Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

My Birthdayにつき、那須レポ一回お休み・・・

おいしそう~

お誕生日のお祝いメッセージ、ありがとうございました!!

うれしかったです!

いやいや・・・40をとうにすぎ、お誕生日もありゃしないのですが・・・

といいつつ、月末最終日で飲み会かも・・と言った主人を睨みつけ。

今日はいつものお寿司屋さんでお食事してきちゃいました・・・

というわけで!本日、那須レポはお休みです。

明日も・・・チッチとお出かけなので、お休みの予感・・・(^_^;)

チッチの背中、長っ!

お誕生日と言えば!主人の定番

久々にホールケーキを買ってきてくれました。(よっぽど睨みが効いたらしい)

チッチも一緒にお誕生パーチーです。



チッチも主人も。

いつもありがとう。
スポンサーサイト

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:54 | comments:32 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋合宿(那須オフ)2009 ~ その③ 千本松でフワフワ~

とおたん、飛んでっちゃった・・・

ようやく2家族目、ぷるのす家と合流だ。
駐車場の方まで迎えに出る。
この日は千本松牧場も結構混んでいるようで、ぷるのすけ号は、奥にある第2駐車場に停めたとのこと。

「あ~、やっときた・・遅いよ~」
大エバリの私たち。
「これでも5時半にでたんだよ・・」
「うちも同じだよ~」

会った瞬間からもうおしゃべりが止まらない・・・
ぷるのすけさんちは都内を抜けてくる途中3箇所で事故渋滞があり、一般道を抜けてきたのだとか・・(詳しくはこんぶちゃんブログへ・・・)
他の人たちが来るまで、何かして遊ぼうよ・・とまた園内へ戻る。

と、そのときまた私の携帯が鳴った

「あ!ちゃこPさんだ!」

唯一北から南下してくる涼々号のご到着~♪

涼々家とは去年のパグミ以来なので1年半ぶりの再会だ。
その間に、涼ちゃんの弟分「ボビー君」を迎えたので、私達がボビたんに会うのは初めて。

「わーい!ちゃこPさん、りゃん父さん、お久しぶり!!!」
涼ちゃんとボビたん、お揃いのハーネスをつけている。
ボビたんは、話には聞いていたが、チッチの半分くらいの大きさで、まるでパピーちゃんのよう。

時計を見ると、もう少しで11時半になるところ。
パターゴルフやる時間は、ちょっとなさそうだし・・・そろそろなびこ家も来るでしょう。(高速を降りたと連絡が入った)ってことで、ランチタイムにすることに。

ぞろぞろとワンコOKのレストランへ。(これもまた駐車場の方に戻る)

テラス席に座り、メニューを選びながらも、パグ談義が止まらない。

そうこうしているうちに、ようやくなびこ家がご到着~。お疲れ様~!
なびこママとは親戚の会以来・・・
なびちゃん、パグミの時は体調が思わしくなくて会えなかったのだが、フードの変更が功を奏したそうで、お肌も艶々、すごく元気そう!!

これで、とりあえずランチのメンバーは揃った。

・・・ランチタイムの様子は、こんぶちゃんブログに丸投げってことで・・・(ガムテープマジックショーが見られます!?)

ワイワイと食事を済ませ(朝ガっつり食べちゃった主人だけ、ケーキセット(^^ゞ)、
せっかくだから何か一つくらい遊んでいこうよ(結局我が家以外は歩き回っているだけ^^;)と、8人、6パグでゾロゾロ・・・

ビヨンビヨンの辺りまで戻ってきたら、主人が急に
「あ!こんにちは!!」と大きな声をだした。

なんと、らんらん家が到着していたのだ。
てっきり、私が携帯気付いてなくて、探しているのかと思ったが、らんらんさんは我々が既に宿に移動しちゃったものと思っていたらしい。

ここで会えて良かった~!
ワンズも勢ぞろい・・・

らんらんさんは、去年の10月にご結婚されて、旦那様とは初めてお会いする。
「主人です~」
「はじめまして~」

「こちらがうさぎさん、うなぎさん・・・」とハンドルネームでらんらんさんが次々紹介してくれたが、ご主人目が回りそう・・・(*_*)
一気に8人&6パグも無理だって~
「帰りまでに6パグが見分けられるようにね!」なんて宿題出されてるし・・・

にこにこと優しそうな、素敵なご主人で、らんらんさんも幸せそうだ。

姫恋ママさん、パパさんとも去年のパグミ以来。ご無沙汰してまーす!
でも、姫恋ママさんが毎日ブログをアップされているので、あまりご無沙汰って感じはしないけど・・・(*^^)v
「うまく会えて良かったね~」

さあ、これからどうする?
ここのドッグランで遊んでもいいけど、宿にも大きなドッグランがあるから、そろそろ移動しようか・・

と、やっぱり気球が諦められない主人

「じゃあさ、乗りたい人は、気球に乗ってきて、その後宿に移動して、ワンズ達をランで遊ばせることにしようよ」

いよいよ気球体験。
まずは主人たちが搭乗

気球の籠は小さいので、4人しか乗れない。係りのおじさんが操作するので、1回に乗れるのは3人まで。初めに主人とりゃん父さん、こんパパさんが挑戦。
轟々とすごい迫力。

「いってきまーす!」
あっという間に空高く・・・

3人を乗せた気球は、あっという間にふわふわと上って、主人たちが小さくなっていく。

係りのおばさんに「次は誰が乗りますか?」と聞かれる。

さっきビヨンビヨンをやっちゃったし、どうしようかな?って思ったけど、こんな体験そうできないし・・・(何より高い所大好き・・(*^_^*))

ぷるのすけさんと顔を見合わせる
「ぷるのすけさん、行く?」
「いいよ!乗ってみようか!」

私とぷるのすけさん、なびこパパさんが次の搭乗に・・

「気球が降りてきたら、ひとりひとり、中の人と入れ替わってください、いっぺんに降りちゃうと飛んで行っちゃうから・・」

熱でパンパンに膨らんだ気球はものすごく浮力が強いので、カラにするとなかなか下ろせないのだそうだ・・・

大きな声ではしゃいでいる主人の声がだんだん近くなってきた。

さあ、どうぞ!!

楽しそうに笑いながら主人たちが降りてきた。
係りの人が3人係で、籠を押さえ込む。

ひとりひとり入れ替わって、私たちが乗り込むと、気球はあっという間に上昇を始める。

下から見ているよりもかなり高さを感じる。
那須の山が見えるよ~

千本松牧場の林から、気球の籠がぽっこりと出ると、急に視界が開け、那須の山々が遠くに見渡せる。

「すごい!すごい~」

下を見下ろすと、主人たちがカマキリくらいの大きさに見える。
皆があんな小さくなっちゃった~

「おーーい!」

なるほど、これは楽しいね。

束の間の遊覧を楽しんで地上に戻る。
係りのおじさんが「しかし、あの犬は動じないね、鳴かない犬種なの?」と笑う。
普通は、気球の音にびっくりしてワンワン吠えたり、ビビって逃げて行くのだそうだ。
我らパグ達はあまり気にもせず、わらわらとしている。
「そうですね、パグっておっとりしている子が多いんですよ・・・」
気球の前でようやく全員集合!

気球をバックに記念撮影。(写真提供:ぷるのす家)
たっぷりミルクの入ったソフトクリームを舐めながら、千本松牧場を後にした。


つづく

| チッチとお出かけ | 23:35 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋合宿(那須オフ)2009 ~ その② 千本松でビヨンビヨン

ボクは待ちぼうけだよ

何度も書いているが、我が家の車にはナビがない。
そして地図も10数年前(ほとんど意味がない)のシロモノである事を以前書いて、笑われた。

ナビを買おう、地図を買おう、と提案すると、新しい車が欲しくてたまらない我が家のワガママ亭主。

一足飛びに「じゃあ、車を買い換えましょうっ!」って話に持っていこうとするので、「マップル系の話題」はタブーなのだ。

そんな我が家だが、今年春の東北旅行で、ちょっといい道を発見した。

我が家のあるシバケンから、都内を抜けずに東北道に出るには、一般道で埼玉を通るか、常磐道で磐越道回りの2つだと思っていた。
ところが、いつの間にか(?)茨城から宇都宮に抜ける素晴らしい抜け道が開通していたのである。(←要するに北関東道のこと)

この道を通ると、あらステキ!あっという間に栃木に入り、那須は今までより近くなる。

唯一残念なのは、帰りに私の大好きな「佐野アウトレット」に寄れなくなることだが、まあ、アウトレットは那須にもあるし、旅行のたびごと買い物しなくてはならないわけでもない(本当か?)

そんなわけで、「旅をするなら5時起き」が鉄則の我が家。
5時半に出発したら・・・
7時半に那須に着いちゃったよ・・・^^;

まだお店が空く時間でもないので、西那須野で降りず、那須高原SAで休憩することに・・

おろせおろせと騒ぐチッチを車から降ろし、外に出ると
「さっぶ~い!!」

冬のような、シンシンと底冷えする寒さである。
慌ててトランクからパーカーを引っ張り出して着る。
話が長すぎるので、脈絡なくチッチ君のサービスショット

朝は起きぬけからお腹が空く主人は、「腹が減った」とうるさい。
「でもお昼を皆で食べるんだよ?」
「昼までまだ4時間もあるじゃないか、それまで待てないよ!」

もともと休日になると朝昼兼用でガッツリ食べてしまう主人。
しかも、昨晩はお弁当だったし・・^^;
SAの軽食コーナーで、ラーメン定食を頼んじゃって、うれしそうに食べているよ・・・^^;
「あ~うまい(^o^)丿。オレ、このセットもう一個食えるな・・」
「い、いーよ、そんな食べないで・・」

那須高原SAにはドッグランもあるが、寒くて遊んでいられない。
スマートICから高速を降り、とりあえず那須市内へ。

りんどう湖方面へ走る道すがら、色々な施設の看板が目に入る。

私は、早く千本松に着けばいいと思っているのだが、主人はアチコチ目移りがしている。
「あ、トリックアートはいりたい!」
「え~、いいよ、そんなとこ~」・・と見たら、まだ開いてないし・・・^^;
「アウトレット寄っちゃうか!」
「買い物するには時間が足りないよ!(←真剣)」

うだうだと車を走らせ、結局当初の予定通り千本松牧場に到着したのは10時少し前。
なんと、開園時間は8時だったようで、ほーら、もっと早く来てれば良かったのに・・・・

「まだ誰も着きそうにないな、先行って遊んでようぜ!」

お腹も一杯、元気一杯な主人(&チッチ)どんどん中へ。
すると・・!桜並木の手前に・・・
あった!

件のビヨンビヨンである。

「おれ、またやっちゃおうかな!」
「エー、私もやってみたい」
「あんたは、前やったからだめ」
(↑ちなみにビヨンビヨン、5分で1000円もする^^;)
「えー?お前できるのかよ」

バンジートランポリンの前で「自分(だけ)がやる!」と譲らない40代夫婦(-_-;)。

結局、私が勝って(?)挑戦することに・・・
「やってる途中で誰か着たら恥ずかしいな~」
などと言いつつ、やる気満々。(←運動音痴だが、高いとこは好き)

前には小学校中学年くらいの男の子がビヨンビヨンしている。
付き添っている係りのお兄さんに教わって、宙返りまでできるじゃん!

「お前も回れよ!」

前回、主人は後ろには回転できたが、前転はうまくできなかった。

私はこれでも、子供の頃、跳び箱だけは得意だった。
台上前転もできたし、女の子で一番高い段もクリアしてた。
絶対クルクル回って、主人をアッと驚かせるぞ!

ところが・・
特別公開(?)ビヨンビヨン中・・・

いざ、トランポリンに乗り、ロープを足に巻いてもらって、クレーンでつられていくと・・
思ったように身体を動かせない。

「もっと床を蹴って」
そんなこと言ったって・・・

高いところは怖くないので、楽しいっちゃ楽しいのだが・・・
ただ、ビヨンビヨンしているだけ。

係りのお兄さんも苦笑している・・

軽々と回っていた子供達とは、だいぶ違った動き
しかも、「たった5分?」って思っていたのに、この5分が耐えられない。
自分の重みでロープが身体に食い込む・・・痛い痛い・・・(>_<)

「あ、ありがとごじゃいました・・・」
(へとへとで口がまわらない)

「なんだよ~、もう終わりかよ??」

主人から大ブーイング。

ロープを外してもらって靴を履いて、地上に降りたら、スペースマウンテンに乗った後みたいにヨロヨロしてる・・・

ビヨンビヨン、恐るべし!
(ってか体力なさすぎ)

主人はすっかり楽しくなってるようで「よし!次!何する?」
「ちょ・・ちょっと待って~」

と、広場を見まわすと、奥の方で大きな緑色の気球が上がっている。

「あれも乗れるのかしら?」
「熱気球係留飛行、一回2000円也」
「おーー、乗れるんだ、行こう行こう・・・」
「え~、二人で乗ったら4000円だよ」
「なんだよ、お前は!まったく・・・こんなとこ来てセコいことばかり言うな!」

(いつもコレで主人に叱られる私である(-_-;))

「でも二人で乗っちゃったら写真撮れないよ」
「それもそうだな」

ワイワイ言いながら、近くまで見に行くと、さっきまで大きく膨らんでいた気球がぺしゃんこになっている。
「あれ??」と、看板が・・

「強風のため一時運行中止しています」

「ほら~!お前がうだうだ言っているから乗れなくなっちゃったじゃないか~!」

そばにいた係りの人に聞くと、風がおさまればまた飛ばすのだそうだ。
やってないものは仕方ない

「じゃあ、またパットゴルフでもする?」
「ゴルフは誰か来てからやろうよ」
「じゃ、あれだ!」

指さす方向にあるのはアーチェリーだ。
これなら、私でも出来るかな?
アーチェリーは、道具も全部貸してくれて、弓矢11本で800円。
ビヨンビヨンの後だと、みょーにリーズナブルに感じる(^_^;)

「いいよ、じゃアーチェリーにしよう」

これがまた。
意外に難しかった・・・(←どこまで運動音痴なのか)
悔しいが意外にうまい主人

主人はいとも簡単に、次々と丸い的の真ん中辺りに矢を当てている。

よし、私も!と思うのだが、まず弓をうまく扱えない。
試しに一度やったら、矢は天井の網に当たってぶら下がっちゃった。
そして、弾けた弦が腕に当たって痣を作っている私。

係りの人に「痛いんですけど~」と泣き言をいうと、ちゃんと腕当てや指サックがあるそうで、貸してくれた。
形だけは一人前になった私、再挑戦!
カッコだけ一人前

ギャーギャーと騒ぎ、ゲラゲラ笑いながらアーチェリーに興じている我々バルタン星人。
初め11本なんてあっという間と思ったが、5本もやると肩が重くなってくる。
それでも、やっと慣れて最後の何本かは、ちゃんと的に刺さった。
一本ぶら下がってるのわかるかな?

弓を元に戻していると携帯が鳴った。

「あ!ぷるのすけさんだ!」

ようやく!ぷるのす家御到着~。

すでに、ビヨンビヨンとアーチェリーで満身創痍な私・・・(*_*;
まるでスポコン合宿・・・(-“-)

ハラハラする(?)続きは・・・また明日ね!

つづく

| チッチとお出かけ | 23:34 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋合宿(那須オフ)2009 ~ その① 旅行前夜

ここはどこですか?

先週末の10月24日、25日は、全国各地でさまざまなイベントがあったようだ。

私の大好きな「くるねこ」のくるさんも、東京ビックサイトにご出張だったようで。
何も用事のない日なら、行列覚悟で会いに行きたかった~

でもね!
私も、待ちに待った週末だったのでR(←古っ)。
5月のパグミで約束してから早半年・・・前回の那須オフから3年・・・
那須オフ2009に行ってきました~

参加メンバーは。

どこかしら?
幹事さん!「腹ペコこんぶの満腹日記」のぷるのすけさん、こんパパさん、こんぶちゃん、もずくちゃん姉妹。 

パパたちだけ美味しいもの食べてるわ。

親戚の会でお馴染み(?)なびこママさん、パパさんと、愛娘なびこちゃん。

ドッグラン行かないのかな?
パグが我が家にやってきた!」 のらんらんさんとご主人(今回、らんらんさんのご亭主ってことで「らん亭さん」って命名された。)←安易?
そして、らんらんさんのお母さん、姫と恋太郎のママさん(姫恋ママさん)パパさん。恋太郎君、姫ちゃん
アタチ、一緒になんて遊ばないわよ!

そしてそして!!
このメンバーが集うきっかけになったHP「パグ犬涼々のシツケ大作戦」の、りゃん父さん、ちゃこPさん、涼々ちゃん。そして、期待の新人ならぬ新パグ?ボビたん。
ママ、ここどこでしか?

人間12人、8パグである。

大所帯なので、宿だけは夏のうちに押さえてあったが、1週間前になっても何も決まっておらず・・・

実は、楽しみすぎてあれこれ言いたくなってる私だが、そこは平常心を装い。
「どうする~?」
北から、西から、南から、バラバラに集まるので、時間も読めないし・・・
とりあえず、早く着いたら千本松牧場に集まりましょう・・とだけ決まった。

メールの最後に「うさぎさん、興奮して熱出さないでね」って書かれちゃったし^^;
           ↑
          完全読まれとる・・・(-_-;)

初めは、「そんな約束(秋合宿)した覚えがない」などと、イジワルを言っていた主人も、私があまり楽しみにしているので、黙って連れて行ってくれる気になったようだ。

チッチのオシッピも気になってはいるのだが、お薬ももらったことだし、本ワンはケロッとしている。
お医者さんも「そんなに心配しなくていい」っておっしゃってくれたし。
主人も「那須なんてすぐそこじゃないか!」と言い放つ。
(一晩で下北半島まで行った男にとって、既に那須は隣町のような言い草だ^^;)

だいたい。
旅行とか楽しみにしているイベントになると、何かあるのが我が家だ。
パグミ当日、腰が抜けてたり(←私)
目を怪我したり(←チッチ)
あまり心配していても仕方がない。

そして、いよいよ旅行前夜。

デパ地下でお弁当をふたつ買ってきて、食卓にドンドンと置き
「今日は(明日の用意で)晩御飯作れないから!」と開き直る私。
玄関にどんどん旅行グッズが並びだす。
たった1泊に、なにをこんなに・・・ってくらい(ほとんどチッチのもの)

家の中をバタバタバタバタと歩きまわる私を呆れ顔で見ながら、インターネットをチェックしている主人
「らんらんさんからメールが来てるぞ」

らんらん家は、到着時間が遅くなるので、直接宿を目指します、とのこと

「千本松牧場って、前回うなぎさんがビヨンビヨンしたところですよね?」

ビヨンビヨン?

実は、3年前(2006年)、那須オフをした時も、千本松牧場で昼集合。となっていた。
ところが、前日台風が吹き荒れ、その影響で高速が通行止めになったり、なんだかんだと皆の到着が遅れ、結局千本松牧場に集まれたのは、我が家とらんらん家だけだった。

千本松牧場には、パターゴルフやら、乗馬やら、と色々遊ぶところがある。
そういえば、バンジートランポリンって、トランポリンの上にバンジージャンプ用のロープで宙づりになって、ビョンビョン飛び跳ねる遊具があり、主人がそれに挑戦したっけ・・・。

忘れっぽい我々夫婦は、そんなことすっかり記憶の奥底に沈んでいたが、らんらんさんにはかなりインパクトのある思い出だったようで・・・

黙ってメールを読んでいた私と主人、ふふっ・・・と笑いが漏れてしまった。

「あったね、そういえば」
「たしかに・・・」
「まだあるかしら?」
「どうだろうな~」
「よし、明日は5時半に出るぞ」

あ~楽しみ過ぎて今夜眠れるかしら?

(結局あんま眠れなかった^^;)

つづく

| チッチとお出かけ | 00:01 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご心配をおかけしました。

復活!きゅるぴーん!なチッチ君。

ぼくだよ!

きょおはすごい雨だったね~
みんな、だいじょぶだった?

とおたんと、かあたん、今日はチャッカリお休みだったんだ。
良かったあ・・ってよろこんでた。
でもボクはさ、りょこおでつかれちゃって、ゆっくり寝てたかったから、
「かあたんたち会社に行けばいいのになあ。」
って思っちゃった。

しかも夕方びよいんにまで連れて行かれちゃったんだ。
かあたん、こないだからなんどもボクをびよいんに連れてくんだ。
ボクのオシッピがなんとかかんとかだって。

でも、きょおのオシッピはいいオシッピだったらしくて、とおたんもかあたんも「良かったねえ」ってボクをナデナデして言うんだ。

なんだかわかんないけど、ソウキハッケンだったからって。
ボクは元気だよ。
かあたんが、大騒ぎしたもんだから、心配かけちゃったって
恥ずかしいから、ボクからあやまっといてって言うんだ。
皆ありがとおね。
今日も元気です!

いやいや・・・
ご心配をおかけしました。
水曜日から抗生物質を一日一回。1週間後再検査。
「これで赤血球が消えないとちょっと厄介だなあ・・」なんて言われたもんだから、焦っちゃいました。

お医者さんが「普通に元気があれば、大丈夫です」っておっしゃるので、那須には行っちゃいましたけど・・・

今日は休みをもらっていたので、夕方ちょっと早いがオシッピ検査に行ってきました。
赤血球は見えないとのことで、抗生物質が効果あり。
やはり、尿道か膀胱に炎症があって、血尿状態だったのでしょう。ということでした。
念のため、あと10日お薬を飲んでもう一度検査。それで大丈夫ならワクチンも接種もできるそうです。

ご心配いただき、アドバイスいただいた皆さん、ありがとうございました。

教訓。やっぱオシッピ検査はもっとマメにしよう・・・

明日からは、那須レポ頑張ります。




《おまけ》

檻の中のチッチ??

旅行で相当お疲れのチッチ君。
ホームセンターで買い物の後に、動物病院に行く予定で家を出た(というか、置いて行こうとしたら、大騒ぎしたので、連れて行った。)。

ホームセンターのカートの中で寝ちゃった。

カートの中でーす。


そんなに眠いなら留守番していれば良かったのに・・・^^;

カートが動いても寝てます・・・^^;

かわええね(^.^)

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 21:59 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ギョーザベッド乾燥中につき

トンネルみたい

チッチは、我が家のリビングの半分を所有している。

何しろ毎日、長い留守番を任せているので、彼にとってはリビングの半分くらいは当然の権利と思っているだろう。

いや、もしかしたら、全部ボクが使いたい。という野望も抱いているかも。

チッチが来る前は、リビングが狭くなるのがいやで、ローテーブル(つまりちゃぶ台)で食事していたのだが、チッチが来てからは、何かと危ないのでテーブルを導入した。

このテーブル、私が一目ぼれしてしまい、思い切って買った、我が家の中では、上から何番目かの高い家具なのに、設置したら真っ先に、チッチにオシッピされてしまった。
あ、いや、もしかしたら良いものだから、まず初めにマーキングされちゃったのかもだが・・・(チッチってば、違いがわかるオトコ?)

で、色々試行錯誤の結果、今のような「人間エリア」「チッチエリア」ができてしまったわけ・・・

良く寝てる。

人間エリアには、ソファーもある。
以前チッチは、このソファーで昼寝するのが好きだったのだが、ソファの乗り降りでパグは、腰を痛めると聞き、人間エリアに移動した。

こうして、あれがダメ、これがダメ、と制限していると、なんだか申し訳ない気がするので、チッチエリアにも、チッチ用家具(?)がいろいろと置いてあるのだ。

小屋の中にはクレートと、屋根なしベッド。
小屋の外にはギョーザベッド
夏場はくわえて、冷え冷えボードがあちこちに敷いてるが、これは涼しくなったので撤去済。

暑さ寒さ、すごく眠い時、こちらの様子を伺っている時・・・、とおたん、かあたん喧嘩中・・・
チッチは、その時と場合によって、居場所を使い分けしている。

面白いのが、何かおやつをもらったあと。
美味しいおやつであればあるほど、もっと欲しくてチッチはイライラする。

そうするとベッドの中のクッションをぶん回したり、ギョーザベッドに八つ当たり(スネスネチッチ参照

毎日八つ当たりされるギョーザベッドも気の毒だ。
チッチに噛み噛み、ベロベロされて、ガビガビになってしまった。

ギョーザベッドは、私の古いコートをリフォームしたもので、中の綿はバスタオルが詰めてある。
始めはスポンジを入れていたのだが、チッチが引っ張り出してみんな噛みちぎっちゃったのだ。
先週末、天気が良かったのでやっとのことでギョーザベッドを洗濯した。
綿入れのデニムコートが元なので、なかなか乾かない。
バスタオルは、4枚も入ってたよ。

代わりに、前に使っていたベッドを出してやったら、これはこれで気に入った様子。
箱入り息子。
脇からお尻が見えてるよ。
ちょっとはみ出してきた

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 00:05 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

杞憂

ノンちゃんとお散歩

今週末の我が家のイベント。
チッチのワクチン接種。

来週末はお出かけなので、少し早めだが、今週済ませておこうというわけ。

シャンプーのタイミングとか、お散歩のタイミングとか、あれこれ考えて、土曜日の夕方。散歩させてから動物病院に行くことにした。

ことチッチのことになると、妙に慎重で、やけに心配性な私は、綿密に計画を練りに練る。

滅多にないことだが、ワクチンの後に具合が悪くなったり、ショック症状が出る子がいるそうな。
こんなことを聞くと、閉院時間間際に行くのも怖いし。
4時から散歩、5時には医者へ・・がベストかな。(土曜日病院は7時まで)

久しぶりにオシッピの検査もしておきたいし。

オシッピを採取するタイミングも問題だ。
本当は朝イチのオシッピが検査には良いそうだが、朝採取して夕方持って行くのでは時間が経ち過ぎだろう。
どうせ昼間チッチは寝ているんだし、午後の散歩の一番目に採取できれば、朝イチと変わらないかも。まあまあ正確な検査ができるかな?

結石持ちのチッチなので、3か月に一度はオシッピ検査を欠かさない。
ここ1年くらい、まあまあ良好な結果が続いていたので、今回も気休めのつもり。

午後3時。
主人が実家に行って車を洗うというので、少し早いが一緒に出掛けることに。

午後一番のオシッピをゲットするために紙コップを持って外に出る。
出てすぐ、植え込みに足をあげたので、さっとコップを足の下に。
ところが、チッチのヤツ、ヒラリと向きを変えたので採取ならず!

次に足をあげたとき、うまく行ったと思ったら、下ろしたチッチの足がコップに当たって、ひっくり返しちゃった。

大失敗。

チッチを車に乗せ、新しい紙コップを取りに行き、主人の実家へ。
やり直しである。
こうなったら、何が何でもオシッピを取らねば!(この時点で午後一番のシッピというのは頭から飛んでいる(-_-;))

チッチも足を上げるたびに私が紙コップを出すのがイヤらしく、逃げて歩く。
主人が洗車しているあいだ、私はチッチと追いかけっこ。
なんとか検査容器に1本分採取できた。

でも、なんだかいつもより濁った感じがする。
草むらや、枯れた木のところで足をあげるから、ゴミが入っちゃったし。
こんなオシッピでちゃんと検査ができるかな?

主人がワックスがけまで始めちゃったので、5時にお医者に行く予定が少し遅くなった。
しかも!せっかく車を洗ったと思ったら、にわか雨だよ・・・
チッチの散歩のためには、天気予報を入念にチェックする私だが、洗車のためには見ていなかった・・・(T_T)

なんだか、物事が悪い方へ転がりだすと、とめどがなくなる。
イヤな予感がしてきた。

かあたんがなんだかシツコイんだ。


動物病院までの道も大渋滞。
途中でチッチと私だけ下ろしてもらい、主人は雨戸を閉めにいったん家へ。

病院は空いていたので、すぐに検査してくれた。
その間にチッチは身体計測。
体重は・・・9.4kg?

あれ?夏の間にだいぶ太ったと思っていたのに。
ほぼベスト体重とは!?うれしいけどビックリ!

体温は平熱38.3度(私ならひっくり返ってるわ・・・^^;)

耳もきれいだし、皮膚の状態も良し。
来たついでに、狼爪も切ってもらったし、オチリも絞ってもらった。

これでオシッピがOKなら、晴れてお注射チックンである。
でも、なんだか、
いつもより検査に時間がかかる。

院長先生が「ん~?」とか「あれ~?」とか言いながら顕微鏡を覗いている。

「ん~どうもね、赤血球がいつもより多いんですよ」
「???血尿とは違うんですか?」
「炎症細胞は出ていません、潜血反応もないので、血尿ではないんです。」
「どこが悪いんでしょうか?」
「特に悪いわけではないと思うんですが、正常ではないんです、あとね、変なカビ細胞が出ているんですが・・・」
「あ、草とかゴミが入っちゃったので、もしかしたら・・」
「うーん、そういう不純物の可能性もありますが・・・」

結局、1週間様子を見て、再検査。ということに。
ワクチン接種は延期になってしまった。

丸一日、ってか、もう何日も前から
あーでもない、こーでもない。
チッチの検査&ワクチンの計画を考えていたのに。
ちゃんと清潔な環境でオシッピが採れなかったので、余計な心配まで背負いこんでしまった。

大反省

赤血球が多いっていうのは、どういうことなんだろう?
先生はそんなに心配は要らないというけれど。
この土日、主人と私の会話に何度出てきたか・・・

「赤血球」

チッチはいつも、元気で健康じゃないと困るのである。

本ワンは元気・・・

日曜日
朝、よっぽど、もう一度朝イチのオシッピを採取し、検査に行って来ようかと思ったが。
先生の「1週間」を守ることにして、我慢した。

夕方、ノンちゃんと一緒に散歩。
チッチはいつもと変わりなく、元気いっぱいである。
おそらく、油断しちゃいけないよ、って警告の赤血球。

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:09 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

真夜中の攻防戦 (続報)

毎晩ここでギョーザベッドに八つ当たり

近頃、夜な夜な我が家で繰り広げられている、「チッチ争奪戦」

実は、ここ数日、私が勝ってる。

朝晩は毛布一枚では寒いくらいの陽気で、さすがの我が家も、ついに先週末チッチ用のクールボードをしまった。
全部洗って、干して、数えたら・・・
大小取り混ぜやっぱ10枚あったよ^^;。

ベッド用のひえひえマットはどうしようかと思ったが、さすがにこれももうしまってよさそうだ。
(ソフトタイプって、来年も使えるのかな?)
パグの中でも、おそらく抜きん出て暑がりな我が家のチッチ君。
つい2,3日前にも冷えひえマットに乗っていたが、5分くらい経った頃、そそくさと降りて毛布の上に移動してきた。

体感温度(?)について、鈍感なのは、我が家の犬ならではかも・・^^;

私は、10月に入ってすぐに、タオルケットから毛布に切り替えたが、主人はいつまでもタオルケットを使っていた。
「寒くないの?」と聞いても「まだいい」って言うから放っておいたのに、夜寝る前になると
「自分だけ暖かそうでずるい」とか
「俺は虐げられて可愛そうだ」とか言う(←酔っ払ってるんだけどね)

からかわれていると思いつつ、なんでも言葉を鵜呑みにしてしまう私は、つい声を荒げて
「だから、取り替えようか?って何度も聞いたじゃん!」
などと反論するが

「あ~、オレは可愛そうだ」とブツブツいいながら、結局そのまま寝てしまうのだ。
わけわからん・・・

そうは言っても、枚数はだんだん増えて、タオルケット3枚重ね。
だったら、毛布にすればいいのにさ。

さすがに、見ているほうが寒くなってきたので、勝手に毛布に取り替えてしまった。
そうしたら、まあ、暖かそうに包まって寝ていることよ・・^^;

話がそれた。(いつもよ)
かあたんがオヤツをくれないっ!(とカミカミ)

私は、チッチが私と寝たがるのは、私が仰向けで寝るからだと読んでいる。
主人は「く」の字に曲がって、壁側を向いて寝ていることが多い。

むふふ。子供の頃から、基本「大の字仰向け寝」の恩恵が、こんなところで・・・・・


肌寒くなって、毛布の温もりがうれしくなったチッチ君、私の足の間に挟まり、足を枕に寝るのが気に入っているようだ。

あちこちウロチョロした後、ぽん、っと私の上に乗ってきて、くるくるドスン!と身体をくっつけてくる。
そして、しばらくの間、ンベンベと手や足を舐めたり、バリバリとアゴや肩をカイカイし、そして「ぶう」と溜息をついて横になって寝てしまう。

その仕草を足の上に感じていると、可愛くて、なんだか幸せな気持ちになる。
そして、私もねむりに落ちていく・・・
そして時折「きゅるぴーん!」とカメラ目線。かわええ。

昨日などは、夜中に、お手洗いに起きて、チッチからそーっと足をはずし、用を済ませて戻ってきたら、同じところでそのまま寝ている。

仕方ないので、またそーっと同じところに足を戻したら、またドスっと頭を乗せて寝てしまった。

かわええねえ・・・(^.^)


さて・・・



面白くないのが主人。

朝から機嫌が悪いったら・・・(^_^;)

「チッチは足の間で寝たいんだよ、だから仰向けで寝ていれば、貴方の足の間にも入ってくるはずだから、仰向けで寝てみなよ」
と説明した。

「そうか、じゃあ、今日はがんばって仰向けで寝るか」

頑張ることなのかどうなのかはわからないが。

そういって、チッチと二人、仲良く二階に上がって行った。

さて、どうなったかな?

今、そーっと見に行ったら、やっぱり主人は壁を向いて「く」の字になって眠っている。

チッチは今日出してきた肌がけ布団(私が使う)のど真ん中に陣取って、私が寝るのを待っているようだ。

モテるのは、うれしいんだけど。
毎晩金縛り・・^^;

腰痛持ちにはキッツイ10キロチッチ。

なんとか主人を仰向け寝にする方法はないだろうか・・・

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:57 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋晴れ3連Q

秋空チッチ

台風が去って、秋空が濃くなった

連休初日。

実家に居候中の姪が9月に二十歳になったお祝いと、ついでに、10月に4◎才になる娘の合同誕生会をしましょう! と母が提案してくれたとかで、お食事会。
場所はまかせる、というので、私の会社の健保が経営している中華料理のお店を予約した。
もともとは、健診ランチを食べさせるレストランだったが、去年だか引っ越して、高級中華飯店の装い・・・
会員制なので、安くコース料理が食べられるのだ。
両親、姪、主人と私5人で集まった。

姪に会うのもずいぶん久しぶりだ。

専門学校も2年目となり、土曜日も夕方まで学校がある。
医療系の学校なので、実習もあるし宿題も多いそうで、たまに実家に行ってもいないことが多い。
待ち合わせの駅に現れた姪は、服装も今風だし、だいぶ大人びてきた。

週末に都内まで食事に出るなんて面倒くさい・・・とブツブツ言っていた主人も、フルコースに満足したようで、いい調子。
姪ともあれこれ話せたし、まあ、良い食事会だった。
なんとかあと1年半、頑張って、希望する資格を取ってもらいたいなあ。

そして昨日は

久々、玉華さんに会いに行ってきた。
去年の夏、20年ぶりの再会をして以来だ。
ご主人の個展があるというので、ギャラリー「marebito」さんへ

ここから徒歩五階・・・^^;

久しぶりなんだけど、まったくそう感じないのが旧友。
会った瞬間から、もう当たり前に、さくさくと会話が弾む。

ご主人のギャラリーは、彼が毎週のように通う骨董市などで収集してきた、古いアメリカの椅子とか、真鍮のドアノブとかが無造作に飾られている。

ひとつひとつに、思い入れや愛着があって、動かなくなったものは、修理したり、壊れたものはキレイに解体して直したり

そして、魂が甦る。

「これはなあに?」と質問すると、丁寧に(熱く!)答えてくれる。
またちょっと欲しい椅子があったけど、置く場所がないので、今回は断念。(前回は抱えて電車で帰った)

玉華さんとは、しょっちゅうブログのコメントでやりとりしているので、昨日も一緒にいたような感覚。

しばらく、ギャラリーにいたけど、話が盛り上がりすぎてお客さんの迷惑になりそうだし、お腹もすいているから・・と二人でランチにでた。
茅場町はオフィス街なので、日曜日は個人店はまず開いていないだろう。
一番近くにあるファミレスへ・・・
メニューを決める間も惜しんで、おしゃべりのしたおし・・・

こんなにしゃべったのって久しぶり・・というくらいしゃべりまくった。

玉華さんは、話題も豊富だが、なにより聞き上手なのだ。
また、包容力って言うのかなあ、なんだか、聞いてもらっていて心地よい。

話しても話しても、話が尽きなくて「また、来週きます!」とか「週イチで通ってきます」などと冗談を飛ばし、笑いながら店を出て、またギャラリーに戻る。
ちょうど、お客様が見えているので、隅の椅子に座って、ヒソヒソ・・クスクスと続きに花が咲く・・

徒歩5階から見える景色が、夕日に光っている。
あらま、こんな時間・・・

「またね~」と手を振りmarebitoを後に、帰路を急いだ。
(玉華さん、ふっちゃん、昨日はお邪魔しました。また、遊んでくださいね~)


そして最終日の今日。

やっぱり、この連休中にはなんとかしなきゃならないだろう・・・

台風で倒れた庭のピラカンサスの後始末である。
スッキリ晴れた良い天気なのに、主人はなかなか起きてこない。
私は洗濯機を3回まわして、紅茶を飲んでいたら、ようやく降りてきた。
このまま、しらばっくれようったって、そうはいかないよ!
恐い顔で、すごんでいたら、やれやれ、と着替え、鋸を手に出て行った。
私もすぐあとから、蚊取り線香を二つ焚いて、軍手をして手伝いに・・・
台風の爪あと・・・

私たちがこの家に住んだときから、ずっと庭にあった木なので、可哀そうだが、根元からボッキリ折れてしまったので、もう切るしかない。
切り口から、蟻がたくさん出てきた。
中に蟻の巣ができてしまっていて、それが木を傷めていたのかも・・・

このピラカンサスの木、トゲがすごく痛い。
切ってしまった後始末が大変なのだが、主人は勢いづいて、他の木まで切り出した。

「そっちはいいから、これの後始末をしてよ・・・」
「でも、ここに木があるから、風通しが悪いって、おまえも前から言ってただろ?」
走り出したら止まらない~
ジャングル化していた庭にある、鬱蒼としていた木を端から切り出した。

それは、前から「いつかやろう」と言っていたから、切ってくれるのはいいのだが、切り出した木の片づけはまったくしようとしないのが、困ったところ・・・

急きょ、主人の父親にヘルプ!である。
「おとうさーん、手伝って~」

こういうとき、主人の父は腰が軽い
「何しと~(何やってるんだ)」とニヤニヤしながら、大きなノコギリ持参で手伝いに来てくれた。
あっという間に、切り出した木を細かく切り分け、紐で固く縛って、どんどん積み上げてくれる。
私一人でやっていたら(たとえ主人が手伝ったにしても)夕方までかかっちゃうところだったよ。

ゴミも片付け終わり、気分爽快な主人、ご機嫌である。
「よし、シャワー浴びたら、久々にチッチ連れて公園行くか!」
「うん!」
秋空~♪

夏の間行かれなかった、いつもの公園。春以来だ。
チッチもうれしそう。

体育の日とあって、たくさんの家族連れがバドミントンやら、キャッチボールをやっている。
テニスコートでは何か試合をやっていたらしい。

その間をぬって、芝生の広場を通り。
池の側の売店で、ソフトクリームを食べた。

ワクワク・・・

池には鴨がたくさん。
一羽一羽、杭の上で羽を休めている。

チッチにもソフトをおすそ分け。
かあたん!もっとちょうだい!!

紅葉にはまだちょっと早いけど
きっとすぐ、見事な赤、黄色に染まるだろう。
これからの季節、ああ、楽しいなあ。
チッチと、時間を選ばず散歩に出られるし
エアコンのタイマー設定に気をもむこともない。

ずっとこんな秋晴れが続けばいいのにね

≫ Read More

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 00:01 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホンモノのTyphoon

われ関せず・・・

チッチの散歩の成功が、我が家のミッションでかなり重要なポジションにあることは前回書いた。
天気が怪しい日は、ウェザーニュース雨雲情報を念入りにチェック。
できる限りコンディションの良い時間帯を選ぶのはもちろんのことだが、平日は夜に限られるので、帰宅時間にも気を使う。

なにしろ、チッチは誰かが帰ってくれば、すぐ「散歩」と思って待ち構えているので、たとえば20時以降雨があがる。とあるのに、早めに帰っちゃって

「あと1時間したら散歩に行こうね」

というのはありえないのだ。
こんな時は、途中駅で買い物して時間をずらしたりするが、雨がうまいことやんでくれなければ、ただの寄り道で、帰りが遅くなったと罪悪感が残る。

台風接近中の昨日、会社で終業後、半ばあきらめ気分で雨雲レーダをチェックをしたら、ちょうど我が家の辺り、雨雲が切れている。
おっ!この分なら、急いで帰れば、傘をささずに散歩できるかも。

こうなると、行動が早い私。
ぱぱっと片付け、駅まで急ぐ。
普段なら、始発駅からなので2本電車を遅らせ、ゆっくり座って帰るのだが、もしこの15分で、散歩中に雨が降ってきたら「バカバカ、私のバカ!」と自分を責めることになりそうだ。
我慢してベルが鳴っている電車に乗り、ぎゅうぎゅうと揺られながら立って帰った。

実は主人からも、同じくらいの時間帯に帰れそうだから、散歩してもいいよと、メールが入っている。
主人に任せて、夕食の買出しをして帰ったほうが、本当は楽なのだが・・・
でも、のんびり屋の主人のことだ。私のように、1分を急いで家に帰り、散歩をすることはないだろう。
主人に任せたがために、散歩中に雨が降ってきたら「バカバカ、私のバカ!」と自分を責めることになりそうだ。・・・

はい、そうです。

こうなるともうアホですね。

結局、「なんとかして、チッチの散歩を成功させたい」という強迫観念にも似た思い、自らの気持ちを落ち着かせるために(汗)満員電車に揺られ、駅の階段を走り、バスに飛び乗る。
この努力も、たった30分、チッチと傘をささずに散歩できれば、報われるというもので。

昨日はドンピシャ。

うっほほーい!(^O^)/

私とチッチが、自宅前最後のストレートを歩いている辺りから、ポツポツと雨が落ちてきた。
ミッション完了!である。

かあたんのお膝で、湿疹チェック中・・・

台風は、夜に接近し、朝の通勤時間を直撃するという。

主人は「明日は早く出るかな」とか、あれこれ心配をしている。

でも私は、、任務完了の満足感から、自分の通勤のことなんて、二の次になっていた
(昨日の姫恋ママさんにいただいたコメントのお返事でも、余裕なこと書いてました^^;)



予告通り、主人は夜明けとともに出て行ったらしい(起きたらもういなかった^^;)。

私もいつもより少し早めに出たけれど、最寄りの駅に着いた時点で、既に電車は本数が制限されていたし、できれば座って行きたい私は、ひとつ隣の始発駅まで戻ったりモタモタしていた。
案の定。暴風域に巻き込まれ、ニュースの通り。
電車は全面ストップ、電車の中に2時間近く缶詰となる羽目に。
待っていても動く目処がない。というので、いよいよ諦めて電車を降りたときには、もう始業時間を過ぎていた。

いいわけだが、これでも毎朝、他の人よりも早い時間に出社している私である。
遅刻はほとんどしたことがない。(大雪の日とかを除くよ)
小心者なので、時間にあおられるのが嫌いなのだ。

そんな私なので、遅刻すると電話を入れても、「よっぽどのことがあった」と思ってもらえるし、特に今日は、まともに出社できた人の方が少なかったようだ。

本当に、よっぽどのことだったと、気付いたのは、途中駅で降ろされたあと^^;。

まだ、自宅に帰った方がはるかに近いので、まあ、家に帰るか・・と思うけれどどうにもアシがない。
毎日通っているけれど、下りたことのない駅である。
タクシー乗り場は長蛇の列ができているし、バスなど、どこからどこまで走っているのか案内もない。
そうこうしているうちに、電車が動きだしたら癪だな、とか、会社に行くべきか、家に帰るべきか逡巡しているうちに時間がどんどん過ぎる。
そして、私のような人で、駅の周りは溢れている。

これまた、チッチの散歩では、研ぎ澄まされている勘が、どうにも働かず、裏目、裏目に出る。

結局、バスでひと駅戻り、そのあと、いくら待ってもバスが来ないので、30分かけてひと駅分歩いて、地元のターミナル駅まで戻ってこれたのはお昼前。

それでも、家に帰れる方面はまだ電車が動いていない。
振替輸送で、私鉄に回れることがわかったので、やむを得ず会社に向かい、到着した時はすでにランチタイムだった。

5時間かけて出社して、5時半に帰ったら仕事している時間の方が短いよ・・(~_~;)

帰りもダイヤは乱れまくり、2日連続で満員電車に揺られて立ちんぼ帰ったら、腰は痛いしクタクタである。

それでも、気持は自宅で待つチッチ君のところへと逸っている

うちは大丈夫だったかな?
チッチは怖がっていなかっただろうか。
チャリを走らせていると、向かい風はまだ、ぶうぶうと強い・
通勤路には、折れた枝や、おチョコになって骨が折れたビニール傘が落ちていたり
想像力豊かな私の脳裏には、いろいろなチッチのピンチ画像が浮かんでは消える。

急げ急げ・・・

荷物も降ろさず、まずは玄関を開け、
電気をつけると・・・

「うあああああ」
チッチは廊下まで出てきて大あくび

ああ、良かった。
いつものチッチだよ。

もちろん、今夜は
からりとした台風一過の中
るんたったと、昨日の分まで楽しく一緒に歩きましたとさ。

腰は痛いけど
チッチの散歩が楽しくできれば
今朝の通勤騒ぎなど、もうどうでも良くなっていた

≫ Read More

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:04 | comments:20 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

真夜中の攻防戦

ずり落ちてる足がかわええ・・・

じゅんこさん台風が去ったと思ったら、本当の台風がやってきちゃった。
南の方では既に大荒れとか。
くれぐれも皆さん、用心してくださいね・・・

そんなわけで
今週は毎日雨で、すっかりブルーな我が家である。
毎日留守番の我が家の愛犬、チッチ君の、何よりの楽しみは夜の散歩。
すっかり日も短くなっちまって、家に帰ったとき家の中は真っ暗。
急いで鍵を開け、電器を点け、チッチー?っと呼ぶと、ちゃっちゃっちゃっちゃっとツメ音をさせてチッチがでてくる。
夏場は、入り口の横にある洗面所で寝ていることが多かったので、出迎えも早かったが、いまはリビングの小屋の中にいることが多いようだ。

犬を飼ったのはチッチが初めてなので、我が家にとって「犬のスタンダード」は彼が基準なのだが、
普通、丸一日留守番をしていて、飼い主が帰ってきたら、もっと喜ぶもんじゃないのかなあ?
ぱっと目が合うと
チッチはわざとらしく「うああ~よく寝た」と大ノビをする。
それから一応近づいてきて、「お帰り~」と一応歓迎してくれる。
膝にぽんっと一度乗って、もう終わり。

その後は「散歩!ねえ、かあたん、散歩行くでしょ?」と散歩の催促だ。

雨戸を閉め、通勤着脱ぎ、ジーンズを履くと、さらにスイッチが入る。
「かあたん、散歩!早く行こう!ボク待ちきれないんだっ!」
ハーネスをつけ、抱っこして玄関にチッチをおろし
リードをつけて、さあ、行こう!

普段なら息もぴったり、二人仲良く、ルンたったと夜の散歩に出撃するわけだが、雨だとこうもいかない。

まず

カッパを着せられた時点で、テンションダウン↓↓↓

見ようによっては、ただでさえ悲しげなチッチの顔が、陰にこもって物凄く
どよ~ん
となる。

玄関前で綱引きをしているとこの時期、植え込みに潜んでいた蚊が襲ってきて辛いので、とりあえずチッチを小脇に抱え(重い(-_-;))表に出る。

カッパを着せられて、暗い雨の中、アスファルトの上におろされたチッチ。
歩こうかやめようか、じーっと悩んでいる姿は、プッと笑っちゃう。

小雨なら、あきらめてトコトコ歩き出す。
今夜も、出始めは小雨だったので、スタスタと歩きだした。

勢いがつくと、「もう帰ろうよ」というくらい、晴れの日と変わらずに歩いちゃうこともある。(今夜も40分)
帰ってくると泥んこ泥玉チッチの出来上がり・・・

ハーネスを外し、カッパを脱がせて、足を丁寧に洗う。
足の汚れがひどいときは、シャンプーを手につけて足の上までぬるま湯で洗ってやる。
チッチは迷惑そうにじーっと我慢。
チッチも足を舐めちゃ匂いを嗅いでるよ・・・

一通り夕方の行事が終われば、あとは楽しいお食事タイム。

1日24時間のうち、平日一緒にいられる時間はほんの4,5時間だ。(寝ている時間は除いて)
だから、ちょっとでも構ってやろうとするのに。
一連のイベントが終わると、最近のチッチはまた小屋に入って寝てしまう。
これが妙に寂しい。

食べ物の気配がすれば出てくるけれど。
オヤツばかりもあげられないし。

チッチは抱っこもあまり好きじゃないので、私がしつこくすると迷惑そうに逃げて行く。
それでも、ここ数日はちょぴり寒くなってきたのか、ぴったりくっついてきたりもする。

寝るときは主人と、チッチの取りあいだ。
あれだけ、チッチと寝るのをギリギリまで拒んでいたくせに。
最近は毎朝「今日は俺の隣で寝ていた」「今日はお前と寝ていた」と勝敗を報告してくる。

この間なんて、夜中にお手洗いに起きたら、同じタイミングで主人も起きたらしい
真っ暗な廊下ですれ違いざまに

「今日もチッチは、俺にびったりくっついて寝ているんだぜ!」

こんな夜中に・・・(-_-;)

自慢かよっ!

きゅるぴーん!なチッチ君。かわええ・・・

実はチッチは、夜中じゅう、私と主人の間を行ったり来たり、ちょうど自分の居心地の良いところに移動して寝ているので、勝敗なんてありゃしないのだが・・^^;

そして、毎朝、5時半を過ぎると、ピッタリと主人の枕元に陣取り、主人が起きるのを今か今かと見張っている。
主人が起きれば、一緒に1階に降りて行って、朝ごはんをもらえると思っているのだ。
だから、結果「主人の勝ち」の日が多いわけで・・・・。

ま、主人が勝ってりゃ、我が家。平和だからいいか。

ようやく、温もりがうれしい季節になった。
今夜も主人は、大いびきをかきつつも、チッチがくっついてくれるのを待っている。

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 00:00 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

うさぎさんの失敗

そばの花、満開!

じゅんこさんがはるばる来られるというので。
前日、何かちょっとしたお土産を・・と地元某デパートへ。

かさばる物や、重いものは持ち帰るのが大変だろうしと、
あちこち、アレコレ2時間くらい
うろうろ・・・

デパ地下(本当は1階)グルメのコーナーで、見た瞬間・・・
「これだ!」って思っちゃった・・・

私がHNでなぜ「うさぎ」と名乗っているか。
ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが
学生の時、落研にいて、一応持っていた名前(高座名)が「十五夜うさぎ」だったから。

中秋の名月にちなんで、この時期

お菓子屋さんには、満月をかたどった(?)お饅頭や、うさぎが書いてあるチーズケーキが並んでて。
ちょうど目に着いたのが
うさぎさん」と箱書きがあるお饅頭だったのだ。
しかも、さつま芋餡で、満月を象った羊羹もあったりして
うさぎ饅頭

お月見限定のお菓子だそうで
初めて買うお店だったけど。
高◎屋に入っている高級そうな和菓子屋さんだし、間違いはないだろうって
そう思ったわけ。

当日。

チッチと一緒に駅で出迎えた私。
じゅんこさんが手を振りながら近づいてきて
「こんにちは~」
「はじめまして~」
「わーい、チッチ君だ~」

感動のご対面のその瞬間・・・

ふっと、じゅんこさんの手荷物を目にすると

あらっ?

同じお店のクリーム色の紙袋を提げてらっしゃる・・・
しかも中に同じくらいの包みが見える。

まさか、もう誰か(前日の)にもらっちゃった?
でも、荷物は東京駅に置いてこられたとおっしゃってるし?
それとも、昨日どこかで見つけて「うさぎさんだ!」って
同じこと考えちゃった?

感動の対面のその瞬間に
ぐるぐると焦りまくる私・・・

どっ・・どうしよ~?
同じお店のものを買ってきちゃった?でもなんで??
ああ、やっぱり主人の言うとおり、シバケン名産「落花生」にするべきだったか・・・^^;

あれ?マメちゃんはどこ??

もうこうなったら
ぶっちゃけるしかない・・

「じゅんこさん、あの・・・あのね??」

ぶわっはっはっは~

「うさぎさん、このお店、おきゃーまが本店なのよ~」

どっかーん!

ぎゃぼーん!どうしよ!!

そこは、ほんとじゅんこさんって素晴らしい方で

「やーだ、いただくに決まってるじゃない、こんな高級なお菓子、自分チ用になんて買わないもの~、ありがとー!!」

このあっけらかんとした対応に。
私はすっかり、じゅんこさんファンになりましたん。
(あ、包みの中身は違ってたので、ブツブツ交換になりました・・・)

チッチの失敗(悪臭騒ぎ)にも
全く動じず。

周りの人を、決して不快にさせない身のこなし。
見習いたいです。

またきてね!

今日の夕方、チッチと散歩していると
空には大きな月。
十五夜+1日だけど
月にはうさぎが跳ねているように見えた。


じゅんこさん、おきゃーまで
同じ月を見ていますか?
日本なんてちっちゃいちっちゃい
シンカンセンで、ぴゅーん!ですね。

今度会うときはもっとゆっくり
いろんなお話をしたいものです。

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 21:39 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Junko-san Typhoon 吹き荒れる!

チッチくん、じゅんこさんのお出迎え中~

先週末、関東地方は
じゅんこさん台風が上陸した。

おきゃーまで発生したこの台風は、とうちゃんと仲良く新幹線で北上し、
東京を通過し、土曜日はS県方面を吹き荒れ
夜間いったん、山手線内に戻ったものの
日曜日はさらにC県某市に上陸したという。
詳細なレポートは、既に展開されておられます、現地からの速報や、各放送局特派員の報告にお任せ(丸投げともいう・・・)して。

そんなわけで・・・
5連Q+運動会後のまったりした日曜日~
じゅんこさんがシバケンK市某◎◎ぽーとにやってきました。

お出迎えしたのは
きゅるぴーん!(はっちゃん風)とかわゆくハロウィン衣装に身をまとう
マメちゃんの魔法使い(^.^)

マメ子ちゃん!&みほみほさん

よろ爺こと、二等兵こと、よっちゃんこと萬くんとつきさん。そして世帯主さんことレギンジャーこと、ご主人さま。
よろず君。何見てるの?

前日、台風の被害がなんとご自宅に上陸したHuranaさん、たくさんのパグズにわらわらと縄張りを荒らされた(?)ポップちゃん(ママ)とラムネ君、マリネちゃん(ポップちゃんのお子様たち)。
11人9パグを掌でまとめちゃったそうで、Huranaさん、ただものじゃないっす!
写真ブレちゃっててごめんね。ポップママとお子さんたち

いやいや、実はですね。
「もしかしたら、つきさんちもHuranaさんちも飛び入りするかも?」って、聞いてはいたものの。
「2日連続は無理だろ~」
って勝手に思っていた私。

会えてビックリうれしい誤算・・・でしたん・・^^;
まずは、どっぐかへの席を確保。(予約だと時間制限があるので、あえて予約せず)
ぞろぞろと椅子に座る間も惜しんで、撮影大会・・・

なぜかしら、以前からチッチをとても可愛がってくださっている、じゅんこさん。
今日は存分になでなでし倒していってくださいな・・・ってことで。
じゅんこさん、うれしげにチッチを抱っこしたり、至福の時間を過ごしておられました。
あ、じゅんこさんの手・・・^^;

・が・・
よく見ると・・・

じゅんこさんの右手に・・チッチのオチリ、ダイレクトに乗ってるし!・・・^^;

すみませーん!

おやつも、じゅんこさんからあげていただいたら、チッチのやつすっかり懐いちまって。

この態度・・

チッチ、だらけすぎです。

すみませーん!


しかも、この後、にゃんとこのしゅてきなどっぐかへにチッチの○○○臭が漂うことになろうとは・・!

すみませーん!

さすがダテに15年、ぷうちゃんごんちゃんと暮らしてるわけじゃない・・・
チッチの●●腺臭がぽんわか匂う中、私はひたすら恐縮していたけれど。
そんなこんなに、まったく動じないじゅんこさん。

実は小心者の私。
わざわざ、会いに来ていただくなんて!と「超」緊張、「超」恐縮しておりましたが・・

じゅんこさん、なんちゅーか・・

ざっくばらん、和気あいあいな方で・・・
まるで隣町から、お茶しにきた方のような気さくさで・・・
すっかり懐いてしまいました。

ついつい、パグ談義は盛り上がり、お約束の被り物大会が開かれたり・・・
お店の方の視線が気になってきたので、スイーツを追加したり・・・

ちょっと外が涼しくなったところで、となりのミニドッグランで記念撮影を・・・
あれ?マメちゃんだけそっぽ向いてるよ・・・

私とマメちゃんが写ってないじょ~^^;
あれ?みほみほさんが、違うコ連れてるじょ?

などと、わらわらしている間に・・・
まるで早送りしたように時間が過ぎ・・・

シンカンセンが出る、1時間半前を切っちゃった・・・

電車だけでも40分はかかるのに・・・
山手線に乗り換えなきゃいけないのに。
コインロッカーから荷物を出さなきゃいけないのに・・・
とうちゃんと落ち合わなきゃならないのに・・・

急げ急げ・・・
今日中におきゃーまに着かなくなっちゃう!

ラストは、あと1分で来る電車に乗るために
お別れを惜しむ間もなく

「じゅ!じゅんこさん、9分に何が何でも乗ってください~」

「わかった!みんなまたね!」


後ろ手に手をブンブン振り、ダッシュで走り去っていくじゅんこさんを

一同呆然と見送りました。



まさに台風一過

通過後は爽やかな秋の空




《おまけ》

謎の生物

ライオンにしては、太りすぎ?

≫ Read More

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 18:02 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |