの見ると、ぐっとくるんですよ・・・

能は行ったことがあるんですが、即効寝てしまいました・・・
まだあの境地には到達できなかったようです・・
でも、それもうん十年前だ・・・

> うさぎさん、甥っ子ちゃん、姪っ子ちゃんと仲良しのお友達のように接していて、素敵だなあっていつも思います。
> 私自身のことを考えると、おじやおばたち、みんな優しくて良い人たちだったにも関わらず、
> どうも自分の側がうまく甘えたり、会話したりってことができなくて、
> 普通に「よそのおじさん、おばさん」という感じでしか接することができなかったんです。
> だからなんだか羨ましいな…

うちは、ほんと親戚が少なくて、イトコは3人だし。
歳もおなじだったので、姉妹みたいに付き合っていました。
だから、イトコが16人もいるよ、とか、そういう話を聞くとビックリしたものですよ。
母が一番下で、兄姉にべったりだったので、そういう影響もあるんでしょうね。

> 歌舞伎だけじゃなく、「おばさんと銀座に遊びに行った」という経験そのものが、姪御さんには素敵な思い出になるのではないでしょうか?^^

そうだといいんですけどね~
夜雨になるって思ってて、本当はショッピングとか、食事とか・・って頭をかすめたんですが、チッチが気になってぶっちぎって帰っちゃう叔母ですが・・(汗)

ちなみに、姪はすごく私に似ていて、見ていると痛々しいです(?)

今年専門学校も3年目で、実習やら国家試験やらって忙しくなるらしいんですよ。
こんなことなら、もうちょっと早めに誘えば良かったな。ってちょっと後悔しているんです。

| うさぎ | 2010/04/17 00:23 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT