Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

花見番外・・・

もう数年経ったらこの写真になりましょう

久しぶりにチッチとお出かけしたのが
すっごく嬉しかったので

今日は、前回ボツにした写真特集~!(?)

↑ この写真は、実は気に入ってるんだけど

なんだかチッチ、必要以上にジイさんだったので、前回ではボツ(-_-;)。
「君は翁(おきな)かっ!」
ってツッコミたくなったわ・・・^^;

何か変?

お次は、カートから生えてるチッチ
カートで移動の時、始めは興奮しているので、おっこちないように、幌を上げてたんだけど

その隙間からスボっ!と出てるチッチ。

おいしそうなお弁当ですね・・・

これが道行く人に、ミョ~にウケてたのよね・・・(^.^)

急に暖かくなって、あっという間に満開になったと思ったら
ここ数日は「花冷え」
やっぱり、せっかく咲いたのにもったいないと思うのかな。

家の周りの桜も、今まさに満開。
週末まで散らずにいて欲しいな。

そして、もう一枚。
「おっ」と・・・思ったのは
この写真。

主人のやつ、いつの間にこんな写真を?
(この写真、大きいサイズで見ないとわからないので、クリックして広げて見てください~)

サムネイルで見てね。

わかりますか・・??
特等席で桜鑑賞中のスズメさん。

いい写真だけど悔しいから前回は使わなかった(笑)・・・



暖かくなったり寒くなったり
皆さん体調管理にご注意くださいね
スポンサーサイト

| チッチとお出かけ | 23:59 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お花見2013

千鳥が淵2013


急に暖かくなって、どこもかしこもあっという間に桜だらけ。

毎年毎年
「あ、ここも桜だっけ」って思う。
通る道すがら、どこもアチコチ、一気にピンク色になる。

でも、今年は花見も諦めていた
今年は無理だろうなって思えば思うほど、なんとなく取り残された気持ちになってしまう。

先週末、主人は人間ドックの予約があったし。
天気もイマイチ

なによりチッチ君
まだまだ、お出かけは無理っぽい。

そこは似た者同士
我が家のご主人さんも、別に頼みもしないのに
「本当は花見に行きたいのか?」と言い出した。
「別に、今年はいいよ、遠くまで行かなくても・・・」

もちろん。
行きたくないと言えばウソになる。

結局、主人も私も、「満開は今週末」と聞いたら、ジッとしてはいられないのだ(-_-;)
日曜日の昼になってから車に乗った

行き先はもちろん千鳥が淵。

道は空いていたし、いつも激混みになる駐車場も少し待ったらすんなりおけた。
やはりちょっと天気が悪いからか、人通りもいつもより少なく感じる。

久しぶりのお出かけで、車に乗るまでは大興奮だったチッチも、カートに乗せたら大人しくなった。
例年ほどの人出がなかったので、カートを押していてもそれほど邪魔にはなっていなかった(と思う)

カートの幌から、チッチがピョコっと顔を出して、キョロキョロとしているのを、すれ違う人が笑っている。

千鳥が淵2013その②

千鳥が淵の何が好きって、理由は2つある。

桜の木がどれも古くて大木だということ。
どっしりと大きな樹に、こぼれるほどの花がついているのだ。

もうひとつは、宴会をやっていないこと。
ここでは、シートを広げるのも、歩きたばこも禁止されているのだ。
ベンチでお弁当を広げている人もいるけれど、皆さんとてもマナーがよい。

どんちゃん騒ぎがメインじゃなくて
純粋に「満開の桜を楽しむ」人が集まっている気がする。

昨日は昼でもちょっと寒かった。
お堀に向かって太い幹が垂れさがっている

ここの桜を見ないと、やはり春が来ない気がする。
(ブツブツいいながらも、連れてきてくれた主人に感謝である。)

さすがに今年は、持ち上げチッチは自粛・・・(腰に悪そうだからね^^;)
枝がお堀に向かって、いい感じに下がっているところを見つけて、チッチを抱っこして記念撮影した。

いつもなら、お花見の後、あちこち寄り道をするのだけど

遅く出てきたこともあって、この日はどこも寄らずに、まっすぐ帰った。

夜になって、主人とチッチが寝ちゃってから、この日撮って来た写真をPCに落としてみた。

空は曇っていたし、サクラを背負ったチッチの写真はほとんどない。

でも、チッチのこの写真を見て、泣きそうになった。


チッチはいつでも、私や主人をこんな目で見ているのだ。
どこにいても、何をしていても
こんな真っすぐな瞳で
完全に、信じきった瞳で

こんな風に見られたら
何を犠牲にしても、お前だけは守ってやりたいと
心からそう思うよ。




≪おまけ≫

カートで移動中のチッチ君、動画でどうじょ~

| チッチとお出かけ | 00:48 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三寒四温

これはお昼寝中のチッチ

急に暖かくなって、ついに桜が咲いてしまった。

我が家のチッチ君。散歩制限も終わり、少しずつだけど、外を歩くようになった。

振り返れば、まる2カ月以上、まともに散歩していなかったので、脚がすっかり弱ってしまった。
人間だって、1カ月入院したりすれば、普通の生活をするのは大変だ。

「少しずつ、歩くようにして、後足の筋肉をつけるようにしてください。」

お医者にはそう言われて、張り切って毎日散歩させていたら、疲れてしまったらしく、先週末は調子が悪そうだった。
慌てて、2日休み。今度は1日置きに散歩することにした。

このペースだと無理はないのだが、散歩に行かない日をチッチに納得させるのが難しい。
不思議と、全く散歩させなかった時期は、チッチも散歩を要求しなかった。
ところが、1日おきにしようとすると、帰ってきても期待しているので、なんだかかわいそう。

そこは心を鬼にして「今日は行かないよ」と伝える。
ご飯を食べてしまえばもう、納得してちゃんとトイレで用を足す。

チッチは本当によくわかっている。

家の中で過ごす時間が長いと、私や主人の動きに敏感になるのか、こちらも不用意に動かないよう注意が必要だ。

特に、そろそろ寝ようかな、という時は大変。
先回りして、イイコにおしっPすると、リビングの扉をバリバリする。
そして、階段の下でピイピイ鳴きだす。
これでもお迎えに行かないと、ピイピイがワンワンになる。
まだ完全でない脚で、ドタバタと走りまわるので危ない。

保護色ベットがお気に入りなのだ

昼間だって寝ているくせに、布団で寝るのがそんなに楽しみなのか。
寝る前にちょびっともらえるビスケット目当てなのか

毎晩こんな風だから、まだ寝るつもりがなくても、チッチのために布団に入ったりしてしまう。

せっかく一緒に2階にあがっても、暖かくなったので、チッチは布団に入ってくれるわけでもない
それどころか、布団の上でこちらにオシリ向けて寝ちゃうから、別に一緒に寝なくてもいいと思うんだけどね。

最近の決まり事として、後から寝た方が、チッチと朝まで一緒に眠れる。

私とチッチが先に寝ると、後からやってきた主人がチッチをそっと連れて行ってしまう。
(我が家では「強奪」と呼んでいる^^;)
主人曰く、寝入りばなのチッチは「マジ寝中」で、強奪してもそのままの体勢で寝ているらしい。

前にも書いたが、夜中のチッチは本当に熟睡している。
5時までは、誰かがトイレに起きても、チッチは起きない。
これが5時過ぎだと、朝ごはんが待ちきれなくてジタバタと起きてしまうので、寝不足になる。

夜中、ふと目が覚めてしまって
「やばっ、今、何時??」
そっと目覚ましを見て、5時前だと、ああ良かった・・と、非常に幸せな気持ちになる。
5時過ぎだと「シマッタ!」ってなる。

こんな風に、我が家のタイムテーブルはチッチ中心に回っているのだ。

三寒四温

昨日は夏日だったけれど、明日は冬に逆戻りだそうだ。
明日は久しぶりにチッチが布団に入ってくれるかもしれない。
そう思うと今から、明日の夜、一緒に寝るのが楽しみな私である・・^^;

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 22:30 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

We go to JAXA!

ボクはまた留守番だよ(-
(↑この角度のチッチも好き^m^)


3月。

私達家族の中で、一番のチビスケ、主人最愛の甥っ子(下)も、ついにこの春、小学校卒業である。
先日、一緒に中学で使うジャージや上履きを買いに行った。
最近は学生鞄も学校指定のナイロン製の物なんだね~
私が中学の頃は、重い革の学生鞄だったけど・・・

上履きも、昔みたいなズックじゃなくて、普通のスニーカーだし・・・

制服は相変わらず学ランなんだ~っ・・・て思っていたけど
昨今のは、形状記憶素材で、軽く丈夫にできているそうだ・・・

買い物の後は、実家で皆で食事。
その時に、春休み前に一緒にJAXAへ行こう!って約束をとりつけた。

甥も、宇宙兄弟を読んでいるので、去年は映画もつきあってくれた・・(^^)v
(↑叔母さん、せっせと刷り込み中・・^^)

ここで六太たちも記念撮影してたよ。

JAXAも、甥が行きたいと言えば、主人が二つ返事で連れて行ってくれる(←私だけだとこうはいかない)
つくば学園都市まで、我が家からは高速ならスグだ。

電話で聞いたら、土曜日は「ロケットコース」という見学ツアーがあるそうで、13時の回を予約した。

こんなところにも・・・

早めについたので、つくば駅前のショッピングモールで昼食をとり、いざJAXAへ!

門を入る前から、宇宙兄弟に出てくるのと同じ建物、ロケットが展示してあるのが見える。
「おお~、漫画のまんまだ~!」
一人でテンション上がっている私・・(^.^)

JAXAのインフォメーションにもでっかい看板が!

まずは、六太達も記念撮影した角度で甥っ子と記念写真。
見学ツアーまで、展示室を見て待った。

宇宙服を着て(ウソ)星出さんと記念撮影もできるゾ!

ビックリしたのが、宇宙飛行士のプロフィール等が書かれているパネルを見ていて
甥っ子が一人の写真を指差し
「これ、友達のお父さんだ・・・」と言いだしたこと。
なんと、去年まで同級生だったらしい。

お父さんがNASAで訓練のために、渡米するとかで、去年転校しちゃったんだって・・・
我が家があるK市はつくばから近いから、そんなこともあるんだね~

「えーっ!すご~い!」
ビックリ&大騒ぎの叔父さん夫婦・・・(←ミーハー^^;)
予想外(?)にウケてちょっと甥っ子も誇らしげだった・・・

主人や甥っ子はコレやりたがらない・・(^_^;)私だけ・・

13時少し前に「視聴覚室」に入る。
ビデオ上映の後、ロケット打ち上げ時の音響を聞くことができるというもの。

視聴覚室といっても、普通の会議室にプロジェクターとスクリーンがあるだけ・・^^;
それでも、いつのまにか会議室いっぱいにお客さんが入った。

真面目で堅そうなお兄さんが緊張気味に解説と司会進行をしてくれる。
ビデオの後は展示室で、展示物の解説を聞く。

さっきも自由に見て回ったけど、説明を聞くと「なるほど、そうだったのか!」ってことばかりで、あらためて目の前の展示物の価値を知ったりして、なかなか面白いツアーだった。
ハリボテだと思っていた人工衛星・・全部ホンモノだそうだ・・・(シツレイシマシタ)

展示室はこんな感じ。

終了後はお土産コーナー・・ここでうさぎオバちゃんまたもや大興奮!
宇宙兄弟グッズが色々あるのは知っていたけど
NASAコラボのスヌーピーまであったのはシビれたわ・・^^;(欲しかったけど買わなかった・・・(T_T))

甥っ子は宇宙食のアイスを買った。

それにしてもJAXA・・
さすが、国の研究機関!っていうべきなのか、商売っ気なさすぎ~(笑)
駐車場も入場も無料だし、見学者用のレストランとかないし・・・
お土産を買わなければ、お財布要らないのよ・・・

そんなわけで・・

ちょっとお茶して帰ろうにも、そういう施設がどこにもなかったので、結局、地元まで帰ってきて
ファミレスで甥っ子にご馳走して帰った。

やはりチッチのことがあって、遠出する気にはなれないんだけど、
久しぶりに楽しいお出かけだった。

中学に入ったら部活も始まるし
甥っ子もあまり遊んでくれなくなるだろう・・
当たり前だけど、ちょっとサビシイ・・・

そして、私の戦利品(笑)
宇宙食、ショウガ焼き定食とか欲しかったんだけど・・・

宇宙食のアイス、食べてみたけど
甥っ子の感想「超びみょ~」だそうです・・^^;

| トライ・トラベル・トラブル | 00:12 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

My Home One Dog

ボクは元気だよ!

せっかく我が家の大好きな季節だったけれど
チッチのヘルニア治療にかかりっきりで
今シーズンは何もしなかった。
外に出ないから、写真もほとんど撮っていない。

ブログのネタもないし
主役が不調だと、これほど何もない毎日なのかと驚く

いったいチッチが来る前ってどうしていたのかな?
思い出そうとしてもよく思い出せない。

昨日だか、主人が言いだした

「俺やお前は、会社行ったり自由に出かけたり、俺なんか単身赴任で何年もいなかったりしたけど、チッチはず~っと家にいるんだよな」

はじめ「何を酔っぱらって言ってるの?」って相手にしていなかったけど
繰り返しそう言うので、その言葉をもう一度かみしめてみた。

生まれて4カ月で我が家にやって来たチッチ。
私や主人と出かける以外は、ずっとこの家の中にいるわけだ。

一日多くても1時間の散歩や
ちょっとしたお出かけで半日。
旅行に行ったとしても年に数日。

それ以外はずっと、この家にいて、小さなスペースで生活している。

最近はこのベッドがお気に入り

うちに来てくれたことがある人はご存知だが

我が家のリビングは、チッチの「小屋」化している。
大きなケージがあって、チッチのトイレスペースがあって
チッチのベッドやボードがあちこちに置いてあって。

でも、家で過ごしているパーセンテージから考えたら、占有率はチッチがダントツ1位だ。
チッチ小屋化していても、当然っちゃ当然だったんだなあ・・・

チッチはうちの子になって幸せなのだろうか?

9年間、

ずっと問いかけ続けていた質問に

チッチが答えるわけではないけれど

少なくとも

チッチが待っているから

私や主人も家路を急ぐ。


たとえ

旅行に行かなくても、遊びに行かなくても

チッチさえ元気でいてくれれば
私や主人の毎日は、
それでとても幸せなのだ。

| ひとりごと | 22:43 | comments:16 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |