Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

2017年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

秋つれづれ

ふかふかに載るようになったら秋20171018


夏が過ぎると、時間が加速する。
毎日会社に行き、急いで帰ってチッチのお世話をし、食事をしてテレビ観て
週末も、なんやかやと出かけたり、用事があったり
変わりなく過ごしているつもりなのに、カレンダーが滑り落ちたかのようにもう10月も後半である。

結局言い訳カイ! ^^;

8月以降、雨が多いせいもあって、なんだかチッチの写真が少ないなあ・・・
散歩の時間はもう真っ暗だし・・・

毎年、年末にその年に撮った写真で翌年の「チッチカレンダー」を作っているんだけど
夏の写真・・
寝顔ばっかりになりそうだな^^;(←毎年だが)
チッチは相変わらず、オイオイ要求吠えオジサンになっているが
最近、金属音をガチャガチャ鳴らすと、少し黙ることがわかった。
フライパンだったり、お玉だったり。

金属音、よっぽど嫌いらしい・・・
顔をしかめてイヤ~な目つきになる
そういえば、チッチがちびの頃、言うことを聞かないと、ビー玉を入れた缶カラをガチャガチャやってたっけ・・・(遠い目)

あんまり吠えるので、ついにボケちゃったか?なんて思っていたけれど
吠えるチッチに慣れていない私や主人が、ビックリして右往左往するのに味をシメて、つけあがっていたらしい・・・

なんてヤツだ・・・

シツケのやり直しに年齢は関係ない。
いぬの気持ちにも書いてあったよね。(たしか)

チッチ君、14歳にしてシツケレッスン再開である。

ギャウギャウ言うと、フライパンやビールの空き缶を持った私が恐ろしい形相でやってくる~
これを続けていたら、昨日はあまり吠えなかった。
ピイピイブウブウと鼻を鳴らすけど
夜な夜な、菜箸を片手に「吠えるやっちゃこうするど~!」とやっている私は、ナマハゲになった気分だが・・・(~_~;)

パグ友さんに教えてもらったサプリを取り寄せてみたりもしたけれど
それは次の手段にとっておいて

しばらくはナハマゲ作戦(今命名^^;)で行こうかと思っている・・・
たってご飯食べられるようになった201710

そんなチッチ君。
悪いことばかりでもない。

夏前にでっかく穴が開いてしまった、左後脚、踵(?)の床擦れ。
かなり良くなった。
もちろん、油断すればすぐまた悪化するだろうから、注意は必要だが

そのおかげか、家の中で立っていられる時間が増えた。
左後足の踏ん張る力が極端に弱いので、引きずったりよろけたりはあるけれど
ご飯も一人で食べていられるし(ひどいときはコレすらできなかった)
ふとしたときに後ろに立っていたりして、ビックリする。(ほとんどオヤツ目的^^;)

3本脚散歩は毎日欠かさず継続中。

腰痛ドッカンな私は、現在戦力外通告を受けており
ここ1ヶ月はほとんど毎日主人が行ってくれている。
週末久しぶりに私が歩かせたけど、かなりのハイペースで、よく歩く。

ただ・・・
この3本脚散歩。
結構目立つらしく、道ですれ違う人に、やたら話しかけられる・・・(~_~;
こちらとしては、中腰(前かがみ)で、チッチの後脚をタオルで吊っているので、正直立ち話をしている余裕がないのだが・・・(~_~;)
応援してくださっているのに、いやな顔もできず・・・

下を向いたまま「すみませ~ん!」って感じで、ほんとごめんなさいね。
本家の前20171018

急に秋めいてきて
ついにチッチ君も冷え冷えマットから離れるようになってくれた。

夜、膝に乗せているとすっげ~温かい。

このぬくもりは、やはり何にも代えがたいな。

大好きな季節がやってきた。
元気で楽しく過ごしましょうね。
スポンサーサイト

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

BUHI秋号

あ、僕の先生だ。20170930

9/27発売のBUHI秋号
フレブルさんの雑誌だし、普段は本屋さんで立ち読み程度。
今回は朝イチで買った。

5年前、チッチの椎間板ヘルニアでお世話になった姫路のK先生が、記事を書かれたとFBで書かれていたのだ。

もうひとつ

そのPLDDつながりで知り合った,3フレブルさんのこたぱぱさんが、夏休みにご家族で北海道にキャンピングカーで旅をされた話も載っているそうで。

こりゃ買うっきゃないっしょ

今回は先生自ら原稿を書かれていらっしゃるので、内容に間違いがない。

ちょっと話が飛ぶが
仕事柄、今まで何度か雑誌やら新聞記事やらで幻滅をしたことがある。

インタビューを長々受けて、そこからライターさんが起こした記事だと
本当に言いたいことの半分も伝わっていないことが多いのだ。

話し手の話し方にも問題はあるかと思うが
ライターさんの思惑が、言葉のチョイスに大きく関わっていると思わざるをえない時も多々ある

私も以前、そらもう、うん10数年昔、○らばーゆに
転職体験のインタビューを受け、写真まで撮ってもらって
載った記事を見たら、嘘ばっかり書かれたことがあった。

実際は転職2度目だったのに、数え切れないくらい何度も転職していて、子供はいないのに「転職に成功して子育てと仕事と両立できました」なんて書かれていた・・・(@_@)

姫路の先生は、ご自身でもブログで毎日のように記事を掲載されていらっしゃるほど文才に長けてらっしゃるので
普段インタビューのところが、ご自身で・・ってなったのか、いきさつはわからないけれど

その話を聞いて、BUHIって信頼できる雑誌だな。って思った。

また今回、姫路の先生の記事には、素敵なポートレイトが添えられている
この写真を撮られた、動物カメラマンのFさんの愛犬も、姫路の先生のところで、ヘルニア治療を受けたそうだ。

Fさんの撮影する写真は、どの写真も被写体への愛情であふれている。
K先生の写真も、どれも先生の誠実で優しいお人柄が伝わってくる良い表情だった。

チッチが椎間板ヘルニアの治療で姫路でPLDDを受けて5年が経った。。
チッチは動物のハンセン2型の椎間板ヘルニアの治療に、この治療法が効果的であることを証明する、生き証人(犬だけど)である。


ステ犬じゃあないよ(^^;)20171001

写真は今日のチッチ君
毎週末のオシッピ検査、小康状態だったんだけど、びみょ~に数値が落ちてきているので、大事をとって昨日からお薬飲みだした。
そうしたら今日はどうにもオシッピのシマリが悪い
夜もずっとだったら明日またお医者かなって思ったけど、今のところ止まってるな(私がパソコンやってる隣で大イビキ中(^^;))
お薬のタイミングも難しいなあ・・・

チッチの闘病記は2014年7月に連載しています。

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:05 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |