FC2ブログ

Chitchies

15歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

The walk way of summer

散歩行く?

もう6月
初夏である。

朝晩は涼しい風が入ってくるが
ランチタイムに会社の外に出ると、日差しが強い

つい心配になってWEBカメラで我が家の気温をチェックする。
既に数日、エアコンをかけた。

5月のチッチ。
足の調子はまあまあだった。

4月、悪い時に逆戻りしたかのような数日間はなんだったんだろう・・・
決してすごく良いわけでもないけれど
注意して歩けば、転ぶことも少なくなった。

24日のワンコドックも滞りなく終えた。
年相応の問題は依然としてあるし、何点か気になる所見はあるので、秋になったらもう一度血液検査をする。

その頃、チッチは11歳になっている。


一昨日、散歩をしていたら、時々すれ違って挨拶する犬友さんに
「あれ?ずいぶん(歩き方が)しっかりしてきましたね?」
そう驚かれた。

チッチと散歩していると
「あら~、かわいそう」とか
「わんちゃん、足が悪いんですね」とか

本ワン(と私)はノリノリで歩いている時に
「かわいそう」なんて言われちゃって
ガッカリしちゃうことも多いんだけど

この一言はすごく嬉しかった。
そう、チッチは毎晩、良く歩いている。

うんPの時だけ気をつけてやれば
よろけたり、シリモチをつくことも減ったし。
なにより、後脚に力がついてきた。

家の中でも、床で滑って後脚がパーっと開いてしまうことが多かったが
時々シュッとかっこ良く立っていると、若犬の頃のようで嬉しくなる。


痛感しているのは
「正しいリハビリ」の重要性。

昨年、何ヶ月も散歩ができず、すっかり脚力が落ちてしまった。

左右均等に筋肉をつけるのは難しく
どうしても悪い方の脚を庇うので、身体に歪が生じるのだ。


リードを短く持って、チッチを吊り気味に歩かせ
転ぶことが無いように、バランス良く歩くようにしているけれど

ノーリードでもよろけないようになるといいんだけどな。

本ワンは、散歩が楽しいらしく
私に怒られながらも、植え込みに頭をつっこんだり、段差を乗り越えようとしたり
好き勝手に動いている。


先週末

公園のドッグランの更新手続きをしてきた。
もともとチッチは、ドッグランがそんなに好きじゃないし
もう必要ないかも? と思いつつ

冬になる頃には、もしかしたらもっと良くなっているかもしれないと
ドッグランで他のワンコと遊べるくらいになっていたらいいなと

そんな期待を込めて
スポンサーサイト



| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 00:02 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |