Chitchies

13歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

世間はシルバーウィーク!  その③ わたらせ渓谷鉄道への旅その②

ごうど駅

通洞駅から神戸までは、普通列車の一輌編成、私達のような観光客でかなり混んでいた。
20分くらいで神戸に到着。行きの列車内で買った「1日乗車券」を見せて電車を降りる。

列車のレストラン「清流」

まっすぐ列車レストランに入り、席を確保すると、食券を買ってようやくランチにありついた。
食事をしながら、富弘美術館へ行くバスの時間を調べると・・・

えっ??
小一時間来ない。

お昼ご飯、もっとゆっくり食べれば良かった(この時点でほぼ完食^^;)

主人はちゃっかり生ビールつき

ここであと45分は、結構な時間のロスだなあ・・
「バスで10分って書いてあるし、タクシーで行っちゃう?」

駅中にある売店(地元の野菜とか売ってる)のオジサンに聞いたら
「いや~、この駅にタクシーは来ないよ」
申し訳なさそうに言われた。

電話で呼ぶ方法もあるそうだが、来るまでに30分はかかるそうな・・・
そうこうしているうちにバスが先に着ちゃったりして・・・

う~ん(-_-;)

なにしろセッカチな性分の私、こういう待ち時間が妙にもったいない。
徒歩で行くのは「ハイキングコース60分」と書いてある(^^;
ないものは仕方ない、バスがくるまで、神戸駅周辺をウロウロ。

線路に寝っ転がっても大丈夫

駅のホームから奥に下りていくと、渡良瀬川のほとりにでる。
一組のカップルが、列車レストランで買ったお弁当を広げて、のんびり食事をしている。
なるほど、そういう手があったのか・・・(^^;

ここ駅の裏です(^^;)

まてよ

そうすると、美術館からの帰りも、ちょうど良い時間にバスがないのかも??

駅に戻り、バスの運行表をチェックする。
富弘美術館に着いてから、ちょうど1時間後に、駅まで戻ってくるバスがあるようだ。
そのバスでここまで戻って、乗れる列車の時間をしらべると、乗り継ぎに10分しかない。

バスが時間通りに来てくれないと、この電車を逃してしまう。

なるほど~
BSジャパンの乗り継ぎローカル線の旅を毎週のように見ているけど、列車の旅も結構ドキドキだね。

ようやくバスが来た。
運賃は片道だと300円だが、ほとんどの人は美術館を往復してまた戻ってくるらしい。
「往復だと500円です」
二人で千円・・・と財布を見ると、あれ、千円札がない・・・
「おつりがないんです~」
うわっ!まずい
バスの出発まであと2,3分、主人がお札をつかんで、列車レストランまで両替に走っていく・・(反対ホームにある)
「すみません、両替してもらうまで待っててもらえますか?」
「大丈夫ですよ~」

乗り込もうとする人がめいめいにバスの運転手さんに質問をするのを聞いていた
「次の電車に間に合うよう、帰ってこられるかしら?」
(そうそう、私もそれ、聞きたかったのよ)
「そうですね、乗り継ぎ時間は短いですけど、間に合うと思いますよ・・・」
(ほっ)
みどり市立富弘美術館

バスで富弘美術館までは、本当にきっかり10分だった。
かなりワインディングな山道を登っていき、草木ダムの橋を渡っていく。
こら徒歩じゃ大変だ・・(^^;

大きなソラマメのオブジェが目印の平屋建ての美術館についた。
あれ?
私が前に来たのって、ここだったかしら・・・???

富弘美術館は、星野富弘さんの美術館
ご存知の方も多いと思うが、学校の体育の先生だった星野富弘さんは、20代の時、クラブ活動指導中に頸椎損傷の大事故で手足の自由を失い、首から上しか身体が動かせなくなってしまった。
口にペンをくわえて描く花の詩画集は、世界各地で展覧会が行われている。

以前来た時、一枚の絵に大感動し、以来私も彼の絵のファンなのだが、主人は「見たことがあるかな?」って感じ
繊細なタッチと独特な文字で書かれた、美しい花の絵をみてとても驚いている。

年譜を読んでいたら、今私が立っているこの美術館は2005年に新しく建てられたらしい。
そうか
私が前に来た時は、旧館だったのだ。

なるほど、車椅子の方でも全室ゆったり見て回れるよう、バリアフリーが徹底している。
前に来た時は階段を下りて行った記憶があった。

ギャラリーの中庭

作品を見て回ったが、私が一番見たかった絵は、残念ながら展示されていなかった。
ミュージアムショップで、画集の目次をたどったら、その絵はあった。
10数年ぶりに来た記念に、その本を買った。

「風の旅」という画集の「みょうが」という絵である。

富弘さんの作品には、お母様のことを書いた詩が多い。
事故で入院後、群馬医大を退院するまでの9年間、つききりで支えてくれたお母様だ。
この「みょうが」の詩を、興味がある方はぜひ読んでみて。

私は、初めにこの詩を読んだとき、ブワッと涙がでた。

美術館の中庭からの風景


さて

せっかちな私は、バスの時間が気になり、少し早めに美術館を後にした。
バスは定刻通りにきて、定刻通りに神戸駅に着いた。
次の目的地は「水沼駅」だ。
水沼駅には、駅の構内に温泉がある。
風呂好きの主人が喜びそうなスポット。

水沼駅までの電車に揺られながら、そろそろ帰りの時間を考える。
水沼駅では30分くらいしか時間がない。

温泉が混んでいそうだったら、下りずにそのまま相老に帰ろう。
そう話していたが、水沼駅ではそれほど人がおりなかった。

来月50歳(^^;)

せっかくなので、ひとっ風呂
一日乗車券を見せると、お風呂代を割り引いてくれる(^^♪

女湯の方はほとんどお客さんがいなくて、露天風呂は私の貸し切りだった。
前に来た時はすごく混んでた記憶があるので、タイミングが良かったのかも。

さっぱりしたところで、また電車に乗る(笑)

水沼駅で待っていたら、来たのはトロッコ列車。
乗務員のお姉さんは、朝と同じ人だった。
「空いているので、トロッコ側に乗っても大丈夫ですよ」

日が傾き、オレンジがかった光に照らされて、風景がより一層キレイに見える。
風呂上がりに、冷たい風が気持ちよい。

これで、相老で17:04発、りょうもう40号の指定が空いていれば、今日のミッションはコンプリートだ。
乗り換え時間は8分。

相老で、お姉さんにお礼を言って電車を降りる。
りょうもう号はまだ席があった。
何かオヤツを買って乗ろうと思ったけど、駅前、何もない(笑)

特急列車に乗り込み、シートを少しリクライニングしたら、速攻で眠気が襲ってきた。
朝5時から、良く遊んだことだ・・・

予定通り、19:30には家に着き、待っててくれたチッチ君と散歩してご飯をあげ。
近くの台湾料理屋で、結婚記念日の乾杯をした。
いつもなら、もうちょっと豪華な食事に行くんだけどね。
初めて入ったお店だったけど、疲れたところにしょっぱいタンメンのスープがしみた。





《追記》

著作権的にどうなのか?ですが、ネットで検索したらありました

みょうがの詩画


スポンサーサイト

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:48 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世間はシルバーウィーク!  その② わたらせ渓谷への旅、その①

まさか、ボクは留守番じゃ??(そのまさか)


会社の連中の中には、賢く24,25を有休にして海外に行っている人も多い。
2日休むだけで9連休だもんねえ

5連休を利用して、実家の父も山仲間と大雪山に行っていた。
留守番の母の様子を見に、21日は実家に行ってきた。

お盆の時期、膝に水が溜まって、一時期歩けなくなった母も、その後はまあまあ回復。
留守番くらいはできるようになった・・・

母とランチを食べて、相変わらず散らかり放題の実家を掃除し、ペットショップでチッチのお土産を買って帰ってきた。(←実家の周り、物価が安い)

そして翌22日。
我が家、21回目の結婚記念日である。
天気予報では前日と同じ陽気。
チッチとのお出かけは無理っぽい。

前々から一度行ってみようと思っていた「わたらせ渓谷鉄道」の日帰り旅行を提案してみた。
電車の旅なので、こういう時でないと思い切れない。

さすがに5日とも家にいるのは・・って思っていたのか、
「起きられたらね」
珍しく主人がノッた。

わたらせ渓谷鉄道車窓から~

朝5時起き、6時台には電車に乗っていないと行程がキツイ。
会社に行くフリをして、チッチに留守番賃をはずみ、チャリで駅まで行く。
北千住で東武線に乗り換える。

わたらせ渓谷鉄道は群馬県の「桐生駅」か「相老駅」で乗り換えだ。
北千住で駅員さんに聞くと、相老の方が乗り換えが楽らしい。
相老駅まで、特急券を取る。

実は私は15年くらい前に、母と行ったことがある。
その時は青春18きっぷで高崎の方から行ったのか・・どうやって行ったかはよく覚えていない。
当時、母は青春切符にハマっていて、しょっちゅうあちこち調べては出かけていたので、母にくっついて行けば済んだのだ。

前後左右は忘れたけど、「わたらせ渓谷鉄道が楽しかった」ことだけは覚えているので、主人も喜ぶだろうな、って前から思っていた。

前日色々調べたのだが、特急りょうもう号の始発は北千住7:52AM。
できればもう少し前に相老に着きたいが、それが最速らしい。

時間があるので、駅で朝ごはんを買い込み、乗車。
指定席に並んで座るだけで、なんだか気分が上がってくる。

相老での乗り換えは10分ちょっと。
後でわかったが、りょうもう号、トロッコ列車にうまく乗り継ぐタイミングで走っているようだ。


期間限定のトロッコ列車の、「わっし~1号」
前売り券は完売しているので、行ってみないと乗れるかわからないのに、りょうもう号がなぜだか遅れた。
乗り継ぎに数分しかない。

相老駅に到着、それ行けと走って乗り換えようとするのに、わたらせ鉄道の切符売り場がみつからない。
東武線の駅員さんに聞くと「列車の中で買えますよ」というので、とりあえずは既に入線しているトロッコ列車のホームへ行く。

ここでも、乗務員のお姉さんに色々質問しようとすると
「もう電車が出る時間なので、とりあえず乗ってください」
切符を買わずに列車に乗る

ほどなく汽笛が鳴って、ゴトンゴトンと二両編成のトロッコ列車が動き出した。

トロッコになっている車両は満席だそうで、私たちは窓の付いた車両に乗った。
でも、トロッコ側にも入って行かれる.

徐々にスピードが上がっていく、街中を抜け、山道に入ると、森の中、木々をかき分けながら走っていく感じなのだ。

これが乗った列車、トロッコわっし~


主人は既に大喜びしている(思うツボよ(^^)/)

なかなか切符を売りに来ない(笑)ので、貰ってきた時刻表で、どこで降りるかを話し合う。
沿線、何箇所か見どころがあるのだが、私が一番行きたいのは「富弘美術館」
この美術館がある「神戸(ごうど)駅」は、沿線のほぼ真ん中あたり。
母とは、ここまで来たことがあったのだが、その先は行ってない。

神戸駅には、構内に列車を改造したレストランがある。
ここでお昼ご飯にしたいのだけど、まだ開店していない時間。
「もうちょっと先まで行って、戻ってから美術館に行こうか」

わたらせ渓谷鉄道の終点は「間藤駅」だが、その手前に「足尾銅山」がある。
銅山、銀山の類、ちょっと怖くて、私はちょっと苦手かもだが、主人は好きそう。
せっかくトロッコ列車に乗ったので、終点間際まで乗っていくことにした。

神戸駅からは、駅弁売りのオバちゃんが乗ってくる。
駅弁を食べちゃうと,列車レストランに寄れなくなるので、コーヒーと味噌田楽を買った。
(すごい取り合わせ^^;)
味噌田楽、まだホカホカ温かくて、美味しかった。

足尾銅山があるのは足尾駅でなく、手前の「通洞駅」
相老9:38発、通洞10:59着。
神戸を過ぎると長いトンネルがあるのだが、トンネルに入ると電車の照明が落とされ、イルミネーションのサービスがある。
イルミネーションがペカペカ光ります~

沿線の絶景ポイントでは徐行してくれるし、乗っているだけで楽しい。

通洞駅で降りると、足尾銅山まではあるいて5分くらい。

おっと
ここで、帰りの時間を調べておかねば。
なにしろ、一時間に1本ペースなので、1本乗り遅れると大ショックなのだ。
テレビの旅番組に良くあるパターン。

ここからは、来た方に戻っていくので、次の電車は12時半

足尾銅山入口


足尾銅山はいかにも「昭和~」な観光スポット。
チケットを買って、坂道をどんどん降りていく。


なんと、トロッコ列車のホームがあって、銅山の中をトロッコに乗って入っていくのだ。

この日は連休でお客さんが多いので、車両がいっぱいになるとすぐに発車する。
戻ってくる列車には誰も乗っていない。
「???」

ゴトゴトとトロッコに乗ってトンネルに入る。
ちょっと「ホーンテッドマンション」に入っていくようなドキドキ感。

トンネルの中はヒンヤリしている。
奥に行くとまたホームがあり、乗客はそこで降りて、歩いて観光するのだ。

真っ暗なトンネルの中、照明を頼りに銅山の中を進む。
あちこちに空洞があり、何やらしゃべりながら人形が動いていて、閉山になって40年以上経つのに、いまだに銅を掘っている(^^;)

しばらく行くと大きな空洞に出て、そこには部屋があり、ビデオ上映をしている。
ビデオは、結構新しくて、アニメーションがキレイだった。

表に出ると、外の世界が少し違って見える。
日の光っていいなあ~・・なんて。
当時の人の苦労などを感じてそう思うのかも

お土産を見たりしながら、ぶらぶらと通洞駅まで。
ちょうど正午になったが、どこかでお昼を食べていると12時半の電車に間に合わないかも・・

余裕がないのが苦手な私(主人はへっちゃら)、ランチは列車レストランまで行ってからにしよう。と提案。

早めに通洞駅に戻ってきた。
しばらくすると、下りのトロッコ列車が到着した。
私たちが乗ってきた「わっし~」より2輌多い、四輌編成のトロッコ列車だ。
みんながカメラで撮影しているので、主人に動画で撮ってもらったのがこちら~



ね、なかなか風情があるでしょう?

さて、我々はまた列車に乗り、次は神戸へ向かいます・・


長くなったので

つづく


| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世間はシルバーウィーク!  その① 高速?低速?ドッグラン

ドッグランだよ

誰が言い出したか
9月の連休は「シルバーウィーク」
たしかに
敬老の日があるし、
5月のゴールデンとかけてるし

言うよね~(はるな愛?)

座布団5枚!

そんなうれしいお休みだが
まさかこんなに「夏」が早く終わるとは思っていなかった我が家
まったくのノープラン(^^;)

しかも!
頼りの車さん入院中・・・
2ドアの軽しかない(-_-;)←無いよりマシだが・・

しかも
初日は私がちょっとした資格試験を受けることになっていて
旅行などは無し!

間際になるまでは、なんとも思わなかったけど
いざ明日から5連休・・・ってなったら

あ~、どこか行けばよかったな~って思っちゃう。

「そうだ、どっか行こう!」
思いつけばどこにでも行っちゃう我が家だけど
幸い・・というか
残念ながら・・というか

残暑が戻ったか、チッチを連れだすには若干暑い。

「こりゃ行かなくて正解だったね」
そう自分を納得させられる陽気だった。

えっへん!

そんなわけで
連休初日は、私が試験でおでかけ。
これはちゃんと結果がきたら、また書くかもだけど・・・
たぶん・・・合格だったはず

これが合格か不合格かで、残りの4日の過ごし方が変わるよねえ・・

2時間半もかかったから、帰ってきたらぐったり。
ほとんどなんもせず終わっちゃった。

2日目も、ごろごろしていたけど
おかげで、ラグビー日本代表の、歴史的勝利をテレビで見られた。
いや~
いい試合だったね。

実はこう見えて20年くらい前、大学ラグビーにハマった私。(←もちろん観戦)
最近はラグビーの試合を見ることもなかった。
ワントライが5点になっていて驚いたりしたけど・・・
良いプレイ連発だったのは、素人の私でもわかる。

気持ちよい勝ちっぷりで、気分が上がったところで

主人が「新しくなった高速のSAに一般道から入って、ドッグランで遊べるんだって、行ってみる?」
「行きますとも!」
まだ新しいよ

夕方近くなって、ちょっと気温も下がったし、チッチ連れて行ってみた。
お買い物時間で、一般道もちょっと混んでいたけど
ナビの言うとおりに
2,30分走ったら、なるほど、高速道路の脇道に来た。

元々はSAで働いている人用の駐車場なのかな?

チッチをカートに入れて、入っていくと、確かにSA~
行楽帰りのお客さんでごった返している。
サービスエリアって、その雰囲気だけでなんだかワクワクする。
どこも行かずとも旅行帰り気分。

まずは新しいドッグランに行ってみた。
大型犬エリアと、小型犬エリアが分かれていて、大型犬エリアはレトリバーさんたちが走り回っている。

ど~も~

チッチ君、大きなワンコの風圧で、吹っ飛ばされては大変なので、小型犬エリアに入ってみた。
元々、ドッグランに入っても走ることのないチッチだが
この日は珍しく、ランの端から端まで、ポテポテと歩き回った。

ノーリードでも、転ばずに歩けるようになっただけでも
つい目を細めてしまう。

冒頭に書いた資格、本当は2年前には受けているはずの試験だった。
当時、私にしちゃ結構真面目に勉強していたのに、なんで受けなかったんだっけ?って思い起こしたら
途中で、チッチのヘルニアが分かって、それどころじゃなくなっちゃったんだ・・・

夕日でチッチの影が長くなっている。
他の子にクンクンされて、お尻尾をパタパタとふっている。

また、こんな風にドッグランで遊べるようになって良かったねえ・・・

ひとしきりランで遊んだら、カートインで、お店の方へ
行列ができてると思ったら、アイスクリームだ。
栗ソフト~!

季節限定栗ソフトを買った。
チッチ用に、主人の手のひらにスプーンで落としたら、チッチのヤツ、ペロペロと舐めずにパクッと一気食い(^^;)
結構な量を食べちゃったよ・・・

産直野菜売り場を覗いたら、ほぼ完売状態・・・
そらそうだ、すっごい混みようだからね・・・

満足~♪

駐車場に停めるのも、高速の本線に戻るのも渋滞している・・・
それを横目に、また裏道に抜け、一般道で帰った。
(このパターン、この秋結構ハマりそう)

つづく

| チッチとお出かけ | 22:07 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長雨&台風(@_@)

この写真は日曜日。

夏が短かったのは、超暑がり犬のいる我が家には助かったが

連日の雨マーク

梅雨?秋の長雨?・・・ってか、もう既に「雨季」でしょ

日本列島亜熱帯化・・・(――;)

台風で大きな被害が出ている地域もあるようですが

皆さん、皆パグご無事でしょうか~???

これも主人実家、ケイトウが満開

我が家のあるK市も、テレビ観ていたら「避難勧告」って出ててたまげた・・・

雨戸の隙間から外を覗いても、そこまでではなさそうなんだけど・・・

ちなみに、K市といえど、広うござんす。

どこが避難指定地域なのか、もちっと具体的に言ってもらえまいか・・・

散歩行ってきたど~!

そんななか

我が家のチッチ君、今のところ散歩休みなし・・

昨夜も、「今日はさすがに無理でしょ~」っと
主人と車で近くのスーパーに買出しに行きかけて、ふと「雨雲レーダー」をみたら

30分くらい「降水0mm」ってなってる

スーパー行かずにUターン

玄関先に寝そべっていたチッチを抱き上げ、緊急カエル隊編成~

短い時間だったけど、ちゃんと歩けた。

こういう日は、チッチも心得ていて、短いコースで納得して帰ってくるから、犬ってやっぱ賢い動物だな・・・って感心しちゃう。

カエルさんごくろうさん

毎日洗っちゃ干しているカエルカッパよ、今日もご苦労さん・・・

あ、ちなみに、隣の茶色のマットは、風呂場でチッチの脚を洗うときの滑り止め
マットさんも、毎日ご苦労さんだね・・・

チッチの散歩ができると、なんとなく一日が丸く収まってしまう我が家であった・・・


引き続き雨の多い日が続くみたいだけど、皆さん気をつけてくださいね~

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:50 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パグあるある

ソファの上掛けを新調しました


コロ助さんに教えてもらって
最近ハマっているブログがこちら
http://menglish.blog.fc2.com/

何がいいって、イラストがすごくいい~
チッチにソックリ。

で、ネタもすごくいい~
パグあるある満載。

知らなかった~って方、是非見てね。

んでもって。

パグあるある。

って言うか

チッチあるある。

今朝、ちょっと面白い動画撮ったので、見てね。



・・・

私にとっては面白いのだが
「これのどこがおもしろいの?」って思うかも

解説しよう!

チッチって、私が持ってきたものにはなんでもすぐ入る。
カートやキャリーバッグ
ベッドや冷え冷えマット。

床に置くか、置かないかって時から、ソワソワやってきて入ろうとするのだ。

これって「パグあるある」なんだと思っていたら
キャリーバッグとか、絶対入りたがらない子も多いらしい(^^;)

そして寝る

それから

チッチの手が届くところで着替えはできない。
脱いだもの、みんな噛んじゃうから・・・
特にジーンズと下着や靴下
これは動画に撮りたいけど、絵面的にちょっと無理ね(-_-;)

皆さんのお宅のパグさんは
どんな「あるある」をお持ちでしょ~か??



《おまけ》

前の動画探してみたら他にもあった~






チッチが若い?そうでもないか・・・

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:26 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |