Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

走れ1860km チッチin北海道 ⑦東北我が家

玄武風柳亭2


船が無事青森に着いたら、気分的にややダレた^^;(ブログも間が空いた^^;)

なんだかもう、家に帰った気分。

旅行の計画を立てるとき、「帰りに本州で1泊しないとキツイ・・・」とさんざん主張していた主人が
「なんだかこのまま帰っちゃいたいな」などと言っている・・・(←オイオイ)

ホームグラウンドに帰ってきた安心感か、どっと疲れがでる。
あとはチッチを無事に家につれて帰ることが最大ミッション。

相変わらず殺風景なフェリー港を後に、車はまっすぐ高速へ

本州で一泊、さあどこへ?
真っ先に思いついたのは十和田湖だが
10月の最終土曜日だ、奥入瀬、十和田周辺は紅葉まつりで混んでいる。
前に泊まった蔵王の太平ホテルも良かったけど、山形は前回かなり距離があってきつかった。。
青森~岩手間で犬連れOKの宿探し・・

さんざん探して(←私が)今回予約したのは雫石。
岩手山の裾野にあるようだ。
ぐるりと周っていかざるをえないので、距離はそこそこある。

今回の旅、目的の大半はクリアしてしまったので
最終日は、とにかく宿に早く入って疲れを取りたい。

と思う私と

ちょっとでも何か追加したい主人・・・^^;
宿に行く前にもうちょっと何かないかしら??(←欲張り)

本当なら大好きな酸ヶ湯、蔦温泉など、八甲田辺りに寄りたいところだが、奥入瀬は交通規制があるそうだし、混雑が恐ろしくて近寄れない・・・

「八幡平あたりで温泉はいっていくとか?」

そこは東北、温泉天国だが。
いかんせん一般道の距離感がつかめない。

「行くとしても一カ所くらいにして」

高速を上っていく道すがら、私が検索する。
いままで行ったことがないところを探そうとするが

主人は「八幡平を通るなら」と
以前行ったことがある温泉をいくつもあげる。
藤七、玉川、後生掛・・・

いやいや、そんな遠くまで周れないよ・・・

「国見温泉は?」
「聞いたことはあるけど」
「松川温泉は?」
「聞いたことはあるけど・・・」

とにかく、主人は一度行ったことがあるところへリフレインしたがる・・・
↑意外と保守的(~_~;)

なんとかなだめて^^;、「松川温泉」へ行ってみることに
そうはいっても、秘湯を守る会のHPに出ているような温泉だ、それなりに山道に入っていく。
松川温泉松風荘20171028

山の中は紅葉が見頃だ。

建屋からみて、一番歴史がありそうな「松楓荘」さんへ
途中からガタガタ道・・・

主人が入っている間、私とチッチは車で昼寝することに。

私も温泉は好きだが、湯アタリしちゃうから日にそう何カ所も入れない。
「じゃ、オレ入ってくるよ!」
松川温泉松風荘20171028 2

しばらくすると、主人が嬉しげに戻ってきた。
その顔をみただけで、良い温泉だったことがわかる

「すげー雰囲気良かったから、お前も呼ぼうと思ったら携帯圏外だった・・・」
(この山奥だ、そらそうだろうとも)
「良かったね、じゃあそろそろ宿へ向かいましょうか?」

「ここまできたら藤七温泉がすぐだろう?」
「遅くなっちゃうよ」
「まだ大丈夫だろう?宿だってこの辺じゃないか・・・」
「でも、行って帰ってくる時間も考えてよ」

どうしてももう一カ所寄っていきたいとゴネる・・・(^^;)
「もう!!あと1か所だけにしてよっ!」(エンドレス)

山中なので既に日は傾き、夕暮れの風情
さらに山奥へ・・・
藤七温泉201710282

藤七温泉は、チッチがまだ若犬の頃、初めての東北旅行の時にきたことがある。
露天風呂は道路から丸見えで(~_~;)、スコップ持ったオジさんが、さらなる露天風呂を掘っていた・・・

30分くらい走ったか?藤七温泉に到着。
およそ10年ぶりくらいだと思うが、建屋の風情も全く変わっていない。

「お前も入れば?」
「だって、ここの露天丸見えじゃん」
「内風呂だっていいし」
「うーん」

ここも車で待っているつもりだったが、主人があまりうるさい・・・いや、もとい、勧めるので、内風呂に入ってくることにした。

受付でお支払いをして内風呂へ
前に来たときどうだったかなあ・・・

東北の温泉は、いつ入っても懐かしい気持になる
祖母の家の木の桶を思い出す

お湯はガッツリ熱めで、気持ちが良かった。

露天を覗くと、おっさま達はタオルを下げ、素っ裸で、悠々と歩いている・・・
大自然の中にいると、細かいことは気にならなくなるのかな

上の方にある温泉で、主人が誰かと楽しげに話をしているのが見える。
藤七温泉20171028

看板の前でチッチと記念撮影。
10年前もココで写真を撮った。

受付のご主人にきくと、なんと今シーズンは明日で終了だそうで、この日の泊り客が今年最後のお客になるそうだ。

また、ここまで入ってくる道も夜間は封鎖されるため16:30には降りていかなければならない。

「来年はいつからなんですか?」
「さあ、雪(の状況)によるけど、だいたい5月の連休前かなあ」

このことを後で主人に伝えると
「ほらみろ~!」(来て良かっただろうというイミ)
なぜか勝ち誇っている・・

主人も満足したところで、ようやく本日のお宿へ・・・

ところが。
地図では近く見えるが、宿のある玄武温泉へは、一度岩手山をおりていき、ふもとをぐるーーっと周っていかなければならないので、ナビの到着時間はやく1時間・・・

しかも
これ、ナビがあったから1時間で行き着くが、以前のように地図で行ってたら迷っただろうな~・・・^^;

ナビ様のおかげで、無事に宿に到着
今日のお宿は「玄武風柳亭」さん

玄武風柳亭3

チェックインを済ませ、部屋へ荷物(&チッチ)を運ぶ。
犬連れの部屋は一階にあり、駐車場の専用入り口から入ると部屋まですぐだ。
既に夕食の時間も迫っているので、チッチの寝床を確保してご飯をあげ、私たちも食事へ。
玄武風柳亭1

この食事が豪華でビックリ・・・
料理長がテレビにもしばしば出るほど「飾り切り」の達人らしく、お刺身の盛り付けのキレイなこと・・・

今回の旅、2度目の「刺身でビックリ」だった。
朝食はブッフェ形式だったけれど、ここでも飾り切りの技があちこちに。

玄武風柳亭4

さていよいよ最終日
午後からは台風の影響もあるというし、今日こそは真っすぐ帰りますよ~







(でももう一回つづく・・・)←え?
スポンサーサイト

| チッチとお出かけ | 23:15 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

いやいや読み応えがあって楽しい!
うさぎさんは文章書くのが上手くて憧れます。
自分ももう少しうまく書けたらなぁ。
って、うちの北海道記事なんて役に立つところなかったじゃーん笑

| こたぱぱ | 2017/11/15 14:32 | URL |

こたぱぱさんへ

こたぱぱさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

> いやいや読み応えがあって楽しい!
> うさぎさんは文章書くのが上手くて憧れます。
> 自分ももう少しうまく書けたらなぁ。

いえいえいえいえ
こたぱぱさんのブログ、いつも楽しく拝見しています!

> って、うちの北海道記事なんて役に立つところなかったじゃーん笑

とんでもない!
今回、私が北海道行く原動力になったのが、こた家の旅行記でした。
道の駅たくさんいかれてていいなあ~!
キャンピングカーいいなあ~!
って、ずっと読んでいるうちに、行きたくなっちゃったんですよ。

フェリーの情報も参考になりました。
行きにのったフェリーの方がドッグルームは使いやすかったです。
帰りにのったのがコタ家と一緒だったかと
秋だったし、復路は日陰側だったので、ドッグルーム内涼しかったですが、反対側は暑かったです。
確かに夏だと暑かったでしょうね。
この辺りのレポートは本当に助かりました。

ありがとうございました~!

| うさぎ | 2017/11/15 23:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT