Chitchies

13歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

春の深大寺へ(その②)

完璧に「マテ」ができるマメちゃん。いいこ!

さて、深大寺

今回は、プランニングは、皆さんにお任せで、私はただチッチと一緒にくっついて行くだけで良かった。
今まで、友達や主人と旅行やら宴会やらと、比較的計画を立てたり、連絡を取ったり。段取りを決める方にまわることが多かった私である。(←根っからの総務屋^^;)

こと、パグ友さんとのお出かけだと、こうやってラクさせてもらえることが多い。
実はこのことが、すごくうれしい私である。

プランを立てる方は、時間や移動距離や、立ち寄るお店の場所や営業時間まで、細かく調べてくださっていて、本当にありがたいなあ、と感動してしまう。
鬼太郎のお店がある

深大寺の境内を一回りして(チッチは罰当たりな行動(-_-;)に出そうなのでスリングイン)
お土産物屋をブラブラ冷やかしていると、楽焼のお店の前まで来た。

つきさんから深大寺はどう?ってメールをいただいたときに、お勧めスポットやドッグカヘを色々調べて送ってくれた中にあったお店だ。

「あ、ここ、肉球スタンプを焼いてくれるとこじゃない?」
「やってみる?」
「うん、入ろう入ろう・・・」

犬連れなんですけど~、と断ると、奥の席を用意してくれた。

楽焼って、観光地などで見たことはあるけど、やったことがない。

要領をお店の人が説明してくれる。
下焼きしてある陶器の中から好きなものを選び、それに自由に絵をつけると20分で焼きあげてくれる。というのだ。
ワイワイ言いながら下地になる陶器を選ぶ。

私ともちゃんさんは丸いプレート、つきさんは丸いお皿、みほみほさんはハート形の小物入れをチョイス。
席に戻り、まずは愛犬の足形スタンプに挑戦。

萬君スタンプ中~

抱っこして足を拭き拭きするあたりまでは、みんなおとなしくしているが、顔料を染ませた筆を肉球に持っていくと「いや~ん!」となる。
その姿がかわいくて大笑い。

コジくんもスタンプ中~


チッチも、初めは不思議そうに身を任せていたが、くすぐったいのか、肉球が濡れて気持ち悪いのか、身体をよじらせて抵抗しだした・・・

ハイ、ぺったん。

「チッチ、ほら、イイコイイコ、ぺたっとね、一回だから(実際は4回やった)」
なんとかなだめつつ、プレートに足跡ペッたん。

できました~

あとは、色とりどりにワンの名前を書いたり、日付や、挿絵を入れたりして、お店の人に焼いてもらう間外をブラブラ。
時刻はそろそろ5時をまわるかという頃、お土産屋やお団子屋さんは既に店じまいを始めている
お茶でも飲もうか?と思ったが、どこももうおしまいらしい。

初めて知ったのだが、ゲゲゲの鬼太郎で有名な水木しげる氏は、深大寺のある調布市の名誉市民だそうで、ゲゲゲの鬼太郎グッズのお店があったが、ここもカフェ(?)は店じまい中・・・

ネズミ男と鬼太郎の前で写真を撮った。

そうこうする間に20分。お店に戻ると我々の力作!がちょうど焼きあがったところ・・・
釉薬がかかって、とてもいい感じにできた。
丁寧に包んでもらってお店をでる。
ボクのできた?

普段ならここらで帰り道を考える時間だが、ちょっとお喋りし足りない感じ・・・

今日は皆さんまだ時間がある、というので、車に戻り、カフェでお茶していくことに。
向かったのはドッグカヘ「「Cafe TROIS CHIENS(カフェ トロアシアン)」さん 
こじんまりしたかわいいお店で、ワイヤーフォックステリアのノアちゃんが看板犬。

小腹も空いたところで、お勧めメニューのフレンチトーストを頼むと・・・

すごい量のフレンチトースト・・・

ステーキ???

すっごい量のフレンチトースト~~

私が頼んだのは「カフェフレンチ」、とっぷりと甘めのコーヒーに浸してから焼いたもので、アイスクリームが良く合って美味しかった~
こんなにたくさん?って思ったのに、ペロリと食べちゃった(本日2回目^^;)

オヤツ待ちのおふたり

パグズには蒸しパンとかぼちゃのマフィンを頼んで、皆で分けっこ。
ここでもマメちゃんはマフィンはダメなので、つきさんからこっそり鹿チップをゲットして・・・(^.^)

マメちゃん、寝ちゃった・・・(^.^)

お喋りは尽きないけど・・・っと・・・ええ?もう8時??

名残惜しくお店を後に家路に着きました。

そしてにゃんと!私とチッチはずうずうしくも、みほみほさんの車で送ってもらってしまい、帰りはラクチンでした。
チッチはみほみほ号に乗ったとたん、爆睡・・・(-"-)
マメちゃんも助手席でいい子にネンネしてました。

みほみほさん、遅い時間だったのに本当にありがとうございました。

もちゃんさん、つきさん、みほみほさん、土曜日は楽しかったですね~
期せずして親戚の会(コジロウ君、萬君、マメ子ちゃんは親戚同士)にチッチおじさんが乱入した形だったけど・・・
また是非お仲間に入れてくださーい!!

≫ Read More

スポンサーサイト

| チッチとお出かけ | 23:30 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

春の深大寺へ(その①)

右からコジロウ君、萬君、チッチ

寒の戻りで、サクラ前線一時停止中。
過ぎゆく冬の季節よ、行かないで~!と思っている天邪鬼な我家の願いが届いたらしい。

昨日は、前々からパグ友さんとお出かけの約束をしていた。
3月末、と決まった時、やや不安だったのが気温。

先週のように、ポカポカ陽気になると、チッチの遠出は厳しくなる。
車で行かれれば、保冷剤とか積んで完全装備で行かれるけど、私の運転技術ではどう調べても行きつけそうにない。

もし今週末も20度を超える陽気なら、チッチは留守番させるかなあ・・・・
でも、みんなワンコ連れなのに、それも寂しいか・・
とアレコレ考えていた。

私の怨念がまたもや天に届いたか、今週末は最高気温12,3度と、暑がりチッチにとってベストな気温になった。(他の皆は寒いだろうけど・・・)
コジロウくん。ナナちゃんは今回はお休み。

そんなわけで

パグ友、みほみほさん、もちゃんさん、つきさんと、女4人。パグ4頭。深大寺詣に行ってきた。
深大寺って、聞いたことはあるけど、どこにあるかも知らなかった。
自力で車で行かれない私は、途中でもちゃんさんに拾ってもらうことに。

こんな風に、友達の車で迎えに来てもらうなんて、あまり経験がないので、ただそれだけでなんだか盛り上がってしまう私である。
約束のコンビニの前でワクワクしながら待っていると、もちゃんさん号が到着~

途中大渋滞に巻き込まれたそうで、普通なら1時間ちょっとのところ3時間かかったとか・・
お疲れ様でした~
「遅くなってごめんね~」と恐縮しているもちゃんさん。

「いえいえ~」っと振り向く私&チッチ・・・コンビニでついついソフトクリームを買ってしまい、ムシャムシャ食べてる最中・・・(スマン)
チッチ、顔の周りクリームだらけだよ・・(^_^;)

チッチを運搬してきたクレートを積んでもらい(もちゃんさん号、大きい車なので、クレートも楽々乗せられる)
チッチと私は後部座席へ。

萬君。いいこに待ってます。

次はつきさん&萬君をピックアップ。
つきさんブログに良く出てくる多摩川の風景が目の前に広がり、もちゃんさんと
「なるほど~、萬君はいつもここを散歩してるんだね~」としみじみ。

車は一路深大寺へ。
ちょっと心配だったのが、深大寺の桜だ。
もし、見ごろになっていると、道が混んでしまい、入って行かれないかも?という話をしていたが、この寒さで、まだ2、3部咲き。
寒い日だったこともあって、人出もそこそこ。
公営の駐車場にすんなり駐車できた。

深大寺は裏手に大きな植物園があったり、公園があったりとかなり広い
公園の中には無料のドッグランもあるというので、みほみほさんの到着を待つ間、ドッグランに行ってみた。
寒い日だったので、チッチもべべを着てます(^.^)

普通、こういうドッグランって、受付があったり、利用料を取られるものだが、ここのドッグラン。
いきなり入口。。。^^;
4つ?にエリアが分けられているので、試しに誰も使っていないランに入ってみた。
と、そこにみほみほさん到着の知らせ~
入って2分で、ドッグラン終了~(^_^;)

まあ、そこは、ドッグランで夢中になって走り回りたい子は一人もいないので(^_^;)
せっかくだからと記念撮影だけして、ランを後にする。(TOPの写真ね)

どうやら、ランのあったあたりは、深大寺のちょうど裏手に位置するらしい。
植物園の脇の細い道を下っていくと、まるで時代劇のセットに迷い込んだような、昔ながらのお土産物屋が立ち並ぶ街並みに出た。

人ごみの中ようやくみほみほさんが合流~
まずは腹ごなし。せっかく深大寺に来たんだから「深大寺蕎麦」でしょ~
とお蕎麦屋さんへ。
外に縁台(テラス席?)が並ぶお店に入り、お蕎麦セットを注文。
お蕎麦、天麩羅、お稲荷さんと、蕎麦饅頭までついている。

お蕎麦セット。美味しかったよ!

お蕎麦を頼む間も、食べながらもパグ談義炸裂は当たり前・・・
ワンズは、足元で何かチョウダイ光線を発射している。
コジロウ君はオネダリ上手で、女の子のようなかわいらしい鳴き声でもちゃんさんを攻撃~
攻撃に屈したもちゃんさんが、オヤツ入れを取り出すと、コジロウ君より先にチッチが・・・(^_^;)
オヤツ祭り開催である・・・・
萬君も、オヤツをもらうときは慎重で、ちゃんと何をもらったか確認してから口に入れる。
なんでもへっちゃらであんぐり口に入れるのはチッチくらいだよ・・(-_-;)

アレルギーのあるマメちゃんは、普段このオヤツ祭りに参加できない。
けど、今日はつきさんが、マメちゃんも食べられるオヤツを探して来てくれた。
マメちゃんは、いつものことだから、自分から何かチョウダイとは絶対言わないお嬢様だ。
でも、つきさんが鼻先に小さくちぎった鹿チップスを持っていくと、しばらくクンクンと匂いを確認して、パクっとお口に。

「わああ~やった~。マメちゃんが食べてくれた~」と喜ぶつきさんに、みんな大笑い。
マメちゃん、オヤツ祭り開催中

お蕎麦にお稲荷さん2個は食べきれないかも・・と思っていたが、ワイワイお喋りしながら気づいたらぺろりと完食していた(お饅頭も・・・)。
お腹もいっぱいになったところで、再び深大寺散策へ。

またまた長くなったので、この続きは次回を

マテ!つきさん、思い切りパクってます!

| チッチとお出かけ | 23:12 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

連休チッチ その②~がんばりどき

珍しくカメラ目線くれるチッチくん

卒業シーズンで、電車の中でも袴姿のお姉さんを見かける。

主人最愛の甥っこ(上)と、長野に住む私の甥(いっちゃん下)も、無事に高校受験を終え、中学を卒業した。
毎度不思議でたまらないのだが、長野県は試験が遅く、卒業式にはまだみんな高校が決まっていないのだそうだ。

先週末、会社の昼休みに携帯電話が鳴り、着信を見ると、長野の甥からだ。
急いで出たが、向こうはウンともスンとも言わない。

「◎◎?(甥の名前)」
「うん」
「どうした~?」
「・・・受かった」

口から先に生まれたんじゃ?と言われる私と、血のつながりが本当にあるのか?と疑ってしまうほど、一番下の甥は口数が少ない。(でも顔は似ている)
合格発表の日、報告の電話をくれたのだ。

「おお!おめでと~!良かったね」
「うん」
「こりゃ、お祝いしなきゃね」
「うん」
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
(^_^;)

こっちが、焦ってしまうほど会話がつながらない。
それでも、ちゃんと電話をかけてくれたのが嬉しくて、この日は終始ご機嫌な私であった(←単純^^;)

お散歩中、何か話しているのかな?

主人の甥は3月のあたまには合格して、12日が卒業式。
今までで一番長い春休みを過ごしている。

連休の中日。

昼間、入学準備や、塾の説明会などのために、兄貴たちがでかけるというので、下の甥と一緒に留守番することになった。
下の甥は、花粉症が重く、この時期はあまり外で遊べないのだ。

昼前に兄の家に行くと、なぜか親子3人リビングに立ったまま、真剣な顔で話し合いの最中。
「どしたの?」

高校生活3年間、どのように過ごすのか、大学受験はするのか、そんな話をしているうちに、立ち上がって議論になっていたらしい。
まだ、高校が決まったばかりじゃないか?と思うが、そうはいかないのがこのご時世だ。
クラスメイト達は、みな、塾や予備校の準備を始めているという。

将来どうしたいか、なんてまだわからないが、「何かしたい。」とか、「こんな仕事がしたい。」と思ったときに、今から準備しておかなければ手遅れになる。というのが、大人の意見。

ただ、そんな考えは、高校も出て、大学も出て、就職もして、この年になって
「ああ、あの頃もう少し頑張っておけば良かったな」と痛いほど感じている「今」だからこそ言えることで、私が中学、高校の時は、どんな大人になるか?なんて考えもしなかった。

3人で立ち上がって議論しているところに、お節介な叔父叔母がまざり、さらに話し合いはヒートアップ。
甥は泣きそうな、怒ったような顔でうつむいている。

普通ならやっと受験のストレスから解放され、遊び呆けていてもいい時期と思う。
今の子たちは大変だね。

その横顔が愛おしくて、思わずギュッと抱きしめてしまった。

私はすぐ、甥っこ達を抱きしめる。

会社でそんな話しをしたら
「いい加減、相手もお年頃なんだからやめた方がいいんじゃないですか?」って言われたけど。

本人たちが嫌がるまでは、私はやめないよ。

親だったら、もう自分よりデカくなった息子を抱きしめてやるなんて、照れくさくてできないだろうけど。
そういう微妙なお年頃だからこそ、本当にお前たちを心配しているんだよ、愛しているんだよ。と表現してほしい時があるに決まっているから。

前に、長野の甥たちを抱きしめたら、義姉に
「へえ、珍しい、私には絶対させないんですよ」と驚かれた。
しばらく会ってないけれど、きっと今でも、私にはさせてくれると信じている。

二人の大事な大事な甥っこ達。

中学卒業おめでとう。
高校入学おめでとう。

これからの三年間が、今までで一番充実した時間でありますように。

3人あまり大きさ変わらず・・・?

そんなわけで・・・
喧々諤々しながら出かけていった兄達を見送った後。
主人はしばらく甥とゲームをしていたのだが。

ふと思い立ったのか
「ノンを風呂に入れよう」
と言い出した。
冬の間、洗ってやれなかったノン姉さん、毛がごわごわでかな~りいいニオイになっていた。
ドライヤーを怖がって暴れる。と兄嫁に聞いてたのだが、この日はかなり気温も高いし、早めに洗えば夕方までには乾くかも。

よし、やるか。

急いで家に行き、着替えとバスタオル、音の小さいドライヤーなどを取りに行く。
兄弟とはいえ、人様の家の風呂に、人様の家の犬を連れ、二人がかりで、大洗濯だよ・・・。
ノンは、ビックリしたのか、おとなしくしている。
バスタオルでごしごし拭くと、モサモサの毛皮の下は、チッチより細い小さな身体だ。

ドライヤーも、音が小さいのでそれほど怖がらず、おとなしくかけさせてくれた。
だいたい乾いたところで、表に出し、後は日当たりの良いところで自然乾燥。
チッチも連れて来たので、一緒に公園まで散歩(チッチは日陰を歩いて)
フカフカに乾いたノン姉さん、元気に飛び回っている。
これからも長生きしてね。

夜はお祝いもかねて、甥っこの好きな焼肉を食べに行った。

もう今日は、勉強の話はナシね!と約束して・・・^^;

≫ Read More

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 00:15 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

連休チッチ その①~グレードアップ陶器市!

久々に持ち上げております~

世間的に三連休の今週末。
今年もいつもの公園に「陶器市」がやってきた。

実は、毎年2月末に来ていたのが、来なかったので
「今年は来ないのかな?」
「あの公園は、集客が悪かったとかで、取りやめになったのかな」
と、ブツブツ、ブツブツと心配(主人が)していたので、黄色い看板を見つけた時はホッとした。

何しろ、年中行事はきっちりこなしたい我家である。
キターーーーー!

連休初日、早速陶器市へ。

実は、陶器市自体は、先週母が来た日が初日で、私はちょろっと覗いていたのだが。
主人に断りもなく、勝手に陶器市を堪能してしまうと悪いと思い(どんだけ楽しみにしているのか・・・^^;)あまり見なかったのだ。

いつもの公園は、広さもちょうど良いし、四季折々の花が咲くし、ドッグランもあるしと、超お気に入りなのだが、一つ難点を言えば、アスファルトの道が多い。
水はけを考えればやむを得ないが、こと暑がりな犬のいる我家、そろそろこの公園もシーズンオフになってしまう。

土曜日はシャツ一枚でも汗ばむくらい気温が上がってしまった。
なるべく、夕方を狙って行ったのだが、それでもチッチはガハガハ。
久しぶりに聞くガハガハは、なんだか気の毒になるほど。

「よし!まずはアイスだ!」(←出た^^;)

かあたん!早くちょうだい!


売店でチッチお目当ての一品。ソフトクリームを買って、席を探している頃には、もうソフトが溶けてくる。

陶器市を見物する間は、スリングイン。
テントの下に入れば、涼しいのだけど。他のお客さんに迷惑だからね。
カンガルーの親子

あーでもない、こーでもないと店を渡り歩き。
今年目に留まったのが流行りの「タジン鍋」
油なしで火にかけ、蒸し焼きがすぐできる。という噂の鍋(皿?)だ。
ウワサのタジン鍋!安い!

会社で話題になった時に調べたら、結構いい値段だった。
陶器市では、なんと1500円!
珍しい物が好きな主人は、既にタジン鍋の虜になっている。
大きなフリーカップが欲しかったんだけど、気に入ったのが見つからず、結局タジン鍋だけお買い上げ。

そして!今年の陶器市は一味違う。
今までも、ちょっとした郷土の物産を売るお店が併設されていたけど、その部分がグレードアップしたのだ。
右手に陶器の店がずらり、通路を挟んで左手には、和菓子だの、民芸家具だの、乾物を売る店がずらりと並んでいるのだ。
物産店も一緒に来てます。

一通り、陶器の店を見て、Uターン。
帰りは反対側の物産店を見て歩く。
二人でハマってしまったのが、新潟三条の金物屋。
園芸用のカマや、熊手から、一本何万もする包丁まで、黒々と光った金物が並んでいる。
実は私、こういう道具に妙に弱い・・・(主人はなおのこと)
先週、母と覗いたときに目をつけていた園芸用の熊手を購入。
「それでダンナさん引っ掻いちゃだめだよ!」
なんて、店主にからかわれる。(やりそうに見えたのか・・??)
先週見たときはたくさんあったのに、最後の一本になっていた。
「最後のひとつ」と言われると妙に得した気がするから不思議・・・
主人は散々悩んで無駄毛を切る鋏をご購入。
店主に使い方のレクチャーを受けてる(^_^;)

和風総本家(テレビ東京)に出てきそうなお店ばかりで楽しかった。

退屈してキョロキョロしだしたチッチくん

陶器市を観終わる頃には、風が冷たくなってきた。
車に上着を置いてきちゃったので、戻ろうと思うが、涼しくなってくるとがぜん張り切るチッチ君・・^^;
寒桜が満開なので、記念写真を撮って帰った。(TOPの写真ね!)

つづく

≫ Read More

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 22:56 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちょこころね?

振り向きチッチ君(ペットシーツは無視してね)

なんでしょう?
このチッチの背中の皮は・・・^^;

いつの間にこんなに皮がタルタルになったんかな・・・

マザーボールで寝ているチッチ、蒸したての小龍包みたい。
チョココロネとか、クロワッサンにも見える。

顔がだいぶ白くなってしまったので、外を連れて歩くと
「もうお爺さんなんですか?」
なんて言われて、ショックなこともあるが

顔だけジーっと見ていると、チッチの顔は子供の頃と変わらない。

あ~

かわええね!


(・・・ハイすみません、オヤバカです)

小龍包?

先週末は母が泊りに来た。
山野草や山菜が大好きな母に、毎年

「ツクシが出たら教えてね」

と頼まれているのだが
ことそういうものに疎い私が気付く頃には
ツクシは既にオバケ化しているか、スギナに成長してしまっているのだ。

チッチの散歩道。我が家からすぐの貯水池の土手に、毎年ツクシが生える一画がある。
その貯水池には、鉄の柵があって取りに入れないのだが、毎晩のように通るので、今年は注意してみていた。

そんなわけで、今年は無事ツクシが出る時期に、母を呼んでやることができた。

土曜の午後、母がえっちらおっちらやって来た。
もともと、足があまり良くないのに、近頃またもや太ったようで、見ているとハラハラする。

デパートの食堂でランチを食べ、帰りがけにツクシスポットその1(動物病院前の原っぱ)にお連れするが、1本も出ていない。
昨日見た貯水池より、日当たりが良い原っぱなので、絶対あると思ったのに・・・
あらら、アテが外れた。

早すぎたかしら?

実の母が相手とはいえ、せっかく楽しみにやって来たのに、目当てのものが見つからないのは申し訳なく
内心すっごく焦る私。

母は
「なきゃしょうがないよ~」
とケロッとしているが。

頭であちこち考えて、ならば・・・と家の近くにある農業公園に行ってみた。
この公園は、春はチューリップが有名なのだ。
もしツクシがなくても、そろそろ土手の菜の花がキレイなのでは?(菜の花も母の獲物の一つである^^;)

ただ、この公園はペット不可なので、我家は近いけれどほとんど来ない。
もとより疎い(こればっかり^^;)私は、いつ頃、どの花の季節かも皆目わからない。

細い道から駐車場に入り、見渡す風景は真っ黄色でも真っ赤でもなく。

茶色一色である・・・(-_-;)

「あ、あれ~?菜の花もまだ1本もないね」
T川沿い、土手っぷちの吹きさらしの公園は、まだ冬の景色だ。
いよいよ焦る私。

足の遅い母を置いて、土手の日当たりのよいところまで探しに行こうと、急ぎ足で歩き、併設のレンタル農園の脇を、土手に抜けて歩こうとしたその時。

ふと足元を見ると、
目をこらさなければ初めはわからなかったけれど
それはもう、びっしりと・・・
そしてオヒタシになってしまったツクシたち・・・

そう、ツクシ様、はっけーん!

振り返って、大声で母を呼ぶ。

「おーい!!あった、あったよ~」

急いで車に戻り、ビニール袋を持ってくる。
2,3本、鉢植えにしたいと言っていたのに、スコップを忘れてきた
車を探すと、コンビニでもらったプラスティックのフォークがあったので、それを持って走っていく。

母はツクシを見つけて大喜びだ。
「まああ~」
とか
「あらああ」
と歓声をあげている。

私も、数年越しの親孝行ができて、マジでホッとした。

オヒタシ用と、観賞用に、気が済むまでツクシを摘み、近くにあった野菜直売所で、アスパラガスの菜の花や、芽キャベツも購入。
大満足の母を乗せてチッチが待っている家に急いだ。

チッチを乗せて、一緒にいつもの公園へ
梅をバックにバーちゃんと記念撮影
バーちゃんとチッチ

もちろん晩のおかず、メインはツクシのオヒタシ。

でも、実は、
私はツクシのオヒタシは苦手なのだ・・・^^;

大喜びで「春の味だ」と言っている、母の顔だけでお腹一杯である。

≫ Read More

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:29 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ディープなOSAKA その③北野異人館通りとフロインドリーブ

北野異人館通りにて

初めて関西に行ったのは、大学の頃。
当時、旅行と言えば祖母と同い年の従姉との3人旅。
スポンサーはもちろん祖母で、行き先を決めるのは私、といった、実にチャッカリした旅行に、今にして思えばずいぶん行ったものだ。
祖母は定年まで家庭科の先生をしていたので、年を取るまで旅行らしい旅行にもあまり行っていなかったのだと思う。

普段はつましく、着るものも持ち物も倹約をし、「明治女」の看板のような祖母だったが、歌舞伎や演劇鑑賞。美術展などはほとんど祖母が連れて行ってくれたし、旅行も喜んで出してくれた。

とても好奇心が強い人だったので、どこに一緒に行っても興味津々だったし、ツアーの中で最年長でも、疲れた素振りは一切見せず、パンフレットも熱心に読んでいた。

神戸と言えば、異人館巡りやお洒落なカフェ。
コーヒーなど飲まない祖母を、よくもアチコチ連れまわしたものだと、我ながら呆れるが
祖母亡き今となっては、どれも貴重な思い出だ。
公衆電話、今でも使えます。

異人館に入って、アンティークな家具や食器の中に、古い電話や蓄音機が飾られていると、祖母が懐かしそうに見ていたのを思い出す。

その時の神戸旅行の印象はかなり強く、社会人になった後、仕事で大阪に行くことが多くなったとき、どうしても三ノ宮の駅前の洋食屋に行きたくて、わざわざ一人でビジネスホテルに1泊して帰ったこともあった。
フロインドリーブ外観

若い頃の感動や記憶は鮮明である。

主人に「神戸のどこに行きたいか?」と聞かれた時に、「フロインドリーブ」という名前が、自然に出てきたのも、我ながら驚きである。
最近は、前日に行った店の名前すら覚えていない私が、20数年前に1度だけ行った店を、覚えているのだから。

フロインドリーブは、神戸でも老舗のパン屋さんだ。
洋菓子や喫茶も当時からあったが、白い壁が印象的なすっきりしたパン屋。
NHKの朝ドラのモデルになったこともある店だ。

店の名前は覚えていても、場所まではわからない。
そこは現代、携帯電話で検索できる。
電話番号さえわかれば、ナビに入力。
メリケンパークから5分ほどだ。
フロインドリーブの店頭にて

北野の見覚えのある坂道を上がっていくと店はあった。
けれど、20年前の記憶とは全く違っていた。
礼拝堂を改造した大きく立派なカフェ&店舗に変貌していた。
それはそれで、とても雰囲気が良く、神戸の街に溶け込んでいた。

もう夕方なのに、私があまりに興奮しているので
「そんな(うれしいな)ら、お茶していけば?」
と珍しく主人がつきあってくれた。

クラブハウスサンドとバームクーヘン

サンドイッチもコーヒーも美味しかったし、お土産にクッキーやらプレッツェルを買って大満足な私だったが
「20年前と違う店」
という気持ちは払拭できない。

会計をするとき、店員さんに
「このお店はいつごろからここにあるのですか?」
と聞いたらあっさりと
「震災後です」
と言われた。

そうだった、三ノ宮は阪神淡路大震災で壊滅的な打撃を受けたのだ。
そうか、それで私の記憶に残っている店とは違っていたのか。
三ノ宮の駅前を車で通った時、あまり昔と雰囲気が変わっていないと思った。
もっと近代的なビルばかりになったのかと思っていたので、この辺りは被害がすくなかったんだっけ?なんて思い違うほど・・・
礼拝堂をそのまま使用している店内

家に帰ってからインターネットで調べると、礼拝堂を改築したこの店は、震災で倒壊寸前だった歴史的建造物をなんとか保存、維持するために、フロインドリーフのオーナー夫妻が専門家を集め、総力を結して改装したのだとか。
http://www.belca.or.jp/huroindo.htm
街を守ろう、という気持ちが生んだカフェだったのだ。

店を出た後、もう日はとっぷり暮れていたけど、どうしても異人館通りを歩いてみたくなった。
主人に頼んで、フロインドリーブから少し坂を上がって、コインパークに車を置き。
チッチを連れて歩いてみた。
風見鶏の館

風見鶏の館、うろこの家、ラインの館。
もちろん、拝観時間は過ぎて門は閉まっていたけれど、雰囲気は昔、訪れた時のままだ。
この景観、この町並みを守るために、どれだけの手がかかっているのだろう。

薄闇に覆われた坂道、モザイク模様の石畳を、主人とチッチと3人で歩いていく。

私の頭の中は完全にタイムスリップし、祖母と歩いている感覚に襲われた。
パンフレットを握って、ポカンと口を開けて風見鶏を見上げている祖母の
小さな身体が、そばに立っている気がして、目頭がツンとした。

異人館とチッチ君

≫ Read More

| チッチとお出かけ | 23:47 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ディープなOSAKA その②有馬温泉とアウトレット

チッチも温泉気分(写真だけ^^;)

年のせいか、朝寝ができなくなって久しい

前日、終電まで遊んで泥のように眠り、翌朝は目覚ましをかけずに眠ったのに
やはり7時半くらいには、ぱっちりと目が覚めてしまう。

私が起きた気配に気づくと、年中無休の目覚ましがピイピイ、クンクンと騒ぎだす
チッチのピイピイで主人も起きたようで
「今日はどうするんだ??」とアクビ交じりに聞く。
「天気悪いんでしょ、無理に出かけなくてもいいよ」
「ふうん・・・」
しばらくして
「いいのか?本当に??」

結局、じっとしていられないのは主人である(-_-;)

天気予報を見ると、降ったり止んだり、一日中雨降りというわけでもなさそうだ。

「よし、でかけるぞ!9時出発だ!」

前夜、ハンサム家と話していたときに、「主人の趣味」という話題(ネタ?)になった。
いつも主人は
「俺には趣味がない」
と言うのだが、はたして本当か?

こんなにお出かけ好きで、あちこちと好奇心が強い人も珍しい。

「もしかして、それって『旅行』が趣味なのでは?」
ひでチコさんに指摘されて、主人がハタと気付く。

趣味が一つに絞れないだけで、「温泉巡り」「景色の良いところ」「テーマパーク」どれも大好きじゃないか。
「そうか、俺って『旅行』が趣味なのか!!」
素っ頓狂に言う主人に、皆で大笑いである。

有馬温泉をお散歩中~

関西で有名な温泉と言えばた宝塚か、有馬か。

・・・というわけで、まず向かったのは有馬温泉。
温泉なら雨でも入れるし・・・というわけである。

もっと遠いかと思ったら、距離的にはさほどなかった。
宝塚側からまわったので、かなり細い山道を走ったけれど

有馬温泉は山間にある古い温泉地の風情
車が行き違うのが怖いほど、細く入り組んだ坂道を下りていく。

昔ながらの大きな温泉旅館がたくさん立ち並んでいる。
てっきり、その中のどこかに立ち寄り湯するのかと思っていた。

誰に聞いて来たのか、主人は「金の湯」「銀の湯」に入れば満足!と言っている。

公営駐車場に車を停め、まずは「オロセオロセ」とワイワイ騒いでいるチッチを車から降ろし、一回り散歩。
細い坂道が連なる温泉地独特の街並みをチッチとフガフガと歩く。

途中、銀の湯を発見。
主人が入ると言うので、私とチッチは外で待つことに。
(私はお風呂は大好きだが、あまりたくさん入るとすぐ湯当たりするのだ)
銀の湯は炭酸泉

残念ながら建屋は新しく、昔ながらの温泉。という感じではなかったようで、主人はじきに戻ってきた。

チッチ君と記念撮影・・・

金の湯には、私も入ってみたかったので、チッチは車で待っててもらうことに。
金の湯はなるほど不透明な茶褐色のお湯だ。
熱湯とぬる湯があったので、ぬる湯で身体を温め、熱湯にうつる。
もともと熱湯好きな私、指先がしびれるほどのお湯が大好きなので、嬉しかった

金の湯を出て、ぶらぶらとお土産屋さんを覗いて歩く。

名物の炭酸煎餅を買い、名物のてっぽう水(ラムネ)を飲みながら車に戻る。
時計を見るとまだ1時。
主人の今日一番の目的は達成したが、まだだいぶ時間がある。
名物てっぽう水

「やはりここまできてもお前はアウトレットに行きたいのか?」

昨日まで知らなかったのだが、神戸にもアウトレットがあるのだ。

「別に、行かなくてもいいけど・・・」

主人がこういう言い方をするときは、連れて行ってくれることがわかっているので、私もすっトボける。
「よし、住所を調べろ、連れて行ってやるから」

有馬温泉では上がっていた雨が、またポツポツとフロントガラスを叩き出したのだ。
アウトレットモールなら屋根があるし、傘なしで歩ける。

有馬温泉から神戸三田アウトレットには、40分ほど
全く予備知識がないんだけど、かなり最近できたんだと思う。
お店も新しかったし、何しろ混んでいた。
ここでもチッチは車で留守番してもらった。

冬の気温だったので、心配性の私も雨の中連れ歩くよりは、車で寝ててもらう方が良いと納得。
車の乗り降りだけはギャンギャン言うが、チッチも朝から出かけているので眠そうだ。

主人曰く「有名なポスト」本当なのか??

立体駐車場に車を停め、陸橋を渡って行く。
ショップリストを見ると、私が好きなブランドが3件くらい入っている。

主人には、また例によって季節の変わり目にちょっと着られるものでもあれば・・・
と思うのだが、靴や重いコートばかり欲しがって私と意見が合わず。(チッチもいないので写真も撮らず^^;)

T-FALとかも入ってて、つい「新しい鍋欲しいな~」って思ったけど、
関西で鍋買ってどうするよ!と我に返って(^_^;)
結局、歩き回ったワリに収穫なしで、車に戻る。
チッチは「うああああ・・・」と大アクビ。

もう、大阪に帰っても良い時間かとも思ったが、ちょっと消化不良気味。
「ねえ、やっぱり三ノ宮をまわって帰ろうよ」
私が提案する。


実は、三ノ宮の街には、私のメモリアルスポットがいくつかあるのだ。

つづく

| チッチとお出かけ | 00:14 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ディープなOSAKA その①~海遊館とエンドレストーク

チッチ、大阪へ行く・・・

野暮用で(^_^;)金曜から今日まで大阪へ行ってきた。

金曜の夜、主人が「This is OSAKA」な店に連れて行ってやると言うのでついて行ったら、おでん屋さんだった。

私が、美味しいと評判の店を聞きつけて一緒に行こうと言っても、並ぶ店だったら絶対行かない主人である。
地図を見てたどり着いたら、小さな店の表に椅子が並べられて、ずらりと行列ができている。なんでも、会社の人に教わった店らしく、主人は並んでも入ると言う。
既にハラペコな私は大ブーイング。
かといって他にアテもないし、私たちの後ろにもどんどん列が繋がっていく。
不思議と、後ろに人が立つと動けなくなるもので、ブーブー言いながら並んでいたら、意外に回転が速く30分くらいで入ることができた。

店内は狭く、屋台に毛が生えたくらいの店だが、活気に満ちていて、無表情にひたすらおでん鍋に向かっているオカミさんが、次々入る注文を的確にこなしていく。

子供の頃、家の近くにあった屋台を思い出す風情。
並んでいる間はブーたれていても、目の前に御馳走が並べば機嫌が直る私である(単純)
主人は
「いいだろ~この雰囲気、ディープだろ~?」
と自分の手柄のように自慢する。

人気があるだけあって、良くダシがしみたおでんは、どれもとても美味しかった。
久々にビールを飲み、くだらない話をしつつ、したたかに酔っぱらった。

トラベル・ハイでハッチャける私・・・(-

翌日朝は雨。

天気予報を調べると、昼には上がるようなので、チッチには留守番してもらって海遊館に行ってみた。
なにしろ、我々バルタン星人、水族館、動物園の類が大好き。
世界最大級とあっちゃ、行かないわけにいかないのだ。

海遊館に行くには地下鉄を乗り継いでいくのだが、駅長室に行くと地下鉄乗り放題が付いたオトクチケットが買えるという。
「駅長室に行く」というのが、なんとも笑えるが、新大阪の駅の改札で尋ねると、なるほど、駅長室はホームの奥にあるので、そのままどうぞ・・と改札を開けてくれる。

なんとも大らか、This is OSAKA・・・

本町で中央線に乗り換え、大阪港駅で下り、周りの人が向かう方向に、くっついて歩いていく。
まだ11時だがすっかり雨は上がっている。

ジンベイザメと記念撮影

海遊館に着くと入口に名物のジンベイザメの模型(?)があり、写真を撮ってくれる。
どうせ、後で買うことになるんだろうなあ・・と思ったけど、こういう時でもないと、主人と2ショットの写真なんて撮らないので、列に並んだ。
手持ちのデジカメでも写してくれるので、ジンベイザメと記念撮影・・・

海遊館は屋上まで一気に上がり、後は大きな水槽の周りをくるくるとまわりながら下りてくる形をしている。
かわいいラッコやペンギン、水鳥たち
世界中から集められた魚を見ながら、ワイワイと歩く。(我々夫婦は、常に喋りまくっている(-_-;))
何といっても、圧巻なのはジンベイザメが2頭とマンタ(イトマキエイ)が泳ぐ大水槽。
ジンベイザメは、他の魚を身体に乗せたままだったり、小さな魚の群れをひきつれて悠々と泳いでいる。
彼らにとっては、こんな水槽狭くて退屈なんだろうなあ・・と思いつつ、その迫力に口をポカンと開けて見入ってしまった。
これは本物のジンベイザメ。

出口で写真を購入(^.^)して、表に出た。

水族館を堪能した後は遊覧船サンタマリア号に乗船。
乗船時間は45分。夕方約束があるので、乗らないでいいよ~という私に
「船好きな俺が、ここまで来て乗らないわけないだろう!」とリキむ主人。
勢いに押されて、黙ってチケットを買いに行く私・・・^^;

やや狭いところでタイタニックごっこ・・・

てっきり普通の水上バスだと思ったら、帆船型の大きな遊覧船でビックリ。
思わず、タイタニックごっこをする4◎才・・・(^_^;)。

大阪の街が遠くまで見渡せる。
ユニバーサルスタジオのレストランでは結婚式の披露宴?二次会?をやっているらしく、礼服を着た人たちがはしゃいでいるのが見える

商売の街大阪。大きなタンカーが往き来する。
キリンのような形のクレーンで、コンテナを卸している様子が見える。

45分のクルーズを終え、港に戻る。

天保山のショッピングモールを覗きながら駅に戻り、新大阪に帰って、チッチを迎えに行って散歩。
サンタマリア号(でっかい)

夜はパグ友はんさむ家と飲み会。

今回も大阪行きの日程がギリギリまで決まらず、新幹線に乗ってから連絡したにも関わらず、都合をつけて御夫婦で会いに来てくれたのだ。
おととしのパグミ以来、2年ぶりの再会。

駅ではむさむさんを見つけた時は、嬉しくって飛びついてしまった。
はむさむさんが、夜景のきれいな和食中心のお店を探しておいてくださり、4人でテーブルを囲む。
地上30階(だったっけ?)から大阪の街を見下ろすと宝石をちりばめたようだ。

まず「これお土産なんですけど、大事に飾ってください」
と、今日海遊館で撮ったジンベイザメとの記念写真を渡して笑いをとる・・・(-"-)

2年も会ってないとは思えないくらい、自然に会話が弾む。
思い出話やら、パグ談義やら、次から次から・・・エンドレス・・(カメラ持って行ったのに、おしゃべりに夢中で途中一枚も写真なし←ブロガー失格^^;)

ついつい、お喋りな私と主人は、自分の話ばかりしがち・・・
1軒目を出て、2次会(?)に行く道すがら主人
「おい、お前も俺も喋りすぎだぞ、次のお店ではお二人の話を聞くように」
と注意された。
むう、そうか・・それは悪かったな・・と反省していたが、2軒目でも主人、喋る喋る・・・

もしかして、自分が喋りたいから、私に黙れ。ということだったのか?と疑うくらい・・
でもまあ、そこは皆酔っ払い。ゲラゲラと大笑いしながら、お酒&会話がすすむ・・・
はっと時計を見たら、もう終電近く。
慌てて店を出て、駅に向かう。
帰り際やっと記念撮影~

この前の親戚の会もそうだが、どうして楽しい時間ってこうあっという間なのかしら??
はむさむさん、ひでチコさん、土曜日はありがとう~
いつもいつも、やかましい私&主人でごめんね。また会おうね~

酔っ払い3人組。

昔はノンベエだった私だが、最近はほとんど飲まない。
2日も続けて酔っぱらったのは本当に久しぶりだ。
へろへろになりながら、チッチに寝る前のちっこをさせるために一回り散歩。
部屋に着いたらバタンキューで、夢も見ずに眠った。


つづく

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:03 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テンヤワンヤな週末(本編)

このまえの続きだよ!

我が家のチッチは、よく「おとなしいね~」とか「おっとりしているね~」と言われる。

たしかに、外で他のワンコに吠え付いたりしたことはない。
吠えることもないし、もちろん、飛びついたりすることもない。

前回の動画でもお分かりかと思うが、せっかくドッグランに行っても、他のワンコと絡むことは、まずない。
せいぜい、近くに来たワンコが後ろを向いている隙に、そっとオチリをクンクンさせてもらうくらい。(←根暗?)

家の中では、かなりのヤンチャ坊主で、いまだ手を焼いているのだが・・・
まあ、平たく言うと「内弁慶」ってやつ?

そんな内弁慶なチッチハウスに、先週末、珍しくお客様がやってきた。
しかも、どど~っと5人+3パグズ。

ぷるのす家、なびこ家(おなじみ親戚の会)そして、ごんスケちゃんちのごんハハさん。

久々に大勢のお客様をお迎えするとあって、日程が決まってから私も妙に頑張り。
散らかり放題だった我家をあちこち掃除(ボロ隠し?)をしたのはもちろんだが、勢いづいて部屋の模様替えまで始めてしまった。
会社から帰っては、夜な夜な、リビングに敷いていたコルクマットを廊下まで繋げてみたり、ふと思い立って電器のカサを取り替えたり。(そして、その電器を探すためのネットサーフィンエンドレス・・・^^;)
台所を磨いてみたり
妙にトイレのマットが気に入らなくなり探し歩いたり・・・

う~ん、今にして思えばちょっと、いや、全く
見当違いの努力をしていたな・・・(笑)。

なにはともあれ・・・
お昼前後に、全員到着。
天気も、一日雨マークだったけど、なんとかやんだみたいだ。

我家にワン友さんが見えたのは、一昨年みほみほさんとマメ子ちゃんが来てくれて以来。
その時は外で一緒に、散々遊んできたせいもあって、まったりとティータイムを過ごたのだが・・・。
何せ今回は3パグ・・・どうなるかな~?って思っていたんだけど・・・
人間エリアのテーブル下で、会談中のお嬢様方^^;

人数もあるので、テーブルの配置も悩んだ。
結局ワンもたくさん来るからと「ワンコエリア」と「人間エリア」を分け、チッチのペットシーツジャングルはそのままにしておいた。
あ、お多福さん、もちろん、ワンコ連れのお客様じゃなければ、ペットシーツジャングルは外すのよ。ほんとよ~(汗)
今回も迷ったけど、チッチにマナーバンドしてても、目を離すと何するかわからないし
まあ、「親戚の会」メンバーだからいいか・・・と(いいのか?)

これが、大正解・・・(っていうか・・・もっと強化すべきだった?)
ビックリだったのが、このペットシーツ貼りの壁が、チッチ以外には無意味だったのだ・・^^;
若いお嬢様方、へっちゃらで飛び越えちゃうのである。

一応、ランチタイムってことで、パスタを茹でれば食べられる体制になっていたんだけど
ワンズたち、家の中の探検が一通り済むと、まずはオシッピタイム・・・
チッチのトイレ、大活躍(笑)

お嬢様方、皆イイコにチッチのトイレで用を足すのだが
そうすると必ず、チッチがすーっと出てきて「上書き」するのである・・・
「ここはボクのトイレだぞ!」と自己主張?

誰かがシーすりゃチッチが出てくる・・・で代わる替わる

チッチ~、や~め~で~(-_-;)

内弁慶チッチくん、美女軍団にタジタジかと思いきや、黙って必死の反撃である・・・

なかなかランチタイムに突入できない人間たち・・・

今回はれっきとした「親戚の会」ですよ。

オシッピ祭り^^;もひと段落。ようやくご飯にしましょう・・となると、今度は「クレクレタイム・・」
さすがパグズ4頭、なんと賑やかなことよ・・・
(この様子はぷるのすけさんブログ参照してね!)

ちょっと落ち着いたところで、ワンズにもオヤツタイム。
せっかくなので、ムラサキ芋で芋羊羹(風)を作っておいた。
想定では、お皿にくっついていて、ゆっくり食べられるはずが、前日(夜中^^;)に作ってあったので、程よく固まっていて、パグズ秒殺!
「ヨシ」の瞬間には、お皿はキレイに・・・

まともな写真撮れなかったよ~(泣)

リビングの片隅がリフレクソロジーサロンに変身!

食事の後は、ごんハハさんによるリフレクソロジー(英国風足裏健康法)体験。
チッチ小屋のほんの一画だけ、リフレクソロジーサロンに変身。

ごんハハさんは、去年リフレクソロジスト(って言うかな?)の資格を取得されて、来月から本格的にお仕事を始められるそうで、「練習台になって」とうれしいお申し出。
なんと5人全員、やってもらっちゃいました・・・
ごんハハさん、せっかく遠路はるばる遊びに来たのに・・お疲れさまでしたね~

皆さんはやったことあるって話だけど(セレブ?)
私はもちろん初体験である。

ごんハハさんに足を向けるのがなんだか申し訳ない気がしたが、こんパパさんに
「あはは、始めだけだよ、後は気持ちよさに負けて、気にならなくなるから~」
とアドバイス(?)を受け・・・
たしかに、気持ちよかったです・・・

部屋の一画はサロン状態。そして一方はカフェ状態。
おしゃべりはエンドレス・・・
そしてパグズは・・・まったりと・・??

ああーーーっ!

今度は某●◎家の長女さん、チッチ小屋のチッチのベッドの中でオシッピを~
「あーっ!」っとビックリしたパパさんが、思わず抱き上げちゃった・・・
ビックリしたワンコ、そのままシッピ止まらず・・・
シッピのシャワー・・・
そして、人間達が慌てている中、チッチがすーっと出てきて
またもや
上書きを~(-_-;)

や~め~て~

チッチ小屋、大掃除開始・・・^^;

お客さんの最中に洗濯機が3度も回ったのは、さすがの我家も今回が初めてだわさ・・・
もう、ゲラゲラと腹抱えて大笑い・・・
どんどん自分の小屋の中のものが洗濯機へ・・・
チッチはイジケて小屋に引っ込んじゃうし・・・その様子がおかしい、とまたゲラゲラ・・・

教訓、ワンコ連れのお客様の時は、模様替えなどにウツツをぬかさず、ひたすらトイレシーツを敷いておくこと・・(笑)
イジケ虫、チッチ君(写真提供ぷるのすけさん)

なんだかあっという間の一日で、気がついたら夜だった(爆)。
ホントは、チッチの行く公園にもお連れしようとか、あれもこれもと計画していたんだけど、それはまたの機会に。

ぷるのす家、なびこ家、いつも遊んでくれてありがとうね。
ごんハハさん、みっちり労働させてごめんなさい、これに懲りずまた遊びましょうね~
帰る間際に慌てて撮った記念写真^^;


≪オマケ≫

今日爆笑したニュース。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00172925.html

逆犬ぞりレース。

こういうの大好きです・・・

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 00:01 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テンヤワンヤな週末(予告編)

チッチ君大あくび、そのワケとは?

春の嵐?が吹き荒れた今週末。
我が家にも台風が吹き荒れましたよ~

TOPの写真は今日、台風一過の日曜日。
午後になって、やっと雨が上がったので、公園に行った時の一枚。
チッチ君、大あくびだよ・・

梅が満開~

公園は梅が満開。
雨に洗われてキレイだった~

昨日は、我が家にお客様がたくさん。
そのことを書こうと思ったんだけど、写真はろくに撮ってないわ、色々笑える話が満載で、どこから手をつけて良いやらわかりませぬ・・・

ま、その話は、また書くことにして(書けるのか?)・・・
今日はサラッと予告だけ~(自分にプレッシャーかけてる?)
ではまた!


≪おまけ≫

なんてことはない動画ですが・・・(汗)
ドッグランのチッチくん。
(ズームで撮ってるから画面粗いです)




| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 00:08 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |