Chitchies

13歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

がんばろうワタシ

良く寝てるなあ

余震や停電の心配もだけど
先週からこっち、色々ありすぎて
クタクタだ。

おまけに
どこかで捻ったらしく、チッチを抱っこしようとすると右腕が痛い。

怖さや不安は、負の連鎖となって
なんか、周囲もみんな苛々しているようだ
悪く言ったつもりじゃないのに、そう取られていたり。
そんなんも、すごく疲れる。

外にいるときに、何かあったらどうしよう。
また、帰れなくなったらどうしよう。
そう思うと、会社に行くのもイヤ。
出かけるのもイヤ。

ひたすら家で、チッチと一緒にいたい。

そんな風にすごく
ネガティブになっていたときに。
パグ友さんからメールをもらった。

被災地で頑張っている人に
自分達にできることをしませんか。という呼びかけ。

避難所生活を余儀なくされている子供たちにも
もうすぐ新学期がくる。

今日、会社の昼休みに、文具店に行き。
持てるだけキャンパスノートを買った。
会社で呼びかけたら、子供服を持ってきてくれるという人がいたので
それと一緒に、気仙沼に送ることにした。

誰かのためにと思う気持ち
でもそれは
自分のためにやっていることかもしれない。
今はそれでもいい

それですこし、前を向けるなら
スポンサーサイト

| ひとりごと | 00:09 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宇宙兄弟13巻

限定版はアポちゃんのフィギュアつき!

明日も仕事だし。
今日はなんだか余震が多いし。

早く寝ようと思っていたのだが。
うれしくて我慢できず。

宇宙兄弟13巻をゲットしたのだ~
にゃんと、13巻の限定版はパグのAPOちゃんのフィギュアつき。
リアルパグって、下手すると怖いのだが・・
これはすごく可愛くできてた~(^O^)/

ホントは23日(今日)が発売日。
予約しておいたら会社の近所の有◎堂さんが電話をくれたのだ。

ちょっと半日くらい早めにゲットしただけなのに。
今夜久々に、ちょっと幸せな私です。

↑ガキだね~^^;

≫ Read More

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 00:34 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ノーマルモード

チッチ君、この日は寒かったのでベベ着てます。
自宅待機のまま3連休に突入して
5日も休んでしまった。
でも、どこも行かず、何もできなかった。

せっかく家にいるのだから、と思うのだけど。
身体が動かない。
ボーっと夕方になるまで何もしない日もあった。
チッチの散歩で、ようやく外に出る始末。

食材の買い出しはチャリで行かれるところだけ。
少し早めにスーパーに行けば、大概のものは入荷している。
食パンも買えたし、牛乳も大丈夫。
逆に、あると嬉しくてつい買いすぎるので、あまり早い時間に行かないようにした。

計画停電は5グループなんだけど。
何故か、我が家は停電していない。
近くに大きな送電線があるから(私の説)とか
警察の施設が近いからとか(ご近所さんの説)とか
諸説あるのだが
「停電するかも?」と身構えていて、電気がついているのも、妙に落ち着かない。

ついさっき。
1時間くらい前、結構揺れたけど
もう、ニュースにもならない。

明日電車はちゃんと動くのか。
早めに行った方が良いのかしら?

震災から10日経ったとテレビで言っていて驚いた。
あっという間だ。

毎晩お湯を沸かしてポットに入れていたのに、今日は沸かしていないぞ。
こうして、緊迫感が薄れて行くのか。
慣れることは悪いことではないが、油断は良くないよね。

チッチは私がずっと家にいたので、すっかり甘ったれになっている。
明日から留守番犬に戻れるのかね?君は・・・

いや、逆だな。
チッチを留守番させて、ちゃんと会社に行かれるのかね?私??

普通の日々を普通に過ごすために。
今、すごく勇気が必要なのだ。

| ひとりごと | 23:52 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Go ahead!

チッチは元気ですよ!

震災から1週間。
だんだんと分ってくる現実。

停電による交通マヒもあって、私の会社は、ついに今日から自宅待機。

今夜は寒波による電力需要の拡大によって、さらに逼迫した状態になり。
経済産業省からさらなる節電を呼び掛けられ、都心部の主要駅は帰宅時はパニックだったようだ。
つくづく、今日あの場にいなくて良かったとテレビを見ながら胸をなでおろす。

東北地方にいる友人達全員の無事が確認できるまでに5日かかった。
会社の同僚達にも郷里が岩手や宮城の子もいて、みな心配している。

私達には無事を確認したい人がたくさんいる。

東北が大好きで、何度も旅行で訪れた
主人が仙台に赴任していたこともあった。
いつも使っていた仙台駅のホーム、メチャメチャだ・・・

宮古の船着き場にいたオジサン達は無事だっただろうか。
船に乗る時、チッチのカートを乗せるのを手伝ってくれた。

北山崎に行く途中、田老町は壊滅状態。
北山崎のお土産屋のお姉さんはどうしているだろう。

あの時出会ったあの人は?
みんな、みんな、どうかご無事で

そして

せっかく命が助かっても
避難所の生活は日々我慢の連続で
今夜など氷点下になろうかというのに
灯油が底をついているそうだ。

県外の親戚に身を寄せたくても
そこまで行く手段がない
たとえ車があってもガソリンが無い

なんでガソリンがすぐ届けられないのかと憤りを覚えたけれど。
今回の震災は被災範囲が広すぎて
道路が寸断されてタンクローリーが通れないのだそうだ。
津波で港がメチャメチャで、タンカーが接岸できないのだそうだ。

6号から北上できないので、北陸から青森を回って、被災地に届けるルートを整備しているらしい。

夜になっても暗い道路で
雪の降る中、がれきの撤去作業を続けている人の映像をみると
何もできない私が、何も言うことはできないことがよくわかった。

会社に来た宅配業者のお兄ちゃんに
「早く東北に荷物送れるようにしてよ」と言ったら
宅配のお兄さん達も、たくさん行方不明になっているのだそうだ。

そんな風に考えていなかった。

テレビの報道だけを鵜呑みにして
頭でっかちになっていた自分を恥じた。

ごめんなさい。

皆、できることはやっているのだ。
ならば今、自分にできることはなんだろう。

それは、ほんのささやかなことなのかも知れないけれど。
自分だけと思わず
皆でやっていると思えば、大きな力になるはずだ。

要らない電気は消す。
電気だけではない。
ガスも節約。
水も節約。
汚水を浄化するのには、電気が必要だから。

暖房もできるだけ使わず。
一枚多く着ればよいのだ。
使う時も設定温度を低めに。

車は使わない。
買いだめはしない。
物資を送りたいと思うなら、その分募金を。

今夜にも、ガソリンや灯油を乗せた車が北へ向かって走って行くはずだ。
夜通し眠らずに
運転している人のことも忘れないで!

ファイト!



≪募金について≫

銀行に振り込みに行ったりしなくてもできる募金もあるようです。
楽天ポイントやTポイントなどを募金に振り替えることもできるようです。

くわしくはこちら

被災地のペットへの募金はこちら!

(財)日本動物愛護協会

| ひとりごと | 01:01 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ありがとうございます。

3月11日金曜日の大地震の後、メール、ブログのコメントなどをいただいた方。
御心配頂いた皆さん。

本当にありがとうございます。

我が家は千葉県北西部ですので、金曜日の震度は6だったようです。
私は秋葉原の会社にいましたので、体験したのは震度5でした。

仕事上、ほっぽりだして家に帰るわけにもいかず。というより、状況がまったくわからず、まさか本当に家に帰れなくなるとは思わなかったのです。

歩いて帰ると言って、半数以上の社員が帰って行きました。

私も、自宅は遠くて歩けないけれど、実家ならなんとか行けそうだなと、悩んだのですが
会社に泊まった方が、翌朝家まで帰るのに近いことや、会社の中が電気も水道もきていて、比較的安全に、快適に過ごせることもあって、会社に残りました。
早めに買い出しをしたので、食べるものも飲み物もあったし、仲間もいたので不安を消すことができました。
恵まれていたと思います。

インターネットは見られるし、携帯電話も充電しながら使えたので、早い時間に主人や家族と連絡が取れ、主人は夜のうちに自宅に戻れそうだ、ということもわかり、チッチのことは主人に任せることにしました。

それでも、主人が家に着き、チッチの安全を確認するまでは、気が気じゃなかったです。

電話も2~30回かけてやっとつながるような状況だったのですが、20時30分ころ、主人が家に着き、家の中も大丈夫、チッチも無事。と聞いて、まずはホッとしました。

テレビやネットで、災害の大きさを目の当たりするにつけ、眠れぬ夜となりました。
同僚の家族や、友達の実家。私自身も大切な友達が何人もいます。
現実に日本で起こっていることとは信じられませんでした。

どうか無事でいてほしいと、早く安全で暖かいところに。
今、思うのはそれだけです。

翌朝7時からJRが動くというので、6時に会社を出て、上野駅で始発列車に乗りました。
電車がホームに入ってくるまで1時間以上並んで、発車まで2時間待たされました。
そして、普通なら30分で着くところ、2時間近くかかって、最寄駅まで帰ってきました。

大災害が起こっているなんて、信じられないほどキレイに晴れた空を仰ぎながら
チャリを漕いで家に帰りました。

玄関を開ける時、どんなに苦労しても、家に帰りたい皆の気持ちがよくわかりました。

明日はまた会社に行きます。
ありがたいことに、主人の会社は臨時休業になったので、チッチのことは主人に任せて行きます。

群発地震はまだ予断を許さぬ状況です。

電力不足や物資の不足も深刻となっています。
できることはなんでも。ちいさなことでも
協力し合って乗り越えましょう。

どうか皆さん、くれぐれも気をつけて。

ブログの更新はしばらくお休みします。
お返事ももう少しお待ちください。
どうかご理解ください。

本当に、ありがとう。

| 未分類 | 00:41 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

遠足日和 ②

パグの看板が目印です。かわええ

かな~りライトな(^_^;)登山を終えて、次に向かったのは津久井湖。

この日、高尾山に行こうと地図を見るまで気づかなかったのだが、パグ界では結構有名なドッグカヘ「Dog Paradise」さんがここから近い。
津久井湖にあることだけは知っていたし、私は高速を運転できないので、誰かに連れてきてもらわないと来られない。
いつか行ってみたいな~っと思っていたのだ。

主人に話すと、場所がわかるなら寄ってもいいよ。という。やった~(^o^)/
そこはネット時代、携帯で検索するとすぐ住所がわかった。
ただ、地図でみると、番地までは出ていない。

近くまで行って、わからなかったらお店に電話して教えてもらおう・・・
そう話しながら、クネクネ道をもどり、津久井湖方面へ降りて行く。

だんだん道が細くなってきて、心細くなってきた。

「だめだ、電話してみよう」と言い出したその時
「あそこじゃないの?」

壁に大きく「dog paradise」と書いてある。
(この看板が無かったら、一生たどり着けなかっただろう。)

こんにちは~

扉を開けたら、いきなりパグさんのお出迎え・・・
彼らはもしや!
そう、ぷるのすけさんのブログで良く登場する、ヤマトくん、ムサシ君、イオリちゃんだ。
何枚も撮ったけど、全部ブレてた・・^^;

オーダーをするときに、ふとみると、ぷるのすけさん作のパグ帽子をアレンジした籠が飾ってある
「うちのチッチ、こんぶちゃんと親戚なんですよ・・」
そう話したら、話は早い。
先月、大雪の中伊豆に行った話もご存知で、話がはずむはずむ・・・
たまたま、他にはお客さんがなかったので、お店の方と色々お話しさせてもらった。
チッチ君、まったりしてます。

始めはガウガウと、チッチを警戒していたヤマト君達も、しばらくしたら慣れてくれた。

チッチとお揃い、お多福さんのツナギ

チッチとお揃いのつなぎを着ているヤマト君。

ムサシ君

ゆりかご椅子でマッタリしているムサシ君
(うしろに、ぷるのすけさんの作品が並んでいるのがわかるかな?)

カメラを向けると近づいてきちゃう・・・

カメラを向けるとすぐに近づいてきちゃうので、こんな写真ばかりだったイオリちゃん。(ごめんね)

メニューもどれも美味しそうで、しかもリーズナブル!
高尾山でお蕎麦を食べたくせに、ホットサンドを作ってもらった。
アツアツのチリソースが入っていて美味しかった。

チッチには馬肉のポトフをオーダー。
ポトフ。メチャウマだったよ!

帰る時に、テラス席で、チッチの写真を撮ってくださった。

チッチ、このゆりかご椅子が気に行った様子・・・


アジアンテイスト(バリ風?)の素敵な店内と、広い室内ドッグラン。
ずっと気になっていたので、来られて良かった~
今日はランでは遊ばなかったけど、今度お友達と来たいなあ。
ドッグパラダイスさん、お邪魔しました~♪

さて。
既に3時だし、そろそろ帰路に着いても、今日は満足!
でも・・・こうなってくると欲もでる。(←まだ??)

今まで、日帰りのお出かけで、この辺りには来たことがなかった。
パグ友さんの話を総合すると、まだまだ寄ってみたいところが・・・

そう、アウトレットだ。(^^;)

アウトレット好きの私としては、噂に聞いている「犬にやさしいアウトレット」
一度は行ってみたいよね~(^^)v

ちゃんと話を聞いていない私は、場所も名前もウロ覚え。
こんなことなら、もっとちゃんと調べてくればよかった。

また、携帯で検索すると、南大沢の三井アウトレットパークがここから一番近いとある。
「??そんな名前だったっけかな?」

あまりモタモタしていると、主人に
「わからないなら帰るぞ」って言われそうだし。

「南大沢にお願いします」

後で、帰ってからわかったのだが。
ぷるのすけさんが「犬に優しいアウトレット」って話していたのは
南町田の「グランベリーモール」だった・・・(^_^;)
(名前は覚えていたけど、アウトレットじゃなく、普通のショッピングモールだと思っていた)

でも、南大沢も結構好きなお店も入っていたし、カートインなら、店内までチッチも入れたから、ゆっくり買い物できた。
決算セールで通勤用の靴をゲットできたから、この日のお出かけは大成功!ってことにしておこう・・

帰りの車の中、私の膝の上でチッチは爆睡。

ああ、チッチとお出かけは楽しいね。(買い物も楽しいが・・・^^;)

それにしても、我々中年夫婦、もうちょっと体力つけないと・・・
遠足の小学生に負けてちゃ、ちとマズいよね。

| チッチとお出かけ | 23:13 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

遠足日和 ①

スカイツリーも見えたよ~
3月に入ると焦ってくる。

日中、15~16度でも、暑がるチッチ君。
一緒にお出かけを楽しめる季節はあと少し・・

土曜日の予報。晴、最高気温11度。
主人に「どこか連れてってよ~」とねだる。
「どこかって、どこだよ」
「それは、これから考える」
「なんだそりゃ」

主人もチッチとのお出かけシーズンが終盤に差し掛かっていることは承知している。
「ま、明日。起きられたらな」

こういう日はぴたりと目が覚める。
時計をみたら、ジャスト6:00am

「6時ですけど~」
主人も目が覚めていたようで
「よし!じゃどこか行くか!」

候補は何箇所かあるのだが、東名はいよいよ河津桜で混むだろう。
首都高速の渋滞はもう始まっているようなので、そんなに遠くは行かれない。
「高尾山に行ってみない?」
「高尾山~?」

実は3日に、人間ドックを受けた時。
待ち時間に読んでいた雑誌に「都心から日帰りで楽しめるパワースポット」がいくつか出ていたのだ。

hanako 保存版
(パワースポットなるものに、特に関心があるわけではないが、この雑誌の内容が充実していておもしろかったので、後で楽天で注文した。)

その一つが高尾山。

なんでも、ミシュランガイドだかに選ばれたらしく、今、人気急上昇中なのだそうだ。
「山ガール」なる人種が出没し、日々賑わっているらしい。

だが
実は、高尾山。イメージは、あまり良くない。

まだマンモスが歩いていた小学校時代。
高学年の遠足と言えば高尾山だったのだが。
楽しみな行事になると、興奮して熱を出す子供だった私は、高尾山遠足。行かれなかったのだ。

家族でも行ったことがあるようだが、記憶にない。
あまり、私のことを歓迎してくれていない気がする。

ネットで調べたら、ケーブルはキャリーがあれば犬OKらしいし。
子供の遠足で行かれるくらいだから、それほど体力も必要ないんだろう。
昔からご縁がありそうでなかった高尾山。
リベンジしたいじょ~

あまり乗り気じゃなかった主人だが、他にアテがあるわけでもなく。
「まあ、じゃ行ってみるか、場所調べろよ」

着きました!高尾山~

何度も言うが、我が家の車にはナビがない。
「八王子で降りりゃいいんだろ?」
ようやく渋滞を抜けて、快適ドライブになった頃、主人が聞く。

「うーん、でも、なんか微妙・・・」

高尾山入口は、中央道の八王子よりも、一つ先の相模湖東で降りて戻ったほうが近そうだ。

へえ~高尾山と相模湖ってこんなに近いんだ~
東京生まれのくせに、東京の地理に弱い私である。

東京都は埼玉県と神奈川県に挟まれるように、東京湾から内陸に向けて落花生のような形でビローンと横たわっている。
高尾山は東京都だが、相模湖は神奈川なのだ。

地図上のイメージと、車で走る印象はまた違う。
相模湖東で高速を降り、クネクネした山道を戻っていくのだが、クネクネの途中でいきなり「高尾山入口」に出た。

「あれ?ここか~?」

今や旬なスポットで、やたら混んでいるという噂だったが、特に混乱もなく駐車場に入れた。
ケーブルカーに乗るために、ワンコリュックを出して出発~
すると・・・

にゃんと、ケーブルがこの日まで整備のため運休だって~??・・・
ひょっとして、土曜日なのにそれで空いてるの?
まさか歩いていかないと上がれない?
ここまで来て、山の神様はやっぱり私を拒絶するのか?(←大袈裟)

「いえ、リフトなら動いております」

ケーブルカーと並行して2人乗りのリフトがあるそうだ。
リフトでもなんでもOKです!歩いて上るのでなければ・・・!
乗車時間は倍、お値段はケーブルの半額
「いいじゃないかリフト!、倍も乗れてしかも半額なんて!」
(↑主人のこういうところ、結構笑っちゃう・・・)

リフト乗車中のチッチ君、後ろアタマがかわええ・・

早速往復チケットを購入、チッチをワンコリュックに入れて、リフト乗り場に・・・
リフト乗り場へは、ケーブルの乗り場の横から、急な階段を上がって行く・・・
(この階段だけで既に大汗をかいている私である)

ようやく赤、青、黄色のリフトに乗車~
スキーに行かなくなって久しく、リフトなんて久しぶり~♪
チッチはわんこリュック前抱きで、私の膝の上。(動画です)


約12分で山頂駅へ・・・
下界より少し寒い?

東京の景色が一望だ。
写真には写らなかったけど、遠くにスカイツリーまで見えた。

景色はすばらしいが・・・

この間テレビでやってたような、お店がないなあ・・・

リフトは、ケーブルより少し手前で下りているらしい。
緩やかな坂道を、ゆるゆると上って行くと、天狗焼きやら、クルミ餅を焼いているお店にでた。

「ところで、どこが頂上だよ?」

リフトでもらったイラストマップをみると、山頂までは色々とルートがあるらしい・・・

でも、え?
山頂まで1時間30分?

ちょ・・け・・結構あるのね・・・(^_^;)

てっきりケーブルやリフトで、頂上まで楽して登れると思っていた私である。

どうする?

最近、すっかり運動不足な主人も「うーん、結構あるな~」とブツブツ・・

一緒にリフトで上がって来た人たちは、当然のように坂道をどんどん上がって行く。
そらそうだ、皆な高尾「山」に来たのだから・・・

ひっぱりダコと記念撮影

「ま、まあ、途中まで行ってみようぜ」
タコ杉を通り、古い鳥居をくぐる。
薬王院くらいまでは、なんとか辿り着きたい。

すっかり身体のなまった40代夫婦・・・
元気なのはチッチだけだ。
苦手な階段がたくさんあるのよ・・・

やっと中腹にある薬王院本堂に到着。
ここから山頂へは、さらに急な坂道を30分以上あがるそうだが・・・

途中、急な階段を代わる代わるチッチを抱いて上がってきたので、腕がプルプルしてきた。

「道も細くなるし、チッチも疲れてるよ」

チッチのせいにしてリタイアである・・・(^_^;)

山頂方面、写真だけ・・・^^;

高尾山には天狗が祀られているようで、あちこちに天狗がいる。
天狗焼きを買って、リフトで食べながら降りてきた。
天狗焼き、切れっぱしをチッチにたくさんくれた。

ちょうどお昼時。
朝ごはん抜きだったので、二人ともお腹ペコペコ。

実は、駐車場のおじさんに、後で寄る(お蕎麦屋さんの駐車場だったのだ)と言っちゃったので、山頂・・じゃない、中腹では食事せずに降りてきたのだった。

僕にもちょっとちょうだい?(ダメです)

ここまで我慢したのなら、内心、次の目的地まで我慢したい私だったが、主人が我慢できるハズがなく。

大盛り天ぷらそばを食べた。

チッチを見て、お店の人が、駐車場の待合所までお蕎麦を運んでくれた。
おそらく、以前はお蕎麦の立ち食いスタンドがあったらしく、テーブルとイスがひと組置いてある。
そこなら、チッチと一緒に食事ができるのだ。(ようするにテラス席?)
見よ、このてんぷらを!

天麩羅のエビも大きかったが、天かすが山盛りになっていてビックリ。
登山の後なので(途中リタイアのくせに)しょっぱめのおつゆが美味しかった。


≪その②へ続きます・・・≫

| チッチとお出かけ | 23:44 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |