Chitchies

13歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ディープな3月

久々の新幹線~♪

いやはや
書きたいことはたくさんあるんだけど・・・
なんもないときは、1か月も2か月もな~んもないことだってあるのに
次から次から、なんやかんやと続いている。

14日には、新卒の時にお世話になった上司に、12年ぶりにあってきた。
この話、書こうと思ったけど、思い入れが強すぎて文章がまとまらなかった・・・^^;
前説だけで3ページ書いて挫折・・・(-_-;) ダレも読まないって・・(-_-;)
(そういいつつ、さっきこそっとアップしちゃったけど)

そして先週末は、実に20数年ぶりにスキーに行ってきた。
これもいきさつを書くと長くなる。

去年の秋ごろ、主人が突然「甥っ子(下)を連れてスキーに行きたい!」と言い出したのだ。

甥っ子もこの春から中学3年。
ますます、叔父さん夫婦などと遊ぶ時間はなくなる。
その前に、思い出作りがしたい、今まで経験していないことをさせてやりたい。

気持ちはわかる。

しか~し!

それがなぜに「スキー」なのか・・・???

コレについて、私は主人に一言モノ申したく・・・。

実は、
超・運動音痴な私が、まともにできるといえるスポーツと言えば、スキー(と水泳)くらいなのだ。
なにしろ、「やまやの娘」なので、スキー場には1歳5か月(今から約半世紀前^^;)から連れていかれ、ゲレンデでオムツ(もちろん布おむつ)を替えた、というのが両親の自慢(?)だったし、高校生くらいまでは、毎年正月は八方尾根の山の上にある山荘で過ごしていた。

大学時代や、社会人になりたての頃はスキーブームだったし、そらもう、水を得た魚のように、張り切ってスキーに行っていた。

ところが、主人とは一度も行ったことがない。
主人もスキーは何度か行ったことがあるそうなのだが、私が「一緒に行こう」といくら誘っても行こうとしなかったのだ。

寒いところが嫌だとかなんだとか、色々理由をつけてはいたが、要は、負けず嫌いな主人のことだ、私の方が優位に立ちそうなスポーツは、行かないと心に決めていたのだろうな。

(-_-;)

主人が行かないとなると、私も自然と行く機会はなくなる。

それを、20年以上たった今になって、
しかも!数年前まで大事に取っておいた、板やブーツ・・・、その他もろもろのスキーグッズも、全~部「断捨離」だと言って捨てられてしまった、今になって、
急になぜに、主人の口から「スキーに行きたい」という言葉が出るとは!

なんでやねん!

と、ぶんむくれる私は、了見が狭いだろうか?(いや、狭くない!断じて!)

「いいよ、じゃオレとマー(甥)と2人で行くから」
「なんでそうなるのよ!」
「行きたいのかよ!」
「ぐっ・・・(本当は行きたい)」

というわけで・・・(^^;)
6時台の新幹線・・・(^^;)

スッタモンダはあったのだが、結局スキーにはいくことになった。

「で、どうするの?」

言い出しっぺのくせに、例によって結局主人は何も動かない。
甥っ子に「スキーに連れていく」と約束だけは取り付けてしまっているので、嘘はつきたくない。
主人が動くのを待っていたら、夏になってしまう。

最終的に、しびれを切らした私が、パンフレットを取り寄せ、日程をつめ、予約を取り、支払いをし、チケットを取りに行くことになるのだ・・・(いつもこう(-"-))

道具も何もないので、レンタルが充実しているといえば、ガーラ湯沢しかない。
それこそ、ガーラができたての頃、会社の先輩たちと行ったことがあったなあ~(遠い目)。

ガーラ湯沢なら駅から直結でスキー施設なので、手ぶらで行かれる。

ということで行き先は「ガーラ湯沢」に決定。

日程も二転三転した。

意外と混んでることを知らなかったので、お天気も見て、行こうと思えば前日でも予約が取れるものかと思っていたら甘かった。
ガーラ湯沢行の直通新幹線は、朝晩、数本しかない。

特に土曜日は混んでいる。

早くて2週間後か・・
予約を取ってから、甥っ子に電話すると、その週はなんと期末テストの前日だった・・(^^;)
さすがに、試験前にスキーはまずかろう。

翌週は私が用事があったので、じゃあその次は?え?仕事かも??・・・と、どんどんズラしている間に、3月も後半に突入。
雪が融けて春が来ちゃうよ~

うだうだうだうだ・・・

(^^;)

結果、「春分の日」に行ってきたってわけです。



《長くなったので続きは次回・・・(えっ!今回前置きだけ?)》
スポンサーサイト

| トライ・トラベル・トラブル | 23:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT