Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

2007年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

タロとデートin昭和記念公園

毎年恒例のタロちゃんと春デート

先週末から週間予報とにらめっこだった私。無情にもずっと雨マークだった。
今回はタロのお膝元「昭和記念公園」に行きたかったのだが、さすがに雨じゃ歩けない。
雨ならどうしましょう、延期?場所変更??

変わりやすい春の天気、たとえ延期しても、来週なら確実に天気が良いとは限らないし、たとえ良くても先週のようなポカポカ陽気じゃチッチがバテちまう。
結局、前日の天気予報で決めましょう・・・ということに・・・

ところがなんと!金曜日になって雨マークが取れていた。しかも気温は13~14度。
暑がり屋チッチが遠出をするにはベストコンディションだ
すぐ、タロママさんの携帯に「明日決行ですっ!」とメール

実は金曜日、送別会でまたまた飲んだくれていた私だが、土曜の朝、ピタリと7時半に目が覚めた。
ちゃっちゃと支度をし、車にカートを乗せようとしていると、チッチが勘付いた。
「かあたん?どこに行くの?ボクもいく!ボクもいくよ~(←ワンパターン^^;)

大興奮のチッチを横抱きに車に乗せ、行って来まーす!!!

母と東京駅で待ち合わせ、中央特快で立川へ・・・
駅構内はすごい人・・・これじゃタロママさん見つかるかしら?
すると、懐かしい白黒ビッグチワワンが
「久しぶり~
二人の視線の先には~
駅から昭和記念公園までは徒歩10から15分だが、ワンコ連れで往復は大変でしょう、と駅前でタロパパさんが車で待っていてくださり、公園の入り口まで送ってくださった。

「昭和記念公園」ウワサには聞いていたけど、入り口から「で!デカい・・」
園内地図を見上げる、中には園内循環の電車(?)も走っているほどのスケールである。
立川口から入ると、すぐ手前にドッグラン。
まずはチッチとタロ、ドッグランでひとっ走り。
大型犬、小型犬、アジリティ・・・といくつかのゾーンに分かれたドッグラン、このお天気、たくさんのワンコが来てにぎわっていた。

1時間くらい遊んで、写真もパチパチ撮って、チッチもタロもひとしきり遊んで、ランチのために移動・・・

どこまで歩いてもまっすぐに公園が続いている・・・(何度も言うが、本当にでかい!)

テラス席のある売店をみつけ、賑やかにワンコ話で盛り上がりながら、ランチタイム
タロママさんが韓国ノリを使ったお手製海苔巻を持ってきてくださったが、これがまた絶品!!
最近手抜き料理しかしていなかった私、妙にガッツいて食べちゃいました。
やはり料理って手をかければかけただけ美味しくなるんだなあ・・・。と感動すら覚えて、日ごろの自分をちょっと反省。
園内には春の兆し・・・
園内マップを広げ、「今回はこの辺で折り返しましょう」と目安を決める。アチコチにキレイな花は咲いているし、ついついと歩き続けてしまうと、戻るのが大変なのだ。

人間だけならバスやレンタサイクルって手が使えるが、チッチとタロちゃんは歩きだもんね。
タロは5日に4歳になったばかり、実はスヌーズさんでお誕生日祝いにお揃いのパーカーを作ってもらっていたので、今日はお揃いで歩いた。
チッチなんだか眠そう?
お揃い・・・と言っても随分サイズが・・・、チッチってやっぱでかいよねえ・・・^^;
ペアルックで歩いていたら「うわあ、かわいい~」なんて声をかけられたりして、ご満悦な私たちである。

日が傾き、少し風が冷たくなってきたので、出口ちかくのカフェで暖かい飲み物を・・・
遊び疲れたおふたり・・・
歩き疲れたタロはねえたんのお膝に乗る!とせがむし、チッチはテーブルの下でパグ座りで目がトローンとしている。
チッチもタロママさんに抱っこされて、気持ちよさそうにうたた寝しはじめた。

楽しい時間って本当にあっという間だ、立川駅までお見送りしていただき、次回の再会を誓って手を振った

犬種は違うけど幼なじみの親友。チッチとタロ、いつまでも一緒に元気で、また遊ぼうね!
スポンサーサイト

| 愛犬ちっち、そのオマヌケな毎日 | 11:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春なのに?

ストレスMAXだった私は、金曜日主人を飲みに誘った。
チッチと散歩道に、うちの近所にしては珍しく、ちょっとこじゃれたBARを見つけたのだ。

最近は缶ビール1本でご機嫌になり、眠くなる私だが、若い頃はかなり飲んだ。
ムチャもしたし、クダもまいた。
でも、今では、片づけが面倒になるから、翌朝つらいから、胃が荒れるから、と自分でセーブしてしまい、飲んでてもあまり楽しくないのである。

それに比べて、主人はいつも絶好調、飲ませればいつまででも飲んでいられる。
ある意味、すごいと思う・・・ってか胃が丈夫なんだなあ・・って感心してしまう。

散歩道のBARに入る前に、その隣にある「定食屋」というお店に入った。
定食屋だって、夜開いているならビールくらいあるだろう、まずは腹ごしらえ!と思いきや、暖簾をくぐると、なかなかどうしてステキな「居酒屋」だった。食べ物もどれも美味しく、また、お店のおかみがとても明るく、良い店だった。
調子に乗って、1軒目で結構出来上がってしまった我々バルタン星人。

でも、今日の約束は「チッチの散歩道にあるこじゃれたBARでカクテルを飲む」なので、ガンコな私は、生あくびをしながらも、定食屋を出て、すぐさま隣の店のドアをあけた。

Mtvが流れる60s風の店内、色々なボトルが照明で光っている。
カウンターの足の長い椅子に腰掛けるとぼんやりと時間が止まった感じがする。

父いわく、ショートのカクテルは、キンキンに冷やした飲み頃がでてくるのだから、ヒトクチで飲み干すのが正しい飲み方だそうだ・・・(ホントかよ?)
でも、今そんなことしたら、そのまま後ろにひっくり返るだろう。
久々に口にしたマルガリータは、口の中を熱くした。

そんなわけで夫婦でデートを気取り、千鳥足ならぬ千鳥チャリで家に帰った。

翌土曜日・・・
漬物に成り果てたような重い身体をゆっくり起こすと、もう9時をとっくに過ぎていた。

午前中ギリギリになって、花粉症の薬をもらいにいつもの医者へ行き、帰ってくるとチッチは玄関でプンプンである。
「昨日からちょっとひどくない!?」

ご機嫌を直してもらおうと、いつもの公園へ・・・
なんだか駐車場が混んでいる。
先週、「そういえば今年は陶器市が来ないねえ・・・」と話していたら、どうやら今年も来たようで、見覚えのある黄色い看板が見えてきた。
お互い大きくなったネエ~
大陶器市、この公園に来るのは今年で3年目だそうだ。

私達がこの公園を頻繁に使うようになったのはチッチが来てからなのだが、期せずしてちょうど初回から、毎年見ていることになる。
なんだか不思議なご縁を感じてしまったりして・・・(また年中行事化しそう・・・)

たくさんの陶器の並ぶ屋台(?)を、チッチをつれて歩くのは難しい。

私だってみたいのに、なぜかこういうとき、やたら喜び、普段は気にも留めない瀬戸物をやたら欲しがるのは主人の方だ。

あれこれいいながら、一人で店の奥に入ってしまう。
結局、私が買ったのは入り口のワカメだけ、主人はビアマグとご飯茶碗(特大)を新調して、夜それを悦に入って使っていた。

今日は汗ばむほどの陽気。。。
チッチにとってはちょっと厳しい気温だ。
まだ3月なのに・・・

昨日と少しずらして、3時頃に公園に行った。
昨日、陶器市に夢中になり、ドッグランで遊べなかったので、今日は陶器市はなしである。
案の定、草の上を選んでも、チッチはすでにガハガハ・・・
ドッグランには木陰があるから・・・と、急いでドッグランに入る。
少しクールダウンさせようと、お水を飲ませに行くと!
今年初!出た!水浴びチッチ!!
あららのら~
チッチのヤツ、流しに入っちゃったよ・・・
↑動画アップしたよ!クリックしてね!

まだ3月なのに・・・

まだ3月なのに・・・
・・・
あ~あ・・・

| 愛犬ちっち、そのオマヌケな毎日 | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |