FC2ブログ

Chitchies

15歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

週末2題

本家玄関前20180204

何年ぶりだかの大寒波到来で、あちこち大雪

特に福井市内は、30数年ぶりの大雪だとか・・・

実は私、父は福井出身、今勤めている会社の親会社も福井にあったり、昔の上司も,今の上司も福井出身・・そして、高校時代の親友が住んでいたりと、福井にはなにかとご縁がある。(今並べてて、自分でも驚いた^^;)

昨日も友達から悲鳴まじりのLINEが・・・
くれぐれも事故や怪我のないように、とお見舞いを言うしかできないが・・・

我が家のあるシバケンも2回積もった。
関東地方が雪というと、ドカ雪になりがちな我がK市だが、今年は幸い、比較的早く融けてくれて、チッチの散歩も休んだのは1日だけで済んでいる。

さすがにこう寒いとお出かけも・・・って思いがちだが
そこは冬大好きな我が家
天気が良いとじっとしていられない・・
保田漁港から富士山20180127

先々週(1/27)は、前々から主人が両親を「どこかへ連れていく」と言っていたのを決行。

ちょうど前日の26日が、主人母の誕生日だったこともあって、お誕生日祝いも兼ねてプチドライブ。

主人の目論見では、木更津側から海ほたるへ行き、海ほたるで食事をと思っていたらしいが、
同じ県内とはいえ、木更津って結構遠い。

寒いなか、早起きをして、2時間近くかけてわざわざ行ったのに、素通りはなかろう!と私が猛ブーイング(^▽^;)。
急きょ調べ直して、保田漁港にある「ばんや食堂」さんでご飯を食べていくことにした。
バンや食堂とりなおし201801272


保田漁港に着いたのは10時台だったけれど、お店はもうかなりのお客さんで賑わっている。
普段はもっと混むらしいので、この日はすんなり入れたのはラッキーだったらしい・・・

食堂の前には保田の海、そして向こうに見えるのは富士山~!

ピリッと寒いけど、気持ちが良かった
食事は漁港に上がったばかりの地物の魚が中心。
ボリュームもなかなかで、美味しかった。

そして
さあ、海ほたるへ・・と高速の入口に戻る道すがら
「道の駅保田小学校」とある。
保田小学校道の駅20180127

大型の観光バスが曲がっていくのをみて
「もしかして有名なのかな?」
ミーハー心で寄り道してみた。

もともと小学校だったところをリフォームして道の駅にしているらしい。
駐車場にしてあるところは校庭。
体育館がお土産屋さん。
食べたばかりだから入らなかったけど、教室が食堂やカフェになっている。
金次郎カフェ20180127

廃校になってしまった学校というと寂しい感じがするけれど
こんな風に生まれ変わっているのってグッドアイデアだよね。

思いがけず楽しいスポットを2カ所寄って『どや顔』な私をのせ、車は海ほたるへ~

前にチッチと来た時は川崎の方から乗ったが、木更津から入っていくと海の上の一本道をかなりの距離走る。
天気が良いのですごく気持ちよかった。
海ほたるで記念写真2018127

海ほたるではお土産屋さんを見たり、コーヒー飲んだり

そして、本日の最終目的地は「ビッグバード」
そう、羽田空港である。

もともと、大田区出身の私だが、キレイになってからの羽田って、実は来たことがない・・・(^^;)
何しろ、チッチが来てから、飛行機の旅行はしていないし

私が子供の頃から慣れ親しんでいた羽田空港は、今や貨物用ターミナルになっていた・・・(^^;)

羽田空港でゆず君と2018127

(ちゃっかりユズ君と記念写真(^^♪)オリンピック頑張れ~)

怖がりな主人母は、飛行機は絶対乗りたくないタイプ。
そのくせ、飛んでいるのを見るのは好きなんだって・・・
前に成田空港に行った時も喜んでくれたけど、展望デッキで、大きな飛行機が次々飛び立っていくのを楽しそうに見ていた。

期せずして東京湾一周ツアーになった。
天気が良かったので、帰りの首都高からは東京タワーやスカイツリー、遠くには富士山。
楽しい一日だった。

そしてそして

先週末(2/3)は、2年ぶりにタロ家が遊びに来てくれた。
一昨年、タロが急にお空に帰っちゃってから、はじめてである。
タロ家と記念写真20180203

年賀状で、チッチがあまりにジイちゃんになったのを見てビックリしたそうな^^;。

直前にまた雪が降ったので、来られるかどうか気をもんだけど
久しぶりに元気なお顔を見られた。

例によって、私のヘタな料理でおもてなし。
主人はビールをガブガブ(^^;)
タロママとタロ姉も、ワインを飲みながらワイワイと近況報告。

チッチの顔が真っ白になった、と驚いてたけど、思いのほか元気だね、とホッとしてくれた。
何しろチッチ、みんなが何か食べている間中、欲しがってビイビイギャンギャン(^^;)
こんな吠えるチッチは初めて見たと驚かれちゃった・・・
うるさくて主人に捕獲されているチッチ20180203

タロの思い出話には、ついつい涙がでちゃったけれど。
こんな気持ちを共有できるのは、チッチの幼馴染だからこそ。

流す涙の数だけ、少しずつ悲しみは思い出に変わっていく。

チッチにまた会いに来てね、と約束した。
スポンサーサイト

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT