Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

梅雨の理由

せっかくネット復活したと思ったら、届くのが哀しいお知らせばかりで、完全にダウンです。

ちょっと・・・いや、だいぶ・・・

私が凹んでても仕方ないんだけど。
何もできないし、何も変わらないんだけど。
まるで今夜の空のように、どんよりしてしまう。

私の不調、不機嫌は、すぐ家族に伝播します。
影響を受けやすい方々です。
チッチは足の指がカイカイで、夜じゅう噛んでいたらしく、朝見たら、まっかっ赤。
やっぱり、昨日のうちに医者に連れて行けばよかったかなあ。
飲み薬はなんだか嫌なので、塗り薬で治まればいいなと思ってたんだけど。

主人は季節外れの花粉症(?)でくしゃみ連発。
主人がくしゃみするたび、ビックリしてチッチが逃げていきます。

ごめんなさい。
ちょっとだけ
お休みします。

来月(あさってからだけど)は、チッチのお誕生日があるので
そう凹んでいられませんが。
(チッチはわかってないけど、私にはとても大事な日なので。)

生きていれば、色々あって。
受け止めなければいけない事実や
現実も見据えていかなければなりません。

人と知りあえば
楽しいことも増えるけれど、悲しみも共有していかなければなりません。

わかってます。
頭では

でもね

年に一度くらい
空も不調になりたいのかな?
だから梅雨があって
雨がだらだらと降るのかな?

ジメジメと湿気っぽくて
色々なものがカビる季節だから
掃除にも念が入るし
冷蔵庫の整理もするってもんで

自然界には不要なものはない

私も自分のハートの中をクリーニングして
太陽の光でからりと干したら

また、元気になりますよ。
スポンサーサイト

| ひとりごと | 23:50 | comments:17 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

梅雨空

※文章は数日前に書いたものです。

インターネット復活しました(お騒がせしました)

ま~
湿気っぽい。

特に日曜日はひどかったね。
「あれ?ここなんかこぼした?」って足を持ち上げてみるほど、床ベッタベタ。
除湿器総動員、エアコン大活躍である。

我家のチッチ君(@親戚は101匹わんちゃん^^)は、暑さだけでなく、湿度にもことのほか弱い。
おそらく、彼の鼻の中は、除湿器フィルターがグッチョグチョに折れ曲がり、色んなモノが目詰まりしてて、まともに機能していないと思われる。(修理不可能)
それでも、毎日の楽しみは、「お散歩♪お散歩♪うれちいな~♫」なので始末が悪い。
この時期、本ワンも私(時々主人)も本当に大変である。(こればっかり)

毎日水浴びされちゃうと、また湿疹が出ちゃうし。
足を洗うときも気をつけないと、シャワーの下にノビちゃう。
どんだけ水好きなのか・・・チッチよ・・・(-_-;)

散歩道は紫陽花が満開。
どうも、うちの周辺は紫陽花好きの家が多いらしく、どこに行っても大きな株の紫陽花が見られる。
中には、サッカーボールほどある大きな花を、何十とつけている株もある。

実は。
我家の前にも紫陽花があるのだが、毎年私が、無知なまま「床屋」しちまうので、今年も「休み」
切りそびれた一番足元に、1つだけ咲いているのがなんとも哀れというか、嫌味っぽいんだよね。

とまあ、こんなうじうじ、ジメジメした気分を吹き飛ばすものが届いたじょ!

パグパグ本舗さんの新作~
パグ団子で「待て」してるチッチ(^^ゞ

まったりパグちゃんと、パグ団子。

おやつと思って記念撮影に応じるチッチ(おばか?)

お箸置き!

お箸置きはちょっと胴長パグちゃん


そして~
今は受注受付ストップ中の「パグゲーム!」
うひょひょひょ~届いたよーーん!!!

かわいすぎる!!パグゲーム

驚く無かれ、全部手作り。で表情も一匹一匹違うのだ。
全部手作りなので、もちろん少数生産。(1年以上待つのは覚悟で発注なの)

新作と一緒に送っていただいたのだ。

発売時間の5分前からパソコンの前で頑張ってたけど
ユーザー登録をモタモタやっている間に、どんどん売り切れて行く。
なんか、手が震えてしまった(←おいおい^^;)

実は「ま~た!そんなもん買ったのか」と言われるのを恐れ、こそこそと購入していた私だが。
主人が帰ってくるなり、見せちゃった。

だって、ムチャカワ(ムチャクチャかわええ)んだもの!!

梱包されてきた箱も、一つ一つ「ぱぐぱぐ本舗」のロゴ入り。

こういう細やかな手作業にノックアウトです。

もんちょさん、素敵なパグズを分けていただきありがとうございました。
大事にします~♪

≫ Read More

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:05 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネット不調のため

20090624081416
こんにちは!

昨日から我が家のインターネットなぜかつながりません。
せっかくネタが色々あるのに~っと、昨夜はあれこれいじってみたんだけど、ダメだった~

そんなわけで、いただいたコメントのお返事など、お返事出来ずにゴメンなさい。
一晩つながらないだけで、なんだか世の中から隔絶しちゃった気分

我ながらネット依存症だな!くすん
というわけで、これは出勤中の電車の中からアップしてます。
せっかく来ていただいた方ゴメンなさい。また来てね。

≫ Read More

| 未分類 | 08:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

父の日特別寄稿。衝撃(?)スクープ!チッチ出生の秘密??

たらいの季節~

このところ、書きたいことが多すぎて、ぎうぎう(くるさん風)な私である。

先日、大好きな昔の上司に会ってきて、そのことを書こうと思って、もう下書きを4回くらい書きつぶしている。

いきさつと、思い出と、当日と、と書きだすと、そらもう、本一冊いっちゃう?って勢い・・
で、読み返すと、かなり独りよがりな「でね。・・・でね・・・。」って感じ。
どうにもまわりくどく、説明っぽくなっていて、没原稿ファイル行きなのだ。

昨日は珍しく主人と、チッチ抜きで銀座デートしてきた。
なんと、松任谷由実のコンサートにつきあってもらったのだ。
ユーミンのコンサートは、いつもは大学時代の友達と行くのだが、行った後に私が、よかった、よかったというので、主人が一度くらい行ってみたい。と言い出したのだ。
チケットを取った後に、「そんなこと言ったっけか?」とトボけていたが、男に二言は言わせない。
一度行くって言ったんだから、つきあわせるのだ。

今回のツアーは、ユーミンにしては、比較的小さめのホールツアーで、東京は、東京国際フォーラムホールAで6月に3日間。(秋にもあるみたいだけど)

春先に出た新しいアルバムのツアーだが、主人はこの新しいアルバムを聞いてあまり好きな歌がないという。
普段、絶対に行く前にセットリストは調べないのだが、初めて主人をお連れするので、ちょっと不安になり、事前に調べてみた。
すると、新しいアルバムの曲も多いし、主人が好きだという、ロックンロールな曲はほとんどやらなさそう。
あれれ~、今回は失敗したか・・・

いつもそうだ。

私が好きなものに、無理やり主人をつきあわせると、その時に限って、あまり良くなかったりするのだ。
どきどきする気持ちで、有楽町へ。

土休日ということで、開演は16時。

本当はお昼に銀座について、オサレ~にランチでも?と思っていたのに、主人が午前中床屋にいっちゃったし、ついでにチッチくんを散歩させたり・・と色々やってて、結局有楽町に着いたのは14時。

日比谷駅から地上に上がってくると、蒸し暑い初夏の日差し。
有楽町駅の方へ歩いて行くと、なじみのない建物がいくつか建っている。
「へえ?いつの間にこんなところに丸井ができたんだろう?」
こんなところに丸井?

そうなのだ、銀座「超」大好きで、Kと夜な夜な遊び歩いていたのはもう20年前。(そうなんだよ、Kちゃん(^^ゞ)

最近はチッチと花見で通ったり、「通過」ばかりで、お店など見て歩かないし、どこに行って良いかわからない。
せっかくなので、丸井の隣にあるITOCiA(?)の地下に行き、隅にあったデリカッセンで軽食をとった。
そして、いざ国際フォーラムへ。

ホールAの入り口に向かって歩いて行くと、急に周囲の年齢層が上がって行く(^^ゞ。
看板とかないあたり、スタジアムコンサートと違うところ

コンサートは小ホールならではの落ち着いた雰囲気で始まり、音響がとてもよかった。

途中、新譜の曲が続いたとき、ふと横を見たら主人が居眠りしていたのにはビックリしたが(^^ゞ
それ以外はとっても良いコンサートだった。
新しい曲も、生で聞けばなかなか良かったから、家に帰ったらまた違う気持ちで聞けそうだし。

何よりも、私が好きな曲のTOP10に入っている「14番目の月」を生で聞けたのはうれしかったな~♪
(主人もこれが一番良かったと言っていた)

ご機嫌でホールを出て、まだ早いからと銀座をブラブラ歩いた。

ユーミンで涙していた私を横目で見ていてうらやましくなったのか、主人がDVDが見たいというので、山野楽器へ。
2月に一緒に行った甲斐バンドのコンサートのDVDが出ていたので、即購入。
こんなところでカメラを出すな、と文句を言っているけど、撮っちゃった

「せっかく電車で、チッチ抜きで出てきたんだし、一杯やってくか!?」
日頃の主人にはありえないが、DVD買ってもらってうれしくなったらしい。
そうはいっても、またもや、どこに行くか見当がつかない。

ふと思いついて、私が昔から好きだったパスタ屋の有楽町支店に行ってみてもいい?ということに・・・

実は、先日なびこママ達と原宿に行った時、真っ先にその店にご招待しようと思ったのだが、原宿に2店舗あった店は両方無くなっており、かな~りショックだったのだ。
原宿店、何十回(100回?)行ったかわからないのだ。

古い有楽町駅前ビルの地下。
オフィスビルなので、他の店はしまっている。
覗くと、その店だけお客で溢れかえっていた。

店内の雰囲気、メニューはだいぶちがったけど、久々に大好きな白ワイン仕立てのパスタを食べ、主人は大ジョッキの生ビール二杯でご機嫌。
二人で電車に揺られて帰宅した。(もちろん帰ってからチッチの散歩はしたよ)
ビールさえあれば、ご機嫌なのだ

今回のユーミンのコンサートは、「旅」がテーマだった。
最後にユーミンがこう言った。

「同じ時間を過ごしてくれてありがとう」

中島みゆきも夜会(DVDだけどね)で観客にこう言っていた
「同じ時代に生まれてくれてありがとう」

同じ時間を共有できた喜び。

今、このとき、今の自分で良かったと思った。
アラフォーになっちまった、この年齢の、今の自分で、満足だ。
感謝する気持ちを、いつまでも忘れないようにしよう。


ポールマッカートニー
ローリングストーンズ
ビリージョエル
サザンオールスターズ 桑田圭祐
甲斐バンド
松任谷由実
中島みゆき

etc・・・

RCサクセション 忌野清志郎 (←彼についても没原稿多数(^^ゞ)
 
先に逝ってしまう人もいるが。曲は残る。

その曲に人生を変えられる場合もある。

その人の生きた意味は残る。

自分の歩く道

忘れられない想い

もう会うこともなくなった昔の友達。
辛かったこと

でもそれも、人生の深みとなって、今の自分の付加価値になっているのかもしれない。

そんな風に思った一日。

「感謝しまぁ~す」(清志郎風)

かあたんたちお出かけだからって、早めにお散歩だよ。

さて。
表題と内容。
「あれ?うさぎさん。間違っとるで~」と思われた方ごめんです。

先日、ぷるのすけさんに教えてもらって、チッチの親戚探しをしてみました。

チッチは千葉の生まれで、兄弟がないことは聞いていたけど、親戚がどうとか、考えたこともなかった。
ぷるのすけさんが、ブログでよく従兄弟とか、おばさんとか、書いてらして、どうしてそんなことがわかるのか不思議でたまらなかったのだ。

でも、いままで、調べようと思ったこともなかった。

チッチの父ちゃん、母ちゃんはどんな顔だったのかな?なんて思うことはあったけど、実はチッチと出会ったペットショップはもう閉店してしまっていて、手がかりもあまりない。
もとより、チッチの「血統証」もどこかにしまいこんで、あまりみたことがなかった我が家だったのだが・・・

今日も30分くらい探して(^^ゞ
古い封筒に入れっぱなしの「チッチの血統証」を引っ張り出し、教えてもらったサイトに入力。

そうしたら。

出てくるわ、出てくるわ・・・
へえ~、チッチにも親戚はいたんだ~
と・・・なんと

ぷるのすけさーん!
こんぶちゃんとも親戚でした~

なびこママさーん!
なびちゃんとも親戚でした~!

コロ助さーん!
スミちゃんとも親戚だったの~!


そのほかにも
ブログで知っているパグちゃんの名前、結構つながってました~

ほとんどヒイ爺ちゃんつながりだったけど・・・(^^ゞ

お父さんが一緒だった子が一頭だけいてビックリ。

パソコンに向かって奇声をあげる私にビックリするチッチ&主人・・・(^^ゞ

チッチに兄弟がいたんだ~!!
まさか、この間の原宿が「親戚の会」だったとは~!!
知らなかったよーん!

チッチ、良かったね
でもチッチ。

これだけ、たくさんのワンコがつながっている中。

この時代に生まれてくれてありがとう。
そして
うちの子になってくれてありがとうね。

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 22:40 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

箱入息子

さくらんぼ一粒にそんな真剣にならんでも・・・・(^^ゞ

チッチは愉快な男である。(前にも書いたな^^;)

前回の日記でも書いたが、「入れ物」が好きである。
クレートでも、ケージでもなんでも、私が用意しているそばから、入ろうとする。
旅行の準備をしていて、チッチのお泊りグッズなどを出して来ようものなら、たちまち入れろ入れろと大騒ぎになってしまう。
前日に準備するときは、こっそりと。
彼に見せないように気をつけなければ、そらもうウルサくてしゃーないのだ。

しかも、うっかり扉を開けたままにしていると、いつの間にか入っちゃう。
で、いくら出そうとしても出てこないから、どかすときに重くてしかたない。

カートやスリングにも喜んで入る。(ついでに言えば、「ペット預かり」などのケージにも平気で入る。)
カートの入り口を開けて、「チッチ、ポンして」と促すと、よじ登って入りたがるのだ。
これは、大山詣でのとき、コンパパさん(ぷるのすけさんの御主人)にすごくビックリされた。(こんもずちゃんはすごく嫌がるらしい)
あ、もちろん、入りたがるけど、飽きると「出たがり」ますけどね。

先日、チッチの小屋があまりにもバッチイので、久々に本格的に掃除していた。
チッチの小屋は、チビの時に買ったサークルを二つ連結させており、片側にベットとクレートが置いてあって、もう片側がお食事スペースになっている。(詳しくは昔のブログを見てね。)

使い勝手は良いのだが、もう5年以上使っているし、そもそも、安物のサークルを、100均のワイヤーラックなどで補強した即席サークルなので、正直言って、見栄えは相当悪い。

しかも、あろうことか、尻癖(超)悪蔵の筋金入りのチッチ君。時々自分のサークルにさえもシッピする。
仕方なく、ハウスにまで、ペットシーツを貼ってあるので、そりゃあもう、なんだか・・・
河原沿いのダンボールハウスさながらの風情を醸し出している。

それが、我家の狭いリビングにドッカリ置いてあるのだ。
そしてそして、尻癖(極)悪蔵のチッチだが、一応、時々は自分のトイレで用を足すこともあるので、リビングのど真ん中にチッチ用のトイレまで設置してある。

・・・・・・・・・・・・・(-_-;)

普段は私と主人とチッチの3人暮らし。
まあ、生活するには困らないけどさ。
時々、ほんと時々、お客様などあるときは、結構アセる。
うちの母でさえ(最下級)「ここんちはスゴいね」と言わしめる(←憎らしい) 正真正銘の「チッチ小屋」になりつつある我家。(脚色なし)
なんとかならないものか・・・
えっへん、ボクんちだぞ!(これは掃除後)これでも

毎年この季節・・・まあ、平たく言えば、ボーナスの時期で、チッチの誕生日が近づいてくると、彼の小屋の新築、もしくは改装について、幾度も検討する私なのだが、結局そのままになっている。
ケチっているのではない。
もとより、ことチッチのことになると、財布の紐にしまりのない私なので、最愛のチッチの誕生日に、ここは一発ドカンと!華やかに、きらびやかに!チッチハウスリニューアルオープン!と・・・毎年毎年ネットサーフィンにも熱が入るのだ。
でも、どうにもこうにも、私が欲しいケージが、どこを探しても見つからないのだ。

私の欲しいケージの条件。

①大きさ、幅90cm~95cm。奥行き120cm、高さ60~65cm
②高床式
③フレームは木製、または木調。壁部分はメタル製の柵
④床はプラスティック製


①については、今と同じ広さ。ということになる。はじめはベットしか置いていなかったのだが、ある日、出かけたときに使ったクレートをリビングに置いていたら、チッチがその中で寝てしまった。
ふうん、犬ってこういう狭いところが好きなのかあ・・・と思い、以来ケージの中に置いてある。

このクレートこそが、チッチにとって欠かせない「我家」らしい。

叱られたり、怖いとき(夫婦喧嘩中)、彼は真っ先にここに逃げ込むのだ。
だったら、クレートのスペースだけ確保できれば、と思うかもしれないが、横にベットのスペースがないと、私が寝ているチッチを見られなくてつまらないのだ。
クレートの中と、横のベットのスペースをうまい具合に使い分けしているので、これは譲れない広さなのである。

②高床式。まあ、ようするに、今のチッチハウスは底に「コロコロ」がついているのだ。
夏は通気が良いし、なにしろオシッピの不安があるので、リビングの床と小屋の床との間に隙間は必要。
この条件が、意外にネックになってしまうのだ。
「ケージ」と「サークル」の境目となるのが、大きさである。
60×90くらいの、小さなサイズはほとんど「高床式」なのだが、120cm×90cmともなると、コロコロがついているものはまずない。
それどころか、床と枠が一体になっているものもない。
フレームはフレームで、床板は床板で別売りになっており、当然、固定されていないのだ。

③フレームは木が良い、と言うのは、ただ単に見栄えがいいからである。
パグ友さんのブログを見ると、みんなフレームが木の、おしゃれなケージを使われている。これがどうにもうらやましい。
以前調べたときに、フルオーダーの木製のサークルを作ってくれるお店があった。
かなり値段は張ったが、これは!と思い、主人に相談したら「ダメだよ、柵まで木製じゃん、シッピがかかると臭いが残るし、チッチがカジカジすると汚くなる」と反対されたのだ。

④床はプラスティックが良い。
取り外して洗えるし。チッチはご飯を食べるとき、全部床に出して食べるので、いつもベタベタになるのだ。木だとカビたり匂ったりしそうだし、ウレタンなどだとホリホリしてしまって、あっという間に穴が開く。プラスティックだと足がすべるが、敷物を敷けば、マメに交換できるから衛生的。
   
と、要するに今のままの状態で、もうちょっとミバエのマシなものが欲しい。ってことなのだが、これが本当に無いのだ。
去年、リッ○ェルの木製サークルで、別売りパーツを連結し、カスタマイズできるタイプを発見したのだが、残念ながら、床が別売りで、「高床式」にならないのだ。
いっそ、自分で作るか!とか、思いたつこともあるが、大工仕事はしたことがないし、失敗を恐れていまだ踏み切れずにいる。
こういうのを見つけたら、多少値が張っても即買なのだがな~~~

アイ○スオー○マさん、リッ○ェルさん、是非商品化のご検討を~(哀願)

また、余計な方に話が長くなった(え?余談だったの?)

その、チッチ君ご愛用、おんぼろハウスを掃除中。
チッチはなんとか邪魔をしにくる。
ずらしたスペースに入ってくるし、どかしたおもちゃやら毛布をぶん回す。
「僕の小屋、こんなにしちゃって!いったいどうしてくれんのさ!」と、気が気じゃない模様・・・
あれれ?チッチはどこだ??(目がきらりーん)

掃除機を丹念にかけて、雑巾掛けしようと、雑巾をとりに行き、戻ってくると、チッチがいない。
あれ?と思ったら、脇にどかしたクレートの中に入っている。
下に掃除機のホースが挟まっていて、ナナメになっているのに。
わざとゴトゴトと揺らしてみても、頑張って出てこないのだ。
「これはボクんちだからね!どっかやっちゃわないでよ!」とでも言いたげだ。

外枠をキレイに拭いて、元の位置に戻し、クレートをチッチの入ったまま持ち上げる。
それでも中で頑張っている。
面白いので、主人にそのまま元に戻してもらった。(重い)
クレートごと宙に浮き、ケージの中に納まったチッチ。
「はあ、良かった」と一度も出てこず。寝ちゃってるよ。
もうココから動かないぞ!

最近、夜は我々と二階の寝室で寝ているし、昼間留守番中もフリーにしているので、こんな大きな小屋を置いておく必要があるのかなあ?と思ったこともある。

でも、時々昼間帰る事があり、チッチを探すと、小屋で寝ていることが多い。
一番安心で、安全な場所なのだろう。(そして時々オイシイ場所でもある)

チッチは兄弟がいないせいか、おっとりしている。
お食事中に手を出しても、ちょっとスピードアップするくらいで怒らないし
オヤツがいくら欲しくても、ワンワン吠えることもない。
散歩で他のワンコに吠えられても、顔をしかめて、黙って横を通り過ぎるだけだ。
これで尻癖さえ悪くなければ、文句なしなイイコなんだけどなあ・・・

そんなチッチと暮らしてもう6年になるのか。
来月はお誕生日、何をお祝いしようかね・・・

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:22 | comments:20 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

梅雨の晴れ間に原宿デート

ヤドカリチッチ

土曜日。
パグ友のなびこママさんと、ぷるのすけさんとランチデート。

暑い時期だし、今日はチッチは留守番。
たまには「犬抜き、亭主抜きで喋り倒そう~」という、夢のような(笑)企画である。

神奈川のお二人と、千葉の私、真ん中で!・・・ということで、原宿で待ち合わせ。
「うさぎさんちは、よく神宮とかに行くから詳しいでしょ~?」と期待され・・たけど・・

チッチと遊ぶところは知ってるけど、ほとんど車で、ひたすら移動。
食事もしないことが多い我家である。(せいぜい焼き芋くらい)

おしゃれなお店なんて知らんよ~(泣)

なにはともあれ。お昼前に「明治神宮前」で待ち合わせ。

せっかくなので、オサレに(苦笑)オーガニックフレンチを・・・(前の晩調べまくり)
ここで「この店、良く行くのよ」なんてカッコつけられればよいのだが。
プリントアウトした地図を手に「あれれ?どこだろう??」と、地図があっても迷う私・・(スマヌ)
結局二人に連れて行ってもらう・・・

早めに着いたので、お店はちょうど開店の時間である。
「ご予約は?」なんて聞かれてドッキリしたが、席があるというので、無事テーブルにつけた。

ワイワイとメニューを選び、一品ずつ出てくると、キャアキャア写真撮りまくり、(嗚呼アツきブロガー達・・・(^^ゞ)パクパクと食べ。またしゃべりまくる。
大はしゃぎです。(お料理も美味しかったよ)

リアルに会う機会は、そう多くない私たちなのだが、ネット上では毎日のようにやり取りしているので、昨日も会っていたかのような会話で盛り上がる。
歳の頃も、家族環境も、違うようで何かと相通ずる点の多い3人。

犬の話以外でも、「そうそう」とか「うちもうちも」って話が多くて、もう何が何やら・・

お腹もいっぱいになったので、明治神宮まで散歩。
そういえば、今年、チッチと初詣にきて、入れなかった時以来だ。。
後で思ったのだが、私、今年「初詣」であった(もう半年経ってるけど・・・)
仲良しパグ友三人衆

鳥居の前で通りかかった人にシャッターを押してもらった。
砂利道を入ると、原宿の雑踏がさっと消え、なんともいい涼風がふいている。
ぶらぶらと進んでいくと、お社が見えてきた。

「あ、結婚式・・・」
何組かのカップルが記念写真撮影中だ。
御天気が良いのはいいが、白無垢・・暑いだろうな~

と、今度は結婚式の話で盛り上がる。
「うちは披露宴しなかったからさ・・・わけあり?なんて聞かれちゃった」(←私)
「へえ~そうなんだ~、うちはね~」

まあ、女三人寄れば・・で、話題は事欠かない。

お参りを済ませ、また木立を歩いて行くと、無料休憩所がある。
その前で、なにやらイベントが・・
ノボリを読むと
「6月16日は和菓子の日、和菓子無料配布中・・・」

「無料」の文字で、とりあえず並んでみる三人・・(^_^;)
慣れた手つきで次々お菓子を作る職人さんズ

するとなんと、生和菓子の製作実演中。
色とりどりの餡を合わせ、アヤメなどの花の形の練りきりを作って見せてくれるのだ。
「わ、私こういうの大好き!」
昔、NHKの番組で感動し、和菓子職人に弟子入りしようかと思ったことがある(実話)私。大喜び。
大きな声でそんなことを言っていると、職人さんも笑いながら話しかけてくれる。
相槌をうちながらも、正確な手つきで色が合わされ、餡のかたまりがキレイな花になる。
ぷるのすけさん、真剣に取材中・・・

順番にお茶とお菓子を貰って、奥のテラス席(?)へ。
「こういうのって、すごくうれしいよね~」
甘いお菓子で一息ついて、またまたおしゃべりは続く・・・(エンドレス)

原宿には、ペットグッズのお店なども結構あるので、ショッピングもしたかったけど、なにせどこを歩いてもすごい人出だ。
今日は「買い物」より「おしゃべり」優先・・ということで、歩き疲れたね、と、またもや珈琲屋に入り、冷たいコーヒーを飲みながら、時間が許す限り、尽きなくしゃべり続ける私たちであった・・・

名残はつきねど、ぷるのすけさんは翌日は朝霧オフにお出かけだというし、そろそろお開きに・・・

駅のホームで
「こういうのも、いいよね、今度から月例にしよう」
そう誓って別れる3人であった・・・(ホントかよ)

さて。
電車に揺られ、地元の駅に帰ってきた。
主人はチッチの散歩中というので、迎えを諦めバスに乗る。
バスから降りると、バス停の近くの草むらをチッチと主人が歩いている。

チッチはクンクンに夢中で私に気付かない。
「チッチ~」と声をかけると、ぴょこっと首をのばし、きょろきょろと私を探す。
私を見つけると一目散で走ってきた。

「わーん!チッチ君、ただいま!!」

外で会うとチッチはお尻尾ぷりぷり、大サービスである。
チッチのお陰でできた友達。
チッチ抜きもたまにはいい、なんて思ってごめんね。
今度はまた、みんなで遊ぼうね。

ぷるのすけさん、翌日は大丈夫でしたか~?
なびこママさん、なびちゃんはお風呂にはいりましたか~?
お二人とも、遊んでくださってありがとうございました。
また、集まりましょうね!!

≫ Read More

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:32 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

June Night Walker

チッチカレンダー6月はこれ

東北とパグミレポに明け暮れている間に、もう6月も半ばである。
関東もついに梅雨入り。
チッチと私に辛い季節だよ・・・
そうはいっても、ここ数日は、夜になるとスッキリひんやりな日が続いていたので、快適にお散歩していたチッチだったのだが・・・。

今日は辛かったね~

チッチの場合は、気温だけ低ければ良いというのではない。
湿気にもチョー弱いのだ。

でも、お散歩はしたいチッチ君。自分の限界を考えず張り切るので、途中からはなんだか虐待しているみたいにガハガハ、ゼイゼイ・・・(-“-)

「ちっち、少し休みながら歩こうよ」
そう声をかけながら歩いていたら、道行く人に

「わんちゃん、具合悪いのですか?」
って声かけられちゃった・・・
「あ、いやそう言うわけじゃないんですけど、鼻が短い犬なので、湿気や暑さに弱いんです」
「犬って種類によってそんなに違うんですか?」

「ったりめーよ!これだけ顔に鼻がめり込んでるんでい!そこらの鼻筋のスーっと通ったのたあ、違うにきまってるがな!べらんめえ!」

とは決して言わず(^_^;)

「そうなんですよ~、だからこれからの季節は大変なんです~(へらへら)」

35分歩いて家に帰ってきたら、ちょうど主人がチャリンコで帰ってきた。
家の中だと
「あ、とおたん、おかえり」程度のアッサリしたチッチなのだが、
なぜかしら、外で会うと、お尻尾ぷりぷり、足に飛びついて大喜びするから不思議。(ソトヅラ?)

風呂場でのびちゃった

さあ、おうちに入りましょうよ・・・
と・・・風呂場でびよーんと伸びちゃったチッチ。
水浴びさせてやれれば、てっとり早くクールダウンできるのだが・・・

これから数か月は、暑さと湿気との戦いである。
そして、それに伴って起きるカイカイとも戦う。
今チッチはアゴにブツブツがでちゃって、痒くてたまらんらしい。

自分のアゴだというのに、まあ乱暴な掻き方をする。
それで、余計に肌が荒れて、ボツボツがでちゃうのだ。

毎年毎年のことだが・・・(-_-;)
なんとかならないかねえ・・・


《オマケ》

そうそう。
パグミの写真をもう一度見てたら、ちょっとかわいい動画を発見。
主役たちはみんなオネム。


| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:38 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パグミラクル2009 ④ダラスビレッジで大団円

ベン君、置き物化してます(寝てる)

パグ相撲が無事(?)終了し、残るは「ビンゴ大会」のみとなった。
皆、陣地に戻ってきて、ビンゴカードのチェックである。

この時間になると、もうパグズは皆さんお疲れモード・・・(文中の写真はランダムです)
ベン君は、テーブルの上で「置物化」しているし、チッチはベンチの下で「敷物化」している。
あんこ姐さんはあんころりんさんのお膝で「膝掛け化」(←暑そう)

ミラクルな天気は、良くなりすぎで、蒸し暑いくらいだ。
敷物化しているチッチ君

ビンゴよりおしゃべりに夢中で、カードのチェックは他人任せ。
今回のラッキーガール、ぷるのすけさんが早々にビンゴ!
すごくかわいいパグミクッションをもらってきた。

ビンゴが終わるとついに閉会である。
遠方から参加の人も多いので、どんどん片付けがはじまり、ぞろぞろと会場を後にする。
名残惜しいので、「いつものところで、お茶して帰ろうか」という話になった。
丸龍くんはパパさんにべったり

テーブルをたたみ、荷物をリュックに詰め
おっと忘れちゃいけない、チッチ君にリードをつけ。
駐車場へ向かう600パグズの行列の最後尾につく。

帰る間際になって、横にちょうど歩いていたのが「みほみほさん」だ。
お姿をみかけないので、てっきり今日は来ていないのかな?って思っていた。

「みほみほさん!」
「わ!うさぎさん、やっとあえた~」
(大喜びしたのに、写真なし(^_^;))

お隣でパパさんとイイ子にしていたフルーツ姉妹

ああだこうだと、今日のパグミを振り返りつつ、ゲートまで一緒に歩いてきたら、ポツポツと雨が降ってきた。
「あれ?また雨?」
と思いきや、だんだん辺りが暗くなり、ザザーっと本降りに・・・

「わわ!とりあえず、雨宿りしよう!」

お土産屋さんの屋根の下に避難し、主人が車をゲートの近くまで回してきてくれるというので、待っていた。
「びっくりだよね、パグミが終わったらまた雨が降ってきたなんて」
雨宿りの人が口々に言う。
あまりにも出来すぎな「ミラクル」だ。

みほみほさんと、お土産屋さんで別れ、山中湖へ向かう間に、どんどん雨脚が強くなってきた。
あんこ姐さん爆睡中

ダラスビレッジに集まったのはkuwさんご夫婦とぷるのす家、あんころりんさんと我が家の7人。
ちょっとお腹が空いたので、ここの名物パンシチューを頼み、またパグ談義。

疲れてくると、かあたんのおひざにも乗ってくれるのだ。

一向に止まない雨、どんどん激しく、まるで嵐のようだ。

ほんと、ビックリだよ。

ダイスケ母さんがおっしゃっていた
「先に虹の橋を渡ったパグ達が、富士山の上で雨雲を食べてくれた」
という言葉。

何かしらそういう、神秘的なものを
今日は疑うことなく、受け入れてしまう私である。

参加者の私たちが、これだけ天気にヤキモキし、雨に泣き、晴れ間に笑い、ハラハラした週末を過ごしたのだ。

半年前から企画、準備されて、満を持して当日を迎えた、パグミスタッフのご苦労は計り知れない。

前日のあの天気予報では、当然「中止」にしようという声も多かったろう。

でも、前泊で遠方から来ている人達、今日まで色々準備してきたスタッフの努力。
簡単に「中止」と言えなかった苦しさを思うと、本当に頭が下がる。

ただ、パグが好きというだけの、それだけの集まりが、これだけ大きなイベントを成し遂げるのだ。
支えているものは「愛」だな・・とマジでそう思う。

チッチをなでなでしてくれた方
「チッチ君?」と声をかけてくださった方。
ちゃんと御挨拶できなかった方ごめんなさい。

パグ相撲で、応援してくださった皆さん。

本当にありがとうございました。

また、来年、皆元気で、ドギーパークで会えることを念じて・・・

ダラスビレッジで記念撮影

あ、そうそう
大嫌いな雨の中、連れて行ってくれた我が亭主殿にもお礼を。
ありがとうね。

来年もヨロシクね。

| チッチとお出かけ | 23:00 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パグミラクル2009 ③ ワンコパンの呪縛

ニセ関脇のチッチくん。

去年、お土産に持って行った「ワンコパン」がなかなか好評だったので、今年はたくさん予約した。

パグミ前々夜、部屋の隅で、さながら機を織る鶴のように、ビニール袋に、ワンコパンとチッチの名刺をチマチマと入れる私。
部屋を覗いた主人が「そんなことして、雨だったらどうするの?」といやみを言うのも無視。
だいたい前日辺りに、バタバタと準備するから、毎度忘れ物が多い我家である。
(・・・今年はマジックの練習がないだけマシだが)

雨で中止かも?と思いつつ、私を河口湖へと駆り立てるもの・・
「もし中止になったら、このワンコパン、どうしよう?」(半分ホント)
パン屋さんで焼いているもので、賞味期限が2週間と、市販のおやつに比べると短いのだ。
一本ずつ袋に入れてあるので、すごくかさばり、車の中でも邪魔者扱い(-_-;)
「ったく、なんだよ、このデカイ袋」
「あんたの靴(アウトレットで購入)の方が邪魔だよ~」

さて、ドギーパーク。
晴れている現実に、実感がわかないまま、パグミ会場へ。
ゲートで、受付を済ませ、チッチを連れて第一ドッグランへ歩いていく。
主人はキャンプ用のテーブルセットを運んでくれている。(結構重い)

この時はまだ、「ちょっと雲の切れ間に晴れているだけなんじゃない?」という、奇跡の晴れ間に疑いの気持ちがあって、このテーブルも出すか出さないかもめた。

会場は、もうたくさんの人とパグでいっぱい。
開会の11時をまわっているので、ステージでは司会の方が挨拶などをされているらしい。

後ろの出入り口から入っていくと、ぷるのすけさんが手を振っている。
毎年だいたい同じ場所に陣地(席)を確保するので見つけやすくて良かった。
「やっときた~」
「遅くなってごめんね~」
チッチデカっ(^_^;)あんこ姐さん爆睡中

あんころりんさん、kuwさんご夫婦ともご挨拶。
「ひさしぶり~」
去年のパグミ以来1年ぶり。
すかさず、ワンコパンを配り出す私。(営業?)
この、貧乏症というか、「今日中にワンコパンを全部配らなければ・・」というプレッシャーのために、この後、大失敗をすることになる。

最近は、オフ会もほとんど参加の機会がなく、皆さんのブログ訪問も読み逃げばかりの私は、パグ友さんがあまり増えない。
それに比べ、あんころりんさんやぷるのすけさんの顔の広いこと!
ひっきりなしに誰かしらやってきて、記念撮影・・かっこえ~

そんな皆を横目に、ぷるのすけさんにいただいたオムスビをパクつく私。
どうせ大雨だと思っていたので、お弁当も何も用意していなかったのだ。
「どれ、お茶でも買って来るかな」
自販機でお茶を買って帰ろうとすると、出入り口のところに、懐かしい顔が・・・
「ベンパパさん!」
思わず駆け寄ると、おっと、誰かと電話中だ。

「今、うさぎさんが来たよ」
ん?私を知ってる・・ってことは・・・と覗き込んだら、ポイっと電話を渡された。

「ごんチチさん?何やってるんですか?パグミ始まってますよ」
「いや~、今回は不参加なんだよ・・・」

第1回から皆勤賞だったごんチチさんのことだから、今年もきっと会えると思っていたのに、なんだ~、残念。ごんハハさんにも会いたかったなあ。
猫パグ、ごんスケちゃん、抱っこしたかったのにな・・・
記念撮影大会ぷるのす家、ベンママさんと

ベン家も我が陣地(?)に合流して、おしゃべりに興じている間にも、記念撮影やら、ご長寿表彰やら、各地の活動紹介やらとイベントは進行している。

ご長寿表彰では、我らがあんこ姐さん、初の表彰なのだ。

写真を撮りに行こうと思ったが、ステージ前はすごい人で気圧された。
先日地元でランチした、もちゃんさんちの、ももちゃんや、やじっぱしさんちの笑くんも表彰されていたのに、見てなかった~、残念。
ちゃんと聞いていれば会えたのに・・・ごめんね~(-_-;)

10歳でご長寿といわれてしまうワンコ達、ちょっとせつないが、10歳は一つの節目である。
みんなおめでとう。これからもたくさん長生きしてね。
珍しく!!ベン君が私の膝に乗ってくれている!(それをチラ見のチッチ)

それにしても、どうもいかんな・・・
毎年、どうもパグミ会場までくると、めっきりおとなしくなってしまう私である。
ほとんど陣地から動かず、チッチのリードを握って座ったままになっちゃうのだ・・・
主人は落ち着きがなく、ウロチョロしている。

表彰からあんこちゃんが戻ってきた。
「もう~、ダメ・・・あんこが寝てしまって腕が痛いわ(泣)」
長旅、前夜祭・・また移動・・と、疲れがたまったか、あんこちゃん、あんころりんさんの腕の中で爆睡である。
チッチよりはるかに小柄とはいえ、8キロはある。完全に脱力して、もはやあんころりんさんの腕の一部と化している。
ここぞとばかりに、「抱っこさせて」と乳母を受け継ぐ私。
お疲れMAXなあんこちゃんは、もう「どうにでもして」状態・・・
くるしゅうない、良きにはからえ・・・(あんこちゃん爆睡中)

私から主人へ、とバケツリレーのように運ばれても「よきにはからえ・・」って感じ。
(このときの様子はあんころりんさんのブログご参照のこと・・・)

そうこうしているうちに、ぷるのすけさんに呼ばれた
「パグ相撲始まるよ!」

そう、今回は希望者から抽選で参加できるパグ相撲。チッチもエントリーされたのだ。
慌てて、パグ相撲参戦用のハーネスに交換、いざ出陣!
ステージ前は、参加者、参加パグ、応援団・・・とすごい人だかり!
かきわけてAグループへ・・・

チッチの初めの対戦相手は「たいくちゃん」という小柄な子だ。
一回線の様子は動画でどうぞ~

私は、オヤツでつるのが下手で、途中でチッチに食べられてしまった。
オヤツを食べちゃったら、動きが停まっちゃったチッチ・・・
そこへkuwさんが救世主である。
その前から、kuwさんにササミのおやつをもらって、すっかり懐いてしまったチッチ、kuwさんに「チッチくん!ほらほら」とおやつをちらつかされたら、急にまた元気がでた。

めでたく一勝!

チッチの名前を聞いて、周りにいた何人かの方に声をかけていただいた。
「ブログ読んでますよ」なんて言われたものだから、感動っていうか、すっかり舞い上がってしまった私。(渋谷の時と同じ状況)
まさか、すぐに二回戦があると思わず、件の「ワンコパン」を取りに陣地に戻ってしまったのだ。

陣地に戻り、「一回勝った勝った!」なんてはしゃいで報告して、のんびりとワンコパンを持って戻ったら

チッチ、二回戦敗退していました・・・・(^_^;)

カメラ係だった主人が、チッチと待っていると、すぐに二回戦がはじまってしまい、私もいないし、オヤツもないし、知らない人に囲まれて、チッチはまるで戦意がなく、あっという間に負けてしまったのだそうだ・・・(もちろん、画像もなし)

パグ相撲が始まる前は
「お前、頼むからあまり熱くなるなよ、かっこ悪いからな」とか言っていたくせに
「なにやってるんだよ、おまえがいない間に、あっという間に負けちゃったよ」と憮然としている主人。

大失敗である。

その後、ぷるのすけさんちのこんぶちゃんは、どんどん勝ち進んで、ついにステージの上で準決勝まで進んだのだ。


残念ながら、最後で負けちゃったけど「関脇」のまわしを貰ってきた。

横綱になった子たちと記念撮影し、記念の盾と化粧回しを見せてもらって、すごくうらやましかった~

ちゃっかり化粧回しだけ借りて記念撮影。

チッチ山、あびせ倒しでワンコパンの勝ち~(バカ)

| チッチとお出かけ | 23:15 | comments:16 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ディズニーランドに行ってきました

(パグミレポは一回お休みです。)

私と体形が似ていると言われる・・・

先週末の日曜日、主人の兄家族と6人で、東京ディズニーランドに行ってきた。

パグミに引き続き、かな~り怪しい天気予報で、主人は予定変更した方が・・とブツブツ言っていたが、学生はそれなりに、部活やら中間試験やらとスケジュールが忙しい。
なにより、こと子供相手の約束は、天気くらいじゃ予定を変えられないのが常である。

またもや、いまいち気乗りしない様子の主人を説き伏せて、朝5:50に出発。
それにしても、うちの家族とどこか行こうって話になると、必ず雨だよ・・・。
誰がアメオトコなのか・・って話は置いておいて・・・

主人の顔色を伺って、やきもきしていた私だが、心配無用であった。
甥っこを溺愛している主人。兄貴宅に着き、彼らと一緒に車に乗った時点で、すっかりご機嫌である。
上の甥っ子は中学3年生。下の甥っ子は小学3年生。
年の差があるので、ディズニーに行っても、乗りたいものが違うし、こういうとき、大人が多いとグループ分けして行動できるから楽である。

上の子はジェットコースターが大好き。
下の子はまだチビで、去年インディジョーンズに乗せたら、半泣きになっちゃった。

道が空いていると、我が家から舞浜は30分くらいである。
8時開園、まだ1時間以上あるのに、既にゲートの周りは人がたくさん。
待っている間、作戦会議である。(司会進行はもちろん主人)

まずは、4月に出来たばかりの「モンスターズインク」のファストパスをゲットする。
それは、一人走ればいいので、後の人はまっすぐスプラッシュマウンテンに行く。
張り切ってテンションアゲアゲな主人が、大きな声で何度も繰り返してその作戦を言うので、中学生の甥っ子が恥ずかしがって「もうちょっと小さな声で」なんてたしなめるくらいだ。

結局、主人と上の甥がファストパス経由ということになった。
いよいよ8時、オープンだ。
「ねえ、ゲートくぐったら、ちゃんと皆のチケットを回収して行ってよ。」
「あ、そうか」
「おいおい、しっかりしてよ・・・」
ゲートをくぐったら、チケットを集め、主人と甥っこは走り去った。

スプラッシュマウンテンに到着したら、まだ待ち時間ナシで乗れる。
「先に乗っちゃおうぜ」兄貴が言うので、4人で先に乗っちゃった。
初めて乗った下の甥っ子は、いきなり激しいアクションの乗り物でビックリ。
続いてビックサンダーマウンテンに行こう、と言ったら、もう絶対に乗らない!という。

私が下の甥と待っていることに。
ポップコーンとコーラを買って、ベンチで待っていると、遅れて主人と甥っこがやってきた。
主人の顔・・(~_~;)もう、楽しくて仕方ない!って書いてあるよ・・・

日曜日で、ものすごい人出に見えるが、意外に乗り物にスムーズに乗れるので、次々とアトラクションをこなしていく。
ホーンテッドマンションのところで、やっと6人揃った。

携帯電話は、こういうときホント便利である。
出口で待ったりしなくても、「○○で待ってるよ・・・」ってメールすればいいのだから、時間に無駄がない。
家族で記念撮影

初めて、ディズニーランドに来たのは、高校生の時だ。
もう26周年だというから、いやになるよ。
あの頃は、電話といえば、テレフォンカードで公衆電話だった。
当時は、あちこち公衆電話があって、それらがどれも、アトラクションの雰囲気に合わせてカラーリングしてあるのに、感動したものだ。

新しいアトラクションはできるが、その他はあまり変わり映えしないなあ・・なんて思っていたら、そんなことはない。
「魅惑のチキルーム」以前は、南国の鳥たちが歌うだけだったのに、スティッチがまん中からギターを持って登場して、鳥たちと一緒に歌をうたったりするのだ。(スティッチ好きの私、大喜びである)

昔あった、ゴンドラはいつの間にかなくなっているし、私が好きだった「ミッキーマウスレヴュー」は先月で終わっていた。

お土産屋さんを除いても、ちょっとくすぐられるような、気の利いたグッズが多い。
いつ行っても、必ず新しい発見がある、常に進化しているのだ。
それがディズニーリゾートのすごい所である。

丸一日、乗り物やショーを見まくって、ピザでランチ。
ポップコーンを二回お代わりし。暑くなってきたらアイスキャンデー

ファストパスを取っておいたので、もう一度スプラッシュマウンテンに、今度は全員揃って乗ろうよ。というと、初めで懲りてしまった下の甥が「絶対もう乗らない。」という。

じゃ、今度は私が待ってるよ・・・と兄嫁がリタイア・・・

上の甥が、弟になにやら耳打ちしている。
すると、あれだけ嫌がっていたのに、「僕も一緒に乗る」と言いだした。

「ねえ、なんて言ったの?」
「一緒に乗ったら、俺のPSP使わせてやるよ」と言ったらしい。
ゲームの威力はすごい。
大人が何を言っても聞かないのに、さすが兄貴、ツボを心得ているねえ・・と大笑いだ。

私たちの前に、ちょうど下の甥と同い年の男の子が一人で並んでいる。
兄嫁が心配して声をかけると、両親は外で待っていて、一人で3回乗るのだそうだ。
(両親の分のファストパスをもらっているらしい)
係りのおねえさんに「何人ですか?」と聞かれるとちゃんと

「一人です!」と答えている。

いや~、しっかりした子だねえ。強いねえ・・・
口々に感心していると、下の甥も大いに触発されたらしい。
あれだけビビっていたのに、一回目では、ずっと頭を膝に埋めるように乗っていたのに。
ちゃんと前を向いて、乗っているじゃん。
「すごいじゃん、よく頑張ったね」
そういうと、ちょっと得意気に胸を張った。

上の甥は今年中3。夏を過ぎたら受験勉強だろうし、さすがに高校生になったら一緒にディズニーには行ってくれないだろうな。
今回が、一緒に行く最後のディズニーだったかも。

今に、彼女と手をつないで、来るようになるのだろう。
その時に、今日のことを思い出してくれるとうれしいなあ。
「俺の叔父さん、すっげ―テンションでさ、恥ずかしいくらいなんだよ」なんて言いながら。
ゲートが開く前には彼女と作戦会議を忘れずに・・・。


≫ Read More

| 未分類 | 23:52 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |