FC2ブログ

Chitchies

15歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

2005年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Only One

あなたには、宝物がありますか?
それは、お金を出せば買えますか?

お騒がせしてしまいましたが、昨日の夜~今日にかけての、花ちゃん行方不明事件。
「なにを犬っころ一匹・・・」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
私にとっては、とても他人事とは思えない、大事件でした。

私達が事件を知ったのは、ほんの昨日のことです。
でも、かわいそうに花ちゃんは、5日も行方不明でした。
どんなに心細かったことでしょう。

立ち入った話ですが、私達のパグ友達げんらんさんは、現在海外留学中でした。
何ヶ月ぶりに、家族と、そして愛犬との再会を楽しみに、日本に帰ってきた日に、このことを知らされたのです。
娘の帰国を楽しみにしていた御両親やおばあちゃま、どんなにつらかったことでしょう。

実は、常に最悪のことばかりを考えてしまう私は、とてもじゃないけど、この時期に5日もみつからないんじゃ・・・と、悪いことばかりを考えていました。
ただ、ひとつだけ思ったのは、パグというのは、犬のワリに怖がりだから、自分でフラリと外に出てしまったのなら、すぐに戻ってきたのではないか?ということ。
ひょっとして、自分の意思に反して、帰れない事情があったのではないか?と思いました。

詳しくは、げんらんさんからの報告を待ちたいと思いますが、状況からして、どうも花ちゃんは連れ去られたらしいのです。
これは誘拐です。

きっと、花ちゃんが可愛かったので、連れ去ってしまったのでしょう。
その方に聞きたい。
「連れ去ってみて、花ちゃんは可愛かったですか?」
いや、可愛くは無かったはずです。
なぜなら、ムリヤリ家族から引き離した貴方が、怖くてたまらなかったはずだから。
おびえた目をしてたでしょう?

花ちゃんにとって、家族はげんらんさん一家だけです。
そして、げんらんさんのパパさん、ママさんにとっても、花ちゃんは唯一で、いくら他の犬が来ても、代わりにはなれないのです。

新発田の皆さん。花ちゃんを、げんらんさんちに無事に帰してくれてありがとう。
スポンサーサイト



| 未分類 | 00:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |