FC2ブログ

Chitchies

15歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

いまんとこの結論

公園~

暖冬だって油断していた分、毎日さぶいっすね!
特に朝~
チャリで走ってると耳がつべたい。

9歳の秋に発症した、椎間板ヘルニアの後遺症で、後脚が弱いチッチ君。

この冬、朝、転んでしまってワンコトイレでオシッピできず。
急きょ外に出て(外だとなぜか転ばない)オシッピさせたこと2回。

夜の散歩時も、転んだり立てなかったりがあって

何が原因なのかなあって・・・

天気の変化が激しいときなのか
それすなわち、気圧の変化とか、そういうことなのかとか
雨降る前に古傷が傷むとか・・・

色々、ほんと色々考えたんだけど

ここ数日、ある程度の結論に達している。

「チッチの身体が、温まっているかどうか」

これにつきるらしい。

チッチが今年に入って、布団にもぐるようになった、と書いたけれど
ちゃんと朝まで、布団に入って寝ていて、抱っこした時、後脚の肉球が暖かい日は、どんなに寒い日でも、ちゃんと立てるのだ。

逆に、転んで転んで
仕方なく抱っこして、脚をマッサージしてやろうとすると
そんな日の肉球はヒンヤリ冷たくなっている。

これはお留守番用の服。着丈を長くしてもらってる

考えてみれば、そらそうだ。
スポーツ選手だって、ウォームアップしてからでなければ、肉離れを起こす。
「warming up」って、言葉の通りなんだね・・

困っちゃうのが、チッチが暑がりで、身体が温まると布団から出て行っちゃうところ。
服を着せて寝かせれば・・と思ったけど
布団から出たり入ったりして、「魅惑のワンショルダー」になっちゃってたり(-_-;)

おかげさまで毎日、明け方、チッチの居場所を確認し、外に出ていれば、抱っこで布団に入れたりしているので、すっかり寝不足な私である・・(-_-;)

それでも
朝、ちゃんとトイレでオシッピできた日は、本当にホッとする。





椎間板ヘルニアで検索されて、このブログをご覧になった方へ》

椎間板ヘルニアは、冬場寒いときに悪化しやすいそうです。
急に散歩を嫌がったり、階段を上らなくなったり
そんな症状が出たら、気を付けてあげてください。

チッチが、椎間板ヘルニアを患った後、今でもこうして歩けているのは、PLDDのおかげです。
ハンセン2型(慢性型)の椎間板ヘルニアには、PLDDが有効です。

チッチの闘病記は2014年7月に、長編で書いています。

1回目がこちら

駄文ですが、なにかの参考になれば幸いです。
スポンサーサイト



| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:51 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |