Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

BUHI秋号

あ、僕の先生だ。20170930

9/27発売のBUHI秋号
フレブルさんの雑誌だし、普段は本屋さんで立ち読み程度。
今回は朝イチで買った。

5年前、チッチの椎間板ヘルニアでお世話になった姫路のK先生が、記事を書かれたとFBで書かれていたのだ。

もうひとつ

そのPLDDつながりで知り合った,3フレブルさんのこたぱぱさんが、夏休みにご家族で北海道にキャンピングカーで旅をされた話も載っているそうで。

こりゃ買うっきゃないっしょ

今回は先生自ら原稿を書かれていらっしゃるので、内容に間違いがない。

ちょっと話が飛ぶが
仕事柄、今まで何度か雑誌やら新聞記事やらで幻滅をしたことがある。

インタビューを長々受けて、そこからライターさんが起こした記事だと
本当に言いたいことの半分も伝わっていないことが多いのだ。

話し手の話し方にも問題はあるかと思うが
ライターさんの思惑が、言葉のチョイスに大きく関わっていると思わざるをえない時も多々ある

私も以前、そらもう、うん10数年昔、○らばーゆに
転職体験のインタビューを受け、写真まで撮ってもらって
載った記事を見たら、嘘ばっかり書かれたことがあった。

実際は転職2度目だったのに、数え切れないくらい何度も転職していて、子供はいないのに「転職に成功して子育てと仕事と両立できました」なんて書かれていた・・・(@_@)

姫路の先生は、ご自身でもブログで毎日のように記事を掲載されていらっしゃるほど文才に長けてらっしゃるので
普段インタビューのところが、ご自身で・・ってなったのか、いきさつはわからないけれど

その話を聞いて、BUHIって信頼できる雑誌だな。って思った。

また今回、姫路の先生の記事には、素敵なポートレイトが添えられている
この写真を撮られた、動物カメラマンのFさんの愛犬も、姫路の先生のところで、ヘルニア治療を受けたそうだ。

Fさんの撮影する写真は、どの写真も被写体への愛情であふれている。
K先生の写真も、どれも先生の誠実で優しいお人柄が伝わってくる良い表情だった。

チッチが椎間板ヘルニアの治療で姫路でPLDDを受けて5年が経った。。
チッチは動物のハンセン2型の椎間板ヘルニアの治療に、この治療法が効果的であることを証明する、生き証人(犬だけど)である。


ステ犬じゃあないよ(^^;)20171001

写真は今日のチッチ君
毎週末のオシッピ検査、小康状態だったんだけど、びみょ~に数値が落ちてきているので、大事をとって昨日からお薬飲みだした。
そうしたら今日はどうにもオシッピのシマリが悪い
夜もずっとだったら明日またお医者かなって思ったけど、今のところ止まってるな(私がパソコンやってる隣で大イビキ中(^^;))
お薬のタイミングも難しいなあ・・・

チッチの闘病記は2014年7月に連載しています。
スポンサーサイト

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:05 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

BUHI読み応えありましたね!
先生の言葉が心にしみました。
しかしまだまだPLDDが普及してなくて、どんどんメディアでアピールして欲しい。
先生にはまだまだ頑張ってもらわなくちゃですね。

| こたぱぱ | 2017/10/04 09:15 | URL |

こたぱぱさんへ

こたぱぱさん、こんばんは~

> BUHI読み応えありましたね!
> 先生の言葉が心にしみました。

良い記事でした。先生の文章はいつもぐっときます。
欲をいえば、コタ家の記事をもっとページを使って、写真を大きく、旅行ガイドみたいにしてほしかったです。
キャンピングカーの旅すてきでした。

> しかしまだまだPLDDが普及してなくて、どんどんメディアでアピールして欲しい。
> 先生にはまだまだ頑張ってもらわなくちゃですね。

チッチがPLDDを受けた頃と、正直あまり情報量が変わっていない気がします。ヘルニアになるワンコは多いのですから、もっと普及してほしいですよね。

| うさぎ | 2017/10/05 23:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT