Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Chitchi in blue sky!

チッチが絵になったよ!
昨日、一日有休をもらって、市のガン検診、銀行、郵便局・・・などなど野暮用を済ませた。
せっかくの貴重な休み、用を済ますだけではもったいない。
こんな時しかできないことって何だろう・・・

ふと思いつき、春に帰国してきたKにメールをした。
新聞屋に国立西洋美術館のチケットをもらったので、一緒にどう?、というわけ・・・
チケットに印刷されている絵を見た瞬間に、彼女の顔が浮かんだのである。

若い頃、しょっちゅうつるんでいた3人組。
もう一人にも一応声をかけると、中2の娘さんが中間試験中だ・・という。
「あ、じゃ無理だね・・・」
「でも、どうしても行きたいから、ランチだけ行く!」

久しぶりに3人。上野の森で落ち合うと、西洋美術館内のレストランへ・・・
平日だから空いていると思いきや、まだ昼前なのに長蛇の列ができている。

一人は先に帰らなくちゃならないし、並ぶ時間が惜しいので、向かいの東京文化会館の精養軒に行くと、こちらも混んでいる。
でも、客席が多いので少し待っていたら席を用意された。

メニューを見る間も惜しく、しゃべりまくり。
かれこれ20数年の親友だ、会えば毎日会っていた頃と変わらない。
くだらない話をして、ゲラゲラと笑い転げる。

狙ったわけじゃなかったけど、翌日は私の誕生日。
画家の友達からBIG PRESENTが!!

チッチの絵だよ~

高校の同級生、みんな秋生まれ。
20代にはそれぞれの誕生日にかこつけちゃ飲みに行き、プレゼントを交換し合った。
高校時代から絵が上手だった彼女に、しょっちゅう何かしら描いてもらっていたが、今はプロの画家である。
チッチの絵を描いてもらいたいけど、親しいだけにどうお願いしていいかわからず、もじもじしていたのに・・・

青いキャンパスに、お気に入りのシャツを着たチッチ。
青空の中に座っているようだ。
今にも中から飛び出してきそうにイキイキとしている。

「チッチだ~」

聞けば、前々から素材になる写真を、私のブログで探していてくれたのだそうである。
ブログに載せる写真は、小さく縮小しているし、なかなか毛並みなどが鮮明にでない。
この絵の基になった写真は、私も気に入っていたので、かなり大きめに使っていたのだ。

「でも、服を着た犬は描かないんじゃなかったっけ?」
「仕事で描く絵は、できれば服は着せないでほしいけど、これはプレゼントだからね」

VISAの更新が思うようにいかず、志半ばで帰国したもの、聞けば今でもイギリスのギャラリーから「もっと絵を描いて送れ」とリクエストが来ているのだそうだ。
「やっぱりヨーロッパでも鼻ペチャ犬って人気あるらしいよ、今度チッチをモデルにさせてよ」
「うひょ~!喜んで!!」

今度カメラを持って、チッチと一緒にドッグランに行こうね。と約束をした。

美術館を見たあと、時間がまだあったので、上野動物園に入った。
トラやライオンを見ながら、とりとめなくおしゃべりして、園内の食堂でお茶を飲み、夕方のラッシュが始まる前に別れた。

何度見ても、チッチの絵。
「よく描けてる。」とか、「上手」とかそういう感想は失礼な気がする。

「いい!」絵なのだ。

絵の中に確実に魂が入っている。
くるくるっといたずらなチッチの瞳。
きっと私が眠った後、こっそり抜け出してリビングを走っているのだろう。

動物好きの、彼女ならではである。

今年は控えめにショートケーキです。。。

今日。4○回目の誕生日。
会社の同僚が誕生日プレゼントをくれた。
友達や親から「おめでとう」とメールがきた。

たくさんの「おめでとう」に支えてもらって。
また1年元気にがんばります。
ありがとう。ありがとう。

かあたん、ケーキ・・僕にも!!

≫ Read More

スポンサーサイト

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:28 | comments:32 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

週末チッチ~雨降り散歩とワクチン接種

Trick or Treat!

木曜日の夜はすごい雨降り。
さて、チッチの散歩どうしようかなあ、と溜息つきながら、駅にチャリンコを置いて、バスに乗る。

張りきるチッチにカッパを着せて、玄関に出たとたん「フリーズ!!」
「じゃあ、おうちに入ろうか?」とドアを開けると、一応中に入るが、クルリと方向転換し、ドアに向かってお座りしている。
「あがらないの?じゃあ、お散歩しようよ!」
ドアをまた開けると、後ずさり・・・

チッチを抱えて、傘をさして外に出る。
家の前の、ちょうど屋根のあるところまで連れて行く。
チッチを下ろすとまた「フリーズ。」
おさまりがつかないのはお互い様なので、ここからは我慢比べ。

そうこうしていたら、お隣のご主人が、お嬢さんの運転で帰ってきた。
車のドアがバタンとあいたら、まっしぐらに車に向かうチッチ。

自分を迎えに来てくれたものと勘違い。
どうやら、梅雨時、雨続きの時にドライブでごまかしたのを覚えているようだ。
お隣のご主人も大笑い。
「ごめんね~、チッチくんちの車じゃないよ~」

たかが一日の雨で、甘やかしてたらキリがない。
「ほら、チッチ歩くよ!」

笑っちゃうのは、チッチのヤツ、始めさんざん悩んでいるくせに、いったん雨の中を歩きだしてしまえば、普段の散歩通り、ガシガシ歩くし、濡れた草むらにも、へいちゃらでワシワシ入っていくのである。(ヤケクソともいう)

結局30分も本降りの雨の中歩いて、帰ってくれば、泥んこチッチの出来上がり~。
カッパを着ていなければ、毎度シャンプー行きだ。ありがとうカッパ様々・・・
かあたんったら、またこんなもの買ってきた。(ためいき)

金曜日。
天気予報では「21時頃までは、突然降る強い雨に注意。」
そのあとは曇り。土曜日は晴れるでしょう・・・。

旅行の土産を取りに来い。と父が言うので、会社帰りに実家に寄ってから帰った。
ロング留守番で、チッチには気の毒だが、二夜連続、雨散歩よりはいいだろう。

21時には家に着くように、お土産だけ受け取ったら帰ろうと思っていたのに、実家に寄ったら、やれパソコンの調子がどうのとか、せっかく肉じゃがを煮たから夕食を食べて行けとか・・・、なんのかんのと引きとめられて、家に着いたら予定をかなり過ぎてしまった。
(しかも!肝心のお土産をもらうのを忘れて帰ってきた、アホ娘である(-"-))

「ごめんね~チッチ、すぐ散歩行こう」

急いでハーネス、リードをつけて表に出る。
玄関先がまだ濡れているので、チッチ君、いったんストップ!
「チッチ、雨やんでるよ」
雨が降っていないことに気づくと、とっとこ歩き出す。

そして、

昨日の憂さも、ロング留守番の憂さも晴らすように、歩く歩く歩く・・・・
こっちが汗ばむくらいの勢いで、40分。
家に着くと、玄関で大あくびである。

何かの本で、「散歩の適量は帰ってきた時あくびが出るくらい。」と読んだのを信じている私は、帰ってきてチッチが大あくびをすると嬉しくなる。

泥んこになった足を洗って、御飯をあげ、私がシャワーから出る頃は、もう深夜と言ってもいい時間だ。
「チッチ~お休み~!明日はお休みだから目が覚めるまで寝てようね~」

翌朝。
6時半、いつもどおりドカドカと作動するチッチ目覚まし。

不思議とこの時間までは、絶対人の上に乗ったりしないのである。

しばらく寝たふりをしていたけど、髪を踏んで、おでこにアゴを乗せられたら「降参!!」
チッチを抱っこして階段を降り、ご飯をやる。
ご飯を食べ、シッコしても、パジャマを着替えない私を見てチッチは
「あれ?もしかして今日はお休みなの??」と勘付く。

するとまた、階段の下で「抱っこプリーズ!」とお座りして待っている。
犬ってのは、ホント利口なもんだなあ。

窓から外をみたけど、どんより曇っている。
晴れるって予報は外れたらしい。
色々、やらなくちゃと思っていたけど、曇り空をみたらテンションダウン。
チッチの思惑通り「二度寝」である。

結局、予定していたあれも、これも「延期」または「中止」である。
病院怖いよ!

でも、チッチのワクチン接種は予定通り行ってきた。
先に公園で散歩を済ませ、時間を見計らって動物病院へ。

ズボラな性分の私だが、ことチッチのことに関しては、ない頭をぐるぐる廻らして、考えに考えて行動する。
今週、シャンプーしなくても済むように、先週は日曜日の夜にシャンプーしたし。
注射の後、具合が悪くなる子もいる、というので、時間も余裕を持って17時ぴったりに。
動物病院、土曜日は19時まで。注射後1時間様子を見て、異常がなければ、ほぼ問題ない。と聞いている。

公園のドッグランでさんざん遊んで、満足していたチッチは、到着した先が動物病院で大ショック。
いつもよりドキドキしてます・・・

体重測定、検温をして、「気になるところはありますか?」と聞いてくださったので、ここぞとばかりにあちこち見てもらう。
(オシリ絞りもサービスでやってくださった。ありがとう●●先生)

そしていよいよ「では注射しましょうか」

「先生、油断するとチッチ、暴れまくりますから、「ヨシヨシ作戦」でお願いします!」
説明しよう!
「ヨシヨシ作戦」とは!
もう一人の先生がしっかり保定してくださって、チッチがそれに気を取られている間にほかの先生が注射する、前回狂犬病ワクチンで編み出した最強の作戦である!
動画でお見せしよう!
これが噂の!
「ヨシヨシ作戦」~



作戦は大成功!
まんまと、注射に気付かなかったチッチ君であった。(私も終わったのに気付かなかった)

Z~Z~Z~

遊び疲れたのか、ワクチンで微熱が出ているのか。
夜は寝てばかりのチッチ。

無事に注射が済んで良かったね。
明日は晴れるといいね。

≫ Read More

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:59 | comments:20 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チッチに曳かれて大山詣り

またまたお出かけなのだよ!

珍しく主人が留守の週末。

別にいて困るわけでもないのだが、そこは「亭主元気でなんとやら・・・」で、日頃、会社勤めに加え、主婦業に土日なし!な私にとっては、羽を伸ばす絶好の機会である。

こんなことを口にすると
「なんだ、俺が邪魔なのかよ!」なんてふくれっ面をするかもしれないが、主人の御飯や家事の心配がない、というのは、世の男どもには絶対にわかりようがない、心のフリーダムである。

へへへ・・・「同感!!」って人、手~挙げて~

こういう時は、なるべく実家に行き、母の様子を見に行くようにしているのだが、この週末は両親も旅行で不在である。

友達に声をかけようか、ひとりで(チッチと)遊んでいようか・・
久々に買い物に出かけようか
いやいや、庭掃除もしなくちゃだし、衣替えもちゃんとしていないし、家にいて、日頃できない用事をいろいろ済ませておこうか・・

色々案(野望?)は練っていたが、結局何も決まらない。

思い切って、春に遊ぶ約束をしていて、ずるずると流れていた、なびこママさんにメールしてみた。
「今週末は、ぷるのすけさんちと大山散策に行くのよ・・・」
「ええ~、そうなんだ~いいな~」
そういや、前にそんな話をしていたっけ・・・とはじめはヒトゴトで聞いていた。

でも、どうしてもうらやましくて、調べてみた。
遠いのは遠いが、我が家から1度乗り換えるだけで行けることが判明。
電車の時間を決めて行けば、ぴったり2時間だ。

「なびこママさん、私も混ぜて~!!」
「え、ほんと?大歓迎だよ~」

話はとんとんと決まり、秋晴れの週末、チッチと電車にゴトゴト揺られて
行ってきました!大山詣り!
記念写真、あ、私がいない・・(カメラマン)

10時に「愛甲石田」駅で待ち合わせ。
ぷるのす家も、なびこ家とも5月のパグミ以来の再会だ。

「わーい、元気だった~?」
もう、会った瞬間からパグ談義炸裂!である。
チッチと私は、なびこ家の車に乗せてもらって、一路大山へ。

大山(おおやま)は、神奈川県伊勢原市・秦野市・厚木市境にある標高1,252 mの山で、丹沢山などの丹沢の山々ともに丹沢大山国定公園を形成し、神奈川県有数の観光地のひとつである。
古くから庶民の山岳信仰の対象とされており、山頂に阿夫利神社本社、中腹に阿夫利神社下社、大山寺が建っている。(出典Wikipedia)

子供のころ、叔母や従姉達と来た覚えがあるが、記憶にあるのは、細い参道にお土産屋さんがずらーっと並んでいたことくらい。

紅葉にはまだちょっと早いが、秋の行楽シーズンなこともあって、もう公営の駐車場は満車である。
「うーん、下りてって下に停めなきゃダメかな~」
なびこパパさんが首をひねっていると、道の奥でおじさんがオイデオイデと手招きしている。
「?駐車場があるってことかな?」
試しに近くまで行ってみると、臨時駐車場だという。
「2台なんですけど」
「ああ、いいよ~」
無事に車を停め、どやどやと降りてくるのは黒パグ、黒パグ、黒パグ・・・
「おやま~、同じ犬かいこりゃ」
どやどやの最後にチッチが・・・
「あらま~、白いのもいるのかい・・・」
白じゃないけど、本日唯一フォーンのチッチである。

「いってらっしゃい!」
おじさんに送り出されて、いきなり始まる階段をよいしょ!よいしょ!と上がっていく。
階段は一気に上がるもの!
そう思っているのか、チッチはどかどかと駆け上がる。

「チッチ君、はじめからそんなに飛ばすと、あとが大変だよ~」
なびこママさんが笑って言う。

たしかに、ゆるゆると長い参道、坂道と階段が延々と続いているのだ。
爽やかな秋晴れだが、日差しがやや強く、坂を上がっていくと汗ばんできた。
チッチもあっという間に「ガハガハ」が始まった。
「ほら、言わんこっちゃない」

私も息を切らし、ふと振り返ると、ぷるのすけさんちのもずくちゃんは、はじめから「登山拒否」
こんパパさんに抱っこされている。
ぷるのすけさんお手製のスリングを肩からかけているこんパパさんも、既に汗だく・
「これ、暑いよ~(泣)」
休み休み上がっていくと、ようやくケーブル乗り場が見えてきた。

大山ケーブルでは、乗車時にわんこ用のケージを貸してくれる。
「4頭いるんですけど」
「1個に2頭ずつ入らない?」
「いや・・・どうかな・・・」
ケージの数にも限りがあるようなので、3個借りて、チッチとなびこちゃんはひとつずつ。こんぶちゃんともずくちゃんは、仲良く一つのケージに。
立派なケージを貸してくれます

いざケーブルへ!と見ると、もう乗客でいっぱいだ。
さすがにケージ3個を持って、満員のケーブルに押し入るのは気がひけて、次のケーブルを待ち、いざ山頂へ!
写真じゃわからないけど、結構急な登りなのよ

山頂駅を出ると、涼しい風が吹いている
そして、神社までまた階段~

ふうふう言いながら阿夫利神社まで上がり、お参りを済ませて、記念写真。
冷たいお茶を飲んで一休みしていると、もう肌寒いくらいだ。
さすが、山の上である。

「霊水」とある湧水を汲んで、チッチにも飲ませてやる。
ひとしきり景色を楽しみ、下りのケーブルに乗って麓へ戻ると、ちょうどお昼時だ。

お昼は「大山名物豆腐料理」のお店へ。
往きは上るのに必死で気付かなかったが、途中に小さな川が流れ、滝が見える。
その滝の横にある「元瀧」さんに入る。
ここは縁台が出ているので、わんこもOKなのだ。
大山名物豆腐料理~

ごま豆腐、豆腐田楽、おからの精進揚げ、とろろ豆腐の4品定食を頼んだ。
どれも、上品な味でおいしかった。
こんぶちゃんともずくちゃん

豆腐大好きなチッチは、私の横で伸びたり縮んだり・・
「かあたん、ボクも!」とアピール。
いやいや、お恥ずかしい・・と見ると、うふふ、さすがパグ、どのこも皆、食べる手元をじーっと熱視線。
なびこちゃん

ワイワイと「パグ談義」で盛り上がりながら食べるランチのおいしいこと!。
そして食事の後は、わんこ達におやつタイム。
真剣そのもの!

ぷるのすけさんが持ってきてくれた「鮭ジャーキー」に群がる4パグ・・・
この真剣な顔!
あれ、一人増えた

お店を後に、お土産屋をのぞきながら、きた道を下りていく。
今度はチッチが「下山拒否!」
往きに張り切りすぎて、疲れちまったらしい。
階段の上で立ち止まり、私の顔を覗き込む。
「かあたん、抱っこ」
超過保護な私はこの視線に弱い。
「しょうがないなあ・・」
チッチを抱っこして、階段を下りていく。
「あ~、チッチ君抱っこされてる~」
チッチは身体が固いので、抱っこも丸太棒を抱えているようだ。
前足はバンザイ状態。
すれ違う人にクスクスと笑われる。

車に戻り、どこかお茶しに行きましょう~ということで海老名に出発。

ショッピングモールの中のテラスで、ケーキとお茶を楽しみながら
エンドレスなパグ談義・・・
「うちの子はね~」
「あ、そうそう、それ、うちもだよ~」
「●●ちゃんちのパグはね~」
抱っこされてくつろぐチッチ

一日中、チッチの話をしていられる、なんていい日なんだ。
あっという間に夕暮れが近づいてきた。

私とチッチを、皆で駅まで見送ってくれた。
切符を買い、チッチをカートに詰め、
「今日はありがとう~!またね~!」

自動改札を通って私がうろうろしてると
「うさぎさん、もっと奥のホームだよ!」
エレベーターに乗り見えなくなるまで、4人で手を大きく振って見送ってくれた。

ああ。パグ友さんってありがたい。
いつも皆に元気をもらう。

なびこママさん、なびこパパさん。
ぷるのすけさん、こんパパさん

楽しい休日をありがとうございました!!

| チッチとお出かけ | 00:06 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

TE・GA・MI

チッチのシルエット、かっこえ~

恥ずかしくて人に見られたくないもの
免許証の写真。
カバンの中。
ウォークマンの中の曲目。

とかく、新しい歌に疎く、いまだに80年代な私。
せっかく買ったウォークマンが泣くくらい、古い歌ばっかし・・・

ありがたいのは、主人も同い年だから、笑われずに済むことだ。

今時のi-podやウォークマンの類は、レンタカーに接続するとカーステレオとして使える。
佐渡に行った時、珍しくかけていい、というので、自分の好きな曲を流しながらドライブを楽しんだ。

主人の方が音楽のこだわりは強い。
好き嫌いも激しい。
同じ時代のくせに、聞く曲は全く違うのだ。
なので、我が家の車の中で、私の選曲が流れることは稀である。

そんな主人に、先日
「絶対いい歌だから聞いて」
と、言って、You Tubeで探して聞いてもらった曲がある。

私がいいというものを、素直に受け入れることの少ない主人だが、しばらく黙って聞いていて

「CD買ってこい」
と言った。

「え、TUTA●Aで借りればいいんじゃない?」
「いや、いい歌だから、アンジェラのために買ってやれ」←実話

アンジェラ アキさんの「手紙」という歌である。

NHKのみんなのうたで流れ、中学生の合唱コンクールの課題曲になっている。
最近、郵政公社のCMソングになったので、耳にされた方も多いだろう。

とにかく、歌詞がいい。
今日、会社の昼休みに買ってきて、今夜はテレビもつけずに、ずっと聞いている。

いまでこそ、楽天的な私だが、このワイルドな性格と馬鹿正直さがアダになり、学生時代は友達関係で結構苦労したことは、前にも書いた。

大学で、落研に入ったこと。高校時代の、ごく少数な友達に救われたこと。
私が人生を「楽しい」と思えるようになったのは19を過ぎたころからだ。

15の私に、伝えたいことがある。

自分とは何で、どこへ向かうべきか 問い続けていれば見えてくる。


私がこの曲に出会ったのは、アンジェラ アキさんのドキュメンタリーをたまたま見たのがキッカケだ。
合唱コンクール出場を目指す中学生と、アキさんとのふれあいを追ったものだ。

アメリカ人の父を持ち、ずば抜けた容姿と、恵まれた才能を持った彼女にも、15の頃には人に言えない悩みがあったのだという。

そして、この「手紙」という歌は、実際に15の頃、将来の自分に手紙を書いた、というエピソードが元になっているのだそうだ。

昨日、大学時代の先輩からメールがきた。

彼は大学卒業後、一般企業に一度勤めたが、やはり教師になりたい、と会社を辞め、教師の資格を取りなおして高校の先生になった。
大好きな落語を、生徒にも教えたい。と授業に取り入れたりしている。
そんな彼を、今テレビ局が取材しているのだそうだ。

学生当時の写真が欲しい。ということで、そのころ写真係だった私に連絡が来たのだ。
個性の強かった当時の落研の仲間の中では、どちらかというと目立たないタイプの先輩だった。(他が目立ちすぎたともいう)

でも、芸談になると誰にも負けないくらい詳しくて、本当に心から落語が好きな人だった。
N●Kもいいとこに目をつけるじゃん。

こういうことで、頼られるのはすごくうれしい。
大喜びした私、夕べは押入れをひっかきまわし、大量なネガフィルムを一枚一枚電灯にあてて、先輩の写真を探した。

プリントした写真は、ほとんど残っていないが、それでも時々、フィルムと一緒に、古い箱からでてくる。
若いころの自分や、当時の仲間の写真を見て、こそばゆい気持ちがした。
先日亡くなった友達と一緒に写っている写真を見つけた時には涙がでた。

今、当たり前のようにこの家に住み、人生の伴侶も得て。
愛犬のおかげで全国に友達も増えた。

今、私が転べば、たくさんの手が私を助けてくれる。
今はそう信じることができる。

斜に構えて、大人をなめきった顔をしていた昔の自分に教えてやりたい。
自分の声を信じ、生きていけば、なんとかなる。

私は今、幸せにやっています。

| ひとりごと | 00:06 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お出かけモードが止まらない(後編)

芦ノ湖遊覧船とチッチ

そんなわけで。

「全国的にスッキリとよく晴れた行楽日和になるでしょう」という天気予報士さんの言葉にのせられ向かった先は

「箱根~♪」

かれこれ十数年前、前の会社の保養所が仙石原にあったこともあって、箱根には良く行ったものだ。
けれど、「良く行っていた箱根」は仙石原~芦ノ湖で、小田原~箱根湯本方面はあまり通った事がない。
去年、伊豆に行った帰り、御殿場へ抜けるために箱根を越えた。

昔ながらの細い山道に沿って、昔ながらの温泉宿や御土産物屋が点在し、夕方だったこともあって、なかなか渋い雰囲気だった。

それが主人の中に、「箱根湯元方面再度要チェック」とインプットされていたようだ。
紅葉にはちと早いし、箱根?と思ったが、まあいいや。
チッチと一緒ならどこでもご機嫌な私である。

「箱根なら、5時起きじゃ早くない?」
「3連休だぞ、混むに決まってるじゃないか」
何よりも渋滞が(略)・・・な主人、いくら近場でも、「お出かけするなら5時起き」な我が家である。

チッチをご存知のパグ友さんには、良く「チッチ君はおとなしいねえ」と言われる。
たしかに、普段のチッチは他のワンコに吠えることもないし、ドッグランでも壁際族だし、とても大人しいのだ。
家の中でのチッチは、ワガママだし、結構ウルサイ。
何気にチッチと主人、良く似ている。
要は内弁慶なのだ。

出かける雰囲気を察知した時のチッチは、なんとまあ、うるさいなんてもんじゃないのよ。
まず、私が何を着たかで、勘付く。
そして、玄関に荷物が並ぼうものならもう大変。
「かあたん?どこに行くの?ボクも行く!ボクも行くよ~」(←ワンパターン)

5時台にこれをされてしまうと、ご近所迷惑甚だしいので、できるだけ、チッチに気付かれないように行動する。
前の晩に、玄関の横の部屋にチッチのお出かけグッズは揃えておいた。
ジーンズはやめて、こっそり二階で着替える(いつもは家の中を歩きまわり、他の用もしながら着替えている)。
それでも、「は!もしや!」となっちまった、勘のいいチッチ君を急いで小脇に抱え(重い)
ハーネスをつけて、先に車に積んじゃった。
車の中でもギャウギャウ言っているが、密室なので家の中よりましである。

後は一番用意の遅い主人が出てくれば出発~♪

あっという間に芦ノ湖である。
まだ遊覧船も出航準備中の時間。

そのワリに、湖面にはボートがたくさん浮かんでいる。
良く見ると、ほとんどが釣りをしている。(ワカサギつり?)
芦ノ湖でボートに乗ったよ!

せっかくなので、我々もボートを借りた。
のんびりと釣り糸を垂らし、景色を楽しみながら漂っている釣り船の間を、ガハガハと賑やかな犬を連れたボートがワイワイと通り過ぎる・・・

ひんやりと冷たい風、寒くなったので私はチッチを湯たんぽ代わりに抱っこ(昨日の写真です)

ボートを降りても、まだ9時だよ・・・

箱根関所を見下ろすチッチ(あれ?見下ろしてない?)

続いて「箱根関所」に行ってみた。
復元された関所と資料館がある。
チッチも抱っこなら見学OK。

復元された建物はなんだか時代劇のセットみたいだったが、見張り台に上る石段は発掘されたままなのだそうだ。

大きな石段をヨイショヨイショと、チッチを(主人が)抱っこして登ってみた。
なるほど、見晴らしがよく、芦ノ湖が良く見える。

「でもさ、湖見張ってても何も出ないよなあ・・・」

言ってはイケない疑問を口にしてしまった主人である。

入り鉄砲に出女。なんて歴史で習った有名な関所だが、意外に実際に処刑されたり、罪を問われた件数は少ないのだそうだ。

関所を見終わって、早めのランチをとることに。
チッチ連れなので、出がけにドッグカフェを探したが、ちょうど良い場所は見つからなかった。

「箱根園ピクニックランド」にドッグランとカフェがある。というので行ってみた。

おりしも、連休のイベントで「ワンコの運動会」開催中~。たくさんのわんこでにぎわっている。
運動会開催中でした~

我々の目的は「食事」だったのだが、ここのドッグカフェ、普段はドリンク類とパンしかないのだそうだ。

「もうちょっと待っててもらえば、カレーがきますよ」

「カレーが?来る?」

聞けば、イベントに参加しているお客さんのために、今日はカレーライスを販売するのだそうだ。
せっかくなので、「カレーが来る」のを待つことに。

超大盛りカレーを食べ、ピクニックランドを後にした。

お次は「大涌谷」へ。
大涌谷のチッチ(眠そう~)

何を隠そう、私も主人も今まで何度も箱根に来ていて「大涌谷」を見たことがなかった。

どうせ早く来たなら、一番初めにここに寄ればよかったのに、午後になったので、道が混んでいる。
ようやく駐車場に入り、車を降りると、なるほど温泉の臭い。
大涌谷のチッチ

かなり強い硫黄臭なので、チッチ、大丈夫かな?と思ったけど、本ワン、ケロリとしている。

一応、チッチはスリングで主人が抱っこし、見学コースを登っていく。
名物の「黒卵」を買い、チッチには「特濃牛乳」をふるまった。
スリングで楽チンなチッチ君

大涌谷を後にし、あとはお約束の御殿場アウトレットに寄ったが、今回は収穫なし・・・

帰りはチッチのいびきがBGM・・・

この秋は3連休があと2回ある。

次はどこに行くのかな?


| チッチとお出かけ | 23:46 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お出かけモードが止まらない

またボートに乗ってます。
暑くもなく、寒くもなく、いい連休だった。

何度も書いているが、私も主人も夏が苦手である。
年々夏が暑く、長くなり、こと、暑がりな犬を飼ってからは、夏はとにかく「我慢」の季節。

長い夏が終わった嬉しさで、どうにもハイテンションな私。
そうはいっても、先日ちょっと大がかりに旅行に行ったばかりだしと、この連休は何も予定していなかった。
色々用事も溜まっているし、まあ大人しくしているか・・・

私が珍しくそう思っていると、金曜の夜になって主人
「明日の天気はどうなんだ?」
「さあ、土曜日はあんまり天気よくないんじゃないの?」

ネットで天気予報を見たら、晴れマークである。
「天気、いいじゃないか、よし!明日は5時起きだぞ!」
「ええ?どっか行くの?」
「せっかくの連休じゃないか、どこか行きたくないのか?」
「そりゃ、連れてってくれるなら行きたいけど・・・」

夏の間、お出かけできずにストレスを溜めていたのは、私とチッチだけではなかったようだ。

土曜日、シャッキリと5時に起きる我々バルタン星人。
すぐにまた天気予報のチェックである。
すると、あれれ
昨日の夜にはなかった雨マークが付いている。

「なんだよ、天気悪いんじゃん」
テレビの天気予報でも午前中は荒れ模様。と言っている。

「中止!お休み!」

5時起きで、朝御飯だけ食べちゃったチッチを抱っこして、布団に逆戻り。
次に起きたときは、確かに雨の音がしている。
「ほら、やっぱり、良かったね今日でかけなくて」

チッチ連れのお出かけは、とにかく暑すぎてもだめ、雨だとやっかい。
ベストコンディションで行くのは難しいのだ。

そんなわけで暇になった土曜日は、携帯屋に主人の機種変更に行った。
主人は会社の携帯と2台持ってるので、個人の方はそれほど使わない。
なので、古い機種のままだったら、あまり使わなくても基本使用料が結構高いのだ。

プラン変更をしようと問い合わせたら、新しい機種にしないと、新しいプランも適用にならない、という。
なんでやねん。

主人も私も、意外と物持ちが良い方なので(というか面倒くさいので新しい機種にしたくない)
「ったく、使うのには問題ないのに、なんで機種変しなくちゃならねえんだよなあ~」

お店に行くまではブツブツ文句を言っていた主人だが、新しい携帯電話になったとたん、嬉しがっていじくりまわしている。

主人の携帯を見ていたらうらやましくなって、ついつい、私も機種変更してしまった。
今までのは、超単機能な、シンプル携帯で、デザインはとても気に入っていたのだが、機能が少ないので、結構困ることがある。(お年寄り用ではないよ)

だいぶガタが来ていたし、電池の寿命も短くなっていたのだ。
主人の携帯もそうだが、まず本体より先に充電池が持たなくなる。
電池だけ交換すればよいのだろうが、その頃にはまた、新しいプランや、新しい機種、機能が出ていて、ついつい新しいのが欲しくなる。
携帯業界の術中にはまってしまう我々。ちょっと悔しいね。
あまりキャラにないショッキングピンク。

でもまあ、数年ぶりで、二人揃って新しい携帯になって、初めははしゃいでいたが、新しい機能が多すぎてメールヒトツ打つのも大騒ぎである。

夜は主人の実家で、主人の兄貴家族も来てわいわいと夕食、楽しい連休初日を過ごした。

家に帰ってきて、一杯機嫌でパソコンを見ている主人
「よし、明日は天気回復だな、明日は5時起きだぞ!」
「え!?やっぱ出かけるの?」
「せっかくの連休じゃないか、チッチとどこか行きたくないのか?」
「そりゃ、行きたいよ~」

一度勢いがつくと、お出かけモードが止まらない我が家である。
そしてまた、5時起きで朝ごはんを食べることになったチッチ君であった。

(つづく)

| チッチとお出かけ | 23:30 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

月あかり

お気に入りスポット「ワサワサ草むら」

涼しくていい季節になった。

なにより、チッチを留守番させていても安心していられるのはありがたい。
梅雨時から夏が終わるまで、延々とエアコンの心配である。
タイマーがちゃんと入ったか、効きすぎてないか・・・

チッチが一人で留守番している間に、落雷などで停電したらどうしよう。

めったにないことだと思うが、一度でもあっては困る。
特に今年は雷雨が多かったので、本当に気疲れしたよ。

そうは言いつつ、昨日、今日と、会社にいる時間に地震があった。

チッチが一人で留守番している間に、大地震がきたらどうしよう。

心配事のキリがない私である。

今週は雨も降ったが、我が愛犬、チッチ君のお散歩タイムは、かろうじて雨にあわなかった。
平日はだいたい、19時~21時の間が散歩時間なので、この2時間さえ雨が降っていなければ、「よし!今週はクリアだ!」とガッツポーズである。

今夜は久々に、月明かりが煌々とした良い夜だった。

ふと思いついて、たまには夜散歩のチッチも撮ろうとカメラを持ち出した。
かあたん、渡るよ~!

チッチの散歩コースは色々ある。
同じコースを歩く癖がつくと良くない、というので、毎日少しずつルートを変えるようにしている。

その中でも、チッチのお気に入りのスポットや、お気に入りのルートがあるのだ。

また、必ず同じところを横切ったり、前通った時はさんざんこだわった場所を、次にはまったくスルーしてみたり、チッチにも色々考えがあるようだ。

今夜はまんまと、一番遠回りなルートを歩かされた。
ラーメン屋さんの横の道を、まっすぐ行き、左に折れていくとスーパーがある。

スーパーの前の広場は、チッチのお気に入りスポットだ。
ようするに、他のワンコがたくさん来るので、あちこちクンクンしたいわけ。

このルートは、暑い季節は封印している。
このところ、スキあらばこのコースに行きたがる。

ラーメン屋さんのところまで来たら、頑として動かない。

「どうしてもコッチに行く!」

どうでしょう、この生意気な顔つき。
ボク今日は絶対まっすぐ行くからね!

このコースだと、家に帰るまでグルリと周らなければならないので、最低でも50分は歩くことになる。
家に着くころはチッチも私もクタクタだ。
気温の読みを誤ると、途中でチッチがガハガハになっちゃったりする。

空気がひんやりしていて、月明かりの明るい、こんな夜なら、遠回りも悪くないけどね。

張り切るチッチの背中を見ながら、鼻唄をうたい、道筋のワンコ達に挨拶しながら歩く。
今夜は久々に、レトリバー君も庭に出ていた。
「お、久しぶり!」
垣根からごあいさつ。

垣根からぽいっと顔を出して、ごあいさつだ。
もちろんチッチは知らん顔。

ああ、こんな季節がずっと続くといいのにね。
はあ、くたびれちゃった・・・

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 23:19 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

檻の中のぽにょ・・・じゃない、チッチ。

今週はお休みです。

さすがのチッチ君もややお疲れ気味なので、今週末はおうちでマッタリ過ごしました。(お散歩はしっかり行ったけどね)

さて、今回は、チッチの乗り物の中の様子について。

じゅんこさんをはじめ、皆さんから良く「チッチ君は電車の中でどうしてるの?」などなどのご質問をいただきますので、あちこちのファイルから探してみました!

本邦、初公開!(大袈裟)

新幹線の中のチッチ~



チッチは、我が家の車や電車以外にも、色々な乗り物を体験している。
新幹線、地下鉄、バス、フェリー、ボートや観光船。ケーブルカー、たらい舟(?)。

電車の中など公共交通機関では、なるべく、混んだ時間を避けたり、車両の端に乗ったり、他のお客さんの迷惑にならないよう、気をつけているのはもちろんだが、チッチに気付くと、皆さん意外に優しくしてくださるのが嬉しい。

子供たちに囲まれちゃったりすることもあるし
「うちにも●●がいるのよ」とネコやイヌの話で盛り上がることもしばしば。

この前は、30分ほどの電車の中、隣に座ったオジサンがワンコと旅行した、あちこちの情報を伝授してくれた。
普段電車の中で、他の乗客と話すことなど考えられないけど、チッチ連れだと結構話しかけられちゃって、おもしろいのだ。

大変申し訳なかったのは、この間のバス。

最寄駅まで行くのに、散歩がてら歩けない距離でもないのだけど、荷物もあるし、急いでいたので、バスに乗った。
ちょっと蒸し暑い夜だったし、チッチもお出かけで興奮していたので、クレートに飛び乗ってからも、ガハガハガハガハと、荒い息遣い・・・

しかも、セッカチな私は、できるだけ早く降りようと、前の方にチッチを持って立ってしまったのだ、これがまずかった。

少し高い位置の運転席に座っている、バスの運転手さんには、チッチの入ってるクレートが見えなかったので、突然始まったガハガハ音が、バスのエンジントラブル?と思ったらしく、ブレーキを何度もかけ出しちゃった。

初めは、まさかチッチのガハガハが原因だと思わなかったので、「不思議な運転してるなあ」って思ったんだけど、運転手さんがしきりに首をかしげていたので、「もしや?!」と、信号待ちの時に思い切って聞いてみた。

「あの、スミマセン、この音ですか?」
「ええ、何か持ってます?」
「あの、すみません、犬です」
「え??」
「犬の息です」
「はあ~??なんだ~、びっくりした。」

他にほとんどお客さんがいなかったし、道が空いていたので良かったのだけど、今度からこそっと後ろに乗るか、駅まで歩こう。と思った私である。

電車の中でのチッチは、比較的おとなしくていい子だ。

車だと、とにかくウルサイ。
ウインカーでピイピイ鳴き、バック音でギャンギャンわめき、ギアをPにしようものならクレートが跳ねるくらい暴れるので、電車で「あれ」だったら、絶対乗せられないだろう・・・

新幹線の時は、チケットを買う時に、一番前か、一番後ろの席を取る。
一番後ろの席だと、車両の壁と椅子の間のスペースにチッチをクレーとごと入れれちゃうのだ。
ボクの上に荷物置かないでよっ!

上着でもかけて、視界をカバーしてしまうと、しばらくするとイビキが聞こえてくる。
乗り物の中で、チッチは新幹線が一番好きなのかも。

でも、そーっとトイレに立とうとすると「ギャン」っと鳴くので、新幹線の中で我々はトイレを我慢なのである・・・

今日は動画がもうひとつ。
カートに乗りたがるチッチ。




チッチは、クレートやワンコカートを玄関に出したり、チッチの目にふれるところに置いただけで、「おでかけだ!」と大騒ぎになる。
扉を前足で引っ掻き「開けろ開けろ」とやるのだ。
これに乗れば、どこか連れて行ってもらえる。と思うらしい。

かわいいね。

| 愛犬チッチとの愉快な日々 | 21:37 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |