Chitchies

13歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鳥羽わんぱら、お伊勢参りの旅 その③やっぱり鳥羽が好き

英虞湾の眺め


お伊勢参りを満喫して車に戻る。
この後どうしよう?

案として私は、英虞湾クルーズとか、イルカ島とか、海の方に行ってみようか?なんて考えていたんだけど
主人が「横山展望台ってところに行くと英虞湾が一望できるらしいよ」って言い出した。
私も鳥羽の観光スポットで、チェックはしていたけど、

「そこってケーブルカーか、リフトに乗るんじゃなかったっけ?チッチも行かれる?」
「いや、すぐ下まで車で行かれるらしいよ?」

ナビで入れてみると25分くらい、と出る(ああ、ナビって便利)
まあ、行ってみようか・・・

25分とあるが、伊勢から鳥羽の方に下りていく、結構ワインディングロードだ。

と・・
その途中

主人のエネルギータンクが急激にダウン(-_-;)
パワーチャージ0%に・・・(@_@)

運転しながら、なんか急に静かになったな~って思ったので

「眠いの?」
「眠い」
「危ないからどっか停めなよ」
「そうするかな」

と、
こういう時に限って、クネクネクネクネとカーブばかりで、退避スペースもない。

主人、眠気を覚まそうと、今度は訳の分からない歌を歌いだした。

「わかった、もう、どこでもいいから、とりあえず停めなよ」
「そうしたいんだけど、どこもないんだよ~」

ひえ~

やっと、ちょっと広い駐車スペースを発見。

「悪い、ちょっと寝る」
「ぜひ、そうして」

これだけくねくね道だと、私も運転代わるのも怖いので、皆で昼寝することにした。

そらそうだ、前の日22時から、この時間(14時くらい)まで、仮眠1時間半である(^^;)

二人とも、速攻で眠りにおちた・・・(^^;

30~40分くらいガッツリ寝た(ノンレム睡眠)ら、目が覚めたようで、また主人が運転。
ほどなく横山展望台の駐車場についた。

案内所の横を上がっていくようで「徒歩10分」とある。
歩くのが苦手な私でも、10分くらいなら、チッチも散歩にちょうどいいし・・・



ここが

すっごい急な坂道・・・
苦行横山展望台

どうやら、展望台の真下にも小さな駐車場があるようなのだが、そこはハンデのある方や高齢の方、妊婦さんなど限定で使用可と書いてある。

「チッチ歩くかな?」
「一応、カートも持っていくか・・・」

遊歩道もあるようだけど、階段が続くので、カートがあると無理。
我々は車道を歩き始めた。

歩いて数10メートルで、もう太腿がパンパンに張ってきた(^^;)

普段はこのくらいなんともない、と強がりそうな主人も
「こりゃすげー坂道だな」と驚いている。

「け、ケーブルカーがあるんじゃなかったの~(@_@)」

チッチもまったく歩く気はなさそうなので、カートに入れて押していくのだが
ちょっとでも手を離したら、カートが一気に転がり落ちて行っちゃいそう。

カートをおしおし上がっていく主人に、私は着いて行けず
どんどん小さくなっていく

「まって~」
英虞湾パノラマ

それでも
10分くらいで、ちょっと視界が開けた。
プライオリティパーソン専用駐車場に着いた。
その奥が、木でできたスロープになっている。

そして

英虞湾~
一望にできる

海岸線が地球の形に少し丸くなって見えるくらい
広々と見渡せる

「こら、ほんと絶景だわ」

頑張って上がってきた価値はあった。

下りるのはあっという間。

「この後どうする?」

そろそろ宿に向かってもいい時間だけれど

そこは欲張りな主人、もう一カ所くらいどこか寄りたいらしい。

「夫婦岩は?」

そう、10年前にわんパラに泊まった時も寄った、リバイバルスポットだ

そこなら、わんパラにも近いし、ほとんど歩きはない(^^;)

「あ、いいね、そうしよう」

ちょうど夕暮れに差し掛かってきた。
夫婦岩

今日はとても良い天気だけれど、とにかく風が強い。
ザッパンザッパンと神社の参道にも波しぶきが上がっている。

夫婦岩の駐車場の、一番奥にちょうど車を停められたので、カートは下ろさず。
チッチも少し歩いてお参りした。
夫婦岩とチッチ

前に来た時も、カエルの置物がたくさんあったけど、もしかして増えてたかも?

この神社にも
チッチと10年ぶりにお参りで来たお礼を言った。
夕日

そしてようやく
本日の宿
「鳥羽わんわんパラダイスホテル」に到着~
わんパラ着きました。

足洗い場でチッチの脚を洗ってチェックイン。
宿泊者名簿に、主人の生年月日を書いたら

「あ、明後日お誕生日なんですね」

お誕生日特典で、ガラガラポンの抽選をさせてくれた。
そして、なんと
「サザエのお造り」をゲット!
主人のお楽しみ

貝類大好きな主人には、なによりのプレゼントだ。

チッチには「鹿肉ステーキ」を注文
そしてお楽しみ!

いつ沈没しても良いように、先にお風呂に入り。
美味しいビールとお食事にありついた我が家であった・・・・

夕暮れ~


《まだまだつづく》
スポンサーサイト

| チッチとお出かけ | 00:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT