Chitchies

13歳のパグ犬チッチと5●歳飼い主夫婦の、ドジでおまぬけな毎日。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

おかげさまで

これは先週の柏の葉、イイギリの木

51歳になりましたん・・・^^;

いや~
ほんと、1年は早い。
そして
50年なんて、びっくりだよねえ・・・
っておもってから、また1年経っちゃった。

既に老人に片足突っ込んでいるな。
そんな感じは全くないんだけど・・・自分ではね・・・

昨日は、ライン、Facebook、インスタグラム、メール・・・
色々なところからお祝いメッセージをありがとうございました。
ケーキに興奮するチッチ君

お祝いメッセージの送り方も、変わったよねえ~
気軽に送れるから、私も気軽に送るし、気軽に受け取れる・・・

大好きなフミヤの息子がアナウンサーになってるし。
SMAPも解散かあ・・、こうしてみると、やっぱ寂しいな
(さっきまで↑スマスマ観てた)

トップアイドルも20年以上やってりゃ嫌になるんかな・・・

自分は何も変わっていないつもりでも
時代はどんどん変化していくね

そうそう。
10月の中頃のワタクシの血尿騒ぎは
やっぱり、ただの膀胱炎だったらしく、完治しております。
お騒がせいたしました。

チッチも、左足の肉球の腫れがひいたら、元気に散歩できるようになった。
ただ、腫れが引くために抗生剤を飲んでたので、ほんとうなら10月に受けるはずのワクチン接種が延期になっちゃってるけど・・・

体調を崩してみると、健康な時の有難さが身に染みる。
チッチもそうだね。

誕生日は1年元気でいられたことに、感謝する日。
主人のばあちゃんの言葉、毎年思い出すよ。

たまたま、誕生日が日曜日だったので、
昨日は何かと多忙だった。

まず、誕生日クーポンが来ていたので、白髪染にいって。
これまた、おめでとうハガキが来ていたので、ホームセンターで日用品の買いだめをして
チッチと行く公園の近くを通ったら、「オータムフェスタ」をやっていることを思い出して、ちょっと覗いてみたり・・・

私と同じお誕生日の方々

お気に入りのケーキ屋さんでバースデーケーキを買って

夜はららぽで焼きたてピザを食べてきた。

食べかけだけど

「50もすぎて、べつに誕生日なんて!」

なーんていいつつ、

大はしゃぎじゃんか^^;

夕方主人実家に寄ったら
ちゃんと主人母が覚えていてくれて、おこずかいもらちゃった・・・^^;

土曜日は実家行ってたけど
実家の母は忘れてたけどね・・・
自分で産んだくせにね・・・

そんなこんなな、10月30日
我が家はハロウィーンは祝いませんから・・・・

そして最後に

なんだかんだいいつつも
「今日はあなたが主役だから」と

おだてて色々、付き合ってくれる主人にも感謝。

元気にいてくれる。
かわいいチッチにも感謝。

皆さんに支えられて

私はいつも元気です。
スポンサーサイト

| ひとりごと | 23:14 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

居残り桜

居残りサクラ1


熊本で大地震
被災地の方、お見舞申しあげます。

夜暗くなってからの地震は、震度より大きく感じる。
震度7って・・・
想像もできない

震度6の余震って・・・??

震度6は、そもそも余震って言葉が合っているのか???

眠れない夜を過ごされたであろう

さくら2

今朝ニュースをつけたら、熊本城がかなりダメージを受けたとあった。
崩れた石垣を見て、その揺れの大きさにあらためてショックを受ける。

現代の技術で、この石垣を元通りに組みなおせるんだろうか???

熊本城は6年前、2010年に訪れている。
チッチをリュックに入れて、駆け足で見学したっけ

初めての九州旅行だったし、すごく印象に残っている。
一度でも訪れた地だと、親近感がわく。

あの城下町で震度7って・・・
怖かっただろうなあ・・・

今朝の関東地方
久しぶりにキレイに晴れている。
チャリンコで出勤時、いつもチッチと散歩する、公園の脇道を走ってみた。

少し残っていた桜は、雨でほとんど落ちてしまった。
風に花びらが舞い上がる
それでもまだ少し、枝に花が残っている。

桜の樹は、満開を過ぎるとすぐに新芽が葺きだす
花ガラが茶色に残り、新緑の勢いもあり、残った花を愛でる人は少ない
そういう私も、今まで「さくら、サクラ」と騒ぐが、花吹雪が終われば、もうあまり気に留めることがなかった。

今朝は、チャリを止めて、あらためて花を見上げてみた。

かわいそうに、咲き始めの花も、満開の花も
同じサクラの花なのに

こんなに可憐に咲いているのに

スルーしちゃってゴメンね。

さくら3

災害を目の当りにすると、あらためて自分や家族の命について考え直す
アラフィフになって、残りの人生を思い描くこともある。

命の儚さを徒に憂うわけではなく
時期を追わず、自分なりに
思い切り咲くこと

どんなときにも凛と咲く花をみならおう










やほー
とりあえずできること。http://donation.yahoo.co.jp/detail/925016/

| ひとりごと | 08:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

5年目の3・11

かわいいね


震災から5年

ちょうど、5年前と同じ金曜日だ。

テレビではあちこちで特集を組んで、今となっては現実のことだとは、ちょっと信じられないような映像をを流している。

会社でも14:46は黙祷をしましょうと、呼びかけられた。

風化や、意識の薄れを懸念する声、
新聞の見出しが、危機感を煽っている。

5年の歳月を人々はどうとらえているのか

忘れることは悪いことではない。
いや
いつまでも辛い気持に押しつぶされたままでは参ってしまう。

ただ、こうして折に触れ
思い出せば良いのだ。

歳月の流れが、悲しみを遠くにおしやってくれることは

救いでもある

私も、今日一日
普通に会社に行き、仕事をして

帰ってきてチッチと散歩をして
お風呂に入り、食事をして

ふとつけたテレビから、懐かしい歌声が流れてきた

透き通る変わらない優しい声に
気付くと涙が溢れていた。
一度涙が出ると
なかなか止まらなかった。


時間が経ち、立ち直って
歩いていく

ただ時々、こうして
今でも絶対に忘れることのできない
あの日のことを振り返っていこう

今の自分にできることがあれば
実行することだ。

そして今
おだやかに
暮らしている自分の環境に感謝しよう。



広瀬川流れる岸辺 想い出は帰らず
早瀬踊る光に 揺れていた君の瞳
時はめぐり また夏が来て
あの日と同じ 流れの岸
瀬音ゆかしき 杜の都
あのひとはもういない

七夕の飾りは揺れて 想い出は帰らず
夜空輝く星に 願いをこめた君の囁き
時はめぐり また夏が来て
あの日と同じ 七夕祭り
葉ずれさやけき 杜の都
あのひとはもういない

青葉通り薫る葉緑 想い出は帰らず
樹かげにこぼれる灯に 濡れていた君の頬
時はめぐり また夏が来て
あの日と同じ 通りの角
吹く風やさしき杜の都
あのひとはもういない

時はめぐり また夏が来て
あの日と同じ 流れの岸
瀬音ゆかしき 杜の都
あのひとはもういない

(青葉城恋唄 さとう宗幸)

| ひとりごと | 23:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

送り盆

留守番チッチ君


先日、実家の母が元々悪い脚をさらに傷めてしまい、実家通いが続いていた。

一時は自力で立つこともできなくなって、心底焦ったが、父と二人がかりで医者に連れて行ったら、結果として、今回立てなかったのは、膝に水が溜まっていたのが原因で、注射器でリポD一本分くらい抜いてもらったら、翌日からは自力で立てるようになった。

話せば長いんだけど、これを機に、実家を少し片付けないと、って話になり、お盆休み中の主人まで借り出して、大掃除大掃除大掃除・・・・orz

一昨日、粗大ごみを出して、何とかひと段落ついた。

そんなこんなで、先月から、色々夏のお楽しみもあったんだけど、ブログにアップするどころか、くたびれ果てて、家でPCを開く余裕もなかった。

今年も見ましたよ~っ!

7月の最終週は、地元のお祭りにいったり
8月は私の大好きなT沼の花火大会があったり
その大事な花火大会の日に、主人が飲み会入れちゃってモメたり(^^;)

アツハナツイ、夏はイヤじゃ!といいつつ、ちゃっかり年中行事はこなしている我が家である。

完全復活したエアコンさんに守られて、チッチ君は元気に留守番犬をしている。

今日は一日休みをもらっていたけど、朝から雨(-_-;)
・・・・そういえば、チッチの誕生日に休んだ時も雨だったな・・(^^;)

こんな日にすることといったら(またかい)

チッチのお薬を貰いに行こう、ビックプロジェクト・・・(^^;)

チッチ君、鍼の先生はいなくなっちゃったんだけど、神経と腰に良いという漢方薬は続けて飲んでいる。
2か月に一度くらい貰いに行くんだけど、この猛暑にチッチを連れだせなくて、薬が切れてたんだよね。

雨の日は涼しいし、動物病院も空いていた。
激しく降っていた雨も、家に着くときにちょうど小降りになったので、軽く散歩を済ませた。

猛暑日が1週間以上続いたときは、どうなることかと思ったけれど、お盆休みも(私はなかったけどね(-_-;))過ぎて、「猛暑」じゃなくて「残暑」になってきた。

季節は確実にめぐっているね



《おまけ》

なつかし~っ!


コレ

私が小学校低学年の頃、母に買ってもらったスヌーピーのランチボックス。
スヌーピー展に行ったとき、図録に載ってて、すごく懐かしがっていたら

実家にまだ残っていた・・・

残念ながら、形はひしゃげちゃっていて、もうフタもしまらない。
底にはマジックで、母の字で大きく、古い住所と私の名前が書かれている。

母の持ち物を、大量に処分した後に、自分のこれだけ取っておきたいとは、さすがに言えなかったので、写真だけ撮って処分した。

埃だらけで、出てきたのを見に来た時は、うひゃー、こんなんまで取ってあったの~って驚いただけだったけれど

後でスマホの写真を見たら、色々と思い出が溢れて、ちょっとホロリとなった。

| ひとりごと | 23:17 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

どくだみの花

カメラを向けると無視するのよね

私事ですが、本日。
今シーズンお初、

蚊にくわれました・・(-_-;)

しかもまとめて3カ所も!

散歩中、チッチがうだうだとニオイ嗅ぎに熱中している間に、あっという間・・・

それが、刺されてすぐは結構痒かったんだけど、チッチのブラシしたり、脚洗ったりしている間に、もう痒くなくなってた・・

もしかして、長年、刺され過ぎて耐性ができたのかしら?だといいな。
痒くないなら、別に刺されたって平気なんだけど。
チッチが刺されるよりはマシだしね。(私はフィラリアにはならないからね)

せっかく天気が良い週末。
でも、日中は暑くてチッチを連れだせないよ。

真夏と違うのは、湿度も低いし、夕方日が翳ってくれば、適度に涼しい風が吹いてくる。
急に暑くなった日、留守番チッチに2度、エアコンのタイマーをかけていったけど、その後は、まだ、エアコン使っていない。

このくらいの陽気が、もう少し続いてくれるといいんだけど、もう6月。
あっという間に梅雨になって、ジメジメしてくるんだろうな・・・
チッチは興味なし

昨日は、2か月ぶりに実家に行ってきた。
母の病院の付き添いで、だいたい2か月に1度は行くようにしている。

母もこの夏で80になる。

最近はめっきり足が悪く、立ったり座ったりが大変。
歩くのも大変そうだけれど、歩けなくなるともっと大変なので、できるだけ手は貸さず、歩いてもらうようにしている。
老人相応な色々な問題も出てきて、頭を悩ませてくれるけれど
幸い、父が元気なので、普段は任せている。
今までできた簡単なことができなかったり、色々ストレスもたまるし、父も大変そうだが、そこは長年連れ添った夫婦、漫才のような話も多いが、なんとか過ごしてくれている。

もともと、掃除片づけの嫌いな母だが、最近はまったく、輪をかけてダメなので、実家に行くと私も、毎回大掃除だ。
昨日も、病院が終わってから夕方帰るまで、ごみをだし、掃除機をかけ、モノを片付け、洗濯機を回し、足りないものを買いに行き・・・
隣のハンバーグやにランチに行った以外は、働きづめ(-_-;)

もうちょっと頻繁に行ってやれればいいんだけど、行くたびにこうなるので、私も疲労困憊だ。

あちこち片づけ、ブツブツと文句を言う私に、母は
「もういいから、お茶飲まない?」
とか、
「あなたも昼寝して行けば?」
と、素っ頓狂な優しい言葉をかけてくれる(-_-;)

こんな家なのに、なぜか客が多い。
父は誰彼かまわず、仲良くなるとすぐ家に呼ぶ。
聞けば来週は10人だか呼んで宴会をするそうだ(-_-;)。
それを聞いたので、いつも見て見ぬふりをしているようなところも掃除をする羽目に・・・

帰りの電車に乗るころは、もうクタクタだ・・(-"-)

それでも、歯医者の予約があったので、いつもより早めに実家をでた。

歯医者が終わって家に戻ると、主人とチッチは散歩に出て留守だった。
チッチがいない家は、なんがかシーンとして寂しい。

ポツリと座っていると、ラインで

「今日、洗うの?」

そうだ、今日はチッチのシャンプーデイだった・・・
一仕事終えて、また一仕事・・

それでも、土曜日に洗ってしまった方が、気分的に楽なので、チッチの風呂支度をしてまっていた。

バケツ風呂に入れ、主人がシャンプーし、私がドライヤーをかけ、フカフカに乾かす。
チッチ君、抜け毛のシーズンなので、ボウボウと毛が抜ける・・(-_-;)
夕食は、「疲れてもう何もできません!」と主人にスーパーでお弁当を買ってきてもらった・・・

今日は、雨かも、という予報だったのに、また良く晴れた。
今日は何もしないで、一日ダラダラしていようと思っていたけれど、天気だとそれももったいない。
午後から近くのショッピングモールに、買い物に行ってきた。
主人実家に寄り、買い物をすませ、家に帰ると、チッチは玄関口でグウグウ寝ている。
私が買い物袋をもって横を通っても、目を覚まさない・・(^^;)

「チッチ君~、散歩行くよ~??」

チッチは、日によって自分で行く道を選ぶ。
シツケ的にはあまりよろしくないらしいが、行きたくない方に歩こうとしても動かないので、だいたい言うことを聞いちゃう(^^;)(そして、彼はまたワガママになる・・)

今日は階段で上がる道を選んだ。

抱っこで上がっていくと、結構遠くまで見渡せる。
昨日に続いて、キレイな夕焼けだ。

ドクダミの花です

チッチの散歩道、今日はあちこち、ドクダミの花が満開だった。
ドクダミの花は、母の大好きな花だ。

私があまり、花の名前を知らないことを、前にも書いたが
母が好きな花は、結構覚えている。

ドクダミ、チングルマ、モジズリ草、つくし(花じゃないけど)・・・

以前はつくしの季節になると、必ず家に泊りがけで来て、一緒にあちこち探したんだけどなあ。

ドクダミを見れば
「なんでこんなカワイイのに、こんな名前がつけられちゃったんだろうなあ」と嘆いていた。

ドクダミの花は強い。
踏まれても、折られても、また花がつく。
折れれば強烈な香りがたつ。

母の日もすぎた今になって。
ドクダミの白い花に、目頭がツンとした。

今の私があるのは、やっぱり、母のおかげだよな。
この歳になって、元気でいてくれるだけで、感謝しなければだ。

お母さんいつもありがとう

| ひとりごと | 23:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT