Chitchies

13歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

久々登場!マツリスキー×2

今週もボクは留守番だよ・・・

今年も8月最後の土日は我が町の祭りである。
主人が単身赴任中だったので、去年は不参加だったから、謎のロシア人「マツリスキー」2年ぶりの登場だ。

実は、数年前から、主人が大好きだった「焼きそば屋」をやめている。
人数に対し、暑い中、大量の焼きそばを焼き、パックに詰めて・・という作業が大変だと、参加者に不評で、中止になってしまったのだ。

うちの町会の住民に、市の公設市場内にお店を持っている人がいて、毎年仕入れを一手に引き受けてくださっている。
品物が確かなので、イカ焼きも肉厚で大きなイカだし、ほたて串も大粒。
焼きそばも、他の店は肉とキャベツだけなのに、うちの焼きソバは、玉ねぎ、ピーマン、人参はもちろん、錦糸卵まで入っていて、とても美味しかった。

町会の出店は、横並びに価格を抑えているし、しかも盆踊りのやぐら周り、お祭りの場所とりで言えば「一等地」をあてがわれている。
だから、どの店も毎度大繁盛だが、特にうちの焼きソバは評判で、ピークには30人もの大行列ができ、焼いても焼いてもすぐに売り切れてしまう繁盛ぶりだったのだ。

鉄板の前は熱く、大量の焼きソバを炒めるのは、かなりの腕力が要る。
殿方の出番である。

待っている人を横目に「ちょっとまってね~、もうすぐできるから」とクールに言い放ち、汗をかきかき肉を炒め、キャベツを加え、大量の焼きソバを作るのが、主人的に何よりも楽しかったらしい。
その評判の焼きソバ屋が、件の理由で中止になった時の、彼の落胆ぶりは、見ている私がビックリするくらいであった。

もし今でも焼きソバ屋が継続していれば、去年も主人は迷わずに新潟から帰ってきて参加していたことだろう・・・(-“-)助かった・・・

最近は、できるだけ簡単に、誰でも作れる、「楽しめる出店」、ということで色々試している。
去年からは、「イカ焼き」と「チョコバナナ屋」になったらしい。

焼きソバ屋なき今、主人にとって「祭り」は、もはやなんの魅力もない存在らしいのだが、間の悪いことに、今年は町会の役員が回ってきていて、手伝いに出ない訳には行かないのだ。

そんなわけで(長いよ!)
ふるさと祭り~

土曜日、朝も早よから、市場に材料を受けだしに行ったり、場所の設営をしたり、忙しく働く主人である。
しかも、主人のヤツ、ことごとく私をこき使う。
市場に行く時も、お店のバンを借りるから、行きは私に送らせて、帰りはバンに荷物を載せて帰ってくることになる。
朝起きて一緒に行き、市場を見て歩くのも、楽しいっちゃ楽しいのだが、主人の「アッシー」にされているかと思うとミョーにムカツくのだ。
ここ数年「タダ働きのパートみたいでヤダ」とか、難癖をつけてみたり、腰痛だったり、マイコプラズマだったり、脳失神だったりと、8月は戦力外で、お祭りに不参加だった私も、今年は冷夏のお陰で元気である。

「やっぱり、焼きそばがないのはなぁ・・・」とブツブツ文句を言いつつも、いそいそと準備に出かけて行く主人の背中を見ながら、ちょっと疎外感。

「ヒマだから、私も出ようかな」ポツリと言ってみた。
てっきり歓迎してくれるかと思ったら
「ええ~??」
町会の人も、私が手伝わなくなって久しいので、ハナからあてにされていないし、今さら出てこなくても・・・と、迷惑顔。

言わなきゃよかった・・・(-"-)

「来るな。」と言われると、朝から協力的に動いていた自分がみじめにさえ感じられる。
だんだん腹が立ってきて

「なによ、そうやって、仲良しな人だけで集まって楽しもうとするから、年々参加者が減って、焼きそばも焼けなくなったんじゃないのさ!」
などなど、罵詈雑言、あてこすりの嵐。
あまりの剣幕に恐れをなした主人に
「でっ・・・出たいんなら出ればいいじゃん」
と前言撤回させ、今年は私も

「マツリスキー」にヘンシン!!だ(^^)v

かれこれ5,6年は手伝いに出ていない私だが、(主人以外は)皆さん歓迎してくれた。

そして初めてのチョコバナナつくりである。
大きな鍋に、既にチョコレートが溶かされて、どろりと美味しそうな香りがしている。
まずは、バナナの皮むき、そして細く削った割りばしに、丁寧に刺していく。
うまく刺せないと、バナナが割れてしまって、商品にならない。

実は!私はバナナが大嫌いである。
小学校の給食で、バナナが食べられない。と3時まで残されたことがあった。
どうしても食べなければダメ、という先生で、バナナが出るたびに、一口、3口、半分、全部・・・と段階的に食べさせられて、ついに一本食べたことがあるが、人生においてそれが最初で最後。
以来、一度も口にしたことがない食物である。
小学校の卒業文集には「クラスの10大ニュース」にS子ちゃんがバナナを食べた。と載っているくらいのバナナ嫌いなのだ。

到底バナナなど剥いたことがない。
味はもとより、ニオイが苦手なのだが、これは屋外で、風もあるのであまり気にならなかった。
チョコバナナに加工するために、青い、硬めのバナナを仕入れてくれているせいでもある。
熟れ熟れの柔らかいバナナだったら、気絶したかも・・?

インフルエンザ対策とかで、ビニールの手袋をしているので、余計に剥きにくいのだが、剥きはじめると、意外に楽しい。
50本くらいあるバナナをみんなで黙々と剥いて、それを串に刺していく。
大きすぎるバナナは、下を5センチくらいカットする。
このカットした残りも、何個かつないで1本にする。
これが意外に食べやすく、人気があるそうだ。
チョコバナナ屋に変身中~(うれしそう)

こうして串に刺したバナナに、どろりと溶けたチョコをかけるのだが、これがまた慣れないと難しい。
キレイにかかったと思っても、反対側にかかってない部分があったり、何度もやっていると、鍋にバナナが転落したりする。
去年の経験者にコツを教えてもらう。
串を水面に平行に持ち、バナナを漬けられるだけ直につける。
そして、柄杓で上から、チョコを一気にかけるのだ。

このチョコは、特殊な「コーティングチョコ」というそうで、冷めてくるとすぐパリパリに乾いてくる。
乾く前に色とりどりのスプレー(チョコ)でお化粧するとできあがり。
キレイにできた?チョコバナナたち・・・

販売開始は18時だそうだが、試作の段階でもう、子供たちが買いに来る。
可愛い柄の浴衣を着た女の子が、100円玉を握りしめてやってくる。

チョコバナナの隣では、イカ焼きが始まり、すごい煙・・・(^_^;)
18時、さあ、お祭りのスタートだ。
やぐらの太鼓が鳴りだし、盆踊りの音楽が賑やかに鳴る。
甥っこ達もやってきたので、ポケットから小銭を出して、私の作ったチョコバナナを御馳走してやる。

冷夏だった今年だが、この日は夏の天気で、他の町会のかき氷もよく売れているようだ。

隣の町会は、毎年グレープフルーツサワーをやっている。
ルビー色のグレープフルーツを半分に割り、生搾り機でギュッと絞る。
これにソーダと焼酎を入れて出来上がり。
試作の段階で、だいぶ試飲したらしく、作っている人の顔は真っ赤。皆さんいい調子だ。

主人の友達も、子連れでやってきた。
赤ちゃんはまだ一歳。チョコバナナは無理なので、残ったバナナを切って割りばしに刺してやったら、喜んで何個も食べる。
屋台の電灯の下、キラキラと目が光って、かわいいこと。
やっと花火をみたよ。

チョコバナナもイカ焼きも、飛ぶように売れ、20時過ぎに完売となった。
20時からは、花火もあがった。
今年は花火大会がなかったから(まだ言ってる)、ようやく花火を見た。
夏は嫌いといいつつ、今年も夏を満喫している我々バルタン星人であった。


《オマケ》

週末のチッチ君

スポンサーサイト

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 22:30 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

週末チッチ(おうちでまったり)

階段の上からじーっと見下ろしている。

お盆休み、遊びすぎて、今週末は抜け殻である。

比較的過ごしやすい夏とはいえ、さすがにまだ昼間のお出かけは難しい。
朝7時台に一回り散歩して、日中はおうちの中。

二階で主人と昼寝していると思いきや、時々ふと視線を感じる。

なに~?と見ると階段の上から見下ろしていたりする。

下に降りたいのかと迎えに行くけど、そうすると逃げて行く。

階下で、私が何か美味しいものでも食べたんじゃないか?
一人でお出かけしちゃう気では?

そういう気配に敏感なチッチ。私の出す物音に反応しているようだ。
見張りに疲れると、そのまま寝そべっていたりする。
でれ~っと垂れ下がるチッチ

先週、ちょっと通販で弾けてしまい、バーゲンでチッチのグッズを色々買ってしまった。
チッチの寝床のベッドが汚れてきたので、おお、これはいい!と思ったら。
バーゲンで買ったベッド

ちとデカかった。

ちゃんとサイズを見たつもりだったんだけど。
デニム地に目が眩んだか・・・(-_-;)

本当は、横広に入るはずが、縦にしてギリギリ・・・
しかもちょっと縁が高い。

チッチを入れたら、あらら、だいぶ広さが違うねえ・・・
チッチが二人入れそう・・・(^_^;)

でも、まあ、冬はこの中に毛布を厚めに入れれば暖かいかも?

安物買いの・・と主人に言われないよう、無理やり押し込めた。
前のは洗っちゃったし・・・

このほかに何を買ったか?
・・・
・・・・
(^_^;)

主人に「まーた!」と言われる前に隠しちゃったので・・・(-"-)
まあ、おいおいご紹介しましょう・・・

自分や主人のものだと、セールになってても、なかなかフン切れない私だが、ことチッチグッズだと目の色が変わっちゃうのよね。

まあ、これがストレス解消法でもあるので、ヨシとしてよ(言い訳か?)

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:43 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボクらの夏休み(後編) 市民プールで大はしゃぎ!

みんな、デッカクなったなあ・・・(^_^;)

甥っ子二匹が、ババんちや、我家に泊まりたいのには、それぞれに理由がある。
下の甥っ子は、夏休みだから、ちょっと夜更かししてみたい、まぁ、そんなところ。
上の甥は、中3。生意気盛りで、親の小言がちょいとケムたいお年頃。
せっかくの休みに、ちょっとでも親から離れて、羽を伸ばしたいのだろう。
ババんちは、部屋が多いから、一人でごろごろテレビを好きなだけ見たり、夜更かしをすることもできる。
受験生だし、今まで部活にパワーをつぎ込んでいたから、親としては、なんとか勉強モードに切り替えさせたい。
本人も頭じゃわかっているのだろうが、素直に言うことを聞けない気持ちも、おばちゃんにはよーくわかる。
学習塾の夏期講習も、お盆の数日は休講。
(まあ、この期間も「特別講習」とかはあるんだろうけどね。)
せっかく学校も部活もなくて、ああ、勉強さえなければなあ・・・と思う気持ちも
おばちゃん、痛いほどわかる。わかるよ~

そんなわけで、上の甥はババんちに残りたがったが、下の甥は、お兄ちゃんが一緒だからこそ、親がいなくてもお泊まり出来るのであって、お兄ちゃんと別行動はありえないのだ。
下の甥のグズりが勝って、晴れて我家に二度目のお泊りである。

我家に着くと、チビだちは主人に任せて、私は待っていたチッチ君の散歩である。
9時を過ぎていたので、空気もヒンヤリ冷たく、チッチは待ってました!と張り切って歩く。
30分ほどして戻ってくると、家の中はシーンと静まり返っている。
「まさか寝ちゃった?」
リビングを覗くと、甥(大、小)とでかいオジサンが、同じ頭の形を3つ並べて、テレビゲームの最中だ。
封印されていたゲームも、今日は解禁。
しかも、主人のやりかけのゲームがあるってんで、子供らは目がキラキラだ。

「寝る時間は守ってよ~、明日はプールなんだから」
とか
「歯を先に磨いちゃいなさいよ~」

などと、後頭部に向かって、おせっかいを言うが、だれも聞いてくれない。
見たら、チッチまでちゃっかりと、男同士の中に混じってるし・・・(前編の最後の写真ね)

チッチのやつ、先日、お客さんが来たときはワオワオと散々吠えたくせに、自分の留守中に来られちゃ、「ここはボクんちだぞ!」とエバるキッカケを失ったようだ。
初めは不思議そうにしていたが、甥っ子の横に寝そべってゲーム見物(?)している。

甥っ子も、チッチの頭をナデナデしながら、ジュースを飲み、またコントローラを握る。
一番眠そうに生あくびを噛み締めているのは主人である。
BBQのクダリで張り切りすぎ(飲みすぎ)たので、甥っ子パワーに圧され気味・・・

さて、
もう夜も更けたので、ゲームをやめさせ布団を敷く。
寝室を彼らと主人3人に明け渡し、私とチッチはリビングで寝るか・・・と思ったのだが、上の甥はまだテレビを観たいし、下の甥は兄貴に「お前は寝ろ」と言われてふくれっつら。
リビングに降りてきた。
じゃあ、私と寝ようか?と誘ったが、チッチがしつこくクンクンするので、甥っこはソファーに逃げて行った。
2階を覗くと、主人は撃沈寸前、甥っこは世界陸上を見ている。
スポーツ番組なら、まあいいや、お休み~

チッチは主人が2階に行ってしまったのが気に入らず、しばらくウロウロしていたが、諦めて私の枕元にやってきた。
甥もやっと諦めたのか、眠気に負けたのか、ソファで眠ってしまった。
夜中、落下しても痛くないように、ありったけ座布団やクッションを敷いて、私も寝りについた。

ヤレヤレ、なんと賑やかな夜だったことか・・・

そして

あさ~!  (谷岡ヤスジ風)

今日も爽やかに良い天気だ。

そーっとチッチを連れ出して朝散歩。
(今日はプールだから、チッチはまた留守番だしね。)

ひと汗かいて帰ってくると、下の甥は起きだしてテレビをみている。
そうだった。なぜだか日曜の朝は子供むけの番組が連続であるんだよね・・・。

この隙に、近所のパン屋にチャリで朝食を買いに行き、戻ってきても、2階の住民は起きてこない。
9時を過ぎたので、主人を無理やり起こすと、腫れぼったい顔(いつも?)をして降りてきた。

「いったい何時まで起きてたの?」
主人はさっさと寝たらしいが、甥は2時近くまで起きていたらしい。
まあ、もうちょっと寝かしておくか・・・

プールの時間を調べたら、午後1時半から。昼前に出ていけばいいだろう。
11時くらいに兄嫁から電話がきた。
てっきり、息子たちの心配か?と思ったら、プールは私たちに任せて、久々に夫婦で出かけてきてもよいか?というお伺いである。

「どうぞどうぞ・・・楽しんでおいでよ」

電話を切ってクスッと笑いが漏れる。

私たちにとっては、子供らがいる休日が珍しいが、いない休日は兄貴夫婦にとってさらに珍しいのだろう。
たまには新婚気分(?)で、お出かけもしたいよね。

甥を起こし、サンドイッチを食べさせて、ババんちに戻る。

甥の友達が何人か、一緒にプールに行くという。
一瞬迷ったが、(水着が恥ずかしい(-_-;))メンツを聞いたら、いつものメンバー(バスケ部)だし、置いてけぼりもなんだか寂しいので、私も一緒に行くことに。

車で10分くらいのK市営のプール。

10年くらい前に、一度夫婦で行って、5分で帰ったことがある。
子供用の流れるプールと、幼児用の踝くらいまでしか水のないプール、二つしかないし、狭いのだ。
大人だけで行くと、居場所がない・・・
「中3の子なんて行って、遊べるの~?」とバカにしながら行ったのだが、この日はものすごい人出だ。
浮き輪を持たせたら日本一?の我が亭主殿(意味不明)

少し早めに着いたのに、チケット売り場が見えないくらいの人の列・・・
めいめい浮き輪やら、ビーチボールを抱えて、ジリジリする太陽の下、楽しそう。
でも、こんなに大勢入れるのかしら?

ようやく中に入ると、前は気付かなかった大きな滑り台(ウォータースライダー)がある。
「わーい!私もやりたい!」
実は、私、高い所や飛び込み台大好きなのだ。
どこかに潜んでいた童心がむくむくと蘇る。
まだ順番も空いているので、いまのうち!と子供らより先に階段をあがる。

大人はほとんどいない・・・(^^ゞ
階段の上から見下ろすと、かなり高さを感じる。
監視員のお姉さんの合図で、3人ずつ滑って行く。
身体が浮くほど勢いがつき、ジャッパーンと水に滑り込む
楽しくて2度もやっちゃった・・・(*^^)v

後で甥に
「一番暴れてたし!」
と、さんざん笑われた^^;

子供たちは、流れるプールに浮き輪を浮かべ、みんなでそれにつかまったり、仲間の肩に飛び乗って沈めっこしたりと、はしゃいでいる。

どんどん人が増えて、水よりも人の方が多いくらいの、まさにイモ洗い状態だけど、子供らはおかまいなしだ。

でもさ~(-_-;)

デジカメを構えていたら、監視員のお兄さんに「写真撮影禁止ですよ」って叱られちゃった。
一部の心無い大人たちが、色眼鏡でカメラを利用するかららしい。
そんなわけで、写真がないのが残念。

みんな、弾けるような笑顔だったのに。

子供にとって、施設が古いとか、人が多いとかは関係ない。
仲の良い友達や、兄弟と、一緒に過ごすこの時間が宝物なのだ。

時代だな、仕方ない。
私の記憶のアルバムに、こっそり収めて置こう。

2時間ほど遊んで、外の屋台でめいめいにタコ焼きやら、フライドポテトやらをパクつき
冷たいジュースをゴクゴク飲んだ。

大人になって、この日のような高い青空と照りつける太陽を肌に感じたとき。
今日のことが、思い出になっていたら

こんなに嬉しいことはない

≫ Read More

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:57 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボクらの夏休み(前編) BBQがなきゃ!

10日も休みが続いて、お疲れ気味なチッチ君

今年の夏は、地震やら、大雨やら、長梅雨やら、
ついに天変地異の前触れか?なんて、変な感じだった。

ここへきて、カラリとした青空が続き、なんだかイイ感じである。

ぐずぐず、ムシムシとした天気が続きに続いていただけに、ただ、晴れているだけでも嬉しいのに、朝晩はヒンヤリといい風が入ってくるし、昼間も、決して不快な気温ではない。

主人とも、何度も同じことを言いあったのだが、この気候こそが「金鳥の夏」「ニッポンの夏」である。
私たちが子供の頃を彷彿とさせる、すごくノスタルジックな空気なのだ。

空が高い~

思わず、遠い子供のころの夏休みにタイムスリップしたような、そんな気持ちになる。
目を閉じれば、まぶたの裏に映るのは辻堂の祖母の家
庭にはサヤエンドウとトウモロコシがなっていて、向日葵は天を向き咲き誇る。
祖母の握ったオニギリを持ち、従姉達と通った県立プール。
帰りに買うアイスキャンディの安っぽいオレンジの味。

ちょうどお盆休みに合わせて、この天気はうれしかった。

主人の夏休み的には後半、ラストスパートにさしかかった土曜日。
主人の実家でバーベキューである。
このあいだから、バーベキュー!BBQ!とうるさかった主人の願いがようやく叶った日である。
彼の夏は、これがなきゃ終わらないらしい。
主人の実家玄関前は、色々と便利なのだ今日はBBQ会場

こういうとき、主人の実家は便利。
袋小路の奥にあるし、前庭、というか、玄関前のスペースが広いので、そこは花壇になったり、チッチの水浴び場になったり、BBQ場になったりする。
河原や、公園も遠いわけではないが、90を過ぎた祖母にも、雰囲気を味わわせてやりたい、ということもある。
食材の山!!

買い出しを済ませて、実家に行くと、もうお父さんが火を起こしている。
なぜか男の人って、火を起こすの好きだよね。
主人は「あ~、なんだよ~、勝手にはじめちゃって」なんてブツブツ言ってるし・・・
食材の下ごしらえをしていると、兄貴家族が到着。
最近、下の甥っ子が合気道を始めたので、迎えに行っていたのだ。
道着姿の甥っこも降りてきた。

「よし、揃ったし始めるか~」
主人はとりあえず缶ビールのプルに手をかける。
肉やエビ、ほたて、玉ねぎ、ピーマン、ウインナー
どれも美味しそうなのに、なぜか子供たちにはウインナーが大ウケである。

焼き肉奉行は主人の兄貴におまかせあれ。
鉄の菜箸で、次々と焼き、「おう、焼けたぞ!」と紙皿に入れてくれる。

別にスーパーで買ってきた、普通の食材なんだけど。
外でこうやって食べると、妙に楽しいし、美味しいから不思議だ。
甥たちも喜んで「友達呼んでくれば良かったな~」なんて言っている。

この記念撮影の後、事件がおこった

あれこれと動いていた私と兄嫁も、ふう、とキャンプチェアに座って一休み。
と、汗を拭いていたら、なんだか顔が痛い・・・
兄嫁は、「辛い辛い」と騒ぎだした。

犯人はもらいもののピーマンである。
母の実家から送ってきたもので、形はピーマンだが、味はトウガラシだ。
焼きやすいようにと切った手で汗を拭いたので、私は顔がヒリヒリになり、「焼けたぞ~」っともらって食べた兄嫁は口が燃えた。

慌てて家に飛び込み、洗顔石鹸で念入りに顔を洗ったが、夜じゅう顔が痛かった。
「ピーマン爆弾」伝説の出来上がりである。

大笑いしながら、食べたり飲んだり、その後は花火大会である。

吉例、花火大会

食材の買い出しの時、ふと目についたので、買っておいたのだ。
やっぱり夏休みの必須アイテムだからね。
下の甥っこ用だけど、中3受験生も何気に喜んでる。

なぜか、男の子って、火遊びが好きだよね・・・。

そうか、だから火を起こすのも好きなのか。
進歩してないってことか・・・(^_^;)

すっかり楽しくなった甥っこが、「今日は◎クン(主人のこと)んちに泊まる!」と言い出した。
「え~??ばばんち(実家のこと)にしときなよ」
「ばばんちはいつも泊ってるから、今日は◎クンちに行きたい」

おお、なんてこった。
主人は困った~、って顔をしている。
(うれしいくせに)
お庭(正確には玄関だけど)でバーベキュー、花火大会、と来たら、今度はお泊りだよね。
やっぱ、夏休みの必須アイテムだしね・・・(エンドレス)
そんなわけでチッチハウスに今度は男の子のお客様

「でも、あんたたち、明日プールに行くんでしょ?」
「おお、ちょうどよかった、プールも頼む」(by兄貴)

「ええ?」

甥っこラブな主人にとっては、「楽しい楽しい夏休み」が、終了2日前に一気にやってきた。
後半へつづくよ!

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 00:59 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おぼんですね

花見犬

やっとこさ、私も夏休みに突入しとります。

うちの会社は、各自適当に有休とって休むのだけど、私の場合、給料計算とか、税金の支払いとか、ヤボ用(?)が多くて、好き勝手には休めない。
しかも一人総務だから、私が休む時は郵便やら、新聞やら、宅急便の荷受けやら・・なんやらかんやらを、他の人に頼まなくてはならないので、そうそう長くは休めない。
まあ、それでも3日お休みを貰って、

月曜日まで夏休みだ~!るるららら~!!

と、月曜日まで休めば、来週は4日で済む。と、ルンタッタしていたら。
主人の猛烈なやっかみを食らった。

「えええ~、おまえは月曜日まで~???ずるーい!!!」


これが果たして、40をとうに過ぎた大の大人の、しかも先週から9連休の人のいうセリフか?と疑いたくなるが、わが亭主は、そういう人である。
しかも、私のお休みが確定したら、休みを1週ずらそうか・・とまで、画策しやがって、それはあまりにズル過ぎる!と私と大ケンカになった。

これが果たして、お互いに40をとうに過ぎた夫婦のやりとりかと、我ながら情けなくなるが、いつになっても夏休みは楽しみだってことで・・・(全然収まってないが)

とりもなおさず、夏休み~
わーいわーい!

と、夏休み突入前夜の水曜日。
仕事帰り、久々にKと会った。

実は、チッチの誕生日記念に、ケージの新築をやめて、Kにチッチの絵を依頼していたのだ。

それが、ようやく完成したよ!と言うので、受け取り方々、久々にお食事でも!ってことになったのである。

10年近くイギリスに行っていた彼女の方が、なぜか東京の夜遊びスポットに詳しい。
なにせチッチがきてからは、品行方正に飛んで帰る私だからね・・・

「暑くても丸ビルあたりなら、駅から直接地下でつながってるよ」と言われ、東京駅で落ち合った。
丸の内地下が、あんな風になったなんて、知らなかったよ~

丸ビル最上階のオサレ~なダイニングで、注文の絵とご対面!!
(綺麗な絵はKのブログを見てね。)

うふふふふ~
これが、もとの写真。すごいでしょ??

私が一番気に入っている、花見でチッチ!の写真を送って描いてもらったのだ。
まるで、絵の中でチッチが動いているみたい。
普段、背景は入れない彼女に無理を言って、桜の花を背景に入れてもらった。

もう、最高ですよK子さん。

モデルと記念撮影

さんざんおしゃべりし、美味しいお酒を飲み。皇居を見渡す夜景を楽しんだ。
そして、久々に実家に泊まり、翌朝は実家の掃除をして(汗)

母と一緒に、チッチの絵の額を探しに行き。駅ビルでランチして、帰ってきた。

今日は昼までゴロゴロダラダラ。
こう蒸し暑くちゃ、何もする気にならず。
チッチと主人とエアコン冷え冷えなお部屋でぐうぐう・・・

さすがに、このままじゃもったいない。と新しいデジカメを買いに行ってきた。
今のチビデジ、5月に甥とディズニーに行く前日。
充電しようと電池パックを取りだしたら、バラバラになってしまったのだ。

それでも、テープを貼って、なんとかいままで頑張ってくれたが、さすがにもうお疲れか・・・
びっ●ガメラの店員さんのトークに洗脳(主人が)され、一番売れているカ●オのデジカメをゲット。
やっぱ似ている・・・

それで撮った本日のチッチくん。
相変わらずちょっと伊東四朗??
主人の実家玄関。主人が出てくるのを待っているチッチ

さて、あと3日。
どんな風に過ごそうかねえ~



公開夕食中?

あ、そだそだ。
先週の土曜日は、毎年恒例のご近所さんとの飲み会で、チッチ宅にもかわいい美女が来訪。
これを予測して、昼間チッチの家を洗いました・・・(^_^;)

チッチの似顔絵を描いてくれたり、楽しくすごしましたよん。
この絵も額に入れて飾らなきゃね。
子供たちの絵、良く描けてるよね。


写真の縮尺がブログのサイズと合っていません。ごめんなさい。
写真をクリックすると全寸で表示されます。

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 00:41 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おぼんですか?

とうたんと仲良く添い寝・・・

世間的に明日からお盆休みだ~!って方も多いかと思う。
我が家のご主人さまも、休みらしい。
私は3日だけなのにさ。
ずーーっとだってさ。うらやましいぞ!!

ああ、来週は毎朝↑の光景を横目に会社に行くのか・・・(溜息)

でも、この陽気。ちょっと日が出れば暑いから夏なんだろうけど
お盆休み。ってイメージではないよねえ。
まだ梅雨?って感じだよ。

夏は嫌いだけど、夏は夏らしくあって欲しいとも思う。
ギラギラ太陽、天に向かって咲く向日葵。
プールではしゃぐパグ・・・、じゃない、子供たち。

風鈴の音も、最近は近所迷惑だ。なんて話もあったりして。

閑話休題

じゅんこさん、約束通りためしましたよ!

エコバックinチッチ

解説しよう!先日のキリバン賞のプレゼントはパグ柄のエコバック。
丈夫ででっかいバックを見たら、しかもパグ柄だったら。
ついパグを入れてみたくなるってもんで。

試してみちゃったじゅんこさん
真似してみた私。


それしてもチッチ君
牛乳パックなら約10本分。
重くてとても片手にカメラ持っちゃ、持ち上がらんよ・・・

さあ、姫恋ママさん、眠り姫さん。
コロ助さん・・・

後に続くか!
続かないか・・・
うちらだけか・・やっぱ・・(汗)

≫ Read More

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 00:15 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

綱吉の湯2009 その② フカフカチッチ

まだまだ泳いでいる写真です・・・(^^ゞ

今年も綱吉の湯で、お大尽遊び(プールレッスン)を満喫した、チッチ&我々バルタン星人。
プールの後はしっかりシャンプー、そして念入りに乾かそうね。

この夏、チッチは基本的に毎週土曜日にシャンプーしている。
週一度のシャンプー、結構大変だけど、そのおかげで今のところ湿疹で医者に通わずに済んでいる。

できれば4、5日毎くらいの間隔でシャンプーしてやれれば、良いのかもな。

まめなシャンプーは、チッチの皮膚に覿面効果があるが、油断して乾かし残しがあると、たちまちそこに湿疹が出る。
お医者に軟膏をもらってあるので、毎晩、チッチをなでまわして、湿疹を発見したら、そこに軟膏をヌリヌリ
すると、翌日にはキレイなっている。

ほんと、パグって犬は手間がかかるワンコであることよ・・・

もっと早く、マメなシャンプーを徹底していれば、過去の夏にやらかした、あんなことやこんなことが減っていたのかもなあ・・と思うと、私も鈍感である。

とうたんをチラ見するチッチ

最近、その、鈍感というか、注意力不足というか、を思い知らされたのが、「タオル」
チッチのお風呂用のタオルは、ちょっと柄がかわいい薄手のバスタオルを使っていた。

ある日、そのタオルが見当たらず、やむを得ず違うバスタオルを使った。
そうしたら、なんだかその日はチッチの乾きが早く、ドライヤーの時間が短くて済んだ。

2枚のタオルを比べれば、なるほど毛足の長さがまったく違って、今回使ったほうがフカフカしていた。

バスタオルの違いに感動していた私。おりしも先日、パグ友のメイさんに「超吸収、光触媒マイクロファイバータオル」なる、魔法のタオルをいただいてしまった。
スイミングをされているメイさんは、これをスポーツジムでみつけたとのことで、実は人間のスイミング用なのだ。
早速、チッチのシャンプー時に、使ってみると、タオルよりも薄いぺらっとした生地なのに、なるほどドンドンチッチが乾いていく。
柔らかくて薄いので、チッチの足の指の間とか、そんなところも細かく拭き拭きしてやれる。

道具とは選ぶものなのね。

勉強になりました。(メイさん、ありがとうです)

これからシャンプー

綱吉の湯で、顔までシャンプーでごしごし洗われちゃったチッチ君。
普段からシャンプーは主人の担当である。
去年、佐渡に行った時、チッチは目を痛めて医者に行ってしまった。
その時、佐渡のお医者さんに、顔もシャンプーで洗ったほうが良い。と教わったのだ。

そうはいっても、チッチの顔を洗うのは、可哀そうな気がして、私はどうも抵抗がある。
主人もはじめはそうだったらしいが、最近は慣れた手つきで、ジャブジャブと洗っちゃう。
チッチもあきらめ顔。



そしてピカピカに洗いあげたチッチを乾かすのは私の担当。
普段は我が家のあっつい脱衣場で、扇風機に当たりながら家庭用のドライヤーでちまちまと乾かすのだが、綱吉にはりっぱなドライルームがある。
冷房も冷え冷え、業務用のドライヤーが設置してある。



このドライヤー、動物を乾かすためにできているので、あまり高温の風は出てこない。
そのかわり、風量が強いので、ものすご良く、早く乾くのだ。
チッチも気持ちよさそう。

うちにこんな設備があれば、毎日でもお風呂に入れちゃうのになあ~
今年も頑張りました!

フカフカに乾いたチッチ君を連れ、綱吉の湯を後に表に出る。
夕方になり、また少し曇ってきたので、だいぶ涼しくなってきた。
プールでクールダウンしすぎたのか、チッチ、出てきたら山羊のような大シッP・・・(~_~;)
こりゃ大変だ。と車に乗る前に、近くにある公園まで散歩。

東京湾をバックに記念撮影して、家路に着いた。
東京湾ですワン!

| チッチとお出かけ | 23:33 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

綱吉の湯2009 その①チッチ進化す

綱吉の湯2009

我が家のご主人様は、日本人的悲観論者の典型的人間である。

って話を今までも何度も書いた。

ことに、うるさいのが「天気」
やれ、旅行前夜に雨が降ったっちゃブンむくれ、甥っことディズニーに行く朝も、雨っていっちゃ、「中止だ」とワメき・・・(結局着く頃には晴れていた)

本人の責任ではないが、これほど天気を気にする男なのに、思いきり「雨男」
嵐を呼ぶ男なのである。

そうはいっても、たかが人間一人が、空模様をそう左右するわけはない。
今年のこのグズグズな陽気は、平たく言っちゃえば「冷夏」?

花火大会は中止になるし(←これは天気関係ない)、海の家は閑古鳥。
プールで震える子供の画像をニュースでくりかえし流す。
エアコンが売れないと、家電業界が泣き。
湿気た気分がますます湿気た夏にする。

でもね!

夏に超弱い、ハナペチャわんこを飼う、世間でもごく一部の人々には、今のところ「ありがたい夏」なのだ~

さて

チッチに関する年中行事をこなすことに、妙な力を入れる私。
今年も綱吉の湯を予約したのはチッチの誕生日の頃だ。
その頃は、こんな風に梅雨が戻るとは思ってもいないし、8月には真夏で、チッチはどこにも連れて行ってやれないだろうなあ、と思っていたからね。

主人も、予約したことは承知していたのに、間際になって
「こんな涼しいのに、プールで泳がせることないだろう」
などなど、ブツブツと言う。
んなこと言ったって、予約の時に、その日の天気まで決まっているわけじゃないから、どうにもならんのに。
とかく、私の希望で出かける話には、ギリギリまで無駄な抵抗を試みる男なのだ。

前日のウェザーニュース、8月1日港区お台場海浜公園付近の天気。
「曇り、最高気温28度、前日よりは蒸し暑くなるでしょう」

私にしてみれば、真夏のお出かけは、それだけでも危険がいっぱい。
チッチにとってみれば、願ってもない曇り空だと思う。
たしかに、金曜日くらい涼しいと、ちょっとさびしいものがあるが・・・

ブツブツ文句をいう主人を相手にすると、また大立ち回りになっちまうので、淡々と出かける準備をする私。
そして、ことチッチのことになると、「超」のつく心配症。
天気予報を全く信用せず、アイスボックスに保冷剤をどっちゃりつめ、冷え冷えマットもしっかり積んで出かけた。

出かける前は、かなりの確率で「雨男」な主人だが、着いたら晴れたとか、結果オーライになることも多い。(私の執念か?)

お台場に着く頃は、雲ひとつない青空。

カンカン照りだよ・・・(-_-;)

保冷剤積んでて良かった

私が予定していた時間より3時間も遅くお台場に着いた我が家。
予約は2時なのだが、時間が中途半端すぎて寄るところがない

ホントはさ!マメ子ちゃんたちが、レインボーブリッジをバックに記念撮影していた、人工渚に行きたかったんだけどな・・・
水好きのチッチのこと、きっと喜んで水にはいるだろうし、濡れても後でシャンプーが待っているのだから好都合だと思ったのに・・・

この暑さじゃ、とてもじゃないが無理。

ふと思いついて、綱吉の湯に時間変更が可能か聞いてみた。
ちょうど4時が空いている、というので、申し訳ないが予約の変更をしてもらった。

これなら、行ってみたかった、あっちもこっちも行かれるぞ。

というわけで、皆さんのマネっ子で、予告篇の通り、「パピーズダイニング」さんでランチを食べ(チッチは萬君とお揃いのスイーツにありつき)
ヴィーナスフォートで、バーゲン漁りもできた。(でも収穫なし)
チッチ君、お行儀悪いよ~

ちょっとゆっくりしすぎて、綱吉の湯に着いたのは予約の5分前・・・(←超アセッった)

もう5回目、勝手知ったるなんとやらで、受付を済ませたら、後はプールへGO! GO!

外はかなり暑く、ガハガハしていたチッチ。
ライフジャケットを着けてもらって早速プールへ。
人参をゲットするとちゃんと戻ってくるんだよ。
慣れたもので、スイスイと泳ぎだす。
主人は動画担当。私はデジイチ担当。

実は、去年慣れないデジイチで撮ったら、写真がブレブレで使い物にならなかった。
昨日の夜、撮り説を熟読し、室内撮影、スポーツモードにして

撮った写真を見て!(写真、右が切れてるのは、クリックしてみてね)

ライジャケ無しでも余裕でノビノビと泳いでます。

すごいぞデジイチの威力、初めて発揮できたかも・・・
水面の波紋までキレイに写ってる~

それにしても、チッチの泳ぐ姿は、何度見ても本当にかわええよ。
岸に着いて「ふうう」と一息

そして!
今年のチッチは一味違うのだ。
去年、頑張りすぎて壁にぶつかったチッチ。

今年はくるりとUターンする。

しかも、しかも!!
チッチは日々進化している。
反対側で私や主人が呼ぶと。

自分から飛び込んで泳ぎ始めるのだ!!



ライフジャケットを外しても、泳ぎに余裕がある。
自分でくるりと方向変換したり、インストラクターのお姉さんが投げたおもちゃをくわえて戻ってくる。

毎年、「またか?」と言われても、
やめられないのが、こういうところ。
犬ってすごいなあ。


もちろん、主人だって
頑張って泳いでいるチッチを見て、うれしくないハズがない!

「あ、かわい~」

と言ったのを私は聞き逃さなかったぞ!

ふふん!


| チッチとお出かけ | 22:55 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぼくんちの年中行事 予告編

お台場に来たよ!

ボクだよ

ふうう・・・今日はもうクタクタだよ。

とおたんと、かあたんと、お台場に行ってきたんだ。

てっきり、かあたんの買い物とかに、おつきあいのいちんちだと、

ボクは油断してた。

だってさ

かあたんってば、こないだみほみほさんが、もちゃんさんつきさんと「オダイバ」にいって、あんなことやこんなことやってきた。ってブログで読んで、すっげくうらやましがっちゃってさ。

「チッチ、うちも来週行くからね!!」なんちゃって、すげく張り切ってたんだ。

気合い入れて、きのおも早く寝ちゃったし。

涼しいから、ボクを連れてくのにちょおどいいや。なんて、ホクホクしてた。

とおたんが、ちっとお寝坊して、朝ちょっとモメてたけど。
ぼくんちではいつものことだから、ボクももう慣れっこだよ。

ボクはいっしょうけんめい、「ボクも一緒に行く!」ってしゅちょおした。

で、行ってきたよ。
まってました~


初めて入るドッグカヘで、しゅてきなゼリーを食べて

犬連れのワンダーランド、ヴィーナスフォートだ!

あんのじょお、かあたんのバーゲンアサリにつきあったとこまではよかったんだ。

まさか、ボクに、ジゴクのトックンがまってたとはさ。

本編へつづく~


でも、ボクはがんばったよ。

かあたんも、とおたんも、ボクの雄姿をみて、大よろこび。

写真をたくさん撮ってた。

で、ハリキリすぎてかあたんは、もうクタクタなんだって。

ボクに、センデンだけしておいて!って言って、もう寝ちゃったよ。

ボクがいっちばんクタビレタはずなのにさ・・・

そういうわけだから、また見に来てね。

きょおは、ここまで!ぐっばーい!

| チッチとお出かけ | 23:30 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |