Chitchies

14歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

2006年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Happy my birthday!

甘辛両党な私。
お酒も、お酒のつまみも大好き。ケーキもあんこも大好き!
太るわけだ・・・^^;

最近は、どうにもこうにも「甘党モード」炸裂中で、やたらと甘いものが食べたい。
冬眠の準備だろうか?

昨日は誕生日。

週末も、誕生日weekだとチラつかせケーキを買って食べた。
今度の週末は旅行に出かける予定だし、月末、しかも月曜日。
今年はお食事もなし。
主人の帰りも遅い。

会社帰りに、お惣菜を買いに寄っただけなのに、つい洋菓子売り場をウロウロ・・・
やっぱり、誕生日はケーキよね!?
前の日に買ったパンプキンプリンも、ひとつ残っているのをわかっていて、つい買って帰ってしまった。

「ただいま~」
主人が帰ってきた。
おーっと!その手提げ袋は!もしかして!
じゃじゃーん!イチゴのホールケーキ様だ!!
「えーっ!遅くなるって言ってから、今年は無理だと思って自分でも買っちゃったよ~」

イヤミの一つも言われるかと思ったが
「そうか、なんかそんな気がしたんだよな」と一言。
そして
「ま、いいじゃん、二つ食え!」
手前のでかいのが主人、奥の控えめなのが私。
って、あーた、両方大きいよ~!!
うれしい悲鳴である。
夕食を軽めに済ませてイソイソと出してくる。
まずは記念撮影(?)

チッチのクレクレ攻撃をかわしながら早速いただきまーす!
ぴいぴい声が「バースディマーチ♪」
毎年恒例、ホールケーキのイッキ食いである・・・。

欲張って食べ過ぎて、昨日はブログのアップも叶わず、寝てしまいましたとさ・・・

ダンナ様、来年もよろしくお願いいたしますネ。
スポンサーサイト

| ぼやき日記 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

I・CHI・BA

最近まで知らなかったのだが、我家の近くに市の公設市場がある。
夏祭りの時は、材料の仕入れに使っているのだが、業務用のお店がたくさん並んでいて、見ていて楽しい。
土曜日もやっているけど、朝寝坊な我家にはちょっと無縁だったのだが・・・。

先日、なじみのお寿司屋さんで今度の29日は市場のお祭りなんですよ~、という話を聞いた。
寿司屋のオヤジさんも、借り出されるらしい。
本マグロの解体ショーや、海産物の模擬セリも見られるとか・・・
へえ、面白そう、行って見ようかなあ~

そして今朝。
こういう話になると、ピタリと7時に目覚める私。
天気が心配だったが、雨は降っていないようだ。
主人を起こすけど、もうキャンセルムード・・・
とりあえず、お留守番になるチッチの散歩をしてこよう。
外は雨上がり、道路は濡れている。
チッチは久々の朝散歩、アクビしながら歩いている・・・^^;

チッチに朝ごはんをあげていると、また雨の音が聞こえてきた。
「なんだよ、こんな降ってりゃ中止だろ!!??」
すっかりテンションダウンな主人。
「えー、屋根があるでしょ?やってるよ~」
行く気満々な私。

行ってしまえば、主人が好きそうなイベントなことはわかっているので、無理やりに連れ出す。
ようやく車を停めて、市場に入っていく。
朝ごはん狙いの主人、もう「イカ焼き300円、ホタテ焼き200円」・・の前にいるよ・・
さっきまでご機嫌斜めだったくせに「お金!おれ、アレ食ってくる~」
スキップでもしそうな勢い・・・
ほらね!

だだっ広い市場の中、野菜、果物、肉、乾物、花・・・色々並んでいるが、やはり人気は魚介類だ。
魚屋さんの威勢の良い売り声が響いている。
出来立ての海鮮丼を主人と半分こして食べた。
カニのほぐし身が甘くてすごく美味しかった。
毛蟹が丸ごと入った味噌汁はなんと1杯300円。長蛇の列になっている。
いくら1000円、殻つき牡蠣8個1000円・・・
1000円って、なんかすごくトクした気分になる値段・・・
あっという間に両手に袋を提げちゃった。
今日の戦利品、私の大好物マグロといくら!
野菜売り場も、白菜大玉100円。ネギ三本100円・・・
チッチの大好きなサツマイモ、一箱2000円・・・ってこんなに買ってどうするよ~(-_-;)

一度緩めた財布の紐、もう締められない。(イモは買わなかったけど^^;)
私って、こういう雰囲気に弱いのね・・・(-_-;)
マグロ解体ショー!
マグロの解体ショーの人だかりをのぞく。
「一個しかないよ!マグロのおかしら!誰か買っていかない?」
意外にあまり希望者がいない。
「1000円から!」
お!1000円か!思わず手を上げる
パラパラと、何人か手が上がった。
「じゃ、1500円!」
「はーい!」
あれ?私だけ?

大きなマグロの頭(半分)1500円で買っちゃった。
荷物が持てなくなった所で撤収・・・
近くにある主人の実家へ・・・
当然、こんな大きなマグロのアタマ、我家だけで扱えるわけがないので、主人の父に切ってもらう。
主人の父は大工さんだし、器用なのだ。(ってか、困った時はなんでも父ちゃん・・・^^;)
立派な出刃包丁を出してきて、さっそく頭に取り掛かったが・・・
押そうが引こうが全然切れない!

アレだけ大きなマグロである・・・
ムチャクチャ大きな頭蓋骨(?)
なんとか切ったけど(お父さんが・・・)、見るも無残な姿に・・・

売れなかったわけだ・・・

結局とても大味な大根の煮物に化けたけど
ちゃんと食べてあげられなくて、ゴメンネ!

| お買い物だじょ | 08:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MOTTAINAI!

今年は本当に雨が多い。
おとといの夜は、雷まで鳴っていた。

翌朝は良く晴れた。
朝の通勤路、チャリンコを飛ばしていると、道のあちこちに壊れたビニール傘が投げてある。
家から駅まで、チャリならホンの7~8分。この距離に、気付いただけで5本はあった。

壊れやすい傘が悪いのか、投げた持ち主が悪いのか・・・
道路はゴミ捨て場ではない。

以前はビニール傘も5~600円はしたが、今では100均で買える。
会社の傘立てにも、持ち主不明な傘が溢れている。

オツボネ~ゼな私は、時々「傘!片付けて~!じゃないと捨てちゃうよ!」とメールする。
キレイな傘はすぐ片付くが、ビニール傘はそのまんまだ。
時々まとめて、捨てたフリして隠しちゃう。
でも誰も何も言ってこない。
そして、急な雨降りの時に、出かける子達に持たせてやる。

主人も時々ビニール傘を買って帰ってくる。
これが、チッチの散歩には、軽いし、先が良く見えるし便利なのだ。
雨が上がると、ちゃんと干して、丁寧にしまっておく。
そりゃ、普通のナイロンの傘よりは長持ちしないけど、大事に使えば結構重宝なのに・・・

物のない世代に育てられたせいなのか、貧しい育ちだからなのか
「もったいない」が滲み付いている。
レジ袋、必要ない時は断りましょう。
居ない部屋の電気は消しましょう。
お風呂のお湯は、汲んで洗濯に使いましょう。
ほんの少し気遣うだけなのに。

「せっこいね~」と思われるのがイヤ
日本人は、目立つことを嫌う。
自分から率先して、たとえ良いことでも行動するのが恥ずかしい。
私はそんな人が恥ずかしい。

これから生まれてくる子供たちのために。
少しでも青い地球を残そうとは思わないのか?

空を飛ぶ鳥達のために、青い空をもっときれいにしようとは思わないのか?

エコロジーだと言えば「セコク」ない。
みんなもっと
もったいない!を身につけよう。

「もったいない」は日本の言葉なんだから。



もったいない出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

もったいない(勿体無い)とは、元々不都合である、かたじけないなどの意味で使用されていたが、現在では一般的に「物の価値を十分に生かしきれておらず無駄になっている」ことに対する批判の意味で使用される日本語の単語である。

ケニア出身の環境保護活動家であり、ノーベル平和賞受賞経験者であるワンガリ・マータイが、2005年2月に京都議定書関連行事のため、毎日新聞社の招聘により日本を訪問したときにこの言葉を知り、日本人が昔持っていた「もったいない」の考え方こそ、環境問題を考えるにふさわしい精神として感銘したという。マータイは2月17日に小泉純一郎総理大臣と会談した際、「もったいない」を世界に広めたいと初めて言及。その後、3月には国連女性地位委員会で出席者全員に「もったいない」と唱和させたりするなど、世界へこの語を広めようとしている。

マータイが「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)などにて語った所によると、「もったいない」に感銘を受けた後、この意思と概念を世界中に広めるため他の言語で該当するような言葉を探したが、「もったいない」のように自然や物に対する敬意、愛などの意思が込められているような言葉、また消費削減(リデュース)、再使用(リユース)、再生利用(リサイクル)、修理(リペア)の概念を一語で表せる言葉が見つからなかったため、そのまま『MOTTAINAI』を世界共通の言葉として広めているという。

| ひとりごと・・・ | 08:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

週末チッチ~ばーちゃんが来た!

きのお、ばーちゃんが遊びにきた。
ばーちゃんはかあたんのかあたんだよ。

ばーちゃんは、いつもボクの顔を見ると
「変わったお顔だねえ」とか
「不思議なお鼻だねえ」という。

かあたんはいつもそのたんびに
「失礼ね!こんなにかわいい犬はみたことないでショっ!」ってマジギレする。
いつも思うんだけど、かあたんって、とおたんやばーちゃんとしゃべってる時って、なんか怖いんだ。
怒ってるみたい。
ボクそんな時、よく逃げちゃうんだけど、かあたんは「チッチ、今のは怒ったんじゃないよぅ~」ってあわてて言い訳する。

ボク、ばーちゃんは、スキあらばボクにオヤツくれようとするから、結構好きなんだ。
前に来たときなんか、ばーちゃん、ボクがおイモをスキだって聞いて、丸ごと1本ふかしてきて、ボクに「オミヤゲだよ、はいっ!」てくれたんだ。

かあたんが「ダメーっ」って慌てて持って行っちゃったけど、残念だったなあ、ボクあれ、ぜーったい全部食べられたのにさ~

ばーちゃん、ボクンちに来て「こりゃホントにイヌが好きな人じゃなきゃ気絶するわ」なんて笑ってた。
ボクンちの、ペットシーツカーテン、そんなにヘンかなあ・・
ボクはどこでも好きなトコにチッコできるから、ベンリでステキって思ってるんだけどね。
カメラマンば~ちゃん作「チャリに乗るボク」
ひとつお泊りして、ばーちゃん、ボクのお医者までサイクリングしたり、お散歩したりして、帰っていった。
玄関で「チッチ、ばいばーい!」って言うから、ボクも「また、オイモ持ってきてね!ばーちゃん!」ってお見送りしたよ。

きょおは蒸し暑くて、ばーちゃんが帰った後、お散歩してたら、ポツポツ雨が降ってきた。
「今日こそお風呂だからね!」って、帰ったら、とおたんが待ち構えてて、ボク、ジャブジャブ洗われちゃった。
ああ、お休みの日は忙しいや、明日はゆっくり寝てようっと!

| 愛犬ちっち、そのオマヌケな毎日 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

散歩考~その4

最近チッチがわがままで困っている。

散歩のとき、自分で道を選ぼうとするのだ。

あの道は、前に工事中で怖い音がした。
あの道は、大きなワンコが吠え付いてくる。

何かしら理由があって、避けるのはやむを得ない。

どうもそういう理由でもないらしい。

いつもの散歩コース。
はじめは嬉々として出かけるのだが、ハタと停まって、人の顔を見上げる。
この表情が出ると、私が行こうとした方角には、頑として歩かない。

面倒で、ついつい言うことを聞いてしまった私が悪いのだろう、どんどん、わがままになって、アッチはいや、こっちへ行く。
やたらと「ストップ」がかかる様になっちゃった。

私が甘いからなのかな?
主人に聞くと、主人と散歩中もやっぱり停まるらしい。
だけど、その時、やさしく顎の下をカリカリと掻いて、動くのを待ってやると、大人しくついてくると言う。

ショック!
やっぱりナメられているのかしら?

今日は会社でさんざん絞られて、これ以上ないくらい凹んで帰ってきた。

玄関を開けると、チッチが手を振っている。
ハーネスをつけ、リードをつけると、早くドアを開けてくれ、と扉をひっかく。
はいはい、行こうね!

チッチと散歩していると、だんだん気が紛れてくる。

誰も居ない、暗い公園で追いかけっこ。
少し見えないくらい離れると、チッチは慌てて私の方へ走ってくる。
愛いヤツ。

公園を出て、通りを渡ろうとしたが、ここでストップ!
なんだか、押し問答をする気にもならなくて、「いいよ~、だったらチイが好きなほうに行こうね」
試しにチッチが向かうままに、歩いてみた。
並木道を通って、グリーンベルトへ。
二つ目の築山でストップ。戻ろうと言う。

「いいよ、はいどうぞ」
もと来た道へ・・・

チッチの向かうままに、さっき通った道をまた戻り、通りを渡り、団地の裏を歩き、またさっき通った道に来た。
「チッチ、もうここ3回目だよ」

なんだかチッチも困った風である。
まだ蒸す日もあるので、チッチの散歩は通常40分位
腕時計を見ると、とっくに40分を過ぎている。
ここから戻るには、また公園を通って、近道してもあと15分はかかる。

ついに、私が主導権を取り返し、チッチのリードをくっと引いた。
疲れたチッチは、私のヒザに、ピタリと「ついて」して歩き出した。

普段は、だいたいコースが決まっているので、どこをどう通れば30分。ここを足せば40分、と目測が立っている。
今日はめちゃくちゃに歩いたので、帰ってきたら1時間をとうに過ぎていた。
なんだか、普段の倍、疲れちゃった。

チッチも足を洗われながら「うあーーー」なんて生あくびをしている。
たまには、かあたんの言うことも聞くものだな。
そう思って、明日からちゃんと歩いてくれるのだろうか?

| 愛犬ちっち、そのオマヌケな毎日 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つるべ落し

うちの会社で、唯一充実しているのは「健保」
30歳以上だと、普通の健康診断に5000円プラスして「人間ドック」に入れる。
私は毎年、ドッグに入っている。
別に、特に健康に気を使っているから、というのでは、実はない。
人間ドッグは午前中、普通の健康診断は午後なのだ。
食事制限があるので、午後の部だと、午前中、仕事場でお茶も飲めない。
普段、飲み物ばかりでなく、お菓子などもつまみながら仕事している私は、これがどうにも我慢できないのだ。
「太ったから、ダイエットしなくては。」
そう思っただけで、「飢餓状態」に陥り、「明日からダイエットするから、今日食べたいものをたくさん食べよう」と思ってしまうのである。

弱い人間である。

人間ドッグだと、苦手な胃部X線がある。
バリウムがどうもだめなのだ。
バリウム、というより、その前の発泡剤がダメ・・・
「ゲップを我慢してくださいよ~」
そんなこと言ったって、あんなシュワシュワなもの飲まされたら・・・

前回、失敗して、発泡剤を2個飲まされたら、胃が痛くてたまらなくなり、楽しみにしていた検診ランチもほとんど食べられなかった。
通常、午後は仕事に戻るのだが、前回、えらい目にあったので、今年は前々から午後お休みをもらった。

用意周到なときは、トラブルは起きないもの。なんとか無事に検査も終わり、晴れて自由な午後である。
秋ものの靴が欲しかったので、これはショッピングだね!。
大喜びで、さんざん歩き回ったが、なかなか欲しい物がない。
いや、欲しい物があっても、サイズがない。今年流行のロングブーツ、すっごく可愛いけど、私の太い足では、ファスナーが上まで上がらないのだ。

買い物も、普段主人を待たせながらだと、「ああ、ゆっくり買い物したいな」と思うのだけど、あまりに時間があるとタイクツになってくる。
コーヒーを飲みながら、時計を見たら3時。

チッチの顔が浮かんできた、そろそろ帰ろうっと。
チッチも気持ちよさそう~
普段帰らない時間に家に入ると、チッチのお迎えはない。
玄関で「チッチ~?」と呼ぶと、大慌てで走って出てきた。
「あれえ?かあたん!早いネエ~」

夕方、暗くならないうちにチッチと散歩していると、たくさんのワンコに出会った。
ふうん、普段は貸切な公園も、こんなにたくさんワンコが来てるんだねえ。

あっという間に暗くなってくる。
暗くなる前に、一緒に歩けて良かったね。
普段は貸切なんだけどね~
ちょっとしたサボタージュ
そして可愛いチッチ。
リフレッシュしたら、来週からまた頑張ろう。

(トップの写真は体育の日にチッチと散歩した公園。
空が高くなりましたねえ、、)

9689さんのタートルだよ
先日買ったメロメロパーカーのおまけで、なんと別便でタートルシャツが届いたよ!
すげ~、太っ腹!9689さん、ありがとう~
あんこ姐さんとお揃いだじょ!

| 愛犬ちっち、そのオマヌケな毎日 | 09:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BE-BEN GA OFF 2006 in Nasu Episode 2 宿題は前夜にやってはいけない

お泊りオフで、なにがメインって、やっぱり夜の宴会だろう。
ところが素人幹事さん、ここで大しくじりである。

那須には、たくさんのペンション、旅館があるが、ワンコ連れOKの所が意外と少ないのだ。
最近は専用のガイドブックも出ているし、ネットでも探せるから、ワンコ連れのお泊りも
簡単!と思ったが、「団体」となるとそうも行かないのである。

宿の予約も、簡単と思ったら、意外に手間取った。何箇所も「うちは団体は受け付けません」と断られちゃった。
しかも、なんとか予約取れたからOK!と詳しく確認しなかったら、今回宿泊したペンションは、なんと宴会不可だったのである。
それに気付いたのは、既に9月も下旬!「Oh! No!」

色々行き違いもあったりして、宿に頼みこんで、なんとかダイニングルームを使わせてもらえることになったが、時間は限られている。

ノンベエな我々バルタン星人、宴会が成功するか否かは雌雄を決する(んな大げさな)
なにか楽しんでもらうことを考えねば~

各家族の自己紹介・・11人・・うーん時間が足りないな・・・
参加パグズの運動会・・・場所がどんなだかわからないから準備ができないよ~
カラオケ大会~??他のお客さんもいらっしゃるし~、第一カラオケなんてあるの?

主人は「そんなもん!俺が超魔術で盛り上げてやる!」などという。
「だめだよ、あんたのマジック、らんらんさんち以外はみんな見た人ばっかりだよ」
「え?、あ・・そうか・・・じゃ新ネタ仕込まないといけねえな・・・」

仕事をしながらも、宴会のことばかり考える私。

結局、色々考えた末、皆さんに「お土産」をひとつ用意してきてもらい、それを賭けてなにかゲームかクイズをやることにした。

千本松牧場を後にして、宿へ。
さんざん道に迷って、途中でらんらん家ともはぐれちゃった。
行ったり来たり、やっとペンションがみつかった。
駐車場を見ると、懐かしい涼々家の車が!既にご到着である、よかった

チェックインして、荷物を下ろしているとなびこ家ご到着~、お疲れ様~
なびこ家は都心を抜けてくるので、だいぶ時間がかかったそうだ。
なびこちゃんは、今回の参加パグ唯一の黒パグちゃん。相変わらず、小柄で、元気いっぱいである。

そしてようやく、らんらん号も到着~
ごんス家は、夕食に間に合うか、というところだったが、「なんとか間に合いそうです」とメールが来た。

うれしくなってきた
いいぞ!さあ、夕食、そして宴会だ。
「そうこなくっちゃ!」突如、俄然張り切りだすのが主人である。
どこからかメモ用紙とボールペンを取り出し
「ボクが酒屋に買出しに行ってきますから、みなさん飲みたいものをおっしゃってください~」
こういうと聞こえがいいが、とにかく、自分のビールの心配をしている。

じゃ、ここは男性陣に買出しをお願いして・・・、りゃん父さん、恋さんパパと主人が、酒屋へ・・・

18時
そろそろみなさん食卓へ・・・
と、そこへようやくごんス家到着~、間に合ったよ~

荷物を下ろすのもそこそこに、夕食夕食~

やっと、参加メンバー全員が揃った。
たのまれもしないのに、司会をしだす、宴会部長の私。
「え~、皆様、本日はようこそお集まりくださいました~
「んなこといいから、早く乾杯しろ~」
やじっているのは主人である・・・

パグズはワラワラとテーブルの下、オコボレがこないものかと覗き込む子、長旅で眠そうな子、「ボクのご飯は!」と熱視線を送る子・・様々である。
テーブルの下はこんな感じ・・・

あ、我家のチッチ君は、くれくれ攻撃&ヒグマになってあまりにお恥ずかしいので、部屋に隔離中です・・・

夕食に引き続き、宴会~
みなさん、めいめいにお菓子やら、お土産を持ってきてくださって、豪華なテーブルとなった。
せっかくなので、他の部屋の人もお誘いし、ペンションのみんなで宴会。
ミニチュアダックスの「ラッキーちゃん」マルチーズの「ハナちゃん」こんばんは~
ここで会ったのも何かのご縁、一緒に楽しみましょ~!

今にして思えば、歓談だけで、よかったのかも。なのに、宴会部長の私はここで、またしゃしゃりでる。
持ってきていただいた「プレゼント」争奪、「パグパグカルトクイズ」を、勝手に始める。
一人仕切ろうとする私、「いいよそんなの~」と邪魔する主人・・・

ほんと、私ら夫婦は「イロモノ」である・・・(^_^;)

女性陣は私に気を使って、クイズを盛り上げてくれた。
「パグとはラテン語でなんのことでしょう~!」
「はいっ!」
「じゃ~姫ちゃんママさん!」
「えーっと!握りこぶし!」
「ぴーんぽーん

こんな感じである・・・

この後、みんなで持ち寄ったプレゼントを開けて、なぜそれにしたか・・・なんて話をしてもらうつもりが、クイズに時間をとりすぎてタイムアウトになっっちゃった・・(-_-;)
そして、イマイチ盛り上がりに欠け、滑りっぱなしの私を「フォローしてくれるつもり」の主人が腕まくりをして出てきた
「じゃあ、俺様が超魔術を!!」
「え!新作しこんだの?」
「いや、練習したけど間に合わなかったから、前やったやつ~」
「え~、それもう2回みたよ~」(大ブーイング)
そう言われつつも、平然と旧ネタを披露する主人・・・

ああ・・やっぱり、宿題は早めに片付けておくべきだった、
小学校からまるで進歩の無い、私と主人。

それでもワイワイ、大笑いしながら、夜は更けていくのであった~、ま、いっか~

| 愛犬ちっち、そのオマヌケな毎日 | 08:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BE-BEN GA OFF 2006 in Nasu Episode 1 らんらん家と合流!

うちの主人は地獄耳だ。

家の中でテレビゲームに興じていても「あ、雨降ってきた、洗濯入れろよ」とか言う。
ザーザー音がすりゃ、私だって気付くけど、ほんのにわか雨でもピンと気付くからすごい。

10月7日朝5時

出かけるとなると、目覚まし時計が要らない主人が起きたようだ。
「お、雨上がってるな、起きろ、出発するぞ」
「いくらなんでも早くない?」
「ばか、3連休だぞ、渋滞したらどうするんだ」

何度も書いたが、なによりも渋滞が嫌いな主人である。
眠い目をこすりながら、6時過ぎには出発。

16号経由で東北道へ
なるほど、7月に那須に行ったときより交通量が多い。
「ほら~、あと1時間遅けりゃ混んでくるぜ~♪」
ご機嫌である。

「んで、何時にどこに行きゃいいんだ?」
昨日まで、行きはバラバラの予定だった我々、主人に今日の予定は何も言っていなかった。
「一応、お昼くらいに千本松牧場なんだけど、果たしてみんな来れるかなあ???」
ごんス家は、用事を済ませてから合流なので、宿に直行。
千本松に集まるのは4家族。

「まあ、いいや、とりあえずどっかで朝飯にしようぜ」
上河内SAで朝食をとり、チッチを散歩させて一路那須へ。
と、車で行けると思っていなかった私、降りるインターを間違えちゃった。
千本松牧場は西那須野で下りるとすぐである。
なのに、那須まで行ってしまった、あれれ、逆戻りである。
戻っても、到着はちょうど昼前。みんなもう着てるかな~

と、ふと携帯を見ると、メールがいくつも入っている。
らんらん家、途中首都高で渋滞中。
なびこ家、なびちゃんのアレルギーが出ちゃったため、急遽病院に行ってから参加~
むむ、涼々家は?
「東北道が雨で通行止めで、一般道で向かってます!」
そうである、涼々家は東北道南下組だ、でも、昨日の大嵐は、夜のうちにどんどん北上し、まさに涼々家の方面へさしかかっているのであった

ありゃりゃ~
昨日の嵐だし、すんなり集まれるとは思っていなかったので、前日に「来れる人は千本松、無理なら宿直行。」としておいた。
お泊りオフは、最終的には宿に集まれればよいので、こういう時楽である。

でも、皆来るまで、どうする?こうなると、主人が一緒でよかった。内心ホッとしてる私。

我家も千本松牧場は初めてなので、じゃあ、先に遊んでようよ!ということに・・・
駐車場を下りるとすぐ、お土産屋やらミルクスタンドがある。
看板を見ると「乗馬」「パターゴルフ」「レンタサイクル」「ドッグラン」・・・なにやら楽しそうだ
「あ、俺、牛乳飲もうっと~♪」
主人は、はじめて来た牧場ではしゃいでいる。
さっさとミルクスタンドに入ってっちゃった。待ってよ~
チッチも絞りたての牛乳をひとなめさせてもらって、牧場の中をお散歩する。
牛乳まいう~
「誰か来るまで、パターゴルフでもやるか?」と主人
「え、でもチッチがいるじゃん」
「あ、そうか、無理かな?」

案内所のおねえさんに「すみません、犬連れてるんですけど、キャリーに入れてれば、連れて入ってもいいですか?」と聞いてみた。
すると
「え?あ、わんちゃんですか?いいですよ、そのまま連れて入っても・・・」
「えっ??いいんですか??」
「他のお客さんの邪魔にならなきゃ平気ですよ~」

驚いた、なんて大らかな施設なんだ
チッチ連れて入っていいんだって、じゃやろうやろう・・・
「よし勝負だ!!」
大喜びで、パターとボールを借り、コースに入っていく。
当然、私はこんなのやったことがない。
パットパットゴルフに挑戦~、あれ?チッチも?
パー5なんて書いてあるコースで、10回も20回も叩いてしまう。

チッチは替わりばんこで、打っていないほうがリードを持っていたが、タイクツしてきたのか、打とうとするボールをくわえて、もってっちゃったり、ころがるボールにじゃれついたりする。
ゲラゲラ大笑いで、勝負にならない。

手で投げちゃったり、いかさまだらけの私、でも、5番ホールではいきなりホールインワンを出しちゃった!いえーい
これには、主人もビックリ!
チッチ抱っこして記念写真である。

あと2ホールのところで、携帯が鳴った。
らんらん家、ようやくご到着である。やった~!
パターを返して、恋さんたちを迎えに行く。
すると桜並木の向こうから、恋さん、姫ちゃんがお揃いのジャージで歩いてきた。
「わーい!待ってたよ~」
「お、遅れてゴメンなさい、皆さんは??」
「ぶはは、まだうちらだけだよ~」

とりあえず、お昼にしましょうか!となり、ワンコOKのカフェテリアでランチ!
もう、メニューを選びながらも、パグ談義の始まりである。
テラス席でランチ!恋さんたちイイコでビックリ!
らんらん家は、恋さん、姫ちゃんの2パグと、らんらんさん、ご両親との参加である。
突然主人
「あ!おかあさん!パグミではおいなりさんご馳走様でした!」
ちょっと緊張気味だった、らんらんさんのお母さんの顔がパッとほころんだ。

パグ談義をしながらだと、何を食べてても美味しいや。
ランチをワイワイ食べて、ドッグランへ。
姫ちゃん、初アジリティに挑戦だ。
人の背丈ほどもありそうな梯子段も、姫ちゃんは軽々上っていく。
「姫ちゃん!すごいすご~い!」
パグ遣いになってる恋さんパパ

チッチと恋さんは初めはしり込み・・
でも、そこはパグ、パパさんの手元のおやつにつられて、恐る恐る登っていく。
「がんばれ!恋さん!ガンバレチッチ!」
ハードルを飛んでみたり、一緒にいた柴犬の「武蔵君」と追いかけっこしたり。
パグズもめいめいに楽しそうだ。
青空うんPをするチッチにギャラリーが・・・

さあ、2家族揃ったぞ、あと3家族。
みんな早く!那須までおいで~!!!

| 愛犬ちっち、そのオマヌケな毎日 | 12:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BE-BEN GA OFF 2006 in Nasu Episode0 運命の10/7

今年5月、パグミ(全国パグミーティング)でお会いした時に、りゃん父さんとお話していて、「ここ(河口湖)は、遠くてそうそう来れないけど、「那須」なら近いから」とおっしゃったのを、聞き漏らす私ではない。

「じゃ、那須でなら、またお泊りオフできますか?私、本気で企画しちゃいますよ?」
そこはノリの良いりゃん父さんのこと、「No」とおっしゃるわけが無い。

一緒にお話していたらんらんさんも「いいなあ、うちはまだお泊りででかけたことがないんですよ」とおっしゃる。

「じゃあ、行こうよ!一緒に!」
固く約束を取り付けたシッカリ者の私である。

夏は、パグにとって「冬眠」の季節。暑いのが苦手なパグズ(と私^^;)にとって、夏はひたすらじっとして「時が来るのを」ひたすら待っている季節である。
「秋になったら」「涼しくなったら・・・」
絶対みんなと遊ぶじょ~(>_<) えーん!

そして秋が来た。

はい!行って来ました!「那須」へ!
今回の参加パグズはこちら!
なかなか揃わないのよね、チッチだけ座ってないぞ。
右から涼々ちゃん、恋太郎くん&姫ちゃん、チッチ、、ごんスケちゃん、なびこちゃんの6頭、5家族である。

いつも間際でドタバタする私、今回はちゃんとやるぞ!と3ヶ月も前から、宿を探したり、メンバーの日程を打診したり、ぬかりなく働いた・・・はずだった。

ところが、9月も末になって。主人の実家で話していて
「マー(甥)の運動会が・・・」
え?いつ?
「10月7日」

が!がーーーーん!
よそ様の予定の心配ばかりしていて、我家の予定を全く考えもしなかった私である。
そうだった、毎年10月のはじめには「これ」があったのだ・・・(-_-;)
主人の顔色が、さっと変わった。
「まさかお前・・・」
「え???」

何よりも甥の運動会を楽しみにしているオジバカな主人にとって、このバッティングだけは、どうにもならない。
普通ならすかさず「何よ!チッチと甥っ子どっちが大事なの!!」なんてイヤミを飛ばし、負けてない私であるが、実は一昨年、同じ事態を引き起こしていたのだ。
チッチのオフ会デビューと、運動会が重なり、大喧嘩の末、オフ会にムリヤリ連れて行ってもらった経緯がある。
その時「次はないぞ」と約束をしたのだった。

仕方が無い、じゃあ、私とチッチは先に電車で行くから、運動会終わったら追いかけてきてよ。
本当は、運動会、その後運動会のビデオを家族で見ながら美味しくビールを飲みたい主人であるが、彼も最大に譲歩し、話が付いた。
ちゃこPさんにお願いし、那須に着いてからは、私とチッチを車に乗せてもらえることになった。

チッチと初新幹線も悪くないか・・・なんて、内心面白がっていた私である。
主人には、宿に付く頃に、チッチのお泊り道具を運んできてもらえれば、なんとかなるだろう。

ひとつ、難関はクリアした。

そして、またでた。

「天気」である。

ねえ、誰よ、体育の日は一年で一番天気が安定している日だ、なんて言ったの。
大荒れじゃないの!

「那須」を控え、毎日天気とにらめっこである。
4日前は7日「曇り」8日「晴れ」だった。いいぞ!
3日前は7日「曇り時々雨」8日「晴れ」だった。え?雨??
降水確率50%・・・
微妙すぎる。

去年の甥の運動会は、前日が雨、朝上がったので実施されたが、昼に雨が降り、途中で終了となってしまった。

そして2日前。朝から雨である。
台風が2つも近づいている。
どんどんひどくなってくるらしい。

前日朝。
一歩も家から出られないような、滝のような雨である。
オーマイゴッド!!
どうなっちゃってるの???

天気予報では、明け方まで雨、土曜日の午後から晴れてくるらしい。
那須に到着してからは、なんとかなりそうだ。
でも、運動会は??

前日の夜。甥の家に電話する。
グランドの準備が、大雨で何もできなかったので、早々に日曜日順延が決まったそうだ・・・。

最悪の事態である。

もう、既に会話もできない我々バルタン星人。

なんで、一年365日。
二人とも1年で一番楽しみにしている行事が重なるかねえ?
この1日に・・・

神様!なんとか言ってよ!

(つづく)

| 愛犬ちっち、そのオマヌケな毎日 | 13:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歯医者が怖いの!

私は歯が悪い。

どうも、歯の質が弱いらしいのだ。
乳歯から永久歯に生え変わった時、あまりに歯の色が悪いので、心配した親が歯医者に見せたところ、子供の頃に抗生物質をとり過ぎたのでしょう、と言われたらしい。

大病をしたわけではないが、子供の頃からあまり丈夫な方ではない。
何かにつけて高熱をだしちゃ医者。そのツケがこんなところに出たのかと、親はビックリしたそうな。

若い頃の笑った写真など見られたものではない、容姿をあまり気にする方ではなかったが、歯が黒い、などと言われると、乙女心に傷がついたものだ。

22の時、前歯が折れた。
歯は、磨きすぎなくらい磨いていたが、元々の歯の質が弱いので、虫歯になりやすいのだ。
あちこち充填しているために、折れやすくなっていたのだろう。

よりによって会社に入ったばかりの、バリバリの新入社員の、とある日曜日の夜。
指先のささくれが気になって、歯で指先の皮を噛んだ。
「バキっ」と凄い音。
え?まさかと指を見たけど何も無い。
すると、口の中になんだか違和感。
そう、ささくれを噛んだだけで、前歯が折れたのである。なんてこった!

前歯が一本無いだけで、人の人相と言うのは、がらりと変わる。
自分で、鏡を見て大笑いしてしまった。
ギャグ漫画のキャラクターのようである。

いや、笑い事ではない。こんな顔では1歩も外を歩けない・・・どうしよう・・・

翌朝、会社にとりあえず電話をする。
上司は朝早い人だったので、もう来ている。
「どうしたの?」
「あ、あの・・・歯医者に行ってから出社したいのですが」
「虫歯か?」
「いえ・・あ、あの、実は前歯が折れまして・・・」
「前歯あ~??なんだよ、ケンカでもしたのか?」
いくらなんでも新入社員の私、つとめて大人しくしていたはずなのに、ワイルドな性格がいつバレたのだろう?とギョッとしたが、上司特有のギャグだったらしい。

さすがに観念して、大大大嫌いな歯医者に行った。
行った、と言っても階段を下りるだけ、実は実家のマンションは1階が歯医者さんなのだ。
以来、2年近く、まあ、この医者にはよく通った。
嫌いは嫌いだが、この先生なら、なんとか我慢できる。ってか、もう、これ以上は怖いことはないだろう・・・
しかも、サボると、エレベータで先生に会っちゃったりするので、サボることもできないのだ・・・。
恥ずかしながら、この医者でないと、怖くて行かれず、結婚してからも、わざわざ泊りがけで実家の歯医者に行っていた。

とにかく、歯についてのコンプレックスは強い。
具合が悪い日の夜には、決まって歯が融ける夢を見る。
何かを食べていると、どんどん口の中が、融けたり折れた歯で一杯になる夢だ。
何度見たか、数え切れない。

先週、奥歯が欠けた。
奥歯も、詰め物をした歯が多いのだが、さすがに20代に治療した歯ばかりだから、傷んできたのだろう。
詰め物の下が虫歯になってしまったらしい。

また、実家の歯医者に行こうか、家の側で探そうか、3日悩んだ。

でももう40である。実家の歯医者さんも50代、今のうちに、地元でよい歯医者を見つけておかないと、老後にちゃんとした入れ歯を作ってもらえないような気がしてきた。

母に電話して、どうしようか、と相談する。
母にも「そりゃ、わざわざこっちまで来なくたって、歯医者くらいたくさんあるでしょう・・・
技術だってどんどん進んでるんだから、できるだけ新しいトコにかかってみたら?」

そういわれると、なんだかスッキリと踏ん切りがついて、先日主人が行った歯医者に予約を入れた。

最近の歯医者さんってなんて近代的!

治療方法が基本的に変わったわけではなさそうだが、私のように超歯医者嫌いの患者が、少しでも不安を取り除けるように、色々工夫してある。

天井にテレビが埋め込んであるのには、驚いた。
麻酔の前に、麻酔針の傷みを和らげるシールを貼ってくれる。
レントゲンは、私の頭の周りをグルグル回るし、受付には「ご自由にどうぞ」とキシリトールガムが置いてある。

すごい!痛くない!カッコいい!
仮詰めの詰め物も取れないし、歯ブラシのお土産までくれた。

また何年も通うことになるのか、ついに総入れ歯か?とドキドキしていたのだが、とりあえず、2本治せば、また当分縁が切れそうだ。

でも、なんだか、昔馴染みの先生のほうが良かったような、ちょっと未練がある私。

古いオンナですから・・・

| ぼやき日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |